MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ(2018年11月4日)

2018年1月12日 S園の新年会で。コンガを演奏しました。(全盲難聴・のんたん 22歳)


11月4日


前日の土曜日は、S園での音楽レッスンを楽しんだ長男。
翌、日曜日は、高田馬場で、
ウクレレ教室とランチという日程で、
週末をエンジョイしています。


この日、ボランティアとしていらしてくださったのは、
キドノさんとバンナカさん。
おふたりに、前半と後半でご担当いただきました。


【キドノさんからいただいたメールです】
今日はいつもより早い開始でしたが、着いた時にはまだ朝食が終わったばかりで、歯磨きもこれから、とのことでした。実際に出発したのは、大分経ってからとなりました。
待つ間に経路を確認したら、山手線が遅延(止まっている)の情報が来ていたので、中野から東西線で行こうと思い、ノゾミくんにも道々その話をしながら駅まで行くと、山手線は動き始めていました。
のぞみくんは、「東西線」とインプットしてからまた山手線に変更と言われたので、混乱してしまったかも知れません。申し訳なかったです。
高田馬場到着が11:15頃になってしまい、伴仲さんをお待たせしてしまって、それも申し訳なかったです。

食事はあまり進まず、2/3くらいで自ら「ごちそうさま」をして終了しました。
レッスンでは、今までやった曲を連続で弾きました。(復習だったのでしょうか?)
どの曲も楽しそうに弾いていました。


【バンナカさんからいただいたメールです】
高田馬場駅で合流し、昼食についてノゾミくんに聞くと、「ハンバーグ‼︎」とのことで、ガストに向かいました。
のぞみくんは、ハンバーグステーキとライス、ドリンクバーを注文。
茶碗をもらい、ご飯の上にハンバーグ、ミックスベジタブル、ポテトを載せて丼のようにしました。
が、一向に食べる気配がなく、両手の指はフルートの音階練習に夢中。
ドリンクは「ジュース!」で、野菜ジュースを促すと、一杯を一気飲みしました。
結局、食べるのはお手伝いしましたが、野菜ジュースは3杯、お水もゴクゴク一気飲みしました。
当日は早稲田祭で、店内には「本日は混雑が予想されるので、お時間60分とさせて頂きます。」とお触れ書きが沢山ありましたが、レッスンまではまだ時間があったので、店員さんに促されるギリギリまでドリンクを飲みながらゆったりしました。笑

この日は、高田馬場に着いた時から雨模様でしたが、ウクレレ教室に向かう時も少し雨が降っていました。
教室に到着すると、前の生徒さんがいらっしゃり、ソファに座ったのぞみくんは、先生のお手本演奏にじっと聴き入っていました。
のぞみくんの番になり、先生がチューニングしたウクレレを渡された瞬間から「お馬のおやこ」の演奏を始めました。
のぞみくんの演奏は、先生の音とシンクロし、レッスンというよりも、さながらセッションの様相でした。
基本的にドレミで歌いながら弾き、時々先生が歌詞を歌ったり、のぞみくんが先生に促されてメロディーを弾いたりしました。
とても進行が早くて、次々に曲が変わりましたが、のぞみくんは先生が言った曲が分からなくても、先生がのぞみくんのウクレレで最初の和音を鳴らすと、すぐに演奏を始めました。

物凄い集中力の45分間で、沢山の曲を弾きました。
私が曲名のわからないものがありましたが、全部で7曲演奏したと思います。

・お馬のおやこ
・※短調の情熱的な曲
・第三の男
・サウンドオブサイレンス
・※コンビニでよく聞く曲
・ハイティーンブギ
・タッチ

久しぶりに演奏した曲もいくつかあったようです。
レッスン終了後は、高田馬場駅でキドノさんと別れて、S園へ。
移動中は、基本的にボイスレコーダーでフルートの練習の音を聴いていました。
補聴器は、場所に応じて左右それぞれ着けたり外したりと、自分で使い分けていました。
新宿で青梅特快に乗れたので、立川で乗り換えて、豊田にスムーズに到着出来ました。
豊田では雨が降っていなくて良かったです。

光の家までは、歩きながらのぞみくんが「ドーーー、ドーーー」とフルートの音出しの様に言ったので、ドレミの音階を一緒に声を出してやりました。
途中から「ソラソミ」と旋律が出てきて、たきびの歌をドレミで大きな声で一緒に歌いました。

以上です。
また楽しい時間をご一緒出来る機会を楽しみにしております。


行きは、電車のトラブルがあったようですが、
キドノさんが臨機応変に対応してくださったので、
問題なく、高田馬場まで行くことができました。
バンナカさんも、レッスンのようすを細かくご報告くださり、
おふたりとも、長年、長男がお世話になっているボランティアさんです。
さすが、ベテランのおふたりだなあ、と、
報告メールを読みながらも、感謝でいっぱいでした。
キドノさん、バンナカさん、どうもありがとうございました。


土、日、と、イベントつづきでしたが、
たくさんの方々にお世話になりました。
みなさまに支えられて、
楽しい週末を過ごすことができた、長男でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。