MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたんの夏休み 8 浅草太鼓館(5日め)

2018年8月15日 浅草・太鼓館で。アフリカの太鼓、ジャンベを叩いています。(全盲難聴・のんたん 23歳)


8月15日


夏休みの5日めです。
今日は、夫が長男を、浅草太鼓館に連れて行きました。


太鼓館には、世界各国の太鼓が展示してあります。
見るだけでなく、自分で叩くこともできるので、
長男にも楽しむことのできる、数少ない、博物館で、
小学生の頃から、もう何百回も来ている場所です。


浅草雷門

ずは、腹ごしらえです。デニーズで、スパゲティを食べました。

今日も、始まり、始まり~。館内の太鼓を、叩きまくります。^^


行きも帰りも、バスに乗りました。
ありがたいことに、我が家の近くから太鼓館まで、
直通のバスが走っているのです。


たくさんの太鼓を叩いて、大満足の長男。
今日も楽しい一日でした。


8月12日 親子どんぶり、おいしいね!


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。