MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

大好きな「ラ・ロシェル山王」②(2018年8月30日)

2018年8月13日 カラオケパセラ・秋葉原昭和通り館で。(全盲難聴・のんたん 23歳)


8月30日


乾杯のシャンパンのあとは、
コースとは別にオーダーしたお酒をいただきました。
いつもなら、ワインをいただくのですが、
この日は珍しく、日本酒にしました。


「残草蓬莱」というお酒でした。

前菜。お野菜の下にあるのは、鴨の肉とラタトゥイユです。

つづいて、すだれのようなマットが敷かれました。笹をあしらってあり、夏らしい演出です。

そこに登場したのが、とうもろこしのムース。すばらしいお味でした。「横山宜美さんのゴールドラッシュをなめらかなムースにして」という一品です。焼きトウモロコシが、さわやかなアクセントになっていました。

グラスを横から見ると、こんな感じで、二層になっています。とうもろこしのムースの下にあるのは、ムール貝のスープで作ったジュレ。

三種類のトマトで作った、冷たいスープ。浮かべてある白いものは、タマネギのピクルスで作ったアイスクリームです。どのお料理も独創的で、わくわくします。^^

「相模湾の漁港から村松さん選りすぐりのお魚」
ポワレとフリットの2種類が楽しめました。ソースのおいしさは、さすがロシェル、でした。

「足柄牛フィレ肉のステーキ 夏の大地の恵みを添えて」
右はしにあるのは、ひょうたんウリのスライスです。楽しいですね。^^

「バタフライピーのグラニテをベルベイヌの香りで」

添えられているスポイトの中に入っているシロップをかけると、グラニテの青が藤色に変わります。まるであじさいのような、さわやかなデザートでした。

「桃を様々な調理法にして、アーモンドミルクのソルベと共に」
シロップ煮やフランベなど、3通りの桃が楽しめます。アーモンドミルクのアイスクリームが絶品でした。

コーヒーとプチ・フール(生チョコレート、マカロン、かぼちゃのカヌレ)

この日のお写真をカードにして、プレゼントしていただきました。^^

お店に着いてからわかったのですが、「毎週木曜日はミュージックディナー」とのことで、この日のディナーには、生演奏がついていました。7時半からと8時半からの2回の演奏を楽しみながらのお食事となりました。^^

この日は、フルートとピアノのアンサンプルでした。

帰りに、お土産のマドレーヌをいただきました。^^


気になるお値段ですが、
この日いただいたのは、
「乾杯シャンパン付・“フレンチの鉄人”坂井シェフ厳選和牛サーロインなど全7品」
というコースで、定価で12,474円になります。(一名様の価格です。)
これが、ルクサのクーポンで、8350円になりました。


今回は、初めて、ディナーに行ってみましたが、
私たちがいつも利用するのは、実はランチです。
5000円くらいで、すごいのがでてきますよ。^^


圧巻は、20種類くらいのデザートが楽しめる、
ワゴンデザート。
ワゴンで運ばれてくるデザートから、
好きな物を選ぶことができるのですが、
私たちはいつも、
「全部、お願いします。」
と言ってしまいます。(爆)


「かしこまりました!」
と、本当に、全部のケーキをカットして、
プレートにきれいに盛りつけてくださるのが、
実はとても楽しみ。^^
これはオススメです。


年に一回くらい、気合いを入れてでかける、ラ・ロシェル。
今日も、期待を裏切らないおいしさでした。
こちそうさまでした。^^



(おわり)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。