MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅① - はじめに(0日目)

2018年7月21日 S園のふれあい夏まつり。(全盲難聴・のんたん 22歳)



なぜ、高級ホテルなのか?


20代の頃は、私も夫も、それぞれに、
バックパックでひとり旅。
30年以上も、前の話しです。笑
当時は、一泊300円の宿に泊まることも、
めずらしくありませんでした。
夫は、新婚旅行のときですら、
星ふたつのホテルに私を連れて行きました(怒)。


今でも、「寝るだけ」のホテルに、
高い費用をかけることは、ありません。
そんな私たちが、なぜ、
高級ホテルに泊まることになったのでしょうか。


そもそもの発端は、ある方のブログでした。
なにやら、あるクレジットカードを持っていると、
国内外の高級ホテルに、メンバー価格で宿泊できるとか・・・。


それだけなら、別にどうということはなかったのです。
ところが、もうひとつ、気になることが書いてありました。
ホテルに宿泊中、そのカードを持っている人は、
朝食ビュッフェやVIPラウンジが、
無料で利用できるそうなのです。
VIPラウンジでは、飲み物や軽食が供されるとか。


なににつけても、「タダ」ということばに、弱い私。
高級ホテルはともかく、
「食べ物がタダ」という部分に、
ついつい反応してしまいました。


そのクレジットカードの名前は、
SPGアメックスカード
と言います。
このカードを持っていれば、
高級ホテルで、無料のお食事が楽しめる、らしいのです。


SPGアメックスカード(このブログの目的は、SPGアメックスカードを紹介することではないので、カードについての詳細な説明は、省きます。)


ただし、いいことばかりではありません。
このカード、年会費が31000円(税抜)もします。
基本、クレジットカードは、
年会費が無料の物しかもたないことにしている私。
31000円も払って、カードを持つべきだろうか、
と思いました。
そこで、ブログを書いた方に質問してみました。


その方によると・・・。
たしかに、年会費は31000円と高額ですが、更新のたびに、
年に1回、高級ホテルに無料宿泊できる特典があるのだそうです。
対象ホテルには、1泊3万円以上のところもあるので、
年会費のモトは取れるようです。


そのほかにも、クレジットカードのポイントをためて、
高級ホテルの宿泊に利用できるとか、
いろいろな特典があるようです。
でも結局は、
「そんな高級ホテルに泊まりたいかどうか?」
ということになる、と思いました。


夫に相談すると、
「やってみたいんでしょ?
 やりたければ、やればいいよ。
 あなたのことだから、
 どうせ、ソンなことには手をださないんだろうし。」
と、理解があるんだかないんだか、
よくわからない返事です。(苦笑)


もともと夫は、ポイントのことなど、
ほとんどわからない人間です。
だから、私が「やりたい」と言ってしまえば、
そもそも、反対などできるわけがないのでした。笑


いちばん悩んだのは、年会費31000円、ということです。
それだけの会費を払ってまで、
クレジットカードを作る必要があるだろうか、と、
何度も自問しました。


一週間くらい、さんざん迷ったのですが、
結局は、そのカードを申し込んでみることにしました。


 高級ホテル
 VIPラウンジ
 無料のお食事


そんな、今まで自分が知らなかった世界を、
ちょっと体験してみたい、
という気持ちになってしまったのです。


35年も、働き続けてきたのです。
この年になったら、
こんなごほうびがあったっていいじゃないか、と。


特に、最後の、「無料のお食事」。(笑)
なにより私を動かしたのは、これでした。


ネットから申し込むと、
わずか20秒ほどで、同じ画面上で審査が完了。
簡単すぎて、ちょっとびっくり。
そして、あっというまに、カードが送られてきたのでした。


「わあ、タダでごはんが食べられるカード!」(←ちょっと間違ってます)
と、わくわくしてきました。
そして、数ヶ月のあいだは、
ポイントを貯めるべく、
そのクレジットカードを使い続けました。


はじめの3ヶ月で10万円利用すると、
17000ポイントがもらえるという特典も、
難なくゲット。
このポイントだけでも、一泊3000ポイントのホテルなら、
夫婦で5泊できてしまいます。すごいです。^^


このカードを我が家のメインカードにしたので、
ポイントは、どんどん貯まっていきました。
すると、そのうちに、
「せっかくだから、
 このカードの特典を使ってみたい。」
という気持ちになってきたのです。


そう。


 高級ホテル
 VIPラウンジ
 無料のお食事


これです。(笑)


でも、用もないのに、
国内のホテルに、おいそれとは泊まれません。
そこで、
「じゃあ、この際、タイにでも行ってみようか。」
ということになったのです。


つまり。
「無料のお食事」
をゲットするために、タイまで行く、と。笑
まあ、おばかな夫婦、と言われてしまえば、
そのとおりなのですが・・・。


タイに行くのは、23年ぶり。
これまでに、20回くらい、訪れています。
最後に行ったのは、我が家の子どもたちが、
私のおなかにいるときでした。


もうずっと訪れていませんでしたが、
タイは、大好きな国です。
動機はともかく、
ひさしぶりのタイに行くというのは、
それはそれで、楽しみなことでした。



(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。