MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん - S園ふれあい夏祭り②(2018年7月21日)

2018年7月21日 S園のふれあい夏まつり。校成太鼓を聞きました。(全盲難聴・のんたん 22歳)


7月21日


やぐらの周りで輪になって、手拍子を入れながら、踊りました。

みんなで手をつないで踊る場面も。視覚障害のある方には、それぞれにガイドさんがつくので、進行方向を間違えることもありません。みんな、不自由なく、踊りを楽しんでいました。

盆踊り終了。「上手だったねえ!」とほめられて、ちょっと得意顔の長男。^^

盆踊りのあとは、福引に行きました。園生も保護者も、そして地域の方々も、みんな、抽選券をもらいます。

景品に、ポケットティッシュとプリッツをもらいました。

あっという間に売り切れた、チーズ入りメンチカツをパクリ。揚げたてで、おいしかったです。

会場内を歩きまわる、ネコちゃん。暑いのに、ごくろうさまでした。

たいくつしのぎに、おとうさんの肩を、トントン。

だんだん日が暮れてきて、地元の、豊田囃子保存会の方々のお囃子が始まりました。女性の方は、小さいお子さんをヒザに抱いて、太鼓をたたいています。いかにも地元らしくて、ほほえましかったです。

そして、長男が大好きな、「佼成太鼓」が始まりました。

じっと聞き入る、長男。


過去、自分が夏祭りに行ったときのことを思い出すと、
模擬店でちょっと買い物したら、
適当に引き上げていたと思います。
まあ、そんなものですよね。


でも、この「ふれあい夏まつり」は、
近隣の方々が、オープニングからたくさん参加されていて、
最後まで、帰ってしまう人が、ほとんどいません。
なぜ帰らないかというと、
模擬店に盆踊り、お囃子に太鼓の演奏と、
お楽しみが続くので、退屈するときがないのです。


さらに、最後にもうひとつ、
大事なイベントが控えています。
それは、園生で構成する、「光バンド」の演奏です。
彼らの演奏を、誰もがとても楽しみにしているのです。



光バンドは、今年が、結成30周年になるそうです。
全員が視覚障害者です。
海外公演も、国内公園もこなす、実力のあるバンドで、
毎年、市民大ホールでのコンサートも行っています。
この秋には、新しいCDがでるそうです。


長男も、いつか、こんなふうになれるといいなあ、
と思いますが、
いやはや、夢の夢、です。
でも、将来に夢がもてるだけでも、
すてきですよね。^^


光バンドの演奏も終わり、帰ろうとしたのですが、
長男、動こうとしません。
「はなび! はなび!」と。


そう。このあとに、しめくくりの花火があるのですが、
長男には楽しくないだろう、と思い、
毎年、花火の前に、引き上げていたのです。


でも、この日は、違いました。
長男、プログラムの内容が、頭にはいっていました。^^
きっと、S園で、あらかじめ、おしえてもらっていたんですね。
で、「花火があるはずだから、まだかえらないよ。」
と、私たちに教えてくれました。^^


まわりから言われることに従うだけでなく、
自分の考えを持ち、「こうしたい」と言える。
すばらしいですね。^^


花火が始まりました。
長男には見えないけれど、
パーン、ドーン、パチパチ、という、
ひとつひとつの花火の音に、長男も大喜び。
長男といっしょに、最後まで、花火を楽しみました。


花火が終わって、ようやく、夏まつりはおしまいです。
長男といっしょに、S園の生活棟に戻りました。
長男とは、ここでお別れです。


「つぎは、夏休みだね。
 8月13日に、いっしょに、カラオケに行こうね!」


そう言うと、
うれしそうに笑顔を見せた、長男でした。^^


S園の玄関で。

毎年開催されている、光バンドのチャリティーコンサート。今年は、9月15日です。


(おわり)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。