MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん S園「締めくくりの会」で演奏する(2018年3月23日)

2018年3月23日 S園の「締めくくりの会(納め会)」で。コンガを叩いています。
今年も、スーツで決めています。^^(全盲難聴・のんたん 22歳)


長男が生活しているS園では、年度末に、
「締めくくりの会(納め会)」が開催されます。
その第2部の、お楽しみ会の写真を送っていただいたので、
掲載します。
長男は、今年も、音楽グループ「ひまわり」の一員として出演し、
コンガを叩きました。
(上の写真の、左端が、長男です。)


この日は、園生の、一年間に成長した姿を、あらためて確認する日です。
表彰されて喜ぶ方、送別のお別れの方、
さまざまな方が参加し、楽しい一日を過ごしました。



2016年3月 締めくくりの会


2017年3月 締めくくりの会

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。