MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-74 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - ホーチミンだ~^^(6日目)

2017年12月29日 ダナンの空港で、おとうさんと、指でおしゃべり。(全盲難聴・のんたん 22歳)


たのしいね!^^



ダナンを、16時45分に離陸した飛行機は、
一時間半後、ホーチミンに着きました。
いよいよ、この旅最後の訪問地です。


ホーチミン。
ベトナム戦争当時は、「サイゴン」と呼ばれていました。
長い長いベトナム戦争は、「サイゴン」が陥落し、
北ベトナムが勝利したことで、ようやく終わります。
それ以後、この都市は、「ホーチミン」と呼ばれることになりました。


30年くらい前のことですが、ベトナムに興味を持ち、
戦争当時のベトナム関連の本を、
何冊も読んでいたころがあります。
戦争当時の本ですから、「サイゴン」と書かれていました。
そのせいか、私にとっては、
「サイゴン」の方が、より愛着のある名前になっています。


飛行機から見えた、ホーチミンの夜景。他の都市と比べると、ずっときらきらしています。


空港では、現地ガイドのリンさんが迎えに来てくれていました。
これまでは、どこに行っても、私たち家族4人だけでしたが、
ここでようやく、他の観光客の方々ともいっしょになりました。
やはり、大都市です。
迎えのバスも、大型です。



さて、この、ホーチミン。
さすが、ベトナム最大の都市です。
今でも、資本主義国だったころの名残りで、
その華やかさは、ハノイとは比べ物になりません。


バスは、空港からホテルまで、
約30分の道のりを走ったのですが、
その間、あちこちの道路で、きれいなイルミネーションを見かけました。
商店もホテルもレストランも、電飾で輝いています。
ハノイの、素朴な景観とはとは大違いです。


バスの中から。街は、無数のイルミネーションで彩られていました。


歩道にいくつも置かれている、巨大な蓮の花のイルミネーション。
こんなのがあるのは、たぶん、ベトナムではホーチミンだけ。



私たち家族がホーチミンに来るのは、これで3回目です。
2009年に、初めて家族で訪問した外国が、ベトナムでした。
翌2010年は、カンボジアに行ったのですが、
その際にも、ベトナムで2泊しています。


3回目とあれば、もっと懐かしい感じがするはずなのですが、
どうも、そんな気がしません。
なんだか、違う都市に来たような気がするくらい、
以前の面影がありません。


7年ぶりに訪れたホーチミンは、
そのわずか7年で、はるかに、はるかに、
大都市へと変貌を遂げていました。
これは、それだけすごいスピードで、ベトナムが発展している、
という証だと思います。


ハノイ、ホアルー、フエ、ホイアン、ミーソン、ダナン、と、
ずっと素朴な都市ばかりをめぐってきた私たちは、
すっかり、おのぼりさん状態、です。^^
いきなりきらびやかなホーチミンにつれてこられて、
窓の外に広がる、文明社会のきらびやかさに、
ただただ、見入るばかりでした。(笑)


RIVERSIDE HOTEL


ホテルに到着しました。
RIVERSIDE HOTEL です。


ホーチミンで宿泊するときは、いつも、このホテルです。
なので、このホテルに来るのも、3回目。^^
このホテルの前でバスを降りたとき、
ようやく、「なつかしい」という気持ちになることができました。
7年間で、街の様子はずいぶん変わっていましたが、
このホテルだけは、以前来たときと同じでした。^^
いや、こんなすごい電飾は、以前はなかったような気もしますが。笑


7年ぶりに、同じホテルに泊まりました。


ホテルに入って、リンさんとお別れしました。
今日のお部屋は、こんな感じです。


夫と長男の部屋。


私と長女の部屋は、二間になっていて、ちょっと広めでした。
ドアをあけると、まずは、応接セットのあるスペース。


そのまま奥へ進むと、ベッドルームになります。


時刻は、7時をだいぶ過ぎています。
お腹も空いていたので、
部屋に荷物を置いて、早速、街へ繰り出すことにしました。


宿泊していたホテルのすぐそばにある、マジェスティックホテル。
ベトナム戦争当時、世界中の名だたるジャーナリストが、連日、このホテルに集っては、ビールを飲んでいたそうです。もう、40年も前の話です。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。