MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-66 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - ミーソン遺跡②破壊のあとで。(6日目)

2017年12月29日 ミーソン遺跡で。(のんたんとあみちゃん・22歳)



本当なら、長男を手引きしながら、
ミーソン遺跡まで歩かなければならなかったのですが
(それはそれで、楽しいんですけど。^^)
遺跡のすぐ手前まで、カートに乗せてもらえたので、
助かりました。


遺跡の手前まで行く、カートの中で。


カートを降りて、細い道を歩きます。


遺跡が見えてきました。


早速、リャンさんに案内されて、遺跡を見てまわります。



遺跡全体にもやがかかっていて、
幻想的な美しさを醸し出していますね。^^
でも、こんなところもありました。



あちこちに見える、水たまり。
池のようです。
これは、なんだと思いますか。


そう。
これは、米軍の爆撃によって残された、
爆弾の痕、なのです。
写真を、よくご覧ください。
遺跡のすぐそば。
それも、ぎりぎりのところで爆発し、
かろうじて、この建造物が残ったことがわかります。


ベトナム戦争では、
こんな貴重な遺跡のど真ん中まで、爆撃されたのです。


広大な敷地に広がる、ミーソン遺跡。
ここには、多数の建造物が、残されています。
ですが、本当は、もっともっと、多くの遺跡があったのだと思います。


ミーソン遺跡の大半は、
ベトナム戦争によって破壊されてしまいました。
その修復作業は、現在も続けられているのだそうです。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。