MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

台湾・3泊4日でおいしいものめぐり② - 両替は不要です。

コンサート会場で。始まるのを、おとなしく待っています。(全盲難聴・のんたん 10歳の終わり)


私たちが乗った、中華航空の飛行機。


台湾・松山空港に到着です。
普通なら、まずはここで、日本円を現地通貨に両替しますね。


空港内の両替所です。


我が家では、海外でのショッピングには、
基本的に、クレジットカードを利用します。
それでも、若干の現金は必要になるので、やはり、現地通貨は必要です。


空港の両替所の前では、
たったいま、同じ飛行機で到着した大勢の日本人が、
列をなしていました。


こんなとき、みなさんはどうしているでしょうか?
列に並んで、順番が来るまで待ちますか?
我が家では、5,6年前から、両替するのをやめました。
その代わりに、現地で必要になるお金は、キャッシングでゲットしています。


最近は、どこでも見かける、CD機ですが、
ここに自分のクレジットカードを入れると、
現地の通貨をキャッシングすることができます。


これは、「両替」ではなく、「キャッシング」、つまり、「借金」です。
利息は、大体、どこのクレジットカードでも、年18%です。
つまり、一ヵ月後に返済すれば、利息は1/12で、1.5%。
両替所の手数料よりもお安いんです。^^


楽天カードの場合は、
「キャッシングをすればポイント上乗せ」
のようなキャンペーンを行っていることが多いので、
もっとお得になります。


初めてキャッシングを利用したのは、6年位前。
エジプト旅行のときでした。
街中に設置されているCD機にクレジットカードを入れて、
暗証番号を入力したら、希望額の現金がでてきました。
すごい!
もう、夫婦で手を取り合って、それはそれは感激しました(笑)。


その上、当時は楽天カードが、
「海外でキャッシングしたら、**ポイントプレゼント」
なんていうキャンペーンを行っているときでした。
そのときプレゼントされたポイントは、支払った利息よりも多かったので、
結局、実質利息ゼロでキャッシングした上にポイントまでもらう、という
うそみたいなことになりました。
それ以来、海外で両替するときは、両替所でなく、CD機で、と決めています。


この方法、まだまだ、利用者は少ないようで、
両替所が長蛇の列になっているときでも、
CD機なら、ほとんど待ち時間なしで利用できることが多いです。


今回、台湾に行ってみて、日本と変わらないくらいに、
たくさんのセブンイレブンとファミマがあることがわかりました。
コンビニ店内には、CD機が設置されているので、
ここでもキャッシングができます。


もう、両替所はいりませんね。
いつでも、どこでも、現地通貨が必要になったら、
コンビニでキャッシングすればOKです。


ほんと、便利な時代になりました。


夫が選んだ機内食(オムレツセット)です。


(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。