MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

ガンになるまでの日々 ⑫ 夫婦でガン(2009年1月)

2008年10月11日 盲学校の運動会で。(全盲難聴・のんたん 13歳/中1)


前転!


2009年1月


次に入院してきたHさんも、
忘れられない方でした。


Hさんは70歳。
ご主人は、長年、
大企業の役員を務めた方です。
引退してまもなく、肺がんと診断され、
G研病院で手術を受けました。
その後も、入退院が続いたそうです。
Hさんも、病気のご主人の介護で、
たいへんだったことと思います。


そんなある日、Hさんは、
かかりつけの病院へ行きました。
医師は、当時のHさんの顔色を見て、
なにかを感じていたようです。
「大きな病院で検査をしなさい。
 いますぐに。」
と、強く勧められたそうです。
その日のうちに検査を受けてみたら、
子宮がんでした。


その後まもなく、
ご主人はG研を退院しました。
それと入れ替わりに、今度はHさんが、
G研での治療を開始することになりました。
Hさんがすごいのは、ここからです。


まずは、抗がん剤治療を受けたのですが、
本来、入院して受けるはずだった治療を、
Hさんは、すべて、
日帰りでこなしてしまったのです。
「夫がガンで、自宅にいます。
 私は、入院することができません。」
と…。


朝5時に家を出て、
6時半に、G研に到着。
その後、点滴治療を受けて、
夕方には帰宅する…
という日々だったそうです。


「主人はね。
 自分ではなにもできない人だったの。
 だから、私が治療でG研に行くときは、
 困ったわ~。
 買ってきたお弁当は食べられない人でね。
 それでも、
 近所のパン屋のサンドイッチだけは、
 だいじょうぶだったの。
 『自分で買いに行けるし、
  食べられると思う。』
 と言うから、
 私が病院に行く日のお昼ごはんは、
 いつもそれでしのいでもらったのよ。笑」


Hさん、それまでの年月、
ご主人を甘やかしすぎましたね…。
ってか、昔の人は、
みんなこうだったのかな…。^^


普通なら、自分のガンの治療だけで
いっぱいいっぱいなのに、
Hさんには、我が身を心配する余裕は、
ありませんでした。


やがて、抗がん剤治療も終わり、
次は手術です。
Hさんは、ひとりでG研に入院し、
手術を受けます。
そのころ、ご主人はすでに末期で、
自宅の近くの病院に入院中でした。


Hさんの手術が終わり、3日目のことです。
とうとう、ご主人が
亡くなられてしまいました。


「手術後まもなくの頃に?
 それでは、お葬式には、
 行けなかったんですね。」


臨終にも、お葬式にも立ち会えなかったとは、
なんと間が悪いことでしょう。
と、思ったのですが…。


「ううん。
 お葬式には、行ったのよ。」


え…。


「病院に無理を言って、
 外出させてもらったの。
 だから、お葬式だけは、なんとか行ったし、
 喪主のあいさつもやったわよ。^^」


「あの…。
 手術して5日目ですよね。
 それで、ご自分で歩いたんですか?」


「そうよ。」
と、Hさんは、にっこり笑いました。
すご…。


ご主人が亡くなってから、
Hさんは、心おきなく、
治療ができるようになりました(苦笑)。
現在は、定期的に、
抗がん剤治療を受けているのですが、
そのたびに、のんびりと入院しているそうです。
…って、それ、
あたりまえのことなんですけど(苦笑)。


偶然ですが、Hさんのお住まいは、
我が家から数キロのところでした。


「遊びに来てね。」
と言われていたこともあり、
その後、一度だけ、
ご自宅に伺ったことがあります。
親戚から、伊予かんがたくさん届いたので、
そのお裾分けをするため、でした。


抗がん剤で髪がなくなった頭に、
シックなスカーフを巻いたHさん。
玄関先で失礼するつもりだったのですが、
「また会えてうれしいわ。」
と、お茶を出してくださいました。


しばらくおしゃべりしたあと、
ご主人のお仏壇に手を合わせ、
おいとましました。
帰り際に、
「これね。持って帰ってちょうだい。」
と、渡されたものが…。
とらやの羊羹でした。^^


「主人の四十九日にね。
 お配りしたものなの。
 余りもので悪いけど、おいしいのよ。^^」


はい。知ってます。
とらや ですもの…。笑


抗がん剤治療も、手術も、
ご主人を気遣いながら、
乗りきった、Hさん。
入院中に喪主を務め、
退院後は、さらに、
四十九日の法要をこなされたのですね。
ほんとうに、よくがんばられました…。


かすかに、お線香が香る室内。
小さな机の上に飾られた、お写真。
額縁の中で、ご主人が笑っていました。


(つづく)


よいしょ、よいしょ…。


×

非ログインユーザーとして返信する