MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

アジアン・タウンを一日散歩①(2018年5月19日)

2018年5月5日 上野・しのばずの池で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


5月19日


そもそも、はじめから、
アジアン・タウンを目指していたわけではありません。
週末のある日、新大久保のネイルサロンに行ったあと、
その次の目的地である、カッピングの施術院まで歩いてみたら、
そこがそのまま、アジアン・タウンだった、というわけです。


あまりにおもしろかったので、写真をいっぱい撮りました。
そのときのことを、ご紹介いたします。


まずは、朝から新大久保のネイルサロンに行きました。
ここは、スタッフが全員中国人。
ときどき、ことばが通じないのですが、
「安さ一番」で、もう何度も通っているサロンです。


これは、2017年2月のものですが、このサロンによるネイルです。


ネイルサロンのすぐそばにあった、「板橋冷麺」。メニューに載っていた「ククス」が食べたくなり、つい、中に入ってしまいました。

店内。韓国人のご夫婦のお店のようです。

サービスで出てくるおつまみ。

注文した、海鮮ククスです。まあ、韓国風のおうどんですね。^^

「韓国冷麺」の隣りは、ベトナム料理のお店でした。


海鮮ククスを食べたあと、
カッピングサロンに行くため、新宿方向に歩くと、
おもしろいお店がどんどん現れてきました。


タイ料理の食堂、「ルン・ルアン」。タイ料理のお弁当が、なんとたったの500円!^^ 帰りに、もう一度この店に寄り、お弁当を買って帰りました。

大通りに出ると、ますます日本らしくない建物が。「カニのくに」という、あやしげな看板。外国人観光客に、カニ料理を供する大型レストランです。

お店の前に行ってみると、大勢の中国人観光客が集まっていました。

「カニのくに」は3階で、1,2階はお土産物屋さんのようです。

さらにその隣りは、ベトナム・サロン「ベトナム相席」。「ベトナム人女性と相席で、素敵なひとときを。」だそうです。なんか、いかがわしくて、笑えます。^^


ネイルサロンから20分くらい歩いて、
カッピングサロン「満足館」に到着しました。
予想していましたが、ここは、スタッフが全員中国人でした。


内装もチープですが、なにしろお安いので、OKです。

カッピングサロンのお向かいにある薬局。「ダイコクドラッグ」も、この街ではこうなります。案内
の文字が、ほとんど全部、中国語!笑

こちらは、もう少し高級な、ドラッグストア。

店内はこんな感じ。電気製品なんかも置いてあるようです。


まだまだたくさんありますが、
長くなるので、次回に続きます。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。