MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

幼なじみと一日デート⑦ 3人で、ミライザカ。(2018年10月7日)

2018年8月16日 仲良しのマサミちゃん、カナコちゃんと、カラオケに行きました。ボランティアの、ホリイさん、ヤグチさんもいっしょです。(全盲難聴・のんたん 23歳)


10月7日


寄生虫館を出て、再び、目黒駅まで歩きました。
ここで、駅前の居酒屋に入ることに。
お店は、「ミライザカ 目黒東口駅前店」です。
本当は、「お米がおいしい」と評判のお店に行くつもりだったのですが、
あいにく、こちらは予約でいっぱい。
やむなく、その近くにあった、「ミライザカ」に。


「駅前のわかりやすいお店」にこだわったのは、
ここで、もうひとり合流することになっていたからです。
それは、Yちゃん。
なんと、私の、小学校一年からの同級生。
小・中・高と、12年も同じ学校という、
こってこての幼なじみなのです。


同じ東京に住んでいるので、
Yちゃんとは時々会うのですが、
今回、Kちゃんが上京してくるということで、
声をかけてみました。
3人は、中学2年のときに同じクラスだった仲です。^^


「昼間は予定があるけど、夜ならOK」という
Yちゃんを待つために、
とりあえず、「ミライザカ」に入って、
メニューを見ていると、
ほどなく、Yちゃんが登場。
お土産にと、ルピシアのお茶を持ってきてくれました。
Yちゃん、ありがと~^^


ルピシアのフレーバードティー。ハロウィーンバージョンで、その名もTrick or Tea。かわいい~^^


ってことで、早速、3人で乾杯。
いや~ たのしいわ~
って盛り上がってるところに、
スタッフが、「お通し」を3人分、持ってきました。


その日のお通しは、小鉢にはいった、鶏皮の煮物。
すぐにKちゃんが、
「私、これは食べられないので、MIYOちゃん食べて。」
と、自分の小鉢を私の前に。
するとYちゃんも、
「私も、これはだめだわ~。」
と。


Kちゃんは病気治療中で、Yちゃんは健康上の理由で、
ふたりとも、鶏皮が食べられないのだそうです。
で、私の前に、小鉢が3つ。(爆笑)


いくらなんでも、ひとりで3つはムリです。
そこで、お店にお願いして、
他のお料理に交換してもらおうと考えました。


お店の方に、事情を説明して、
「2人の分は、他のものに交換していただけませんか?
 なんでもいいですから。」
とお願いしたのですが、即座に、
「できません!」
と、きっぱり。


「そうですか・・・。」
とはいえ、食べられないものをテーブルに放置しても、
結局は生ゴミになってしまいます。
それはもったいないので、
「では、交換できないのはしかたないとして、
 いずれにしても食べられないので、
 このお通しは、お返しします。」
と、2つの小鉢を、引き取っていただきました。


「なんか、不親切だよね。」
「まずいとか、わがままで言ってるわけじゃないのにね。」
「代わりに、たくあん2切れだって、かまわないのにね。」
「こういうところで融通をきかせてくれてこそ、
 客商売なのにねえ・・・。」


などと、ちょっとばかし、3人でぶつぶつ言いましたが、
すぐにそんなことはどうでもよくなり、
あとは、幼なじみ3人、怒涛のおしゃべりに没頭したのでした。


最後に会計を済ませ、
レジでもらったレシートを確認すると、
「3人分のお通し」の代金が、
しっかりと計上されていました。


たしかに私は、「お通しをふたつ、返します」と言っただけで、
「そのかわり、払いません」とは言っていません。
お客の勝手で返したわけですから、
値引きはしない、ということなのでしょう。


黙って支払いました。


でも、そのことを、KちゃんとYちゃんには言わず、
合計金額を、3人で等分に払い、
その日の女子会は、終了しました。


お料理はおいしく、
蔵をイメージしたような店内は、雰囲気も良く、
いいお店でした。


いっぱいおしゃべりして、おなかもいっぱい。
Kちゃん、Yちゃんとは、いい気分でお別れしてきました。
でも、私はやっぱり、
ここであきらめることはできなかったのです。(苦笑)


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。