MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

日光街道千住宿めぐり② お店の前で、作戦会議(2018年5月31日)

1990年9月 タイの山岳地帯を、半日かけて、象に乗って移動しました。山の斜面の細い道を、象に乗って進むのは、コワかった! ここで象がすべって落ちたら、象の下敷きになって死ぬなあ、などと思いながら(苦笑)。写真は、そのときに訪ねた首長族の村で。1991年の年賀状になりました。^^ 当時、この村まではなかなか行くことができなかったのですが、今では、バンコク近郊に、観光用の村があるそうです。


5月31日


「徳多和良」に行くと決めた、当日になりました。
会社の休みをとったので、
午前中はのんびりできるのですが、
夫婦ともに、朝からそわそわ。笑


お店が開くのは午後4時なので、
そこまで歩いていくとして、家を出るのは3時ごろにしようか、
ということになりました。


中川にかかる橋を渡ると、足立区になります。


自宅と、お店がある足立区の間には、中川が流れています。
そこにかかる大きな橋をわたり終えると、
下町の、小さな家がひしめく住宅街が続きます。


夫とふたりで、あれこれとおしゃべりしたり、
道端のいろんなお店をのぞいたりしながら、
歩くこと、約40分。
ようやく、めざす「徳多和良」に到着しました。



小さなお店です。
到着したのは、3時40分でしたが、
すでに、3名の方が、列に並んで待っておられました。
私たちは、4番目と5番目ということになります。
これなら、開店と同時に、中に入ることはできそうです。


お店の前に置いてある看板。4名以上のグループは入店できないこと、店内での待ち合わせはできないこと、お店にいられるのは一時間以内であること、が書いてあります。

「徳多和良」の入り口。ここを入ると、L字型のカウンターがあるだけの、小さなお店です。同時に入れるのは、15人くらいであったかと思います。


列に並んで待っていると、お店の前に、
今日のメニューが貼り出されました。



開店時は300円均一だったそうですが、
今ではちょっと値上がりしています。
でも、それでも安いですよね。^^


 小柱磯辺揚げ 400円
 天然かんぱち刺 500円
 白海老かき揚げ 500円
 黒むつ昆布じめ 600円
 江戸前穴子天ぷら 600円


ああ、早く食べたい!笑
夫とふたり、メニューとにらめっこしながら、
お店の前で作戦会議。


なにしろ、一時間しかいられないのです。
メニューを見て迷っているヒマはありません。
入店と同時に、食べたいものをいっきに注文して、
効率よく食べきってしまおう、という作戦です。


なにを食べようか、と、
あれこれ相談しているあいだも、
お客さんは次々にやってきます。
ほんの10分くらいの間に、
すでに10人以上が並んでいました。


そこへやってきた、4人組の女性。
60代くらいでしょうか。
お店のうわさをききつけて、
仲良し4人で来てみたのでしょう。
が、残念、ルールまでは聞いていなかったようです。
「4人」なのです。
このお店、なんどもいいますが、
「3人」までのグループしか、入店できません。


4人で列に並び、
楽しげにおしゃべりしているのを見て、
お店の方が出てこられました。
「すみませんが・・・。」と。


本当に、4人だと、入れてもらえないんですよ。
ルール通りとはいえ、ちょっと驚きました。


「どうするんだろうね。
 きっと、楽しみにして、遠くから来たんだろうに。」
と私が言うと、夫、あっさりと、
「まっ ひとりが帰るんだなっ!」
と言ってのけるではありませんか。
それはないですよね・・・。(苦笑)


4人で話し合った結果、
その中の2人が、あきらめることになったようで、
帰ってしまわれました。
ちょっとお気の毒でした・・・。


私だったら・・・。
2人ずつのグループに別れ、別々に並んでしまうと思います。
どうせ、お店にいられるのは、一時間ですから。^^
そしらぬ顔で、「ふたりで来ました」っていうふりをし、
食べてしまいますね。
でもって一時間後は、どこか別のお店で、
4人で二次会をやればいいんじゃないかな。


・・・なんて、他人の余計なお世話な話を、
夫としゃべっているうちに、
4時になり、お店が開きました。


いよいよ、入店です。
どんなお店でしょうか。
もう、期待感でいっぱいです。笑


お店の中は、こんな感じです。本当に、写真のとおり、カウンターだけの、立ち飲みのお店です。カウンターの内側に、中村氏が大皿料理といっしょに写っておられますが、私たちが食事したのは、ちょうど、中村氏の向かい側のカウンター席でした。小さな、小さな、スペースです。

  ↑
「徳多和良」を紹介している雑誌が、店内にたくさん置いてあったので、写真を撮らせてもらいました。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。