MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

西武 「旅するレストラン・52席の至福」号と芝桜をたずねて④ - 秩父神社から西武秩父駅へ

2018年5月2日 アジアンオールドバザールで。(全盲難聴・のんたん 22歳)



2018年4月22日


蕎麦処「紡」での昼食のあとは、
秩父まつり会館まで歩きました。
ここでは、秩父夜祭りについての、
さまざまな展示や映画を見ることができます。


さらに、秩父神社をお参りし、
境内を散策しました。


たくさんの方々が、きちんと列に並んで、お参りの順番を待っていました。

夫が見たがっていた、「つなぎの龍」と、

「お元気三猿」です。

樹々の緑がきれいでした。


秩父神社から西武秩父駅までは、
歩いて約15分です。
途中、道路沿いには、
カフェやお土産物屋さんがたくさんあるので、
楽しみながら、歩くことができます。


MAHOLLOLBARというカフェでひとやすみしました。

味噌漬で有名な、安田屋。

一番少ない、「5枚入り」を買いました。とても美味しかったです。


ようやく、目指す西武秩父駅に到着です。
ここには、巨大なお土産物センターや銭湯があり、
出発までの時間を、退屈せずに過ごすことができました。


秩父のお酒を試飲中です。^^

秩父まつりの山車の形のお菓子

職場のお土産に、「黒みつきなこ草餅」を買いました。安くて美味しい! オススメです。


そして、いよいよ、本日のメインイベントです。
ホームで待っていると、
「旅するレストラン・52席の至福」号がやってきました。



(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。