MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-49 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 王様のディナー②(4日目)


2017年12月27日 王子といっしょに。(全盲難聴・のんたん 22歳)



通された部屋には、玉座まで、しつらえてありました。
まずは、飲み物を注文しました。


アホな両親に、しょうがなくつきあってくれている、王女です。


楽団も、スタンバイOKです。


お料理は、「ベトナム宮廷料理」を事前に頼んであります。
私たちは、いつものように、
「フルコースを3人分で」とお願いしてありました。
人数分を頼んで、お料理を余らせるのがいやなので、
注文するときはいつも、一人分少なくするようにしています。
そういうわけで、この日も、注文したのは、3人分だけでした。



ここで、「ベトナム宮廷料理」について、ご説明します。


ここ、フエは、ベトナム中部にあり、
ベトナム最後の王朝「阮(グエン)朝」が栄えていました。
現在では世界遺産にも指定されている、阮朝の王宮には、
13代続いた阮皇帝が長らく政権を握っていました。
その時に皇帝や皇族が食べていた料理が、「宮廷料理」と呼ばれています。
野菜の彫刻(カービング)で造られた置物が、
美しく飾られているのが特徴です。


それでは、お料理をご紹介します。


これなくしては始まらない、チャーゾー(ベトナム春巻き)。
これはコースとは別に注文しました。家族みんなの大好物です。


コースの中の、前菜。パイナップルに、チャーゾーが刺さっています。^^


龍のカービングに刺さっているのは、各種天ぷらです。


バインコアイ(Banh Khoai)
バインコアイは、南部のバインセオに似ている食べ物です。ただし、バインセオよりも味が濃厚で具だくさんなのが特徴。また、生地がしっかりと閉じられていて、中の具がはみ出しにくいので、食べやすいです。マントム(海老を発酵させたタレ)かヌクマムをつけていただきます。

鳥のカービングが添えられています。


肉料理。ばらのカービングと共に。


鳳凰のカービングで飾られていました。
写真を撮るのを忘れていて、手前の3個と上部の2個を食べてしまいました。^^


蓮の実入りのスープ


蓮の実入りのチャーハン
蓮の実は高級食材で、宮廷料理では欠かせないものです。


蓮の実がはいった、甘いデザート


そして、お料理と一緒に、ベトナム音楽の演奏も始まりました。
観客は、私たち4人だけ。(爆笑)
私たち家族が食事するのに合わせて、
ホテルが招んできてくれた楽団です。


私たちが食事する、その数メートル先で、演奏を続ける、皆さん。
まさか、こんな展開になろうとは・・・(苦笑)。



たくさん歌っていただきました。観客が4人だけというのが、申し訳ないくらいです。


その昔、王様が食事するときは、
こうして、自分の目の前で音楽を奏でさせることもあったのでしょうね。
まさしく、「王様のディナー」だなあ、と思いました。


私たち4人の食事だけのために、楽団を招んでくるなんて、
庶民の私たちは、とうてい、想像していませんでした。
なんて、ぜいたくなんでしょう。


王族の衣装を着て、
宮廷料理を楽しみ、
傍らでは、私たちだけのために、
音楽を奏で、歌ってもらえるのです。


これらのすべてを、
私たちが予約してから、2時間で準備してしまった、
ホテルの皆さんに、脱帽でした。
ベトナム、本当に、あなどれません。


雨のフエ。
今日一日、いろいろあったけど、
最後の食事は、大成功でした。


最後はやっぱり、この写真でしめましょう。(爆笑)


似合いすぎててコワい、夫でした。


ここで問題です。
この「王様のディナー」、
私たちは、いったいいくら支払ったでしょうか?


衣装、玉座のついた宴会場、楽団、そしてお料理。
全部の費用ですよ。
解答は次回に。^^


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。