MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

新緑の長野へ。塩の道から群馬の秘湯へと歩いた4日間 9 - 牛方宿④ かんじき、唐箕、そして土蔵へ。(2024年6月12日/1日め)

2024年6月12日 牛方宿で。(長野県北安曇郡小谷村栂池高原)


6月12日(水)- 1日め


長野県の小谷村にある、
牛方宿(うしかたやど)に来ています。


車がなかった時代に、この地方の人々は、
牛に荷物を背負わせて運びました。
なぜ、馬じゃないかというと、
馬は平地には向いているのですが、山道では、
蹄(ひずめ)が割れてしまうのだそうです。
そのため、山道で踏ん張りがきく牛が
重宝されたのだそうです。^^


最後に、土間に置いてあった物たちの
写真を掲載しておきます。


塩を背負って運ぶための筵や背負子。草鞋やかんじき(雪や泥の上などの不安定な地面を歩くための民具)もありました。

これもかんじきです。

こんなふうに装着して、雪山を歩きました。(鈴木牧之著「北越雪譜」より)
*「北越雪譜」は、江戸後期における越後魚沼の雪国の生活を活写した書籍。1837年(天保8年)に江戸で出版されると、当時のベストセラーとなりました。

そして、出入り口の手前に置いてあった、唐箕(とうみ)。やはり日本の農村には、唐箕の存在は欠かせません。


これまでに出会った唐箕たちを
まとめてみました。
あまりにたくさんあるので、ごく一部だけ。
これまでのブログで
掲載してきたものだけのご紹介です。


どれも、同じような形をしているものの、
細部が微妙に異なっています。
木製の手作り品だったので、
そのときそのときで、少しずつ、
外観が変わっていったのでしょう。^^


まずは、以下の日記で掲載した、ふたつの唐箕です。
コロナでもマシュキニ。増毛から留萌へ、ニシンの千石場所を歩く 3 - 秋田藩増毛元陣屋跡③ / 唐箕でつながる旅(2022年6月19日/3日め)
北海道増毛郡増毛町の、秋田藩増毛元陣屋跡に展示されていた唐箕。

新潟県南魚沼市「三国街道 塩沢宿 牧之通り」にある、お米の体験施設「お米の楽校」にあった唐箕。(2022年7月23日・新潟県南魚沼市)

北海道余市郡余市・旧余市福原漁場で。写真の左端に、唐箕がさりげなく写っています。
このときの日記です。
コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 89 - 旧余市福原漁場② 米・味噌倉(2021年11月13日/11日め)

北海道小樽市・「田中酒造 亀甲蔵」に展示されていた唐箕。
このときの日記です。
アイヌコタンを訪ねて、札幌から道央を駆け巡った7日間 10 - 小樽「田中酒造 亀甲蔵」で、見学製造場を歩く(2022年10月23日-29日)

ベトナム・トゥイタイン村で見た唐箕です。笑ってしまうくらい、日本の唐箕とよく似ています。
このときの日記です。
4年ぶりのベトナム。北部から中部へと歩いた18日間 85 - トゥイタイン村② 農業博物館(農業用具と漁業用具)(2023年6月20日/7日め)


日本では、あちこちの農村や資料館などで、
かなり頻繁に唐箕を見かけるので、
てっきり、日本オリジナルだと思っていました。
ところが、ベトナムでも唐箕を発見したので、
かなり驚きました。


帰国後調べてみたら、
唐箕のオリジナルは、中国でした。
中国から日本へと、明治時代に伝えられ、
大正時代には、一般の農家に、
広く普及していったそうです。


【唐箕(とうみ)】
米を刈り取ったあとに使われた農具です。脱穀した籾には、稲の葉や藁くずが混ざっているため、これを取り除く必要があります。その際、風の力を利用する方法が風選(ふうせん)がよく使われました。これは、風が吹くときに、籾と藁くずが混ざったものを高いところから少しずつ落とす方法です。重い籾は下に落ちるのですが、軽い藁くずやゴミは風で飛ばされることによって、取り除かれました。風が無いときは、筵(むしろ)や団扇(うちわ)、農業用扇風機などで風を起こしました。
明治時代になると、人工的に風を起こし、籾や藁くずなど、それぞれの重さに選別する唐箕(とうみ)が中国から伝えられました。風選の原理を応用した便利な装置で、大正時代には、一般の農家に広く普及しました。


中国四川省のホテルで、オブジェとして展示されていた唐箕です。
白猫さんの以下のブログから、画像をお借りしました。
四川省 雅安 お茶畑の中のホテル 2023年11月15日 - 中国 現地採用で働く日々の暮らし


さて。
これで、牛方宿(母屋)の見学を
終えました。


とても見ごたえのある資料館でした。

内容充実の牛方宿。入場料はたった300円でしたが、こんなにも楽しめました。^^

次は、宿のとなりにある、土蔵に行ってみます。

傍らに植えられていた赤い花が、見事に咲き誇っていました。

半八重のシンプルな赤バラは、「サラバンド」というそうです。

この花は、国鉄の「一枚のキップから」キャンペーンで、ポスターにも使われています。

正面から見た土蔵です。建物を保護するために、屋根カバーが取り付けられていました。

上部に描かれている、コテ絵。

ウサギが跳ねて、川を渡っていました。^^

土蔵の入り口に咲いていた花。

それでは、中に入ります。

土蔵の中は、ギャラリーになっていました。

街道筋の絵や写真が、たくさん展示されていました。

民具も。牛に取り付けた鞍でしょうか。

信州のロマンに満ちた、千国街道・塩の道。


牛方宿の日記は、あともう少し続きます。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する