MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

新緑の長野へ。塩の道から群馬の秘湯へと歩いた4日間 8 - 牛方宿③ 上座敷、縁側、そして提重(2024年6月12日/1日め)

2024年6月12日 牛方宿で。左が宿で、右は土蔵です。(長野県北安曇郡小谷村栂池高原)


6月12日(水)- 1日め


長野県の小谷村にある、
牛方宿(うしかたやど)に来ています。


最後に、上座敷を見学しました。

床の間に、大きな図が掛けてあります。

1825年 (文政8年)に描かれた、「千国又兵衛家相図」です。

この家相図に、牛方宿の間取が描かれています。200年も前の図ですが、家の中の間取は現在と同じです。宿の周囲には、牛小屋、鞍置場、土蔵もありました。

上座敷には、漆器や屏風も展示されていました。

屏風の隣りにあった襖。

天袋に描かれていた絵。いつごろのものなのでしょうか…。

上座敷の横にある、縁側です。


これで、牛方宿の内部をすべて見ました。
それでも、多動夫は飽き足らないようで、
さらにウロウロ。🤣


茶の間の周囲に広がる軒の部分まで、撮っていました。🤣

夫が撮っていたのは、下の写真の中央に見えている、縁側のような廊下の部分です。

牛方宿の、向かって右側の面です。奥から、次の座敷、茶の間、土間、牛方が眠った中二階、と並んでいる部分です。

廊下から見える緑の、なんと美しいこと。

その右側には、もうひとつの家が見えます。ここはかつて、土蔵だったそうです。

再び、茶の間に戻ってきました。茶の間の向こうが土間と台所で、さらにその奥に馬屋があります。

天井から掛けてあったのは、しめ飾りのようなものでしょうか。

年季の入ったお面と、大福帳。「明治33年度」とあります。1900年のことなので、124年前のものになります。😮

さまざまな調度品が置いてあって、見飽きることがありません。^^

あっ これは…。提重(漆器のお弁当箱)です。中のパーツがすべてなくなっていますが、思いがけないところで提重に出会って、ワクワクしました。

もとは美しい漆器だったことがうかがえます。江戸時代、提重は、富裕な人々の持ち物だったはず。こんな、山合の小さな村で、いったいどんな方が使っておられたのでしょうか…。


【提重(さげじゅう)】
漆器の弁当箱です。安土桃山時代に作られるようになったと言われ、鷹狩りや茶会、花見の宴などの野外行事の際に使われました。江戸時代になると、大名をはじめとした富裕な人びとが、重箱や徳利、酒器、取り皿がセットになった「提重」を野遊びに持参するようになります。それに従い、「弁当箱」は、贅を尽くした豪華なもの=工芸品・美術品になっていきます。この「提重」を用いた“大名弁当”は、それを代表するものと言えます。


これが提重です。これは、「黄石公張良金蒔絵提重箱(こうせきこうちょうりょうきんまきえさげじゅう)」と呼ばれるもので、新宿歴史博物館で、平成24年に期間限定で展示されました。

長野県・田中本家博物館で見た提重。当主のご好意で、全パーツを、手に取って拝見させていただきました。
初めて提重というものを知った時の日記です。
コロナでも雛旅。古(いにしえ)の雛を訪ねる、4泊5日の長野・岐阜・愛知 10 - 江戸時代の「提重(さげじゅう)」(2021年3月27日/2日め)

愛知県・徳川美術館で見た、絢爛豪華な提重。福君のお嫁入道具でした。
このときの日記はこちらです。

北海道・白老の、仙台藩白老元陣屋資料館で見た提重。武家らしくきっぱりとしたデザインに、愛らしい梅模様が垣間見える逸品でした。

コロナでもポロト湖。星野リゾート 界 ポロト スイートを無料で楽しむ 16 - 仙台藩白老元陣屋資料館②(2022年6月21日/5日め)

群馬県・積善館で見た提重。歴史ある名旅館ならではの所蔵品で、草花の蒔絵が描かれていました。
コロナでも上州2。からっ風に吹かれて歩いた群馬 2泊3日の湯めぐり旅 22 - 積善館④ 本館・歴史資料館②と湯車(2023年1月17日/2日め)


小さな村の牛方宿に置かれていた、提重。
江戸時代には、大名や豪商など、
富裕な人しか持てなかったのだそうです。
牛方宿で見た提重は、
中のパーツがすべてなくなっていたけれど、
かつては美しい姿であっただろう、
と思われました。


こんな山奥で、
いったいどんな人が使っていたのかと、
思いをめぐらせながら、
これまでに各地で見て来た提重の、
ひとつひとつが思い出されてきて、
いつまでも、
その場を立ち去ることができませんでした。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する