MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-22 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - この舟ですか?^^(3日目)

2017年12月26日 古都ホアルーで、川下り。(全盲難聴・のんたん 22歳)



ハノイからホアルーまでは、車で約2時間の道のりです。
まずは、「手漕ぎ小舟での川下りクルーズ」に行くことになりました。


車を降りて、ティンさんといっしょに、入場口へと歩きます。なぜか、日本の旗が…。

入場口に続く橋の上から、素晴らしい景色が見えます。


ツアーのスケジュールに、長男にも楽しめることがひとつでもあると、
ほっとします。
「今日一日は、船に乗るってことで、これでオッケーだわ。」
と思っていました。


でも、まさか、こんな舟とは・・・(爆笑)。


遠くの方に、いくつもの小舟が見えました。


ひええ。
これ?!
これで、何時間もまわるの?


一瞬、びっくり。
でも、おもしろい!
舟は揺れるし、水音はすぐ近くで聞こえるし、
きっと、長男は大喜びのはず。^^
期待がふくらみます。


橋を渡り、長男と一緒に、入場口に向かいます。

これから、こーんなに長いルートを、舟でめぐります。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。