MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

経過観察・手術から13ヶ月+ヘイフンテラスのランチ+益生堂のカッピング①

2006年7月30日
週末には、夫が、さまざまな(無料の)音楽イベントに連れて行きました。
写真は、「安田学園吹奏楽団」の演奏に、じっと聞き入っているところです。(全盲難聴・のんたん 10歳)



早いものです。
去年の7月に手術して、一年たちました。
体調は、ほぼ、元に戻り、
職場復帰し、台湾旅行までやってしまいました。


でも、一年前のガンは再発ガンで、
初発のガンを手術してから、1年半後の再発でした。
ですから、一年たったからと言っても、まだまだ、気がぬけません。


ということで、2ヶ月に一回の診察の日がやってきました。
前回から、「通院の日にはお楽しみを入れる」ということに決めています。


朝早く行っても、午後遅く行っても、
どちらにしても、待ち時間は2時間。
だったらいっそ、午後のいちばん遅い時間に予約を入れていただき、
病院に行く前に、ふだんなかなか行けないようなお店で、
おいしいランチを楽しもう、という考えです。


前回は、ホテルの最上階でのランチでしたが、
今回は、ランチに加えて、カッピングコースも追加しました。(笑)


まずは、10時半に家を出て、御徒町へ。
先月も行った、「益生堂」で、
カッピング+マッサージコース(60分)を受けました。


(前回、7月に受けたカッピングコースのようす)


スタッフは、全員中国の方のようです。
担当してくれた方は、江蘇省出身との事でした。
意図して合わせたわけではなかったのですが、
この後に行ったレストランも、偶然、江蘇省テイストのお店でした。
今日は、江蘇省デーですね。^^


中国テイストの院内


前回は36個のカップを着けましたが、
今回は、なぜか2個増えて、38個でした。


またまた、体の背面側には、38個の丸い痕が・・・。
帰宅後、夫から、「キリンみたいだね。」と言われました(笑)。


左の腕に残った、カッピングの痕。

(前回の瀬術後に残った痕。)


先月と同じ場所の写真ですが、色が少し薄くなっています。
それだけ、体調が改善された、ということかも。
ただし、今月の写真で、右端に少しだけ写っている、背中側の跡は、濃い赤紫。
背中のめぐりは、一回受けたくらいでは、
まだまだ改善していないようです。


気になるお値段ですが、くまポンのクーポンを利用し、
さらに割引ポイントも使ったので、2250円ですみました。
これで一時間。
安いです。^^


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。