MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

再発ですか? ② - アミラーゼ産生腫瘍

「胸をポンとたたく」
指文字の中に、「自分の胸の前で、指を横に動かす」という文字があります。
指がただ横に動くだけでは、全盲の長男には理解できません。そこで、担任の先生が、代わりの指文字を考えました。「胸をポンとたたく」という文字です。
これなら、長男にもすぐにわかります。
長男のための、オリジナルな指文字。写真は、その文字を発している長男です。
その後、長男と指文字で話した方から、時々、「のぞみくんの指文字は、一部が特別な文字ですね。」と言われることがありました。ちょっと変わっていますが、指文字が堪能な方なら、すぐに意味がわかるようです。
H先生が、長男のために作ってくださった指文字。長男のためのオリジナルな指文字が、私は大好きです。
(全盲難聴・のんたん 11歳)



「検査詳細情報」の中の、今まで見たことのない項目。
それは、AMYというものでした。
正常範囲は132-44なのですが、
私の数値は212。
正常範囲を、かなり越えているのです。


AMYってなんだろう?


ぐぐってみました。
AMYとは、「アミラーゼ」のことだそうです。


「アミラーゼ (amylase)とは、ジ(ヂ)アスターゼとも称される、膵液や唾液に含まれる消化酵素。グリコシド結合を加水分解することでデンプン(ラテン語"amylum")中のアミロースやアミロペクチンを、単糖類であるブドウ糖や二糖類であるマルトースおよびオリゴ糖に変換する酵素群である。」


なんだかよくわかりませんが、
その数値が高いとどうなるのでしょうか。
これも、ネットで簡単にでてきました。


「血中アミラーゼの上昇は、唾液腺及び膵臓の障害を主に示しますが、胃・十二指腸穿孔、腸閉塞や腹膜炎でも高値となることがあります。
また、血中アミラーゼは、その1/3は腎臓から排泄されていることから、腎不全によりその排泄がうまくいかず血中アミラーゼが高値になることもあります。
その他に、一部の肺がんや卵巣がんでアミラーゼを産生することがあり、このようなアミラーゼ産生腫瘍でも血中アミラーゼは高値となることがあります。」


最後の行を読んで、あっと思いました。
卵巣がんで、アミラーゼの数値が高くなることがあるのです。


そうだったのか・・・。


私の検査結果を見て、Dr.が、
「CTを撮りましょう。今週か来週で。」
と言ったわけが、ようやくわかった気がしました。


考えてみれば、定期検査のCT撮影であれば、
「2ヶ月後の経過観察でやりましょう。」
となったはずです。
でもDr.は、「今週か来週で」と言われました。
すぐに調べたい理由があったのかもしれません・・・。


ちなみに、この、「アミラーゼ産生腫瘍」というのは、まれな症例であり、
それほど頻繁に見られることではないそうです。
だから、Dr.としては、「念のため」というお考えなのかもしれません。
でも、卵巣がんの再発でないなら、
こんなにも数値があがったのはどうしてでしょうか。
他の数値がすべて正常範囲内なのだから、
腎不全などの問題があるとは考えづらい状況です。


もう一度、自分の検査結果を見てみました。


8月のアミラーゼの数値は、212 です。
では、前回はどうだったのでしょうか。
あわてて、6月の検査結果を見ると、96です。
それ以前の検査数値が、すべて、80くらいで推移していることを考えると、
「上昇の兆し」は、6月からすでにあったのだ、とわかりました。


たまたま、8月だけが高かったのではなく、
4ヶ月の間に、少しずつ、着実に増えて、この数値になったわけです。
ことの重要性が、少しずつ見えてきた気がしました。


手術を受けてから、1年1ヶ月。
再発、したのかな。


せっかく髪がのびて、
そろそろヅラなしで出勤しようか、と思っていたところだったのに、
また、全部抜けちゃうのかなあ・・・。


そんなことを、ぼんやりと考えていました。

(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。