MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

5年間で80万円分のポイントを稼いだ話。

2006年9月3日
「夏の集中学習」の二日目です。

お勉強のようすは、ビデオに録画され、研究発表に使われます。(全盲難聴・のんたん 11歳)



このブログのメインテーマは、タイトルにもあるように、
子どもの成長日記と私のガン話です。
ですので、今日のテーマは、いつものお話とはちょっとちがいます。
こんな話題で読んでもらえるのかなあ・・・。
でもまあ、ちょっとずつ、書いてみようかと思います。


いまや、ポイントと縁のない生活をしておられる方は、
ほとんどいらっしゃらないような時代ですね。
日常のほんの少しの買い物ですら、ついてくるポイント。
「それって、どのくらいおトクになっているのだろう?」
ある日、ふと思いました。


「こんなみみっちいこと、ちまちまやって、くだらね~」
と、夫に言われたことがきっかけです。
「おトクなのよ。」
って言うだけでは、説得力がないんですね。
「きちんと集計して、数値にしてみないと、言い返せない。」
と思いました。


そこで、やってみました。
「ポイントを、すぐに使わずにためておいて、
 ある程度まとまった金額になったら、記録する。」
これを、身の回りのあらゆるポイントでやってみたのです。
「ある程度たまったら」ですから、たいした手間ではありません。


そして、そのポイントと同額の金額を、
夫の楽天銀行の口座に入金するようにしました。
この口座は、ふだん使用していなかったので、
そのまま、「ポイント貯金箱」として利用できました。


楽天銀行の口座は、入金時にメモができるので、
「○○のポイント」
のような明細を書いておくと、
そのまま、ポイント貯金通帳のできあがりです。


ポイントは、もらって使うだけでは、それきりです。
でも、そのポイントの分、出費が抑えられたはずですから、
その「抑えられた分」を貯金していきましょう、
という考えです。


「ポイントを利用しないで買い物したつもり」の、
「つもり貯金」とも言えますね。^^


そうして、5年たちました。
夫の楽天銀行の口座には、80万円の残高が・・・。
これ、全部、ポイントです。(笑)


「どうよ、どうよ。
 私さ。なにもしないで、ただフツーに生活するだけで、
 5年間で80万円貯めたわよ。」


「・・・へ~。」と夫。
自分の想定範囲からあまりにも逸脱したできごとに、
言葉もでなかったようです。
以来、二度と、ポイントをばかにすることがなくなりました。(笑)


あれからさらに、5年以上が経過しています。
「ポイントはバカにならないことを、
 夫にわからせる。」
という、当初の目的は果たしたので、
もう、ポイントを記録することはやめました。
でも、同じようなポイント生活は続けています。
なので、今では、ポイントで稼いだ累計額も、
160万円くらいにはなっていることでしょう。


では、どうやったら、それだけのポイントを稼ぐことができるのか?
それを、これから少しずつ、書いていこうと思います。


今日のポイント:
ポイントを使ったら、それと同額の金額を、貯金箱に入れましょう。
確実に、貯まっていきます。^^


(つづく)

「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

サルヴァトーレ・クオモで、コスパよすぎるランチ・ビュッフェ

2006年9月2日
盲学校の教室をお借りして、長男一人のために開催していただいた、「夏の集中学習」。一日目が終わりました。(全盲難聴・のんたん 11歳)



私は、千葉県内の工場で働いています。
最寄り駅から、会社のバスに乗って30分もかかるという、
へんぴな場所です。
敷地は、梨畑に囲まれていて、周囲にはコンビニすらありません。
昼食は、社員食堂を利用するか、自分でお弁当を持っていくか、
そのどちらかしかないという、ショボい毎日です。


なので、たま~に、都内に外出とかがあると、
「そのついでに、どこで何を食べようか?」
これが、大きなテーマとなります。^^


ということで、先日、新宿のセミナーにでかけたついでに、
行ってきました。


PIZZA SALVATORE CUOMO & BAR 新宿


今日は、そのときのお話です。


9月29日。
PIZZA SALVATORE CUOMO & BAR 新宿は、
新宿野村ビルの地下一階にある、おしゃれなお店です。
前から行ってみたかったんです。ここの、ランチビュッフェ。


いいなあ。
都会で働いている人は、こんなところでランチができるんだ・・・。


なんて思いながら、横目で見て通り過ぎたことも。
なので、新宿のセミナーに参加する、と決まったときから、
「お昼は絶対ここで」
と、決めていました。(笑)


オーナーである、サルヴァトーレ・クオモ(Salvatore Cuomo)は、
料理番組、レシピ本、そしてアジアにある数々のレストランで知られている、
カリスマ料理人です。
1972年に、イタリアのナポリで生まれました。
父親がイタリア人、母親が日本人だそうです。


まあ、そんな前置きはともかく、行ってみました、新宿店。
お店に到着したのは、12時10分。
オフィスビルのランチタイムですから、
もう、すごい人でした。


この写真は、帰り際の、人が少なくなったときに撮りました。
1時に近い時間でしたが、それでも、今から入ろうとしている人がたくさんいました。


このお店でおもしろいのは、
「滞在時間と料金を自分で選べる」
ということです。


30分 1000円
45分 1100円
60分 1200円
無制限 1580円(笑)
・・・というふうに、滞在時間によって、料金が変わってくるんです。
私は、100円をけちって、45分にしてみました。



席にバッグを置いて、早速、お料理を取りに行ったのですが、
前述のように、すごい人です。
みんな並んで待っているので、仕方なく、私も列に加わりました。


お料理。
サラダやお野菜中心のお料理が、たーくさん並んでいます。
これなら、女性に人気があるはずです。


その次には、パスタ。
種類の違うものが、4種類ありました。


長ーーーいカウンターに、たくさんのお料理が並んでいます。
手前がパスタ。お客さんが多すぎて、ほとんど残っていません。


さらに、ピザ。
なにより、これがウリのお店ですから、
ピザは、常時3~4種類、置いてあります。


このときには、なんと、ピザが9種類も並んでいました。


そして、最後にようやく、デザート。
手作り風の、ひとくちサイズのものが中心です。
ビンにはいったプリンがおいしかったです。



私は、ビュッフェで食べ残しをするのがきらいです。
なので、お料理を取るときはいつも、
「絶対に食べきれるだけの量を」と考えています。


だから、始めのひと皿めでは、
すべてのお料理を、ほんの少しずつ、お皿に載せます。
全部食べてみて、
「おいしかった。もっと食べたい。」
と思ったものを、ふた皿めでリピートするというのが、
私の食べ方です。


で、取りました。
全部のお料理を、すこしずつ。



どこが少しなんだーーーーーー!!
と、怒られそうですね。(爆)


ほんとに、少しずつなんです。
ほとんどのお料理を、ひと口分くらいしか取っていないのです。
でも、お料理の種類が多すぎて、
全部取っていたら、こうなってしまいました。
(美意識のない盛り付けで、すみません。)


ひと皿めを抱えて、ようやく席に着くまでに、10分経過です。
45分しかないのに。やばいです。


はりきって、食べました。
このランチのために、朝ごはんを抜いてきたので、(笑)
も~ めちゃくちゃ空腹です。
食べる、食べる・・・。


全部たいらげるまで、10分。
ここまでで、20分経過です。
まだ25分残っているので、大丈夫そうです。


ふた皿目を取りに行きました。
このころには、パスタもピザもなくなっていて、
新しいものが補充されていたので、
またまた、違う種類のパスタを食べることができました。
ピザも、その前とは違う種類のものが出ていましたが、
さすがにこちらは食べきれないと判断し、あきらめました。


ついでに、アイスコーヒーもいただきました。
ドリンクコーナーも、おしゃれです。^^



ここまでで、やめようと思ったのです。
お腹一杯になったしね。^^
ほんとうに、そのつもりだったのです。


ところが。


また出てきちゃったんです。
新しい種類のパスタ。
それに、ふた皿めで取ってきたニョッキが、
あまりにおいしくて、とまりません。


で、三皿め。(笑)



新しいパスタの味見をしたかったので、
ちょっとだけ、いただきました。
リピートしたニョッキ、ほんとにおいしい。^^


デザートも完食し、
ここまでで40分経過。
ちょっとだけ、アイスコーヒーでくつろいで、45分が終了しました。


これだけいろいろな種類のお料理を食べまくって、
そのどれもがおいしくて、
1100円。
コスパ良すぎです。
ぜひまた行きたいお店です。


ちなみに、オフィスビルの中にあるお店だけに、
12時40分を過ぎると、お客はぐっと減ります。
この頃から、並ばなくてもお料理が取れるようになりました。
行くとしたら、12時40分以後がお勧めですよ。^^


全盲難聴・のんたん - 那須高原へ二泊旅行

2006年9月2日
H先生手作りの教材でお勉強。終わったら、自分で箱にしまいます。(全盲難聴・のんたん 11歳)



S園の二泊旅行


長男が生活している、S園では、
毎年、園生全員と、旅行にでかけてくださっています。
今年の二泊旅行は、6月13日~15日で、
行き先は那須高原でした。


園からお写真をいただいたので、ご紹介します。


以前に書いたものは、こちらです。






南が丘牧場

餃子作り体験をしました。

夜は、大好きなカラオケ^^


このほかに、自然公園の森の中でハイキングもしました。
公園では、たくさんの木をロープでつないで、
ひとり歩きルートを用意してくれていたそうです。
目が見えなくても、ロープを伝って、森の中での散策を楽しめるなんて、
すてきですね。^^


皆様のおかげで、楽しい旅行ができました。



その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

定年退職おめでとう - 運慶展とSalt grill&tapas bar by Luke Mangan (ギンザシックス)

2006年9月2日
教材を変えて、お勉強が続きます。(全盲難聴・のんたん 11歳)



9月30日
9月末日で、私の夫が、勤務先を定年退職いたしました。
勤続35年6ヶ月、大きな病気もせず、長い間、お疲れ様でした。
(とはいえ、来週からも、同じ職場で同じ仕事を続けるんですけどね。^^)


というわけで、この日は、夫のお祝いということで、
ちょっと豪華なランチにでかけました。


まずは、朝8時半に自宅を出発し、上野の国立博物館へ。
「運慶展」に行きました。
(別に、運慶に興味があるわけではないのですが、
 夫が無料の券を持っていたので、行ってきました。)
始まったばかりだったせいか、けっこうな人出で、
入場するまでに、15分くらい、待たされました。



運慶だけでなく、運慶の子どもたちの作品も展示してありました。
親子とはいえ、作風が違っているのがはっきりとわかり、
興味深かったです。


お昼近くまで運慶展を鑑賞し、
次はギンザシックスへ向かいました。
ここの6階にある、
「Salt grill&tapas bar by Luke Mangan」に、
ランチの予約をしてありました。


Salt grill&tapas bar by Luke Mangan(ソルト グリル&タパスバー)


Salt grill&tapas bar by Luke Manganは、
オーストラリアのスターシェフ、Luke Manganによる、
グリル&タパス料理のお店です。
オーストラリア料理は初めてなので、楽しみです。^^


入り口をはいると、広い店内を奥へ奥へと歩き、
いちばん奥の、窓際のテラス風の席に通されました。
明るい日差しがはいり、外の景色が楽しめます。
予約してあったおかげで、いいお席にしていただいたようです。


席に着くと、右上の小皿に、オリーブオイルをそそいでいただきました。


まずは、乾杯スパークリングワインをいただきました。
これは、コース料理に含まれています。


乾杯の、スパークリングワイン


お食事用には、オーストラリアのワインをボトルで注文しました。
いよいよ、お料理の始まりです。


前菜:フレッシュオイスター

夫は牡蛎が苦手なので、ポテトとお肉のメニューに変えていただきました。

魚料理1:タスマニア産オーシャントラウトのコンフィ ナムジム ココナッツヨーグルト コリアンダー トーストライス(白いココナツヨーグルトの上に、サーモンがのっています。)

魚料理2:スズキのソテー(皮がパリパリ。中はふっくら。おいしかったです。)

肉料理:タスマニア産グラスフェッドビーフ ケープグリム サーロイン


メインのお肉が終わり、デザートにうつります。
ここでうれしいことが・・・。
予約のときに、「お祝いの食事」であることを伝えてあったのですが、
そのため、デザートが「お祝いプレート」になっていました。^^


プレートには、「記念日おめでとう」の文字があり、
小さなキャンドルが飾られていました。
お店の心づくしです。^^


デザート:リコリスパルフェ

ダブルエスプレッソ

結婚32年の夫婦です。(笑)

プティフール
ダブルエスプレッソといっしょにいただきました。


お食事を終え、ワインのボトルも空になったので(笑)、
お店をでました。


ここまでのランチコース、気になるお値段は、ひとり6500円です。
一休のサイトから申し込んだので、割引され、ひとり5000円になりました。
・・・とは言っても、ソフトバンクからいただいたJCBギフトカードを使ったので、
実は、「タダ」です。(爆笑)


帰りに、地下の食品フロアで、夕食を買いました。
「『刷毛じょうゆ 海苔弁 山登り』の海苔弁を、もぅいちど食べたい!」
と夫が言ったためです。(苦笑)


作っても、作っても、どんどん売れてなくなってしまう、人気のお弁当です。


ちょうど、3時からの販売が始まったばかり。
この日も、お店の前は行列でしたが、
それほど待つこともなく、買うことができました。


海苔もおいしいけど、
いっしょにはいっている鮭の塩焼きが、
すばらしくおいしかったです。


お昼も夜も、おいしいものを食べて、
今日も楽しい一日でした。^^



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

ネイル+恵比寿・串の坊でランチ+Expanseでアーユルヴェーダ

2017年6月3日
障害者スポーツ大会で。ソフトボール投げに出場しました。

「どん、どこ、どーん」とかけ声に合わせながら、笑顔で投げました。
(全盲難聴・のんたん 21歳)



9月16日
午前中は新宿でネイル、午後は恵比寿でアーユルヴェーダと、
忙しい休日でした。
アーユルヴェーダに行くのは、久しぶりです。


ついでに、恵比寿でランチを。
今日は、「串の坊」の串揚げ。
このお店も、久しぶりです。^^


串の坊


串の坊は、串揚げの専門店です。
大阪の魚河岸で生まれ育った店主が、
子どもの頃に食べた、揚げたての串カツの美味しさを伝えたいと、
昭和25年に始めたお店だそうです。


私は、30年以上前から、お気に入りにしています。
独身だった頃に、愛媛から上京してきた母を連れて行って、
ごちそうしたこともありました。
今でこそ、串カツなんてどこででも食べられますが、
30年前といったら、珍しかったんですよ^^


このお店、夜に利用すると、4000円以上かかるのですが、
お昼のランチだと、リーズナブルに食べられます。
ということで、「エステの前に、まずランチ」。笑


私がいつも利用していた串の坊は、銀座にあるのですが、
この日に行ったのは、恵比寿の駅ビルの中にあるお店です。


東京・大阪のほか、長野や広島にも出店しているようです。


ここのランチがおもしろいのは、「串の数を自分で選べる」というところです。
 串の数 6本   972円
     8本 1188円
     9本 1620円
     10本  2160円
     12本  3240円
・・・と、串の数に応じて、ランチセットの価格が変わっていきます。


なので、自分が食べられそうな量と、お財布の事情に応じて、
セットを決めることができます。
私は、「8本セット 1188円」にしてみました。



運ばれてきたランチのお膳。
ごはん、お味噌汁、サラダ、温泉玉子、さらにおつけものがつきます。
調味料は、ソースのほかに、胡麻岩塩やカラシ、ケチャップ、特製ポン酢など、
さまざまに取り揃えられているので、
お好みに合わせて、自由に楽しめます。


カウンター席だったので、目の前で揚げたアツアツを、お皿に載せてもらえます。
上に味噌が塗ってあるのは、「味噌田楽の串揚げ」です。^^


8本セットで、お腹いっぱいになりました。
店内を見ると、お客さんのほとんどが女性でした。
それも、「おひとりさま」が多いんです。
女性がひとりではいって、気軽に串揚げが楽しめる、
いい雰囲気のお店になっていました。


会計では、JCBギフトカード1000円と、
ポイントサイト「ハピタス」で貯めたポイントを188円分利用したので、
結局、この日のランチは無料でした。(笑)


自宅のネット環境を、ケーブルテレビからソフトバンク光に変更したところ、「乗り換えキャンペーン」ということで、24000円分のJCBギフトカードをいただきました。
半年間ずっと、お財布に入れっぱなしでしたが、ようやく使うことができました。^^


おいしいランチのあとは、大好きなアーユルヴェーダです。
エステの激戦区と言われている恵比寿には、
アーユルヴェーダのサロンもたくさんあります。
(たぶん私は、そのすべてのサロンに、
 「体験価格で」行ったことがある、と思います。笑)


そのなかで、唯一、気に入って通っているのが、ここです。


Expanse 


初めて行ったのは、2011年8月。
オープンして間もないころで、マンションの一室を利用した、
小さなサロンでした。
もう6年も前なんですね。
今では、場所も移転して、広くてとってもきれいなサロンになっています。


まずは、ウエルカム・ティーをいただきます。
この日のティーのテーマは、「いた、かゆっ」
痛み、かゆみのある方のためのブレンドです。
よもぎ、びわの葉、かきどおし、どくだみ、またたびがはいっていました。


私が持っている回数券は、「100分コース」。
何年も前に買った、格安の回数券。
今も大事に持っていて、少しずつ使っています。
アーユルヴェーダの100分なら、20000円くらいかかるかも、ですが、
このサロンは、うんとお安いのです。
(それが、気に入ったいちばんの理由かも。笑)


ネイル、串揚げ屋さん、アーユルヴェーダ、と、
至福の一日でした。
このころは、「ガンの再発かも?」と気にしていた時期でしたが、
それはそれ。これはこれ。


おいしいものを、「おいしく食べられる元気」があるうちに。
今日もいい一日でした。


おまけ
この日のネイルです。(新宿・VIXIA)
人差し指のお花は、ネイリストさんの手描きです。



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。