MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬日記⑨ ボランティアさんと帰園(2月11日)

2018年2月11日 カラオケパセラ・上野御徒町店で。(全盲難聴・のんたん 22歳)



朝11時から、カラオケパセラで延々4時間、歌い続け、
午後3時。
ようやく終了し、フロントへ向かいました。



1階のフロントでは、あらかじめお願いしていたとおり、
ボランティアのヨリさんが待っていてくれました。


実は、この同じ時間に、長男に会おうと、
ボランティアのヤグチさんが、
上野まで来てくださっていたそうです。
あいにく、ヤグチさんは、「カラオケ館」の前にいらしたそうで・・・。


朝、メールをくださっていたのに、
全然気がつかず、
結局、お目にかかることができませんでした。
せっかく、上野までいらしてくださったのに、
申し訳ありませんでした・・・。


長男が小学一年生の頃から、16年間。
ずっと、長男のボランティアを続けてくださっている、ヤグチさん。
長男の、「第二のおかあさん」です。^^


パセラのロビーで、長男をヨリさんに引き継ぎました。
これから、ヨリさんといっしょに、S園まで戻ります。


S園での夕食の時間に間に合わないと思うので、
園の夕食は、キャンセルしてあります。
なので、最寄り駅のマックで、
簡単なものを食べさせてください、と、
ヨリさんにお願いしてありました。


【ヨリさんからいただいたメールです。】
S園まで、順調に帰りました。
新宿で、立川止まりの電車を見送り、高尾行きに乗りました。予定どおり、17:20ごろに豊田に着きました。
駅前のマックで軽く、と思っていたのです。しかし、マックにはのんたんの足が向かわず、「ハンバーグ!!!」と何度も言うので…イオンモールに行ってみました。
私も、イオンモールに行くのは初めてだったので、色々みてみましたが、結局ジョナサンに入り、ハンバーグセットを注文しました。
出来たてのハンバーグセットの写メを撮り忘れ、どんぶりにのせてから、写メ撮りましたm(__)m


満足そうな顔。^^ 
マックよりもハンバーグがよかったそうです。(苦笑)


拭いても拭いても鼻水が出て、気になるようでした。夕食は、半分くらい食べて、「ごちそうさま」でした。
帰り道のりは、寒いようだったのでフードまで被り、完全防寒でS園に帰りました。
今日は、のんたんご機嫌でした。ありがとうございました。



この日は、お昼から3時まで、パセラで延々と食べ続けていました。
なので、たぶんおなかはそれほど空いてないだろうと思い、
「マクドナルドでポテトでも」
と、ヨリさんには、おねがいしてありました。


でも、長男。わがままです。(苦笑)
「ハンバーグが食べたい。」と、言いはったらしい・・・。(汗)
(半分しか食べられなかったくせに~。)
前日の、「着替えを持ちたくありません」事件と言い、
も~、わがまま、言う言う。(苦笑)


それでも、そんな長男の気持ちに寄り添い、
いっしょに、ショッピングセンターを歩いてくださったヨリさんに、
感謝でいっぱいです。
S園までの夜道を、「さむいねえ!」と言いながら、
フードをかぶせてくださっているようすが、
目に浮かぶようです。^^
ヨリさん、ありがとうございました。


一泊二日の短い帰宅でしたが、
長男にも、長女にも、楽しい二日間になったと思います。
お金はかかったけど(泣)、
家族写真、やっぱり、撮ってよかったなあ、と思いました。


(つづく)

のんたんの冬日記⑧ カラオケパセラ上野御徒町店(2月11日)

2018年2月11日 カラオケパセラ 上野御徒町店で。(のんたんとあみちゃん 22歳)


2月11日


怒涛の写真撮影会から、一夜明けました。
この日は、一家そろって、カラオケに行きました。


お店は、いつもの通り、カラオケパセラ。
今回は、上野御徒町店です。
例によって、グルーポンで、半額のクーポンを買いました。


【51%OFF】
“カラオケボックス”顧客満足度ランキング3年連続第1位
≪牛タンのローストなど7品+乾杯スパークリング+飲み放題
カラオケ4時間


というものです。
お料理も、いつもよりさらにレベルが高い、
「プレミアム」というコース。
4人分で34000円が、クーポン価格で16660円。


このクーポンを、タイムサービスをねらって、
15%OFFで購入したので、14161円。
一人分が、3540円です。(定価は、8500円)
お料理は「プレミアム」でしたが、タイムサービスのおかげで、
いつもと変わらない価格になりました。^^


パセラのお料理は、通常でも、
ほかのカラオケ店に比べると、ずっとグレードが高いのですが、
この日は、「プレミアム」。
どんなお料理がでるのか、楽しみです。^^


ホームで、電車を待っています。
こんなときにも、母の手をさわっている、長男です。^^

パセラ上野御徒町店です。フロント横のアメニティスペース。自由に利用することができます。左端にあるのは、なんとフェイスマスク!「おひとり一点」と書いてあったので、家族分、4個いただきました(笑)。そのとなりに置いてあるのが、一回分のコスメパック。ローション、クレンジングなどがそろっています。さらに右端が、花柄のかわいいシュシュ。本当に、心遣いが行き届いているお店だと、いつも思います。

そして、今日も歌います。^^


楽しみにしていたお料理です。
「プレミアム」コースは、やはり、さすがでした。^^


特選オードブル盛り合わせ。オードブルが、かわいいスプーンに載せられています。合鴨やムール貝、イクラやバジルチキンなど、色合いもきれいです。

左から、鴨のパストラミ バルサミコソース/ムール貝の燻製オイル漬け/北海道産鶏のハーブロール/サーモンとイクラのフリヴォリテ。

海老とアボカドのトマトファルシィサラダ。トマトの中に、サラダがたくさん詰まっています。

イベリコ豚のラグーニョッキ。

自家製焼きたてパン。

スズキとパンチェッタのカダイフ巻き 白ワインとパプリカの2色ソース。
カダイフはと、とうもろこし・小麦粉・塩を水でよく練り、糸状にしたものです。フランスでは「天使の髪」とも言われています。もともとはトルコ料理のお菓子として有名ですが、現在はフランス料理に取り入れられ、カダイフ包み料理や装飾として使用されているそうです。

トリュフを散らした牛タンの低温ローストと濃厚牛タンシチュー。

デザートは、「パティシエ特製スイーツ3種盛り合わせ」でした。^^


そして、飲み放題、歌い放題の4時間。
楽しすぎます。^^
見てください。
長男の、この、楽しそうな顔。^^



今日も楽しい一日でした。


(つづく)

のんたんの冬日記⑦ 池袋「音音」で、お祝い膳(2月10日)

2018年2月10日 卒業の記念に。(あみちゃん 22歳)


思いがけず、写真選びに時間がかかり、
写真館を出たのは、6時前でした。


お待ちかね、晩ごはんの時間です。
この日に予約していたのは、
「音音 池袋店」
でした。


えっ そこって、居酒屋じゃないの? 
と思った方。
はい。「和食バル」です。(笑)
でも、普通の居酒屋とはちょっと違っていて、
どっちかというと、料亭に近い、しつらえなのです。


我が家がいつも利用するのは、「音音 上野店」。
掘りごたつの、きれいな個室に通していただき、
見た目にも楽しめる和風ランチが、ひとり2000円くらい。
海外から友人が来ると、たいていここへお連れします。
すごく、喜ばれます。^^


「音音 池袋店」には、行ったことがなかったのですが、
お店のコンセプトは、大体わかっているし、
お料理がおいしいし。
なにより決めてになったのは、
ぐるなびのポイントが、10000円分、たまっていたこと。(苦笑)


ひとり3000円、4人で12000円の和定食を注文した場合、
ぐるなびのポイントを使って支払えば、
全部で2000円ですむ、計算です。^^
(ぐるなびのポイントは、毎日メールをクリックするだけで、
 どんどんたまっていくので、おすすめです。笑)


まずは茶碗蒸し。

大きな器に、お料理の小鉢がたくさん並んでいます。ランチもこんな感じです。
見た目にも楽しく、お連れした方にも、いつも喜んでいただけます。

こんなふうに、ほんの少しのお料理がちょこちょことたくさんあるのが、大好きなんです。^^

小食の長女は、一人前が食べられないので、鶏の竜田揚げ定食を注文。
いつものように、あれこれと、みんなで分け合って食べました。

デザート。パンナコッタに、マンゴーソースがかかっています。

茶碗蒸し、大好き。^^



こうして、慌ただしい一日が終わりました。
この日の夜、長男は自宅でお泊まりし、
翌日、ボランティアさんといっしょに、S園にもどる予定です。
今日も楽しい一日でした。


(つづく)

のんたんの冬日記⑥ こんなことになるとは。(2月10日)

2018年2月10日 卒業の記念に。(あみちゃん 22歳)


長女ひとりの写真、おもいきって、掲載しました。


長男はともかく、お年頃の長女の写真を、
こんなふうに掲載していいのか?
という葛藤が、ないわけではないのですが・・・。


このブログは、そもそも、
「家族のたいせつな思い出を残しておくために」
「私が死んだあとも、見てもらえるように」
という気持ちで書いているので、
やはり、顔にシールを貼って掲載するのは、
ちょっと違うかな、と。


さて、カメラマンさんの写真撮影が終わり、
次は、家族の撮影タイムです。
自分のスマホで、自由に撮らせていただきました。
でもやはり、プロの写真とは、全然違います。^^



そして、撮影が終了した後、
別室に案内された私たちを待っていたのは、
「写真選び」
だったのでした。(苦笑)


よく考えれば、あたりまえですよね。
たくさん撮った写真の、どれを採用するのか、
カメラマンさんが決めてくれるわけはありません。
「お気に入りの」「最高の」写真を決めるのは、私たちです。


PCの前に全員で座ると、
画面には、100枚以上の写真が、次々と現れました。
「ここから、どうやって選ぶの?」
と、呆然としていると、カメラマンさん、さすがです。


「ここから一枚を選ぶのは、むずかしいですよね。
 『これはなくてもいいな』と思うのを、選んでください。」と。


なるほど。
これなら、決めやすいですよね。^^


まずは、「ひと目見て、これはイマイチ。」と思うものが、
どんどん消されていきました。
半分くらいに絞ったあとは、
カメラマンさんが、4枚をグループにして、一度に表示してくれます。
「この4枚の中で比べて、落としていい物を選んでください。」と。


なるほどね~。
感心しました。
たくさんある写真から、いいと思うのを選んでいくときには、
「落としてもいいと思う物」から消していくと、絞りやすい、
ということです。
この考え方、写真以外でも、使えそうです。


そうして、どうにかこうにか絞って、最後に残った、6枚。
100枚から、選びに選んだ、6枚です。


「私たちも一生懸命撮ったので、
 できるだけたくさん、
 持って帰っていただきたいです^^」と、カメラマンさん。


私たちだって、本当は、全部持って帰りたいところですが、
写真は、おきまりの「台紙」に装丁されて、一枚8000円です。
お高いですが、カメラマンさんや衣装の方々の人件費を考えれば、
致し方ないですね。


6枚全部買うべきか、とうしようか・・・
と迷っていると・・・。


さらに!
「アルバムとして、製本もいたします。」
と、見せられたサンプル。


通常の台紙に貼った写真は、個々の装丁になるので、
写真ごとに、いちいち開くのが面倒です。
でも、全部まとめて本にしてもらえると、一度に見られます。
これはなかなかよさそうです。


そのうえ、
「表紙のデザインには、今日の着物の柄を、そのままお入れします。」
「大学の名前もお入れします。」
・・・などと、続きます。


製本した場合のお値段は・・・。
ひゃ~
台湾に旅行できちゃいますね。^^


まよった。
すっごく迷いました。


思わず、「どうしよう」と、夫に聞きました。
いちばん聞いてはいけない人に、聞いてしまいました。


こういうとき、ええかっこしいの夫は、必ず、
「まあ、いいんじゃないの。」
と言います。


夫は、海外旅行でも、「値切る」ということが、苦手です。
値切るのは、いつも私。
ベトナムのタクシー詐欺でも、
2倍の料金を払ってすませようとした人です。(苦笑)


・・・そんなわけで。
うんと、うんと、迷いましたが、
結局、決めました。
「あのとき、本にしておいてあげればよかった。」
と、後悔したくないので。


「一生に一度のことだから。」
なんて思うと、弱いですよね。
すごい金額でしたが、払ってしまいました。


これはきっと、
「子どものため」ではなく、「自分のため」です。
自分がそれを作って、満足したかったんです。
でも、いいじゃない。
ここまでがんばって、そだててきたんだから、と。


ここまでの顛末を、横ではらはらしながら見ていた、長女。
「ありがとう。」
と、お礼を言いながらも、すまなそうにしています。


卒業式の当日に、長女がひとりで出かけて、一枚だけ撮っていたら、
8000円ですんだし、
こんなすごい金額のアルバムを作ろうなんて、
長女ひとりでは、絶対に決まらなかったことでしょう。


そこで、ようやく、気がつきました。
そうか。
だから、家族写真をプレゼントしてくれるんだ・・・と。(笑)


長女がひとりで撮ってくればいいと思っていたのに、
親がでてくることになったのは、
「家族写真をプレゼント」と言われたからでした。


タダだから、と、家族全員で気合いを入れて集まります。
せっかく前撮りするのだから、と、
カメラマンさんも気合いを入れて、
たくさん撮ってくれます。


持ち帰る写真が、一枚ですむはずもなく、
「アルバムにしませんか?」と。(苦笑)
このとき、親がいっしょにいてこそ、
高額なアルバムが、検討対象になるのです。


そうだったのか~・・・。
「肉を切らして、骨を切る」
じゃないですけど、
「一枚の家族写真で釣って、
 結局は、高額なアルバムを買ってもらおう。」
ということだったんですね。(爆笑)


「タダで家族写真を撮ろう」と思ったところで、
すでに、負けていたんだなあ、と、
今頃気づく、私です。


いや~。
レンタル業者さんに、まんまと、やられました。
長女一人で行かせて、8000円ですませるつもりだったのが、
気がつけば、すごい出費です。


もう、笑うしかないですね。
この私としたことが・・・(笑)。


でも。
後悔はしていませんよ・・・。
家族で、こんな、いい記念写真が残せたのですから。


予想外の出費になってしまったけど、
でもやっぱり、撮ってよかった。^^


来年の年賀状は、これで決まりです。
(あ、ベトナムの王様一家の写真もあった!笑)



次回は、このあとにいただいた、「お祝い膳」をご紹介します。


(つづく)

のんたんの冬日記⑤ ようやく、撮影。(2月10日)

2018年2月10日 卒業の記念に。(のんたんとあみちゃん 22歳)



イナガキさんに、長男を連れてきていただき、
家族全員がそろいました。



まずは、長女の着付けです。
私が付き添うのかと思っていましたが、
「ご家族の皆様は、1時間後にいらしてください。」
とのこと。


「行くところもないから、コーヒーでも飲んでようか。」
ということで、夫、長男、私の3人は、
近所のプロントへ行くことにしました。


いつものように、母の手をさわる長男です。^^

手をさわることで、「見ている」んですね。^^


さて・・・。


みなさま。
たくさんのご応募をいただき、(←ちーがーうーだーろ~ 笑)
ありがとうございました。


いよいよ、発表です。
正解は、3番! でした~^^


ジャーン

ついでに、ヘアアレンジも。


カメラマンさんに撮っていただいたあと、
自分達のスマホでも、自由に撮らせていただきました。
それが、下の写真です。
やはり、プロの方が撮ったものとは、違いますね^^



いや~。
ようやく、ここまで来ました。


22年間の子育て。
それももう、終わりだなあ・・・。
と、ちょっとしんみりした、ひとときでした。


撮影は、これでおしまい。
あとはもう、帰るだけ。
と思っていたのですが、
実は、そうではありませんでした。


このあと、写真館で、
思いがけない、とほほな展開になってしまうのですが、
このときはまだ、そんなことは知る由もない、
のんたん一家だったのです。


(つづく)