MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

鮮魚仲卸の居酒屋「神楽家(上野)」で、日本酒三昧(2018年9月29日)


2011年夏 家族で3回目の海外旅行。インドのタージマハールです。2012年の年賀状になりました。
(のんたんとあみちゃん 16歳/高1)


9月29日


上野の居酒屋、「神楽家」に行ってきました。
今年の4月にオープンしたばかりのお店です。
鮮魚仲卸が営んでいるため、鮮度抜群の魚介が自慢です。
扱う魚介は、産地直送で仕入れ、
その日のうちに使いきってしまうとか。^^


さらに、豊富に取り揃えられた日本酒も、魅力です。
日本酒ファンの夫は、それはもう楽しみにしていて、
前日から、そわそわしておりました。(苦笑)


上野といっても、JR上野駅界隈だと、
お店がいっぱいあるし、
アメ横あたりだと、とにかくすごい人ごみで、
歩くのもたいへん。


でも、このお店があるのは、上野広小路のあたり。
民家も多く、ひっそりとしています。
街灯もまばらな裏通りに、ぽつん、ぽつんと点在している、
居酒屋さんや小さなレストラン。
暗い通りで、そこだけが灯をともしていて、
なんだか風情があります。
ここ、神楽家も、そんなお店のひとつでした。



中にはいると、居酒屋にはめずらしく、店内はソファ席。
もともとは、喫茶店だったのかもしれません。
クッション席なので、らくに座ることができ、
落ち着いて食事を楽しむことができました。



いただいたのは、「いいとこ取りコース・全9品」です。


前菜・酒の肴3種:しめじの和え物、あん肝のポン酢ジュレ、しらすの酢の物

刺身・盛り合わせ7種

野菜・海老とアボガドのクリーミーサラダ

焼物・豚スペアリブの香り焼き

一品・プリプリ大海老のエビマヨ

揚物・鮪のど肉の竜田揚げ

口直し・塩芋けんぴ

食事・握り寿司3貫

甘味・ペッパー塩アイス


以上、飲み放題込みで、定価は7134円(一人分)ですが、
ルクサのクーポンとギフト券利用で、3550円に。^^
さらに、プラス1000円で、
8種類の日本酒が飲み放題になるとのことだったので、
それもお願いしました。


あとはもう、
ひたすら、飲みまくりです。^^


東北泉 純米(山形県):スッキリした味わい


喜久泉 吟冠 吟醸造(青森県):魚にぴったりのスッキリ飲みやすい味わい
1合とっくりは、注ぎ口がついています。とっくりがいっぱいになると、注ぎ口からおちょこにお酒が流れます。そのおちょこからお酒があふれる寸前まで、注いでいただきます。

〆張鶴 純 純米吟醸(新潟県):バランスの良い味わいで和食とも好相性

獺祭 純米大吟醸(山口県):フルーティーさが際立つ、甘みのある味わい

銀盤 播州50 純米大吟醸(富山県):クセのないスッキリとした辛口

日高見 弥助 純米吟醸(宮城県):和食に良く合う辛口

鳳凰美田 剣 辛口純米(栃木県):フルーティーさを残しながら、キレの良さを楽しめる辛口


いや~ 笑
これだけ日本酒を飲み続けたことって、
ちょっとありません。
(私は、ふだんはワイン党です。)


でも、お酒が上質だったせいか?
2時間飲み続けても、さほど酔っ払うこともなく、
上機嫌で、家路についたのでした。
どうやって帰ったのか、あまり覚えてないんですけどね。(爆)


今日も楽しい1日でした。

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ(2018年9月29日)

2017年12月25日 ベトナム・ハノイへ家族旅行。フレンチ・レストラン Maison Vie で、シェフと。
(のんたんとあみちゃん 22歳)


9月29日


台風が接近していると心配された週末でしたが、
この日は、まだ、雨も小降りで、
なんとか、ウクレレ教室のレッスンにでかけることができました。


この日のボランティアさんは、ヤマシタさんとキドノさんです。
おふたりには、前半と後半で、分担していただきました。
まずは朝10時に、ヤマシタさんに、S園までお迎えに行っていただき、
長男といっしょに、高田馬場へ。
ここで、キドノさんが合流し、
3人いっしょにランチとウクレレ教室のあと、
ヤマシタさんの介助は終了です。
帰りは、キドノさんに、
S園までお送りいただく、という行程です。


おふたりとも、のんたんとは仲良しの、
大ベテランでいらっしゃいます。
おかげで、長男にとっても、楽しい週末になりました。


【ヤマシタさんからいただいたメールです】
玄関に来るまで、しきりに、10月7日の予定を職員の方に聞いていました。

園から一歩出た途端、「ポックリポックリ」と…。「お馬の親子」の童謡を歌い出しました。繰り返しお、「馬の親子」を歌いながら駅に向かいました。
途中で、象さん、うさぎと亀、虫の声、等の動物がらみの歌を歌ったのですが、びっくりしたのが、のんたんが「うーさぎうさぎ、何見てはねる 十五夜お月さん見てはーねる」という昔の、どちらかといえばマイナーな曲を知っていて、朗々と歌った事。さすが…
電車内では、ヘッドフォンで何かを聞いていました。音楽や太鼓のリズムではなく、話し声が聞こえてきます。何かの録音かラジオか…わかりません。ただそこからしきりにラット、ラットと言って、左手で指文字を表します。小さいッがどうしても表せないので、もしかしたらラトだったのかも。食事中もラト、と表していました。
昼食はハンバーグ、店はガストではなくサイゼリアが良いと。コーンスープとサラダも食べたいと。でもスープはお口に召さなかった様で、だいぶ残してしまいました。サラダ、ハンバーグは完食。
ウクレレではタッチからスタート。でも初めは、先生から何回も「のぞみ君弾いて」と言われながらも、リズムをとってウクレレを叩いているだけ。その後次第に、弾くことに集中していきました。
今回は、ハイティーン・ブギの歌はなく、ウクレレに集中していました。
冬休みにカラオケに行くそうです。そこでも、「お馬の親子」が歌えたら良いですね。のんたんはとーっても優しく歌うんですよ。
のんたんから指文字を出してきたのには驚きました。発話が鮮明でない時、とても助けになります。
29日も本当に有難うございました!! またご一緒できます様に…


【キドノさんからいただいたメールです】
お昼はハンバーグとのことで、サイゼリアへ行きました。が、あまり食は進みませんでした。ヤマシタさんが促してくださり、ライスとスープを少々残しましたが、ほぼ完食でした。
ウクレレ教室でも、最初はあまり弾かず叩いていましたが、先生に先導され、新しい曲の練習に入ることができました。
(この日は、歌の練習はなかったので、歌いませんでした。)
帰りは、電車の中で、ICレコーダーをヘッドフォンなしで直接聞いていましたが、突然やめると、あとは寝てしまいました。
「眠いですか?」と聞きましたが、「いいえ」と言っていました。


行きは、ヤマシタさんと歌を歌いながら歩き、
帰りは、疲れと安心しきっていたのか、
キドノさんの隣りで寝てしまったとのこと。


おふたりといっしょに、
のびのびと過ごす長男の様子が、
目に浮かぶようです。


長男の指文字を、しっかりと読み取ってくださったヤマシタさん。
そのことに、私たちの方がびっくりしました。^^


ヤマシタさん、キドノさん。
本日も、たいへんお世話になり、ありがとうございました。


2018年7月12日 タイ・バンコクの花

全盲難聴・のんたん おとうさんとおやつ^^(2018年9月30日)

2018年9月30日 S園で。「これは・・・、おせんべい!^^」


9月30日


秋も深まり、今年も、「S園・秋のバザー」が近づいてきました。
今日は、台風の日曜日でしたが、
夫は、バザーの準備作業のため、S園にでかけていきました。
この日のために貯めておいた寄付の品を、
車に積んで、全部持って行ってもらったので、
家の中も、ちょっとすっきり。^^


せっかくS園まで行くので、
長男に、お菓子を持って行ってもらいました。
「のんたんといっしょに、おやつを食べてきてね。」
と。


おとうさんにもらったおせんべいを、さわって確認しています。

おせんべい! おいしいね!

お茶もゴクゴク・・・。おせんべい、もっとください!^^」


写真を、夫がメールで送ってくれました。
「のぞみくんは、今日も元気でした。」と。


よかった、よかった・・・。^^


今年の秋のバザーは、10月8日です。
当日は、長女もいっしょに、
家族みんなで、S園に行きます。
愛しの長男に会うのが、楽しみです。^^


もっとも長男は、私たちに会うことよりも、
私たちといっしょにカラオケに行くことの方が、
ずっと楽しみみたいなんですけどね。(苦笑)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 43 - オトクの値段(6日目)

2011年夏 家族で3回目の海外旅行。インドです。(のんたんとあみちゃん 16歳/高1)


7月16日


こんなふうにして、私たちのタイ旅行が終わりました。
SPGアメックスカードのおかげで、
高級ホテルではVIP扱い。
連日のタダごはん、と、いいことずくめの4日間でした。
ほんと、タダほど安いものはない!(笑)


最後に、質問です。
このタイ旅行で、オトクにゲットしたものをお金に換算すると、
おいくらくらいになるでしょうか?


・・・ということで、おトクだったことを、計算してみました。笑


7月12日
 アーリーチェックイン 6時間    6000円
 ウェルカムギフト(ドライフルーツ) 200円
 アフタヌーンティー 2人分     3000円
7月13日
 朝食ビュッフェ 2人分       4000円
 アーリーチェックイン 4時間    4000円
 ウェルカムギフト(フルーツ3種)  1000円
 午前中のカフェ 2人分       2000円
 午後のカフェ+巻き寿司 2人分   2500円
7月14日
 朝食ビュッフェ 2人分       4000円
 ランドリーサービス 2点      2000円
 アフタヌーンティー 2人分     4000円
 イブニングカクテル 2人分     6000円
 バー 2人分            3000円
7月15日
 朝食ビュッフェ 2人分       4000円
 アフタヌーンティー 2人分     4000円
 レイトチェックアウト 4時間    4000円
注:金額は、主観によるものです。
注:客室のグレードアップについては、あったと思うのですが、確認がとれないため、上記には含まれておりません


全部で、53700円。
このカードの年会費、33480円。
なんと、3泊の旅行で、モトが取れてしまいました。


たいへんオトクなカードだった、ということはわかったのですが、
このカード、あまりにもオトク過ぎたため、
日本人マイラーの方々が、
各地のマリオット・ホテルに押し寄せたそうです。(苦笑)
VIPルームにVIPが入りきれず、
補助ルームを開設する羽目になったホテルも、
あったとか・・・。


そんなこんなで、Gold Eliteクラスへのタダごはんのサービスは、
2018年8月をもって、終了してしまいました。


「残念だなあ…。
 カードを作るのが、遅すぎたよね。
 こんなカードがあることを、
 もっと早く知っておけば、もっと楽しめたのに。」
と私。
「いや、オレは、そう思わない。
 一回だけでも、こんないい思いができて、よかったよ。」
と夫。


たしかに、そのとおりです。
一回だけだったけど、
タダで、こんな夢のような体験ができたのです。
それだけでも、よかった。^^


さて、このSPGアメックスカード。
タダごはん以外の主な特典は、今でも有効です。
メンバー価格で、系列のホテルに宿泊できる、という特典も、
引き続き残っています。


そこで、お正月の台湾旅行のホテル予約に、利用しました。
4人家族で、ツインを二部屋。
4泊で、合計55302円!
これ、家族4人分ですよ。
やっぱり、安いです。^^


現在は、生活費のほとんどを、このカードで支払い、
せっせとポイントをためています。
一ヶ月分のポイントで、
ツインが一泊できるくらいのポイントがたまります。


それと・・・。
もうひとつ、特典がありました。
SPGカードのポイントは、
オトクなレートで、ANAやJALのマイルに交換できるのです。
ざっくりとした概算ですが、
100円の利用につき、1.75マイルくらいになりそうです。
(60000ポイント貯めた場合です。)
これ、かなり高率ですよね。^^


なので、これからは、
「マイルをためてタダの航空券」をねらいたいと考えています。
めざせ、ビルマのビジネスクラス! です。^^


さあ、次回の旅行に向けての、あらたな目標ができました。
次は、どんな旅になるのやら。
それはまた、来年に、ご紹介できると思います。


これにて、タイの日記を終了いたします。
長い間おつきあいくださり、ありがとうございました。


(おわり)


(おまけ)
カリプソ・タイ・レストランのディナーショーです。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 42 - どうしても、チキン。(5日目)

2010年夏 家族で2回目の海外旅行。カンボジアのアンコールワットです。2011年の年賀状になりました。
(のんたんとあみちゃん 15歳/中3)


7月15日


1時間以上遅れましたが、
ようやく搭乗ゲートに入ることができました。


搭乗機までは、バスで移動しました。


離陸してすぐに、機内食が配られました。



チキンのセットはなくなったそうで、
うむを言わさず、お魚のセットを食べさせられました。
ないものはしかたがないんですが、
これが、まずいんです。泣


基本、なんでもおいしく食べてしまう私たち。
機内食を残すことなんて、めったにありません。
でも、このときの食事は、さすがに完食できませんでした。
行きも帰りも、おいしくない・・・。
タイ航空、どうしちゃったんでしょうか。


そういえば、タイ航空の機内食では、
忘れられない思い出があります。


20年以上前の、タイ航空での話です。
あるとき、やはり、チキンだけ、
どんどんなくなってしまったんですね。


私たちが座っているエリアには、
まだなにも配られていなかったのですが、
突然、ひとりのCA(タイ人)がやってきて、
タイ人乗客にだけ、タイ語で話しかけてまわったのです。
「チキンが残り少ないんだけど、チキンが欲しいですか?」
と。
そして、チキンを希望するタイ人のところに、
その残り少ないチキンセットを、次々と配っていったのです。


食べることにかけては、鋭い私。笑
タイ語であっても、このときの会話は、
手に取るように理解できました。


すべてのチキンセットを、タイ人にだけ配り終えてから、
そのCA、私たちの所に戻って、
何食わぬ顔で、お魚のセットを配り始めました。


何人かの乗客は、「チキンを」とリクエストしましたが、
「もうない。お魚だけ。」
と言って、お魚のセットを押しつけていくのです。
ちょっと腹がたちました。


やがて、その彼女が私のところに来て、
お魚セットを差し出しました。
「チキンはもうありません。」と言って。
でも私、こう言っちゃいました。
「ノー。私は、そのお魚を受け入れることはできません。」


それでも、そのCAはさらに、
「いくらチキンと言おうが、ないものはない。」
と、言い張ります。
だから、私も言いました。


「あなた、タイ人にだけ、優先的にチキンを置いたでしょう。
 残り物のフィッシュを、日本人に押しつけているのを、
 私は見ていましたよ。
 これは、フェアではありません。
 このフィッシュ、私は、絶対に、受け入れません。ぜったいに!
 とにかく、チキンを持ってきてください。」


これを聞いた彼女、ひとことも話さず、
ぷいっとそっぽを向いて、どこかに行ってしまいました。
私以外の乗客は、全員、押しつけられたお魚セットを、
黙って食べ始めています。


私だけが、食事なし、のようです・・・。
CAを怒らせちゃったからな・・・。
ま、しかたないか。


と思っていたら、10分以上たってから、彼女、戻ってきました。
図星だっただけに、反論ができなかったけれど、
そうとう、むかついていたみたいで、
ガタン! と音をたてて、
機内食のトレーを、私の席のテーブルに、
投げつけるように置き、そのまま行ってしまいました。


結局、フィッシュを食べるしかないのかあ・・・
と思って、そのトレーを見ると、
お魚料理が置いてあるはずの場所には、
陶器のお皿にきれいに盛りつけた、チキン料理が。(苦笑)


なんと、そのCA、ビジネスクラスのチキン料理を、
エコノミー席の私に持ってきたのです。(爆笑)
いえ・・・。もしかしたら、
ファーストクラスのお料理だったのかも・・・。爆


そうくるとは、思わなかった・・・。


フェアじゃないことをしている彼女に抗議したくて、
「どうしてもチキンを持ってきなさい。」
と、わざとわがままを言った私。
それでも彼女は、自分に非があるのが明らかだから、
そのわがままをきくしかない、と思ったんでしょうね。(苦笑)


そうは言っても、よほどくやしかったようで、
食事を投げつけるように置いていったし、
もちろん、謝りもしませんでした。


私が本当に欲しかったのは、チキンではないんです。
(いや、チキンも欲しかったんですけどね。^^)
自分のやったことを、謝ってほしかったんです。


1986年に、初めてタイに行って以来、
人々の、純朴で柔らかな微笑みに魅せられ、
結局、タイには20回くらい行きました。


タイは大好きな国で、私にとっては「特別な国」でした。
そのタイの人が、こんなことをするなんて、
と、とても意外だったし、寂しい気持ちでした。


当時のタイは、すごい勢いで、
経済発展を遂げようとしていました。
思えば、あの「機内食事件」のころから、
タイの人々の表情が、
少しずつ、変わっていったように思います。


初めてタイに行ったときに、私を魅了した、
あの、素朴で優雅な微笑み。
誰もが素晴らしい笑顔を見せてくれることに、感動したものでした。


そういえば、今回の旅行では、
その微笑みを一度も見ることはなかったな、と、
気がつきました・・・。


目の前には、
「これしかないよ」
と置いていかれた、お魚の機内食。
あまりおいしくないお魚料理を食べながら、
そんなことを思い出していました。


(つづく)


(おまけ)
カリプソ・タイ・レストランのディナーショーです。