MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

あみちゃんの冬休み-80 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 母と娘のホーチミン③戦争博物館(7日目)

2017年12月30日 ハノイ・戦争博物館で。(あみちゃん 22歳)



戦争博物館。
9年ぶりに、やってきました。


時刻は、まだ朝9時半です。
開館してまもない時間でしたが、
館内には、すでに多くの見学者が集まっていました。
その多くが、「ベトナムの子どもたち」でした。


学校の、課外授業の一環なのでしょう。
何十人もの子ども達のグループが、体操服を着て、
館内のあちこちで整列していました。
こういうところ、日本の学校の、「社会見学」と同じですね。^^



自分の国の歴史として。
自分の家族が経験したこととして。
そして、今、どうして自分がここにいるのかを、知る手段として。


ベトナムの子どもたちが、「ベトナム戦争」について知ると言うのは、
単なる「勉強」ではなく、
自分達のからだの一部であると言ってもいいくらいの、
深い、深い、意味があるのだと思います。


そんな、ベトナムの人々の、苦難とか、誇りとか、
ひとことでは言い表せない思いがこめられた、
戦争博物館。


またここに、戻ってきたね。
今度は、ゆっくり、しっかりと、見ようね・・・。


私も、娘も、思いは同じでした。


博物館は、3階建ての展示館が中心となっていて、
敷地内には、ベトナム戦争で使用された戦闘機や戦車も展示されています。
展示館の屋内では、
大砲や爆弾などの遺物、
当時の報道写真など、戦争の足跡をたどる各種記録、
そして、かなりのスペースを費やして、
枯葉剤の犠牲となった人々の写真が展示されています。


ベトナム戦争中に命を落とした、
戦場カメラマンや報道写真家たちについて、紹介するフロアがあり、
ロバート・キャパを始めとした、
世界中のカメラマンについての記事が、
写真とともに飾られていました。


日本人カメラマンも、多く紹介されています。
ピュリッツァー賞を受賞した、沢田教一の『安全への逃避』。
『地雷を踏んだらサヨウナラ』で知られる、
一ノ瀬泰造を紹介する文と、
彼が愛用していたカメラ(ニコンF。弾丸が貫通しています)の写真・・・。


私自身が、20代の終わりに、
夢中になって読んだ本の中に、出てきた人々です。
彼らのひとりひとりのことを、娘に説明しながら、
ふたりでいっしょに、時間をかけて見てまわりました。


「おかあさんはね、あなたと同じ年の頃、
 ベトナムのことなんて、なんにも知らなかったんだよ。
 ベトナムに興味を持って、いろんな本を読み始めたのは、
 27歳ごろから、かな。
 キャパや、沢田教一や、一ノ瀬泰造とか、今でこそ知ってるけど、
 今のあなたの年の頃には、なにも知らなかった。
 だから、今のあなたが何も知らなくても、恥ずかしいことじゃないし、
 今、いろんなことを知り始めてるのは、すごくいいことだと思う。
 あなたは、おかあさんよりも、5年も早いんだよ・・・。」


長女といっしょに、2時間以上かけて、館内の展示を見ました。
説明のプレートに書かれた英語を、丹念に読みながら。


長女は、
「前に来たときは、全然わからなかったけど、
 今は、説明の英語が理解できる。」
とうれしそうです。
(ちなみに、娘、これでも「英文科」です。笑)


「よかったね~。^^
 勉強すると、今までわからなかったことが、わかるようになるね。
 見えなかったものが、見えるようになるよね。
 それが、勉強するってことだよ。」


一番圧倒されたのは、
枯葉剤の犠牲となった人々の、膨大な数の写真でした。
亡くなったこどもたち。
障害を持ちながら、懸命に生きている方々。
枯葉剤を散布した側のアメリカ兵も、犠牲者となりました。
見るのがつらい写真もありましたが、
知っておかなければいけないこと、にも思えました。


戦争博物館。
館内の、たくさんの展示物を、長い時間をかけて見ましたが、
私はそれらの展示物について、一枚の写真も、撮ることができませんでした。
なので、ここに掲載できる写真が、ありません。


ここは、写真に撮るところではなく、
自分の心に刻んで、思いを持ち帰るところ。
そんな気持ちでした。


枯葉剤を製造して米軍に納入していたアメリカの化学企業とアメリカ政府は、ベトナムから帰ったアメリカ兵に対して、枯葉剤による人体影響を認め、手厚い補償を行っている。
ベトナムの被害者らは、2003年以降、ダウケミカル社など37の化学企業を相手どった賠償請求を、米連邦地裁に次々と出した。しかし、連邦地裁は、ベトナム人に対しては人体影響を認めず、訴えをすべて却下した。
時の経過と共に、戦場の記憶は薄れてゆく。しかし、枯葉作戦という戦争犯罪の事実は、ベトナムだけでなく、全人類の記憶としていかなければならない。悲劇を二度と繰り返させないためにも。(中村梧郎)


(つづく)



そのころ長男は…。ダムセン公園で乗り物三昧だったのでした。^^

のんたんの冬休み-79 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 母と娘のホーチミン②スーパーを発見!(7日目)

2017年12月27日 王族一家のできあがり^^(のんたんとあみちゃん 22歳)



夫と長男の目的地であるダムセン公園は、
ホーチミンの郊外にあります。
タクシーで行くと、けっこう料金がかかりそうです。
そこで、
「路線バスに乗っていくよ」
と、ワイルドに出発した「父&長男」組。


それに対して、「母&長女」組は、ずっと優雅に、
ホテルの前からタクシーに乗りました。^^
まあ、ほんとうのところは、
「ダムセン公園まではバス便があって便利だけど、
 戦争博物館までは、近すぎて、バスだと効率が悪い」
という、それだけの理由なんですが。(笑)。


お互い、それぞれが行きたいところに行き、
午後1時までに、ホテルに戻ってきて、
お昼ごはんは家族いっしょに食べよう、
ということになりました。


戦争博物館に向かうタクシーの中で、
ホーチミンの市内地図を広げました。
タクシーが走っている道路を、
地図上で、長女と一緒に確認し、
道が間違っていないことを確かめるためです。


そのとき、地図の中に、「coop mart」という表記を見つけました。
これは、もしかしたら、スーパーではないかな?
よく見ると、戦争博物館から歩いて5分くらいのところです。


私は、海外に旅行すると、必ず、地元のスーパーに入ります。
あれこれと、売っているものを見て楽しみ、
あげく、日本に持って帰るお土産も、
ほとんど、そのスーパーで買ってしまいます。


スーパーで買えば、地元の庶民料金ですから、
「お土産物屋さん」で買うよりも、ずっとずっと安くつきます。
なので、20年以上前から、我が家のお土産は、
「基本、スーパーで買う」というのが習慣になっています。


でも、今回の旅行では、毎日忙しすぎて、
まだ一度も、スーパーに行っていません。
旅行の最終日だというのに、日本に持って帰るお土産を、
まだひとつも買っていないということが、気にかかっていました。


そこで、
戦争博物館のあとで、ちょいと、このスーパーに寄って、
お土産の買い物も済ませてしまおう、と
母娘で意見がまとまりました。


なんだか、戦争博物館よりも、
そのあとでスーパーに行くことの方が、
楽しみになってきました。(笑)


「お土産は、何人分、買うの?」とか、
母娘でそんなことを話し合っているうちに、
タクシーは、戦争博物館の前で停まりました。


(つづく)


(おまけ)
掲載しきれなかった物を、まとめてご紹介します。


フエで、王様のディナーを。


シクロに乗って駆け抜けた、ホイアンの街

のんたんの冬休み-78 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 母と娘のホーチミン①心残りを取り戻す。(7日目)

2017年12月29日 ダナン空港で。(のんたんとあみちゃん・22歳)




長女は、22歳です。
この年頃の女の子の興味があることといえば、
おしゃれ、ショッピング、食べ歩き、エステ、などでしょうか。


このホーチミンにも、女の子が出かけて楽しめそうなところは、
いくらでもある、と私は思っていました。
母娘でエステに行くのも、おもしろそうです。
ところが。


「どこに行きたい?」
と私に聞かれて、長女はこう答えたのです。


「戦争博物館、かな。」


へえ・・・。
22歳のお嬢さんが、いちばん行きたいところは、
戦争博物館。(苦笑)
悪くない選択です。
実は、私も、行ってみたかったんです。


9年前。
家族で初めてホーチミンに来たときにも、
もちろん、みんなで戦争博物館に行きました。
でも、時間に余裕がなかったので、
30分くらいで、中をざっと見て回っただけでした。
貴重な展示を、時間をかけて見ることができなかったのは、
残念だったな、と思っていました。


長女も、
「今度は、ゆっくり見てみたい。
 前は、英語もよくわからなかったけど、
 今回は、英語の説明文も読んでみたい。」
と言うではありませんか。^^


あのころ、長女は中学2年生。
ただ、わけもわからず、親に連れられて、
あちこちをまわっていたわけです。
でも、そのとき、長女なりに感じたことが、
今につながってるんだな、と思うと、
私もうれしくなりました。


「よし、行こう! 
 おかあさんといっしょに、
 戦争博物館に行こう!」


こんなふうにして、ベトナム旅行の最終日は、
「母娘で、戦争博物館へ行く」という、
全然女の子らしくないスケジュールが決まりました。(笑)


当日、ホテルの朝ごはんを終えたあと、
夫は長男を連れて、「ダムセン公園」へと、
はりきってでかけていきました。


ほぼ同じ時間に、残った私たちも、
ホテルを後にしました。


さてさて、二手に分かれて旅行することになったのんたん一家。
どんな展開になるかは、また次回に。^^


戦争博物館で。


(つづく)


(おまけ)
以下は、夫と長女がふたりでホイアンを散歩したときに、撮った写真です。
詳細は、こちらをご覧ください。

のんたんの冬休み-77 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 家族が分裂(7日目)

2017年12月27日 フエの王宮で。(のんたんとあみちゃん 22歳)


12月30日


ベトナムの旅、7日めの朝です。
8日間の旅行なのですが、
最後の日は、日本への移動日なので、
実質的には、この日が最終日となります。


この日の夜の飛行機で日本に帰るので、
一日をフルに使えるわけではありませんでした。が、
それでも、ぎりぎりまで楽しまなくては、と
やる気まんまんの夫につきあわされて、
今日もハードな一日が待っています。


とりあえず、朝食。
今日もまた、ホテルのレストランで、ビュッフェの朝ごはんです。


前日のガイドさんから、
「このホテルのおすすめは、ヨーグルトです。」
と言われていたのですが、
「またまた~。そんなの、どこで食べたって同じじゃない。笑」
と思っていました。


でも、試しにひとつ取って食べてみたら、
おお…。


たしかに、違います。
ベトナムのたいていのホテルに置いてある、ヨーグルト。
どこでも、全く同じ、小さなビンに入っているので、
既製品だと思っていました。
でも、そうじゃなかったんですね。
ベトナムのあちこちで見かける、このヨーグルトは。
それぞれのホテルの手作りだったことを、
最終日にしてようやく知りました。


RIVERSIDE HOTELの朝食ビュッフェ。
テーブルの左の方にあるのが、小さなビンにはいったヨーグルトです。


さて、この日の予定ですが、最終日にして初めて、
私たちはふたつに分かれて、別々に行動することになりました。


というのも、この2日前のことです。
夫が、長男に、
「あさっては、ホーチミンに行くよ。」
と言うと、長男、なんと、
「ダムセンこうえん、いく?」
と答えたというのです。


9年前。
初めて一家でベトナムに来たとき、
まだ14歳だった子どもたちを、夫が遊園地に連れて行きました。
そのときの遊園地の名前が、「ダムセン公園」だったのです。
(ちなみにそのとき、私はひとりで、
 エステ一日コースに行っておりました。笑)
そのときのことを、長男はしっかりと覚えていて、
「ダムセン公園に行きたいの。」
と言ったのだそうです。


「えっ。のんたん、よく覚えてたね~。」と、私。
すると夫が、
「オレ、のんたんとふたりで、ダムセン公園に行ってくるよ。」
と言い出しました。
長男は、一週間ずっと、文句も言わずに、
私たちにつきあってくれたのです。
最後くらい、長男の行きたいところへ連れて行ってやりたい、
という気持ちだったのだと思います。


とはいえ、4人でいっしょに遊園地に行くこともないので、
そのあいだ、私と長女は、
ふたりで好きなところへ行く、ということになりました。


「あみちゃんは、どこか、行きたいところ、ある?」
と私がきくと、
長女の口からでてきたのは、ちょっと意外な場所でした。


(つづく)


(おまけ)
以下は、夫と長女がふたりでホイアンを散歩したときに、撮った写真です。
詳細は、こちらをご覧ください。

のんたんの冬休み-76 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 公園で会った青年(6日目)

2017年12月29日 サイゴンセンターの「水山」で、日本食の番ごはん。(のんたんとあみちゃん・22歳)


ベトナム高島屋の食品フロアを、大はしゃぎで見て回ったあげく、
はいったお店が、ここです。


日本食レストラン「水山」のメニューです。


あはは。
日本のファミレスみたいなメニューですね。
値段も、日本で食べるのとあまり変わりません。
っていうことは、ベトナムでは、相当高い。
サイゴンセンターでは、どのお店も、
ベトナムの人で、ずいぶんにぎわっていましたが、
たまのゼイタク、のつもりで来ているのかも…。



おいしかったね!^^


家族全員で、うばいあって、分け合って、
すべてきれいに平らげました。


北海道ベイクトチーズタルトのお店です。4個買って、ホテルの部屋で、みんなで食べました。
日本のと同じ味で、とーーーっても、おいしかったです。^^


サイゴンセンターのエントランス。きらきらの、トナカイオブジェがありました。


お腹いっぱいになり、大満足で、帰路につきました。
ホテルまで帰る途中の公園で、その出会いがありました。


長男を手引きしながら、公園を横切ったとき、
たまたま、ある青年に気がついたのです。
その青年は、全盲でした。


ベトナムには、米軍が散布した枯れ葉剤の影響で、
生まれたときから全盲の人も、たくさんいます。
彼も、そのひとりなのかな、と思いました。


彼は、手押し車にスピーカーを積んでいました。
そして、スピーカーから流れる音楽に会わせて、
笛を吹き始めました。


美しい音色です。



公園では、大勢の人が思い思いにくつろいでいました。
けれど、誰も、青年の笛を気にとめませんでした。
でも、私は、その青年から、
そのまま離れることができなくなってしまいました。


長男も、青年の演奏をじっと聴いています。
そこで、青年のすぐ前に陣取り、長男と一緒に、
演奏を聞き続けました。


少し先を歩いていた夫と長女も、
私と長男が立ち止まっているのに気がつき、
戻ってきました。
そして、家族4人で、その青年の演奏を、
そのまま聞き続けました。


私たちが、「サクラ」になったのでしょうか(苦笑)。
はじめは、誰も注意をはらっていなかったのに、
いつのまにか、ひとり、ふたりと、
地元の人たちが、青年のそばで立ち止まり、
演奏を聴くようになりました。



演奏が始まって、15分くらいたったころには、
何十人もの人たちが、青年のまわりに人垣を作っていました。
そして、誰もが、手押し車の上にある箱に、
お金を入れていきました。



そのようすを見届けてから、
私たちも、ホテルに戻ることにしました。
手押し車の上の箱に、すこしだけお金を入れ、
私たちは再び、ホテルの方向に、歩き始めました。


青年の演奏は、まだまだ続いていましたが、
なんとなく、安心して、
もう帰ってもいいような気がしたので。


青年が、公園で笛を演奏し、
集まったお金で生計を立てているのかどうか。
それは、わかりません。


でも、たくさんの人が、たちどまって、
青年の演奏を聴いてくれた…。
そのことが、なんだかうれしくて。
長男と一緒に歩きながらも、
青年のことが、いつまでも心に残っていました。


よかったね。
明日も、お金がたくさん、集まるといいね…。
そう願いながら、長男と手をつないで帰りました。


青年の笛の音色が、心に沁みた、
ホーチミンの夜、でした。


(つづく)