MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

ガンになって、低糖質食卓便② - 「タンドリーチキンと鮪(マグロ)の煮付」を試してみた。

「散髪やさん、こわいよー。」(全盲難聴・のんたん 7歳。)
全盲難聴ののんたんには、なにが起こっているのかわからず、不安だったようです。小さい頃から、散髪やさんでカットするのはひと苦労でした。でも、このころには、抱っこされていなくても、ひとりで椅子に座って、なんとかカットしてもらえるようになっていました。一生懸命がまんしている、のんたんです。^^



タンドリーチキンと鮪(マグロ)の煮付


次に食べてみたのは、タンドリーチキンのお弁当です。
これは、かなり楽しみでした。
タンドリーチキンのお弁当なんて、なかなか売っていませんから。^^



お弁当の中には、以下のお総菜がはいっています。


 ・タンドリーチキン+ブロッコリー
 ・鮪の煮付
 ・豆腐と大根の煮物
 ・ほうれん草のお浸し
 ・もやしのナムル


前回も書きましたが、
ブロッコリーは、ガン予防におすすめの食材と言われています。
鶏肉やお魚、お豆腐、大根、ほうれん草、もやし、と、
すべて糖質制限でおすすめの食材です。
さすが、管理栄養士がメニューを作成しているだけのことはあります。


実際に配達されるときは、
ビニールで包装されていて、こんな感じです。



ビニールを開封すると、こんな感じです。



次は、栄養成分を見てみましょう。
 エネルギー 218kcal
 蛋白質 25.8g
 脂質 9.6g
 食塩相当量 1.7g
 炭水化物 7.3g
 糖質 6.3g


前回ご説明したように、このお弁当では、
炭水化物と糖質を分けて記載してあります。
この表示だけ見ると、
「糖質はわずか6.3g。すごい!」
と思ってしまいます。
ネット上の広告でも、糖質6.3gと、大きく目立たせて表示してあります。
でも、実際には、このお弁当で、摂取する糖質は、
炭水化物と糖質の合計で、約13.6g、ということになります。


…というわけで、次はいよいよ試食です。


 ・タンドリーチキン+ブロッコリー
  写真には、サラダ菜のようなものが写っていましたが、
  実際にはついていませんでした。
  お味は…。タンドリーチキンと思って食べると、なにか違う感じです。
  見た目もべしょっとしていて、
  チキンは、「鯖の味噌煮」のように、
  どろっとしたソースにまみれていました。
 ・鮪の煮付
  生臭いんじゃないかと思っていましたが、そんなこともなく、
  これは、案外食べられました。
  でも、固いです。
  普通の煮魚のような、ふわとろ感はありません。
 ・豆腐と大根の煮物
  豆腐と大根を、とろみのある物で煮たかんじです。
  このとろみあんに、上記のマグロをひたして食べました。
  (マグロが堅めで、味がうすかったためです。)
 ・ほうれん草のお浸し
  冷凍していたためか、しゃきしゃき感はありませんでした。
 ・もやしのナムル
  可もなく不可もなく、ふつうのナムルです。


…というわけで、今回も、味はちょっとがっかりものでした。
すごくまずいわけではないけど、
全体的に、「風味」はなくなっています。
リピートしたい気持ちにはなれない、というのが、
正直な気持ちです。


価格は、650円。
低糖質弁当という希少価値があるし、
栄養的には、きちんとしたお弁当だと思います。
でも、味を考えると、650円は高い、というのが、 率直な感想でした。



「ガンになってやったこと」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyodos/miyodos00.html
でご紹介しています。


ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

ガンになって、食卓便① - 低糖質セレクト弁当を試してみた。

クリスマスプレゼントの、プリモプエルを抱っこして。(全盲難聴・のんたん 7歳。)



鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮


「食卓便」のCMを見たことがある方は多いと思います。
冷凍で届けられるお弁当ですが、
管理栄養士がメニューを作成しており、
カロリーや塩分を抑えているのが特徴だそうです。


このお弁当のことが以前から気になっていたのですが、
注文できないままになっていました。
理由は、「かさばるから」です。
通常の、お弁当タイプのケースに入れて、冷凍した状態で届けられます。
送料無料の宅配便で送ってもらうためには、
一回の注文で、5~7食をまとめて購入しなければなりません。
冷凍庫に、そんなにたくさんのお弁当を保管しておくスペースは、ありません。
なので、「一度試してみたいなあ」と思いながらも、
注文できませんでした。


ところが、先日、楽天マートでネット注文していて、
偶然、取り扱い品の中に、食卓便のお弁当があることに気がついたのです。
これなら、お弁当1食からでも、注文できるし、
他の品物とまとめて5000円以上注文すれば、
送料も無料です。


調べてみると、「低糖質セレクト」というシリーズがあることもわかりました。
糖質制限をやっている私としては、
ぜひ、試してみたいメニューです。
ということで、早速、いくつかを注文してみました。


実際に食べてみてどうだったか、ということを、
ご紹介したいと思います。


ひとつめのお弁当は、 「鶏肉のレモンペッパー焼きと鱈のトマト煮」 です。



お弁当の中には、以下のお総菜がはいっています。


 ・鶏肉のレモンペッパー焼き+ブロッコリー
 ・鱈のトマト煮
 ・キャベツとじゃこの中華和え
 ・炒りおから
 ・わかめとツナの旨塩和え


ブロッコリーは、ガン予防におすすめの食材と言われています。
鶏肉やお魚は、糖質制限でおすすめの食材です。
キャベツ、じゃこ、おから、わかめ、ツナ…と、
どれもが、低糖質の食材で、
自分でこれだけの品数をそろえるのは、
簡単そうで、なかなかできないと思いました。


実際に配達されるときは、
冷凍のお弁当が、ビニールで包装されています。



ビニールの中は、こんな感じです。



これを、指定された時間、レンジで温めるだけで、食べられます。


ごはんは付いていないので、自分で用意します。
私は、白米ではなく、
お米にマンナンライスや雑穀、もち麦などを混ぜた「低糖質ごはん」を
毎日食べているので、
ごはんが付いていないのも助かりました。


次は、栄養成分の表示です。
 エネルギー 232kcal
 蛋白質 21.5g
 脂質 11.3g
 食塩相当量 2.1g
 炭水化物 11.1g
 糖質 6.0g


ここで気になったのが、炭水化物と糖質を分けて記載してあることでした。
この表示だけ見ると、
「糖質はわずか6g。すごい!」
と思ってしまうのですが、
実は、炭水化物も、糖質です。
このお弁当で、実質的に摂取する糖質は、
両方の合計で、約17g、ということになります。


通常、コンビニなどで購入するお弁当に含まれる糖質は、
一食あたり、60g~150gくらいです。
それに比べると、糖質17gというのは、かなりがんばった数字です。


 わざわざ、炭水化物と分けて表示して、
 見せかけの糖質を減らさなくてもいいのに。


と思いました。
ちょっと気になったので、日清医療食品さんに電話し、
そのことをおたずねしてみました。


すると、応対した方は、
「低糖質を謳った食品では、
 糖質と炭水化物を分けて表示することが
 法律で義務づけられているからなんです。」
と説明してくれました。


なるほど、そうだったんですね。
でも、わたしたちからみれば、知りたいのは、
「で、これ一食で、どれくらい糖質を摂るの?」
ってことです。
このお弁当の広告には、でっかく、「糖質6.0g」と表示されています。
でも、実際に摂取する糖質は、17gなんです。


法律のせいで、かえって、消費者に適切な情報が伝わっていないな、
と感じました。


…というわけで、次はいよいよ試食です。
パッケージに表示された時間を、レンジでチンするだけなので、
簡単です。
お弁当とは別に、ごはんと、あればお吸い物とかを用意すれば、
すぐに食べることができます。


お味は…。
どれも普通でした。(苦笑)
すごくまずいわけではないけど、
すごくおいしいわけでもない…。
強いて言うと、冷凍を温めたからなのか、
全体的に、なんとなく、風味がなくなっています。
コンビニから買ってきたお弁当に比べたら、
味という点では、完全に負けています。


価格は、598円。
このお値段で、これだけの品数をそろえ、
17gという低糖質でがんばっているお弁当は、
なかなかありません。
でも、また買いたいか? と言われると、
「んーーー。…やっぱり、買わないかな…?」
と思ってしまったのでした。



「ガンになってやったこと」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyodos/miyodos00.html
でご紹介しています。


ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

ガンになって、休職中 ③ - 復職前・総務課の心ない対応に、キレる。

指文字を読んでいます。(全盲難聴・のんたん 7歳。)



産業医面談も終わり、職場復帰が3月21日に決まりました。
でも、仕事したいモードは皆無で、憂鬱な気分の日々を送っていました。
そんな中、総務課から、次のようなメールが届きました。


 3/21から就業可能と産業医より連絡がございました。
 通勤経路の件で、お願いがございます。
 3/21からの通勤費を経費口座にお振込みさせていただきたく存じますが、
 通勤経路について、ご変更をお願いしたく存じます。
 会社の規定により、通勤経路は、最安値経路をご利用頂く様お願いしております。


…という内容で、通勤に利用している電車を変更しなさい、とのこと。
理由は、「もっと安い経路があるから」だと。
でも、総務課が指示する経路を利用すると、接続が悪く、
今までより30分くらい早く、家を出なくてはいけないのです。


過去8年間、現行の通勤経路を利用してきましたが、
会社から「もっと安いのにしなさい。」と言われたことはありませんでした。
ところが、1年前、勤務先(S社)が買収され、
別の会社(O社)の傘下にはいってしまいました。
S社で認められていた通勤経路は、
O社になってからも引き続き利用していました。
ところが、病気休職で定期券をいったん解約した機に乗じて、
「もっと安いのにしなさい。」
と言ってきたわけです。


げんなりしました。
ただでさえ、仕事したくないなあ、と思っていたのに、
「定期券を変更し、今までよりも30分早く家を出なさい。」
と言ってくるとは。
これでもう、いっきに働く気がなくなりました。


辞めよう。


そう思いました。
O社になってから、給料は下げられ、労働条件も悪化し、
それでも、社員みんなで、我慢しながら働いてきました。
けれど、病み上がりの社員に、
「今より30分早く家を出なさい。」
と、ここまで言うか…。


それで、素直に従うと思ったら、大間違い。
もう、これ以上、我慢はしない。
と思った私、すぐに夫に電話しました。


「あのね。総務課がこんなこと、言ってきたのよ。
 で、私、こんなことまで言われて、我慢して働くつもりはないから、
 だったら辞めます。
 って言いたいんだけど、いい?」


すると、夫、あっさりと、
「いいよ。」


働いたところで、定年まで、どうせあと3年しかありません。
それに、病気になった私に、夫はかねてから、
「辞めたければ辞めていいよ。」
と言っていました。
なので、反対など、するわけはないのですが、
それでも、あえて夫に電話したのは、
まー、一応、私の決意表明みたいなもんですね。(笑)


夫に「いいよ」と言われたことで、
私の気持ちも固まりました。


総務課は、「規則だから」と言えば、黙って言うことを聞くと思ったのでしょう。
O社の労働条件には、かねてから、腹に据えかねるものがあったのに加えて、
ここへ来て、我慢も限界でした。
「病気の人間に、ここまでするか。」と。
その気持ちをはっきりとぶつけるべく、私はPCに向かい、
メールを書き始めました。


心の中では、
「もう辞めてやる、と思えば、怖い物なんてない。」
と思っていました。





「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1701.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


ガンになって、休職中 ② - 産業医面談で、女医の天然ぶりにがっかりする。

小学校入学から9年間、登下校はスクールバスを利用しました。利用する生徒は10人以下なのに、やってくるバスは、観光バスのような、大型バスでした。(全盲難聴・のんたん 7歳。朝、スクールバスの前で。)



産業医との面談日は、3月7日に決まりました。
当日は、せっかくの外出なので、面談のついでに、
美容外科でレーザートーニングをやってもらい、
そのあと、フェイシャルエステにも行ってきました。(笑)
ガンの手術、抗がん剤と、いっぱいいっぱいの毎日を送っているうちに、
「もう、お顔のシミなんて、どうでもいいわ」
なんて思っていたのですが、
ようやく、久しぶりに行ってみようかな、という気になったわけです。


美容外科とエステをはしごして、(←どこが病気なんだか。笑)
指定された午後3時に、ようやく、田町の本社ビルへ。


通された部屋で待っていると、ほどなく、産業医の登場です。
自慢じゃないけど、私の病気休職は、これで3回目です。
復職前の産業医面談でどんな話がでるか、なにを聞かれるか、など、
もうよくわかっています。
「過去2回がそうであったように、  
働き盛りをちょっと過ぎたような年配の、  
落ち着いた感じの医師が出てくるのかな。」
と思っていました。


ところが。


やってきたのは、
30歳くらい?と思われるような、若~い女医さんでした。
そして彼女は、椅子に座るなり、こう言ったのです。


「卵巣浮腫で、手術したんですね。」


へっ? それ、なに?


「卵巣浮腫」なんてことばを、初めて聞きました。
私って、そんな病気だっけ?


とまどいながら、
「よく、わかりませんけど…。
 一応、卵巣ガン、と言われて手術したんですが。」
と答えると、
「そうですか…。」


女医さん、そのまま黙ってしまいました。
そのときになって、初めて気がつきました。
この女医さん、「卵巣嚢腫」を、「らんそうふしゅ」と、
読み間違えてるんですね。
なんてこった…。


いくら若いからって、これはないだろう、とがっかり。
でも、この人に治療してもらうわけでもないし、
と気を取り直して、面談続行です。


次に彼女、
「復職前の診断書は、提出していますか?」
ですと。


「診断書を総務課に郵送したから、産業医面談日が決まったんでしょ。」
と、言いたかったけど、
もうこの人に言ってもムダだなあ、と思い直し、
「はい、送りました。」
とだけ答えました。
「せめて、私の診断書があるかどうかくらい、事前に確認しておいてね。
 目を通しておいて、とまでは言わないからさ。」
と思いましたけどね。(苦笑)


その後は、
 ・体調はどうか。
 ・困っていることはないか。
 ・今後の通院の予定は。
 ・時短勤務の希望は。
などを聞かれました。


病気休職から職場復帰する場合、
希望すると、時短勤務をさせてもらえます。
勤務時間が短くなるのはうれしいのですが、
時短した分、お給料からしっかりと差し引かれます。
それがいやなので、時短勤務は希望しませんでした。

最後に、残業のことを聞かれました。
もともと、残業はほとんどない職場なのですが、
「当面、残業はさせない」ということを、
産業医から復帰する職場に伝えてもらうことになりました。
(「残業禁止」の申し送りは、これまでの面談でも、
必ず、医師から提案していただきました。)


こんな感じで、面談はあっさりと終了しました。
ほんの5,6分だったと思います。


なんの問題もなく終了してしまったので、
これで、3月21日からの職場復帰が決定したことになります。


あーあ、とうとう、働かなくちゃいけないんだ…。
職場に戻れてうれしい、というよりも、
休職生活が終わってしまう残念さで、気持ちが沈みます。


職場復帰できるまでに回復したんだから、よかったと思わなくては。
…ってことは、よーくわかってるんですが。(苦笑)




「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1701.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。



ガンになって、漢方薬 - ③ガン患者のための漢方薬(ふたつめ)

学童保育で。夜、仕事のあとでお迎えに行くと、双子の二人でオルガンを弾いて遊んでいました。
(全盲難聴・のんたん 7歳)



妻夫木医師に処方していただいた十全大補湯は、2週間分でした。
なので、3週間後の、4回目の抗がん剤治療の日には、
すべて飲み終えてしまいました。
そこで、4回目の抗がん剤治療前の診察の時に、
再度、お願いしてみました。


私「いただいた十全大補湯は全部飲み終えたので、
  追加でいただきたいのですが。」
医「そうですか…。
  で、飲んでみて、どうですか?」


妻夫木医師の患者で、十全大補湯を希望したのは、
私が初めてだったのかもしれない、と、そのとき思いました。
でも、いただいたのはたった2週間ですから、
効果も何も、実感するほどのものではありません。


私「いやー よくわからないです。(笑)
  でも、特に副作用とかも感じないし、
  飲んでいて特に悪いことが起こらなければ、
  とりあえずいいかな、と思ってるんですが…」


これは本心でした。
本当に効いているかどうかは、抗がん剤と同じで、
再発してみないとわからないと思うからです。
ただの気休めかもしれません。
それでも、
「なんらかの効果はあるかも知れない、と聞いたからには、
 それほど高価な物でなければ、とにかくやっておきたい。」
というのが、私の率直な気持ちでした。


「わかりました。では、一ヶ月分出しておきましょう。」


と言われたので、私はすかさず、


「あの、もうひとつの漢方薬の方も、いっしょにいただけませんか。」
とお願いしてみました。
特に名前を言わなかったのですが、
「なんていう薬でしたっけ」
などと言うことなく、先生はすんなりと、処方箋に、


補中益気湯 一ヶ月分


を、追加してくださいました。
やっぱり、よくご存じのお薬なんだな、と思いました。


処方箋では、補中益気湯は「クラシエ」の漢方薬、となっていました。
が、この薬、扱っている薬局が少ないようで、
その後、処方箋を薬局に持って行くと、必ず、
「クラシエのものは在庫していないので。」
と言われ、ツムラのそれに変更されてしまいます。
まあ、クラシエでも、ツムラでも、どちらでもいいんですが(苦笑)。


そんなわけで、それからは、診察のたびに、
「十全大補湯」と「補中益気湯」の両方を処方していただいています。
今では、診察は2ヶ月に一回になったので、
その都度、2ヶ月分をいただきます。
全部で336個になるので、けっこうな量になり、
大きな袋を抱えるようにして帰宅しています。^^


ちなみに、ネットで調べると、補中益気湯も、十全大補湯と同様、
「体力や免疫力を高め、抗がん剤の副作用緩和に有効である」
とあります。


二つの効果の違いをを整理すると、


十全大補湯:
血液循環を良くし、骨髄機能を高めて、貧血や白血球減少を改善する効果がある。


補中益気湯:
胃腸の状態を良くして、体力を高める効果がある。


ということだそうです。


共通しているのは、
「体力や免疫力を高め、抗がん剤の副作用緩和に有効である。」
ということです。


飲み始めて半年くらいになります。
飲んでいて、
「わー 体の中で、がん細胞がどんどん減ってる~。」
などと感じることは、もちろんありません。(笑)。
副作用も特にないし、
なにか効果を実感するようなことも、起こっていません。


でも、全6クールの抗がん剤治療を、
予定した3週間ごとに、きっちりとこなすことができたのは、
漢方薬のおかげだったかも知れません。


抗がん剤は終了しましたが、その後、体力は順調に回復しており、
職場復帰が近づいてきました。
「体力や免疫力を高める」効果があるとのことなので、
とりあえず、ふたつの漢方薬を、今後も飲み続けていこうと思っています。





「ガンになってやったこと」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyodos/miyodos00.html
でご紹介しています。


ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1702.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。