MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

ガンになって、初めてのOVCA - 帰宅しました

ポニースクールで。乗馬は、小学一年から19歳まで、13年間通いました。
(全盲難聴・のんたん 18歳)



OVCA(婦人科がんの羅患経験がある方の集まりです。)に、
初めて参加させていただき、さきほど帰宅しました。
リリメリアさん、macaronさん、kichiji19さん、かよべさん、
とても楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。


幹事をおつとめくださった、
美智子さん、chinさん、りこぽんさん、そして ゆみさん。
ご尽力くださり、ありがとうございました。
心より、お礼申し上げます。


MIYO



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。



ガンになって、職場復帰⑦ - ふたたび、産業医面談

プリモプエルとおんなじ顔しています。^^
(のんたんの双子の妹・あみちゃん 7歳。)



8ヶ月の休職のあと、復職したのが3月21日でした。
その日からほぼ3週間が経過し、
昨日、またもや、産業医面談に行ってきました。


前回のは、「復職にあたってのチェック・相談」が目的です。
休職中だったので、田町にある本社ビルまででかけていって、
面談を受けました。


今回は、「復職後の体調チェック・相談」です。
産業医が、職場のある工場まで来てくれました。
工場内で、勤務時間中にささっとすますことができるので、ラクです。


面談は、ほんの10分かそこらだったでしょうか。
職場になにか問題があるわけではないので、
特に話すこともなく、
「体調に問題はありません。
 業務に支障はありません。」
と言ってしまうと、あっさりと終わってしまいました。


最後に医師から、
「これまでは、『残業なしの勤務』、としてありましたが、
 今後は、『残業あり』ということでいいですか?」
と、確認がありました。


別に、いいんですけどね…。
「ゆるい職場なので(苦笑)、
 『残業あり』に設定しても、
 たぶん、今後も、残業はないと思います。」
ということばは、言いませんでした。^^


これで、職場復帰に関わる所定の儀式は、すべて終了しました。
とはいえ、「傷病手当金」の書類手続きが、まだ残っています。
8ヶ月もお休みしたので、
書類を4枚(2ヶ月につき1枚)も書かなくてはならないんです。
これについては、また今度書きたいと思います。



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


知ってる人が33人もいて、ビックリ

ファミレスでごはん。
ファミレスのお料理は、お皿が大きくて長男には食べづらいので、お店にお願いして、小さめのお皿を持ってきてもらいます。小皿に移し変えると食べやすいようで、ひとりで完食できました。
(全盲難聴・のんたん 18歳)



善徳女王


昨日、ようやく、善徳女王 全62話を見終わりました。
長かったです~
長かったけど、中だるみすることもなく、最後まで、楽しませてもらいました。


制作は、2009年ですから、8年前の作品です。
えっ あんな有名なドラマを、なんで今まで見なかったの? 
と言われそうです。


はい。 
実は、あまり期待していなかったんです。
以前、「幻の王女 チャミョンゴ」というのを見て、
最終回での展開にがっかりしたので、
以来、「王女もの」は避けておりました。


でも、このドラマはおもしろかったです。
 ・出生の秘密
 ・刺客からの逃亡
 ・男装して兵士生活
 ・上官との悲恋
 ・女王になるまでの内紛
 ・即位後の謀反
 ・もうひとつの悲恋
 ・百済との戦い
・・・などなど、見逃せないエピソードが満載で、
中だるみすることなく、62話を突っ走ってくれます。


もうひとつの見所は、宝石箱をのぞいているかのごとく、
次々と登場してくる、韓国名優のみなさん。


韓ドラ界では、複数の作品で同じ俳優を使いまわしている(笑)ことが多く、
「あっ この人知ってる!
 **で××の役をやっていた人だ!」
というのを見つけるのが、私のひそかな楽しみです。
大体、ひとつのドラマで、少なくとも数人は見つかります。


ところがこのドラマ、その数が半端じゃない。
出てくる人、出てくる人、
「あっ この人知ってる!」
の連続です。
数えてみたところ、33人もいました(爆笑)。
しかも、その後のドラマや映画で、主役クラスを演じている人が
ぞろぞろでてくるのです。


これまでに200以上の韓ドラや映画を見て、
多くの俳優さんを知っているからこそ、
「あっ この人!」
の楽しみがあったんだなあ、と思います。


8年もたっていまさらでしたけど、8年前に見ていたら、
こんなことには気がつきませんでした。
「いまさら」で見たおかげで、楽しみが倍増した、不思議なドラマでした。



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
でご紹介しています。
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


ガンになって、職場復帰⑥ - 宅配便が確実に受け取れる^^

盲ろう者団体のクリスマスパーティで。
子供たちが小さいときは、盲ろう者団体の集まりに、毎月のように参加していました。

盲ろう児と兄弟児は、たくさんのボランティアさんと遊んでもらえたので、子供たちも楽しんでいました。
子供たちがおでかけしている間は、会場に残ったお母さんたちでおしゃべり会。私は、これがとっても楽しみでした。
(のんたんの双子の妹・あみちゃん 7歳。)



インターネット通販が急増する中、
宅配便ドライバーの人手不足が深刻化しているという記事を、
新聞でも毎日のように見かけるようになりました。


日本の宅配便は、本当にすごいですね。
海外だと、留守の場合は、荷物を家の前に勝手に置いて帰ることもあるそうです。
再配達は有料だったり、土日は配達してくれなかったりとか、
海外では、受け取ることそのものが難しい場合もあります。
そんなにも受け取るのがめんどうであれば、
そもそも、気軽に通販で買い物なんてしなくなると思います。
現在のネット通販の繁栄は、便利な宅配便あってこそ、ですね。


そんな宅配便のドライバーの方々にとって、
「再配達」が大きな負担になっているそうです。


受け取る側だって、できれば一度で受け取りたい。
でも、配達日の指定ができない場合もあります。
日中は働いているので、夜間や休日でないと、
在宅して受け取ることもできません。
せっかく在宅していたのに、お風呂に入っていたために、
荷物が受け取れなかった、なんてこともありました。


そこで、宅配便を確実に受け取るために、
私が30年前から工夫していることがあります。
それは、
「宅配便を、勤務先で受け取る」
ということです。


通販で注文するときなどに、はじめから、配達先を、勤務先にしておけば、
「不在で受け取れなかった」
ということは起こりません。
勤務先には、毎日、大量の宅配便が届くので、
ドライバーさんも、そのついでに配達するだけです。
少しは、ドライバーさんの負担軽減になっているかな、とも思っています。


ゆうパックだと、自宅あてに届いた荷物を、
勤務先に転送してくれるサービスがあります。
これも、とっても助かっています。


私用の宅配便が配達されるというのは、
職場によっては、やりづらいところもあるのかな、と思いますが、
私の勤務先は、そのへん、ゆるいので(笑)大丈夫。
私だけでなく、他の同僚も、
コスメだとか、飲料とか、会社で受け取っています。^^


最近は、コンビニとかでも宅配便が受け取れるそうですが、
なにより、仕事中に荷物が受け取れるって、本当に便利です。
休職中だったときよりも、職場復帰した今の方が、
宅配便は、確実に、一回で受け取れています。^^


会社宛ての荷物はすべて、
会社の「メール室」というところに、まとめて配達されます。
その後、メール室のおじさんが、各担当者に、
「荷物が届いていますよ。」と、電話してくれます。


連絡をいただくと、メール室まで、荷物を受け取りに行くのですが、
そのときの、メール室のおじさんが、また楽しい。^^
「やー MIYOさん。このごろ、見かけなかったねえ。
 いつもの水が届いているよ。台車持ってきた?
 重いからさ、台車にのっけてやるよ」
なんて言いながら、
ご自分の机の上に置いてあるアメちゃんをくださるのです。(爆)


メール室に荷物をいただきに行った帰りは、
かなりの確率で、アメを握りしめて帰ることになるのでした。



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


全盲難聴・のんたん お昼ごはんを完食し、元気に帰園

2013年11月の晩ごはん。パジャマを着て、自分でしっかりと食べています。
中学・高校のころの放課後はいつも、ボランティアさんかヘルパーさんと過ごしていました。

両親が帰宅後、お風呂に入って、パジャマに着替えます。
なので、夕食のときは大体、パジャマ姿でした。(全盲難聴・のんたん 18歳)



4月2日


S園で生活している長男が、ひさしぶりに帰宅して、一泊した翌日の昼食です。



 ・牛カルビ丼
 ・めかぶとお豆腐のすまし汁
 ・ナムル(ほうれん草、えのき)
 ・ミニトマト


デザートは、
「くだものいっぱい白桃ゼリー」と、
「けいれん予防のお薬」
です。(笑)


長男に出す食事は、なるべく、深さのある器に入れるようにしています。
平たいお皿に盛ると、食べているうちに、
食べ物がお皿からはみだしてしまうことがあるのです。
長男は全盲なので、
お皿から食べ物がこぼれても、自分で気づくことができません。
でも、深さのある器なら、
おかずがお皿からこぼれることがなく、
長男にも食べやすいのです。


大皿に盛って、みんなで取り分けて食べるようなおかずのときには、
あらかじめ、長男の分だけ、小皿にとりわけておきます。
テーブルの上に、長男が食べるお料理が全部そろったら、
長男を呼んで、席に着かせます。


食事を始める前に、まずは長男の手をとって、
すべての器をいっしょにさわりながら、
その日のメニューを説明します。
このときばかりは、真剣な表情で(笑)、私の説明を聞いてくれます。
聞きながら、長男は、それぞれの食器の場所も把握します。


この日は、説明の最後に、ゼリーのカップをさわらせて、
「これなあに?」と聞くと、
「ゼリー」としっかり答えてくれました。
「すごい! よくわかったねえ。」
と、ついついほめてしまいます。(←おやばか)
こんなささいなやりとりでも、いちいちうれしい母です。^^


そうそう。
デザートはもう一品。
ピンクの小皿に入っているのが、けいれん予防のお薬。
こんなふうに、小皿に入れて置いておくと、
食後のお薬も、自分で勝手にのんでくれます。
たまに用意するのを忘れると、
「おくすり、おさらにだしてください。」
とおしえてくれます(笑)。


小さかった頃は、ことばがほとんど通じず、
長男も私も、てさぐりの日々でした。
今では、日常の簡単なやりとりはできるようになりました。
生きていれば、こんな日がくるんだなあ、と思います。


この日のメニューですが、
実際に食べるときには、ナムルをどんぶりの中にまぜてしまいました。
長男にとっては、そのほうが食べやすいので。
大好きな牛乳も添えます。



ごはんを完食したころ、
ボランティアのヤグチさんが、お迎えに来てくださいました。
ヤグチさんは、長男が小学一年生のときから15年間、
ずっと、ボランティアで来てくださっていて、
「のんたんの第二の母」です。
長男は、ヤグチさんといっしょに、笑顔でS園に帰っていきました。


次の帰宅は、4月末の連休です。
もう、カラオケ屋さんの予約も入れてしまいました。
いまから楽しみにしています。^^



その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。