MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

幼なじみと一日デート② 「海底撈火鍋・新宿店」で、火鍋お得コース。(2018年10月7日)

2018年10月18日 S園・秋のバザーで。(全盲難聴・のんたん 23歳)


10月7日


私たちが行ったお店はこちら、「海底撈火鍋・新宿店」です。



こんな面白いお店があることを、
OSASさんのブログを見て、初めて知りました。


OSASさんの、海底撈火鍋を紹介したブログです。


中国で人気のお店が、日本に出店したのだそうで、
食事中に、功夫(カンフー)麺や、川劇の変面など、
パーフォーマンスを見せてくれるようです。


川劇の変面など、中国内ですら、なかなか見られません。
「これはぜひ行ってみたい!」
と、自分の好奇心で、頭はいっぱい。
速攻で、予約を入れてしまいました。笑
Kちゃんのおもてなしはそっちのけです。(←こらこら)


OSASさんが紹介しておられたのは、池袋店でしたが、
私が予約したのは、
オープンして間もない、新宿にある、2号店です。
ちひろ美術館からは、西武新宿線を利用するため、
新宿店の方が便利、ということで、
こちらにしてみました。


お店は、新宿歌舞伎町のど真ん中。笑
ビルの6階のフロアを全部使用していて、
広い店内に、何十ものテーブルが並びます。
とにかく広い!
そして、そのテーブルが、ほとんど満席になるくらい、
大繁盛していました。


お店に着いたときは、空席がいっぱいあったのですが、帰る頃には、ほとんど満席になっていました。


お客さんの9割以上が、中国人です。
家族連れも多く、
ずっと前にテレビで見た、
香港の、広大な飲茶レストランのような雰囲気でした。


おばあちゃんも一緒に、みんなで鍋を楽しむ、中国人ご一家。


火鍋の専門店ですので、
テーブルに鍋をしつらえてもらい、
メニューから2種類の鍋スープを選びます。
私もKちゃんも、辛いものは苦手なので、
麻辣鍋は避け、白湯鍋とトマトスープ鍋にしてみました。



鍋の具は、コースメニューから選びます。
私たちは、いちばん安い、「2980円お得コース」を。
肉、魚、野菜、お豆腐、つみれ団子、麺、
デザート、ドリンクバー付きです。^^


調味料は、30種類くらいそろっていて、
自由にオリジナルソースを作ることができます。
でも、たくさんありすぎて、なにがなんだか。笑



すると、女性のスタッフがやってきて、
「ツクリマショカ?」
と聞いてくれたので、喜んでお願いしました。
この、スタッフによる、お勧め漬けスープ。
なにがどれだけはいってるのかわかりませんが、
とにかくおいしいのです。
おまかせしてよかった~^^


お肉もお魚もおいしくて、どんどん箸がすすみます。
生まれて初めての火鍋。
「おいしいね!♪」
と、ふたりでがんがん食べているうちに、
「お楽しみ」がはじまりました。^^



(つづく)

幼なじみと一日デート① ちひろ美術館で待ち合わせ(2018年10月7日)

2018年10月18日 S園・秋のバザーで。(のんたんとあみちゃん 23歳)


10月7日


中学校で同級生だったKちゃん。
高校を卒業後、東京に住むようになった私と、
その後もずっと愛媛県に住み続けて、
みかん農家にお嫁にいったKちゃんとは、
何十年も会うことがなく、
年賀状を交わすだけのつながりでした。
でも、10年位前に、
ひょんなことから連絡を取り合いました。


それがきっかけとなり、
私が愛媛に帰省したときに、
ふたりで会って、食事することに。
なにしろ、30年のブランク。
お互いの話が、尽きませんでした。^^


それ以来、何度も会うようになりました。
数年に一回、Kちゃんが東京に遊びに来るので、
そのときは、ふたりではめをはずして、
おかまショーを観に行ったり、
デパートの試食品めぐりをやったり。笑
朝から晩まで、思いっきり遊ぶ仲です。


そのKちゃんが、この連休を利用して、
数年ぶりに上京したので、
ふたりでデート。^^
今回は、そのときのお話です。


私たちが会うときは、たいてい、朝から晩までの、
長い長いデートになります。
今回も、朝10時に、待ち合わせ。
まずは、上井草の「ちひろ美術館」に行きました。


「ちひろ美術館」には、私も以前から、
行ってみたいと思っていました。
今回、Kちゃんが「行きたい」と言ってくれたことで、
それに便乗です。
私にとっても、いいきっかけになりました。


美術館があるのは、杉並区の閑静な住宅街。
もともとは、いわさきちひろさんのお住まいだった場所です。
館内では、生前の家の中のようすなども、再現されています。
この美術館の前で、朝10時に、Kちゃんと待ち合わせました。


写真をご紹介したいところですが、残念ながら、
館内の大部分は、写真撮影が禁止されています。


特別展示品の「不思議なテーブル」。置いてある文具を触ると、そこから様々な色が、テーブル上に広がっていきます。

プレイルームは、ちひろさんの絵がいっぱい。


売店で、ちひろさんのイラストが描かれた、
Tシャツとビニールバッグを買いました。


葡萄のTシャツと、黒のビニールバッグ。

売店には、ちひろさんのグッズがいっぱい。


ちひろ美術館を出たのは、11時半。
そこから新宿へ。
ランチを予約してありました。
実は、すごい店、見つけたんです。^^
次回は、そのお店をご紹介します。


(つづく)

全盲難聴・のんたん S園で、初めての音楽レッスン(2018年10月9日)

2018年10月18日 駅前の自転車置き場で。私の肩に手をおいて、元気に歩きます。^^(全盲難聴・のんたん 23歳)


10月9日


夏休みの一日、長男としゅん君とで、
合同音楽レッスンをやったことは、以前、お話しました。
しゅん君は、長男と同じく、S園で生活するおともだちです。


夏休みに行った、合同レッスンのようすです。


双方の母親が企画した、この試み。
フルート奏者であるS先生がご指導くださることになり、
とうとう、「のんたん・しゅん君の合同音楽レッスン」として、
始動しました。


第一回は、10月9日。
場所は、S園の中の一室を、お借りしました。
朝9時から、ボランティアのヤマシタさんもかけつけてくださり、
サポート体制もばっちりです。^^


ウクレレの長男も、フルートのしゅん君も、いきいきと演奏し、
楽しい一日を過ごすことができたようです。
初めての試みということで、
私は、前日から、ちょっと緊張しておりましたが、
初めての、「のんたん・しゅん君の合同音楽レッスン」、
大成功でした。^^


【S先生からいただいたメールです】
こんにちは。
無事、本日のレッスンが終了しました。
ノゾミさんのアンサンブル能力が非常に高く、一度曲を聴いただけで、すぐに的確な和音を弾いていました。しゅん君と一緒に、楽しんで合奏できたと思います。
ヤマシタさんには、のぞみさんへの意思伝達で、本当にお世話になりました。

次回のレッスンは、11月3日(土)の9時15分から、S園で行うことに決まりましたが、今日と同じようにレッスンに参加されますか?
こちらは大歓迎ですので、また是非よろしくお願い致します。


【ヤマシタさんからいただいたメールです】
しゅん君は、先生とのんたんの分まで、缶コーヒーを買って待っていてくださいました。
「エル クンパル チェロ」という曲からスタート。ウクレレはメジャーコードで、マイナーコードへの転調、また移調が必要とのこと。のんたんは、コードを言われるより、先生がフルートで吹いてくださるそのコードの音を聞き取って、音を探していきました。
それが難しいときは、しゅん君が半音上げて、なおかつ聞き取りやすいよう、1オクターブ高く吹いてくださり、のんたんがウクレレで弾きました。
2曲目からは、まず先生がタブレットで曲を聞かせてくださり、聞き終われば即、しゅん君と合奏。「チェリー」、「空を飛べるはず」、「風になりたい」、「夏祭り」、と5曲を演奏しました。
本当に素晴らしかったです。演奏も素晴らしい、一度聞いただけで音を取れてしまうのも素晴らしい…
先生も、「聞いて音が取れてしまうのも凄いし、のぞみ君はコードの予測ができてしまう。凄い才能です。しゅん君ものぞみ君も、僕よりずっと耳がいい。」とおっしゃっていました。
途中で、しゅん君も「お馬の親子」を吹いてくださり、のんたんは歌とウクレレ、そして足踏みをポックリポックリ、と付けて、それは優しい、素敵な合奏となりました。
最後は、斎藤先生としゅん君の二重奏。素晴らしい、本当に美しい演奏でした。のんたんもド、ド…と小さな声で音を拾いながら、じっと演奏に耳を傾けていました。
休憩時、しゅん君が買っておいてくださったUCCのミルクコーヒーを、それは美味しそうに一気飲みしていました。しゅん君との乾杯の時から、缶の飲み口に口をつけたままで放しません。よっぽど好きなのでしょう。しゅん君は、「のぞみ君は甘いのが好きだからこれを買っておきました。」と。私はのんたんがコーヒーを飲むようになったのを知らなかったので、驚きました。りんごジュースが好きだった頃で、私の中の時間が止まっていますね。
この後、しゅん君は、先生と食べ放題のランチに行くとのことで、レッスンは終了しました。終了と同時に、職員の方が、のんたんを迎えに来てくださいました。
本当に素晴らしいレッスンでした。しゅん君の、のんたんを思いやる気持ちや、S先生の、のんたんの才能を高く評価してくださりながらの進行に、幸せな気持ちになりました。最後にしゅん君が、「のぞみくんが楽しそうで良かった!」と、おっしゃっていました。
次回のレッスンは11月3日、9時15分スタート。しゅん君いわく、「のぞみくんも一緒だから、場所もここ。後で先生に部屋を取っておいてもらいます。のぞみくんも一緒にお昼ご飯に行くので、5時までね。」と。
先生も了解していらっしゃいました。
楽しい時間を過ごさせて頂き、本当に有難うございました!!
きっと私が一番楽しんじゃったかも…有難うございました!!


ヤマシタさんからいただいた写真です。


初めての合同音楽レッスン、大成功でした。^^
「お休みの日の楽しみをひとつでも増やしてやりたい。」と、
双方のおかあさん同士が話し合って企画したことでしたが、
S先生のご指導と、ヤマシタさんのこまやかな介助で、
楽しい一日となりました。
来月も楽しみです。^^


S先生、ヤマシタさん、どうもありがとうございました。
そして、しゅん君、長男を気遣ってくださって、
ありがとうございました。
これからも、なかよくしてね。^^


2018年7月 タイ・バンコクの花


全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ(2018年10月6日)

2018年10月18日 駅までの道を、手をつないで歩きました。(全盲難聴・のんたん 23歳)


10月6日


長男がウクレレのレッスンにでかけたときの日記です。
この日のボランティアさんは、おふたり体制で、
コバヤシさんとナカハラさんでした。
ナカハラさんは、初めての介助でしたが、
経験者のコバヤシさんがご一緒してくださったので、
心強かったことと思います。


【コバヤシさんからいただいたメールです。】
今日は、園をでるときに、なかなか玄関から出てくれませんでした。
ウクレレの次のレッスン日が13日かと気にしているようでした。
(園の職員さんが予定を見に行ってくださって、20日と伝えたのですが、ウクレレ教室でも13日としきりに言っていました。)

また、行きの豊田駅で、私の不注意で、一瞬、ホームと電車の間に右足が入ってしまいました。怪我には至っていないかとは思いますが、職員の方にお伝えし、あとで見ていただくようお願いしました。申し訳ないです。
お昼ご飯の希望を聞いたら、ハンバーグ、とのことだったので、ガストで、ハンバーグとライス、コーンスープを頼みましたが、食が進まないようで、スープは全部飲んだものの、ハンバーグもライスも半分以上残してしまいました。
写真はガストで待っている間、レコーダーを熱心に聞いていたときのものです。

ウクレレ教室では、楽器を手にしてすぐ、お馬の親子を歌いながら、演奏していました。
タッチから始まり、いろいろな曲を練習しました。今日は歌の練習はありませんでした。

帰りは少し疲れていたようです。
以上ご報告です。
何かありましたらまたご連絡いただければと思います。


長男、ぐずぐずして、なかなか出かけようとしなかったようです。(苦笑)
きっと、コバヤシさんに甘えていたのだと思います。
(すみません・・・。^^)


台風が懸念されていましたが、
雨が降ることなく、楽しいおでかけになったようです。
ナカハラさん、コバヤシさん、どうもありがとうございました。

全盲難聴・のんたん S園・秋のバザーに行きました。(2018年10月8日)

2018年10月18日 S園・秋のバザーで。(全盲難聴・のんたん 23歳)


10月8日


3連休の最終日は、長男が生活しているS園で、
毎年恒例のバザーが開催されました。
当日、夫は、朝から会場のおてつだい。


昨年のバザーのようすは、こちらです。


毎年、大盛況です。

S園が運営するレストラン(作業所)で作ったお菓子も販売しています。安くておいしい!^^

毎年、高橋正秋さん(園生)のライブを聴くことができます。すごく上手です。


私と長女は、11時に会場に到着しました。
長男は、先生と一緒に、会場内を歩いているところでした。^^
長男の手にさわると、
すぐに私の手であることを理解し、にっこり。^^
そして、「カラオケ! カラオケ!」(苦笑)


それしかないんかい・・・。
せめて、「おかあさん」とか言ってみろ~。
・・・って思うんですけど。(苦笑)


昨年のバザーでも、長女と一緒に、長男を連れ出し、
駅前のカラオケに行きました。
長男、それをしっかり覚えていて、
今年も、バザーの日には、大好きなカラオケに行くもの、と、
すっかり信じきっています。
事前に、なんにも言ってないんですけどね。^^


はいはい。
わかってますよ・・・。
ちゃんと、駅前のカラオケに、
予約を入れてありますよ・・・。



ってことで、長女と3人で、駅前のカラオケに出発!^^



歩きながら、長男に、
「カラオケ屋さんでなにを食べる?」と聞くと、
「スパゲティ、ある?」と。


お~~~
こちらが尋ねたことに対して、
長男が聞き返してくれました。
会話に広がりがある!


以前の長男だったら、
「**たべる」
のような返事だったと思います。
でも、「**は、ある?」と、逆に訊いてくるなんて。
びっくりしました。


すごいなあ・・・。
S園で、大勢の人と関わりながら生活することで、
会話の幅が広がっているのだと思います。
すごいね、のんたん・・・。
こんな何気ない会話でも、うれしい母です。(苦笑)



15分くらい歩いて、カラオケ屋さんに到着しました。
ところが。
去年行った「カラオケマック」に行ってみると、
そこにあるのは、「カラオケバンバン」・・・あれ?



道を間違えたかと思い、あせりました。
念のため、予約を入れた(はずの)番号に電話して、
住所を確認してみると、たしかにこのビルです。
なんと、お店の名前が変わっていました。(笑)


「カラオケバンバン」になって、2日前にオープンしたばかり。
その上、「オープンキャンペーン」ってことで、
一時間100円という、大サービス!
3人で3時間遊んでも、たったの900円!^^
オトクでした~~~(笑)



ということで、歌いましたよ~
「おうまのおやこ」、20回!(笑)


長男、大喜び!^^

長女も歌いました。^^


我が家では、「長男の好きな歌リスト」を作ってあります。(笑)
この日も、いつものように、
リストの中の曲を、どんどんセットしていきました。
でも、今日、長男がいちばん気に入ったのは、
リストには載っていなかった、「ハイティーン・ブギ」。


この夏から、ウクレレ教室での課題曲になっていて、
何度も歌っています。
歌詞をすっかり覚えているので、お手の物。
マイクを握って、いきいきと歌っておりました。
最後の決めセリフ、「これで決まりさ!♪」もばっちりです。^^
はい・・・。
「ハイティーン・ブギ」も、10回、セットです。(笑)


家族3人で、3時間、歌いに歌ったあと、
S園に戻る時間になりました。
そこで私、長男に、
「これで終わりさ!♪」
と歌ったところ、長男、大笑い。


いや~。
こんな冗談も、わかるようになったなんて。T_T
いろんなところで、長男の成長が感じられて、
うれしい一日でした。


長男と一緒に、「ハイティーン・ブギ」を歌いながら、
S園にもどりました。


S園で。居住棟の玄関で、長男とおわかれです。


長男、帰る道すがら、「12月8日に、カラオケね!!」
と、何度も言っておりました。
この日は、長男が、市のイベントで演奏する予定なのですが、
長男、それよりも、
演奏のあとに、いっしょにカラオケに行くことしか、
頭にないみたい。(苦笑)


はいはい。わかりましたよ・・・。
また、カラオケ屋さん、予約しておかなくっちゃ。


今日も楽しい一日でした。^^


2018年7月 タイ・バンコクの花。