MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん 5回目の、東京都障害者スポーツ大会③ - ボール投げなら、ドン、ドコ、ドーン!(2018年6月2日)

2018年6月2日 障害者スポーツ大会で。ボールを投げる前に、立つ位置と投げる方向をおしえてもらいます。(全盲難聴・のんたん 21歳)



長男、投球位置についたのですが、
ボールを持った姿勢で、かたまったままです。
なにが起こったのだろう?
と、みんなが見守っています。
でも私は、すぐに気がつきました。^^


係の方からボールを持たされて、
「どうぞ」
と言われたのですが、
それが、長男には伝わらなかったようなのです。


長男はこれまで、「どうぞ」と言われてなにかをやる、
ということが、あまりなかったように思います。
ここでも、「どうぞ、ボールを投げてください。」
と、具体的に言っていただければよかったのですが、
初対面の係員さんには、それがわかりません。


長男は、状況が理解できず、
ボールを持ったままの姿勢で、かたまってしまいました。
「どうぞ」とだけ言われても、なにをすればいいのか、
長男には伝わらなかったのです。
係員さんも、困ったようすです。


ボールを投げるときには、3つのステップを踏みます。
 ①前にある、左足に重心をかける。
 ②後ろにある、右足に重心をうつす。
 ③その反動で、再び左足に重心を移し、ボールを前に向かって投げる。
です。
私たちはこれを、ごくあたりまえに、やってしまいます。


ですが長男は、生まれてから一度も、
「だれかがボールを投げるようす」を、
見たことがありません。
自分の手から離れたボールがどうなるかも、
見たことがありません。
なので、長男は、「物を投げる」ということを、知りません。


そんな長男が、スポーツ大会の、
それも、「ソフトボール投げ」に出場したわけです。
つまり、実はこれ、
長男にとっては、かなり難易度の高いことでした。^^


もちろん、競技に出場するにあたって、
S園の先生は、長男といっしょに、
ボールを投げる練習をしてくださいました。


その練習のとき、先生は長男の手をとり、足をとり、
「ドン、ドコ、ドーンのリズムでやろうね。」
と、おしえてくださったと、何年か前に聞いたことがありました。


そう。
長男の好きな、たいこの音です。
「ドン、ドコ、ドーン」のリズムに合わせて、
3つのステップを練習したわけです。
そのおかげで、長男は、これまでの4回のスポーツ大会でも、
無事にボールを投げることができたのです。


目の見えない長男が、ボールを投げる・・・。
そのようすを見るだけで、
私も夫も、毎年、感動していました。


そうだ。あれだ。
と、私は気がつきました。


どうなることか、と、みんなが黙って見守る中、
私は、大声で叫びました。
長男に聞こえるように。


のんたーん、ドン、ドコ、ドーン、だよ~。
ドン、ドコ、ドーン!!
ドン、ドコ、ドーン!!


私の声が、長男に届いたようです。
そのとたん、長男は、状況を理解しました。
すっと体を動かし、
前に向かって、ボールを投げてくれました。


やった~!!
のんたん、じょうっず~!!


うるさい、母です。(爆笑)


ドン、ドコ、ドーン、のリズムで。まずは、「ドン」。

「ドコ」

「ドーン」で投げました。係のみなさんもほっとされたようで、拍手が起こりました。^^

2回目も行くよ! 「ドン、ドコ、ドーン!」

白い旗が上がりました。成功です! 

3回目も、無事に終了。


こうして長男は、練習1回、本番2回の、合計3回の投球を、
今年も無事に終えることができました。
ほっとしました。


「ボールの投げ方」を、長男にもわかるように、と。
「ドン、ドコ、ドーン」で教えてくださった、
S園の先生に、感謝です。^^
まさか、私がそれを、大声で叫ぶことになるとは、
思ってもいませんでしたが。(爆)
(ちょっとはずかしかったですが、長男のためには、
 はずかしいなんて、言ってられないわけです。)


いや~ 見に来てよかったです。
もしも私が「ドン、ドコ、ドーン」と大声をあげなかったら、
長男は、最後まで状況を理解できず、
そのまま、「棄権」となってしまっていたかもしれません。


一時はどうなることか、と思いましたが・・・。
ボールを3回投げるだけでも、
楽しませてくれる、長男なのでした。^^


ソフトボール投げは、無事終了。後ろは、メダルをもらっているみなさんです。
長男には、母が、「よくできました賞」をあげます。^^

「のんたん、上手だったね!すごいねえ!」とほめられて、うれしそうな長男。^^

「ドン、ドコ、ドーン、だったね! よく思い出したね!」と言うと、その声に合わせて、ボールを投げるしぐさを、やってみせてくれました。「ドン、ドコ、ドーン!」


やれやれ、ひとつめの種目「ソフトボール投げ」が終わりました。
次は、お弁当の時間です。
そして、休憩のあと、
いよいよ、ふたつめの種目に挑戦します。^^


(つづく)

全盲難聴・のんたん 5回目の、東京都障害者スポーツ大会② - だーれだ?^^(2018年6月2日)

2018年6月2日 障害者スポーツ大会で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


6月2日


スポーツ大会当日の朝です。
前夜、職場の仲間といつもの女子会で飲みまくり、
終電でかろうじて帰宅した私(苦笑)。


眠い!
でも、がんばる。^^


長男が出場する「ソフトボール投げ」は、
11時半ごろから始まる、と聞いていました。
その時間までには、会場に行かなければなりません。


少し余裕をもって、9時過ぎに、長女といっしょに家を出発しました。
電車で、東京都区内をほぼ横断するように移動して、
「駒沢大学」駅で下車。
駅前のマクドナルドでお昼ごはんを買って、
会場となっている、駒沢オリンピック公園まで歩きました。


この公園、かつてオリンピック会場だっただけあって、
広大な敷地に、公園や競技場がいくつもあります。
長女は、広さにびっくりしていました。


私は、毎年来ているので、
いまさら地図なんて見なくても、
「ソフトボール投げ」の会場となっている競技場まで、
すたすたと歩けます。


ソフトボール投げの会場に行ってみると、いました!
テントの中に、我が息子!^^


長女が、そおっと近づいていって、長男の手を触り、
「だーれだ」
と言うと、間髪を入れず、
「あみちゃん!!」(笑)


この日に長女が来ることを、伝えていなかったのですが、
長男はすぐに、「あみちゃんだ!」とわかっていました。
さすがです。^^



長男、手を握っただけで、
その人が誰であるかをあてることが、よくあるんです。


もう何年も前のことになりますが・・・。
小学生の頃から10年以上、毎週来てくださっていた、
ホリイさんというボランティアさんがいらっしゃいました。
その方と長男が、2年ぶりくらいに、
たまたま、ある集まりでごいっしょしました。


ホリイさんは、長男に挨拶しようとしたのですが、
私は、わざと、目で合図してそれをとめ、
長男の手だけを握ってもらいました。


「だーれだ」
と私が聞くと、長男は、まったくまようことなく、すんなり、
「ホリイさん」
と言ったので、一同、びっくり。


何年も会っていなかったし、
その日に会うことだって知らなかったのに、
手をさわっただけで、
長男は瞬時に、ホリイさんだとわかったのです。


いちばんびっくりしたのは、ホリイさんだったことでしょう。
ホリイさんには、長男が小学一年生の頃から、
毎週、お世話になりました。
放課後、学校のお迎えにいらしてくださって、
小さな長男と手をつないで、公園に行ったり、児童館に行ったり。
数時間をいっしょに過ごしたあと、学童保育に送ってくださいました。


「放課後デイサービス」なんてありがたいものがなかった、
15年以上前の話です。
そのころの、ホリイさんの暖かい手を、
長男は何年たっても、覚えていたのです。
そのようすを見ていた私は、涙が出そうになりました。


そんな長男ですから、
自分の妹の手をさわってあてるくらいは、
朝飯前、なのかもしれません。^^


ちなみに、私のことはどうかというと、
長男は、手を触ることすら、必要としません。
長男の鼻先に、私の手の甲を近づけるだけで、OK。(笑)
長男、「フン」と軽く一回、息を吸っただけで、
「おかあさん!」と言います。(爆笑)
すごい嗅覚です。^^


さて、競技場のテントの中で、
長男といっしょに、私と長女も待機していたのですが、
名前を呼ばれた人たちが、
隣りのテントに移動することになりました。


まだ11時15分です。
競技は、予定していた11時半よりも、
少し早めに進行しているようです。
例年どおりの時間に会場に到着していたら、
長男の競技に間に合わなかったかもしれません。
時間に余裕をもたせておいてよかった、と思いました。


「ソフトボール投げ」は、出場者の全員が、視覚障害者です。
なので、移動するときは、一列に並び、前の人の肩に手を置いて、
「汽車ぽっぽ」のようになって、みんなで歩きます。
(ちょっとほほえましいです。^^)


みんなで一列に並んで、肩に手を置いて移動します。


隣りのテントまで移動したら、
イスに座って、自分の順番を待ちます。


下の写真では、みんなうつむいて座っていますが、
これは、視覚に障害がある方の普通の座り方です。
目の見えない人は、「前を向いている」必要がありません。
前を向いても、見えるものがないからです。
なので、自然と、こんな座り方になります。


みなさん、下を向いておられますが、別に、しょんぼりとしておられるわけではありません。みんなで歌を歌ったりして、陽気に待っておられました。^^

いたいた。奥から2番目に、長男が座っています。^^


長男の出番は、2番目でした。
公平を期すためでしょうか。
今年から、全員、アイマスクをつけることになったようです。


まずは、位置について、
審判の方から、投げる方向をおしえていただきます。


「足の位置はここですよ。」


いよいよ、本番です。
ところが、ここでちょっと困ったことになりました。
「開始」の合図があったのに、
長男が、ボールを投げようとしないのです。


会場のみんなが見守る中、
長男はボールをもったままで、じっとしています。
どうしたのでしょうか。
係員の方も、戸惑っているようでした。


(つづく)

全盲難聴・のんたん 5回目の、東京都障害者スポーツ大会① - 母娘で行くよ!(2018年6月2日)

2018年6月2日 障害者スポーツ大会で。(のんたんとあみちゃん 22歳)


6月1日


長男が生活しているS園では、
「園生の体力作り」をとても大切にしています。
週の時間割の中には、体育の時間があるし、
運動会も開催されます。
中でも、大きなイベントとして実施しているのが、
東京都障害者スポーツ大会への参加です。


10年以上前のことになるだろうと思いますが、
この大会に、園として初めて参加した頃は、
「走る姿勢がおかしい」などと、観客から
笑われることもあったそうです。
目が見えなくて、そのために、
一度もきちんと走ったことがない、という方も
多かったのだと思います。


でも、そんなことは気にせず、
園生みんなで、できるかぎりの参加を続けました。
何年も何年も、練習を続けながら。


今では、S園からの参加者だけで、
毎年、数十個のメダルを持ち帰るまでになっています。


長男は、S園に入所した年から、大会に参加させていただきました。
5年目の今年は、5回目の参加、ということになります。
大会の当日は、もちろん、私たち両親も応援に駆けつけます。


初めて参加した年は、いきなりの銀メダル。^^
以来、これまでの4回で、銀メダルを3個、銅メダルを1個いただきました。


2017年の障害者スポーツ大会の日記は、こちらです。


今年はどうなるかな・・・?と、楽しみにしていたら、
一ヶ月前になって、いきなり夫が、
「オレ、今年は山に行くから、
 スポーツ大会には行かない。」
と言いだしました。(怒)


夫は、数年前から、
「視覚障害者といっしょに山に登る会」
というボランティア活動に参加しています。
今年の行き先は会津駒ヶ岳だそうですが、
その下見のため、2泊3日ででかけるというのです。
今回は初めて、自分がその「下見チーム(5名)」の一員になったとか。
何ヶ月も前から決まっていたことなので、抜けられない、
と言うのです。


事情はわかります。
世のため、人のため、というのもわかります。
我が家も、のべ何千人ものボランティアさんにお世話になってきたのですから、
それを誰かに返したい、という気持ちも当然です。


けど・・・。


「下見チームはほかに何人もいるけど、
 のんたんの父親はあなたひとりでしょう。」
と言ってみました。
でも、結局夫は、「山に行く。」と。


いいんですよ。
人の役にたつことだから。
でもね。


「申し訳ないけど、山の方に、行ってもいいかな。」


と、言って欲しかったんです。
けれど夫は、
「前から決まってたことだから。」
としか、言いません。


どっちが先か、でなくて、
どっちが大切か、なんですけどね・・・。


いつもなんですよ。
ひとりでスペインに2週間行ったときだって、
過去3回ともそうだったし、
今回だってそうです。


彼のことばに、
「行ってもいいかな?」
は、ない。
「行くから。」
なんです。


結局、「自分がやりたい方を選ぶ」ってことだよね・・・。
ふつふつと沸いてくる、夫への失望感。(いまさら、ですが。)


その夫婦間の険悪な会話を、横で聞いていた長女。
「お、おかあさん。私が行くから。
 私が、いっしょに行くから。」(苦笑)


夫婦げんかは犬も食わない、などと言いますが、
それは、仲がいい夫婦の話。
すっかり冷え切った私たち夫婦のけんかは、
ムスメが食べてくれないと、どうにもならないようです。(苦笑)


そんなわけで、毎年、夫婦で応援に駆けつけていた、この大会。
今年は、私と長女のふたりで行くことになりました。


スポーツ大会前日の夜、夫は、そそくさと山へ出発。
「ごめんね」の一言は、
とうとう一回もなかったのでした。(ばかやろ~!怒)


おかあさんの声に、にっこり。


(つづく)

恵比寿・SAKEビストロNa-Na(ナーナ)で、日本酒とフレンチディナー②(2017年1月8日)

2017年6月3日 障害者スポーツ大会で。(全盲難聴・のんたん 21歳)



1月8日


あのお店にまた行ってみたいな、と思いながら、
半年が過ぎようとしていました。
そしたら、ルクサのクーポンが出たんです(笑)。


5076円のお料理が、2500円になるとのこと。
もう、クーポン、即買いでした。


というわけで、1月8日、2回目のNa-Naへ。
今回は、日本酒が大好きな夫もいっしょです。


いただいたお料理を、ご紹介します。


前菜3種盛り合わせ
長芋の甘露醤油漬け・季節の野菜のラタトゥイユ・タコとセロリのピリ辛マリネ
京野菜 聖護院かぶと生ハムのコンソメ仕立て 柚子と味噌のドレッシング

長崎産平スズキとキヌアのタルタル 横須賀レモンのヴィネグレットとキャビアと共に

Na-Naオリジナルポテトサラダ  奈良漬入り

春の七草とケイジャン風味のチーズリゾット

沖縄県産ロイヤルポークロースのグリル

プチベールとペコリーノピリ辛スパイスソースのアクセント


これだけいただいて、2500円。
ルクサさんに、感謝です。^^


ドリンクは別料金です。
この日、いっしょにいただいた日本酒は、
初めて見るものばかりでした。


ソムリエの方によると、
どれも、地方の造り酒屋で、小規模に作っているものなのだそうです。
ほとんどが地元で消費されるので、
なかなか、東京にまで回ってくることがないとか。
珍しいお品を、たくさんいただきました。^^



最後に、コーヒーとデザートを別に注文しようと思っていたのですが、
けっこうなボリュームだったので、お腹がいっぱいです。
駅ビルで甘いものを買って、家に帰ってから食べよう、
ということになり、お店をでました。


新鮮な国産の食材を使用した、小粋なメニューを、
日本酒といっしょに楽しめるお店。
夫も大満足で、「いい店だねえ」と連発しておりました。


このお店、毎週火曜日と金曜日限定で、
スペシャルランチセットを楽しめます。(一日30食限定)


本日の前菜
 本日のメイン
 もりもりサラダ
 エシャロットパン
 プチデザート
 コーヒーまたは紅茶
という充実セットが、1100円(税込)だそうです。


友人と一緒にでかけて、
おしゃべりとランチを楽しむのにもよさそうです。
私も、ぜひ一度、行ってみたいと思います。^^

恵比寿・SAKEビストロNa-Na(ナーナ)で、日本酒とフレンチディナー①(2017年6月26日)

2018年1月3日 パセラリゾーツ上野御徒町店で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


6月26日


もう一年も前のことになってしまいましたが、
ちょっと珍しいビストロに行ってきました。
恵比寿にあるフレンチレストラン、SAKEビストロNa-Na(ナーナ)です。


私のかかりつけの歯医者さんが、
恵比寿・ガーデンプレイスのすぐ近くにあるため、
恵比寿には、数ヶ月に一回、でかけます。


歯医者さんが入居しているビルは、駅からはちょっと離れていて、
住宅街に程近い、閑静な場所にあるのですが、
あるとき、そのビルのお向かいに、
ビストロがオープンしているのに気がつきました。


お店のチラシを配っていた女性に尋ねると、
日本酒とフレンチを楽しむお店であるとのこと。


んーー、そそられます。^^


ということで、歯医者さんで予定していた定期チェックを終えたあと、
早速、そのお店に行ってみました。


オープンしたのは、2016年4月だそうです。
シェフの武元利親氏は、フランスの星付きレストランで腕を振るったあと、
都内有名レストランで料理長を務めた方です。
お店によると、
「カジュアルイノベーティブ料理と、
 ソムリエ厳選の日本ワインや日本酒が楽しめるお店」
だとか。


「イノベーティブ」とは、フレンチでもイタリアンでも和食でもない、
ジャンルの枠を超えた料理のことをいうそうです。
フレンチをベースに、国産の旬の食材を利用してメニューを構成している、
と聞くと、なにやら、期待してしまいますね。^^


狭い階段を下りて、地下にある扉を開けると、
店内は、思いのほか、広い造りでした。


ひとりだったので、カウンターの左端に案内されました。
左手の壁には、小さな黒板がかかっていて、
その日のお勧め料理が書かれています。


こういうお店、好きです。^^


印刷されたメニューの通りに、毎日同じものを作るのではなく、
シェフがその日に仕入れた食材を見て、
そこからイメージしたお料理が日替わりで供されるからこそ、
「黒板の手書きメニュー」
になるわけですよね。
「その日仕入れた食材で、
 いちばんおいしいお料理を出しますよ。」
というシェフのメッセージが、
「黒板の手書きメニュー」なのだと思います。


で、このときにいただいたのが、以下のメニューでした。
せっかくなので、ソムリエに勧められた日本酒も、
一杯、いただきました。^^


選べるメインのチョイスコース 3800円


前菜三種

福岡県産イチジクと二種ビーツのミルフィーユ仕立て
生ハムとオレンジのソースで。

Na-Naのポテトサラダ

北海道産甘エビフリッととブロッコリーのソテー
ピリ辛シラチャーソースとともに。

神奈川県産メジナのポワレ
三浦のナスとズッキーニのグリル 地中海風。

デザート 自家製プリン


ひとつひとつのお料理が、ていねいに作られているように思える、
いいお店でした。
次回、歯医者さんに来るときは、また来ようかな、と思っているうちに、
数ヶ月がたちました。


(つづく)