MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

台湾・3泊4日でおいしいものめぐり⑫ - 二日め(雙連(ソウレン)市場とお土産物屋さんで試食めぐり)

いとこのおにいちゃんといっしょに。(全盲難聴・のんたん 5歳)



ホテルでビュッフェの朝食を済ませたあと、
朝8時に、ガイドの洪さんがホテルに迎えに来てくれて、
本日のコースが始まりました。


「みなさん。今日は長いですよ。
 まず、朝市に行きますね。
 そのあと、九份と台北市内観光をして、
 夕食の後は、夜市に行きます。
 朝市から夜市まで、全部で13時間の観光ですが、
 がんばっていきましょう。^^」


うーーーん。もりだくさんで、ほんとうにすごいツアーです。
ということで、まずは朝市。
雙連(ソウレン)市場というところに行きました。


小道の両側に、延々と続く屋台。
野菜、お肉、魚、お菓子、衣類…。
もう、なんでもアリです。


芸術的に茹でられている、あひるさんたち。



「台湾の朝市は、めちゃくちゃです。
 魚屋のとなりで、パンツ売ってます。
 いやですね。」
と洪さん。


たしかに、魚屋のとなりは、下着屋さんでした。(笑)
朝から、パンツ。
誰が買うんだろう?


お魚屋さんの隣りで売っている、パンツ。(笑)



それぞれのお店では、試食もさせてもらえます。
市場の長い小道を延々と歩きながら、びっくりしたのは、
ハエが全くいないことでした。
「海外に行ったら、ハエがいるのは、もうどうしようもないこと」
と、思っていました。
どこの国であろうと、です。


でも、今回の旅行では、市場のお肉屋さんやお魚屋さんであろうと、
ハエが見当たりません。
こんな国は初めてです。
こんなところにも、台湾の衛生事情がうかがえます。
台湾、ほんとにレベルが高いです。


私たちが行った頃は、ちょうど、ライチーのシーズンでした。
洪さんがたくさん買って、私たち全員にプレゼントしてくれました。



雙連市場の次は、バスで九份に向かいます。
車で1時間くらいかかるということで、
まずはお土産物屋さんに寄って、トイレ休憩ということになりました。
ここでも、おいしいウーロン茶と、たくさんの試食をいただきました。


連れて行かれたお土産物屋さん。ビルの地下に、広いお店がありました。


日本語が上手な店員さん。お茶の説明をしながら、冗談連発。やたらと笑わせてくれました。


試食品のパイナップルケーキ。


で、このお店で買った、パイナップルケーキ。個包装(右下)されていて、中のケーキは、台湾の島の形をしています。6個入りで500円くらい。街のスーパーで買うよりは高級品です。パイナップルのみじん切りがはいっていて、おいしかったです。
左下は、職場のお土産用に買ったマンゴーゼリー。10個入りで500円くらいのを、街のお菓子屋さんで買いました。これは、思いがけず、かなりおいしかったです。(また買いたいくらい。)


上の写真以外に、私たちが台湾で買ったものといえば、
長男のTシャツと、長女のお財布。
これだけです。^^


若い頃は、あちこちでいろいろと買ったりもしましたが、
今では、どこに行っても、ほとんど物を買わなくなりました。
「買って帰って、結局、あとで始末に困る」
ってことが、いっぱいありましたので(苦笑)。


(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

全盲難聴・のんたん - ふれあい夏祭りで盆踊り

「炭坑節」を踊っています。(全盲難聴・のんたん 21歳)



S園での、「ふれあい夏祭り」の後半です。



夏祭りのおたのしみ、「福引」をやりました。
(おまつりのプログラムに、抽選券がついています。)
園生は、わかりやすいよう、「ガラガラポン」。
一般の人は、三角くじです。
でも、私と夫の分の三角くじ2個も、長男が引きました。
景品に、ティッシュペーパーとお菓子をもらいました。



5時半に開場し、8時半の花火までつづく、夏祭り。
カラオケ大会が終わると、
地元の方々が参加した催し物が続きました。


豊田囃子保存会(20分)




獅子舞の赤獅子が、長男のところにやってきてくれました。



こちらは、ちょっとこわがっていました。^^



佼成太鼓(20分)


やはり、地元との方々・数十名による演目です。
たくさんの太鼓の音が轟きました。
私たちが座っていたのは、ステージ前の最前列で、
太鼓の場所からはいちばん遠いところでした。
「のんたんに太鼓の響きを感じさせたいから、
 太鼓の前に移動しようよ。」
と言うと、夫は、
「また、『自分も太鼓を叩きたい』とか言ってさわぐから、やめとこう。
 オレはここにいる。
 どうしても行きたいのなら、ふたりで行ってくれば。」
と。


この男は何を言っているのか。
それは、長男が3歳の頃の話です。
今、長男、21歳…。(苦笑)
要するに、めんどうくさいから、行きたくないんですね。
だから、思いつきで、無意味な反論をする。


あー むかつく。
でも、相手にするだけ、不愉快なので、話はここで終わり。
ばか夫を残して、私と長男とで行くことにしました。


全盲の長男を連れて、会場の反対側まで行くのは、ちょっとめんどう。
(だから、ばか夫はいやがったのですが。)
人ごみをかきわけ、階段を下りて、砂場を横切ります。
再び階段を上がって、人ごみの中をさらに進むと、
ようやく、太鼓が並んでいる場所に。
長男には歩きにくかったけど、太鼓をソバで聴きたい長男、
がんばって、いっしょに歩いてくれました。



最前列に、長男を押し出しました。
太鼓のすごい音です。
お腹にずんずん響きます。
長男、じっと聞き入ります。
やっぱり、連れてきてよかった。^^
(だれだ。「自分も太鼓を叩きたいと騒ぐ」と言ったのは。ばかやろ~ 怒)



太鼓が終わったので、ステージ前の席に戻りました。
長男は、もう、道のりを覚えていて、
帰りの段差や砂場は、よろけることもなく、
私の腕につかまって、すいすいとクリア。^^


ようやく席についたと思ったら、
今度は盆踊りです。^^
ふたたび、やぐらの前まで移動し、
長男といっしょに、炭鉱節を踊りました。



最後は、「大東京音頭」。
全員で手をつないで、輪になって踊ります。


中央より少し右で、手をつないで踊る、長男(赤と紺のストライプ)と私(その右側)です。


長男と手をつないで盆踊りを踊れる日が来るなんて、思ってもみませんでした。
「目が見えないのだから、踊りなんてわからないし、楽しめないだろう」
と思っていたんです。


でも、S園に入所してから、
長男は、盆踊りまで、園でおしえていただきました。
びっくりです。
音楽に合わせて、
「掘って~、掘って~、また掘って!」
と歌いながら、園生みんなが、楽しそうに踊るんです。


長男も、私も、もちろんいっしょに歌いました。
「掘って~、掘って~、また掘って!」
楽しい、楽しい、盆踊りでした。^^



最後は、園生11人で結成している、「光バンド」のミニコンサートです。
「光バンド」は、全員が視覚障害者ですが、
歌も演奏も、すばらしいんです。
CDを製作・販売していて、国内・海外の各地で演奏活動を行っています。
S園は、園生ひとりひとりの個性や特技をとても大切にしていて、
その一例が、「光バンド」です。


いつか、長男も、「光バンド」のような活動ができるといいなあ…。
そんな夢を抱いて、私たちは、長男がS園へ入所することを希望しました。
「夢がもてる」って、すごいことですよね。^^


最後は、花火が打ち上げられる中、お祭りが終了。
長男を宿泊棟までおくります。
福引の景品でもらったお菓子を持たせました。
「おっ のぞみくん、いいモノ持ってるな!」
と先生に言われて、長男もうれしそう。^^


ようやく、夏祭りが終わりました。
今年も楽しかったです。^^
S園の皆様、ありがとうございました。


(おわり)


その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

全盲難聴・のんたん - ふれあい夏祭りで、ZARDを演奏

座っているイスのようなものが、「カホン」という楽器です。(全盲難聴・のんたん 21歳)



カッピングコース、小籠包ランチと続いて、
ようやく、S園の「ふれあい夏祭り」に向かいます。
夏祭りが始まるのは、夕方5時半です。
たまに会えるのだから、少し早めに行って、長男といっしょにいたい。
だから、
「開始時間よりも前に行きたい。」
という私。
でも夫は、
「6時前に行けば十分。」
と言って、さっさと、博物館に遊びに行ってしまいました。
子供より、自分の遊びが優先、みたいです。


こういうところ、意見が合いません。
っていうか、性格が合いません。
これ以上話しても不愉快なので、もうあきらめています…。
というわけで、ここからは、私一人で、S園に向かいました。


「ふれあい夏祭り」は、S園を運営する社会福祉法人が主催していて、
園の隣りにある公園をすべて使って、毎年開催されています。
法人が運営する模擬店もたくさん出店し、
ほとんどの食べ物を、100円~200円という、超低価格で購入できます。
この夏祭り、今では、地域の、毎年恒例の行事となっていて、
S園関係者だけでなく、
地域に住んでいる方々も大勢訪れます。
S園内での行事と言うよりも、
地域の皆さんと交流し、みんなで楽しめる、
大切な催しとなっています。


まずは、長男が生活している、S園生活棟に行きました。
すでに、何人もの保護者が、迎えに来ておられます。
玄関に入った私の顔を見て、職員の方がすぐに、長男を呼んでくれました。
(100人近い園生の、親の顔を覚えておられるんですよね。すごいなあ…。)


スタッフの方に伴われて、長男がやってきました。
今日も元気です。



まずは、模擬店へ。
「やきそばと、お菓子と、からあげがあるよ。
 どれにする?」
と聞くと、すかさず、
「からあげ!」(笑)


長男といっしょにからあげとカステラを購入。
イスに座って食べていたら、集合時間になりました。


フライドチキンを食べています。


S園では、週に一回、毎週金曜日に、「クラブ活動」の時間があります。
(本当に、「学校」みたいですね。笑)
長男は、もちろん、「音楽クラブ」
で、クラブで結成した、「ヤング&レモン」というバンドが、
毎年、夏祭りに出演しています。
今年の曲は、ZARDの「負けないで」。
長男は今年、カホンを担当しました。


指定された5時45分に、集合場所に行って待機していたら、
ようやく、夫もやってきました。
(宣言したどおり、6時ちょっと前にしか、来ません。苦笑)



S園に入所して以来、夏祭りは4回目になりますが、
毎年、舞台で演奏する機会をいただいています。
みんなの前で演奏するのが大好きな長男には、
なによりうれしいことと思います。^^


演奏後、夫にかき氷を買ってきてもらいました。
暑かったので、おいしかったです。
かき氷は100円。安いです。^^
模擬店には、たくさんの人が並んでいて、食べ物が飛ぶように売れていました。



この日は、ボランティアのヤグチさんも来てくださいました。
ヤグチさんは、長男が小学一年生のときから16年お世話になっている、
ボランティアさんで、「のんたんの第二の母」です。
(もしかしたら、「第一の」かも。笑)
高校を卒業し、S園で生活するようになっても、
夏祭りには毎年来てくださる、ありがたい存在です。^^
「たい焼き」を買ってきて、みんなでほおばりました。



舞台では、カラオケ大会が始まりました。
地域の子供達やお年寄り、たくさんの方々が、次々に登場し、
歌やダンスを披露します。
本当に、「地域のみなさんと楽しむためのお祭り」になっているなあ、
と、いつも思います。


(つづく)


その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

鼎泰豊(ディンタイフォン)東京駅八重洲口店で、小籠包のランチ

S園の夏祭り。フライドチキンを買って食べました。(全盲難聴・のんたん 21歳)



カッピング施術をおこなってから、2日たちました。
体調がいいです。^^
職場の冷房がひどくて、このところ、体がすっかり冷えていました。
この一ヶ月くらい、お腹の脂肪に触ると、いつも、つめた~い、のです。


ところが、カッピングを終えてから、
「お腹が冷たい」ということがなくなりました。
体内の巡りがよくなって、冷え性が改善されたのだと思います。
いやー、これだけでも、やってよかったです。^^


治療院をあとにして、次は、東京駅に向かいました。
駅のすぐ近くにある、鼎泰豊(ディンタイフォン)で、夫と待ち合わせです。


台湾の鼎泰豊で食事してから、夫はすっかりファンになってしまったようで、
「鼎泰豊にまた行きたいなあ」
と、何度も言っています。


ネットで探したところ、鼎泰豊が都内にいくつもあることがわかりました。
そこで、御徒町からいちばん近いところにある、
「鼎泰豊 東京駅八重洲口店」
に、予約を入れました。



予約していた1時よりも、少し前に到着。
さすが、店内はお客さんがいっぱいで、にぎわっています。


席に着いて注文を終えると、ほとんど会話することなく、夫は、
唐突に、スマホで遊び始めました。
こうやっていつも、突然、自分の世界に入ってしまいます。
いっしょに食事に来たのだから、会話するのが普通だ、と私は思うんですが、
夫には、理解できないのです。
こういうところが、むかつくんですよね…。
こんなことなら、ひとりで食べに来ればよかった、と、
今日もまた、後悔したのでした…。


さて、気をとりなおして、メニューをご紹介します。
ランチコースのある時間だったので、ひとり2000円以内で食べられました。
(ちなみに、ここでも、
ホットペッパーの1000ポイントプレゼントキャンペーンを利用しています。^^)

海鮮小籠包 ホタテ・すわい蟹・ウニ 各2個入り 1296円


パイクーチャーハン(スープ付き) 1404円
普通のチャーハンであれば、もっとお安いランチセットがあるのですが、
これを台湾で食べて、夫が気に入ってしまいました。
なので、単品で注文しました。


冷製鶏スープ麺のランチセット 1890円
小皿料理一品


冷製鶏スープ麺のランチセットには、小籠包4個が付いています。
(追加料金を支払って、6個にしてもらいました。)


大勢なら、いろんな種類を注文して、ちょっとずつ味見ができますが、
ツアーと違って、ふたりだけだと、食べきれないので、
せいぜい、2,3種類くらいしか注文できません。


でも、小籠包の味は、台湾本店と変わらず(←あたりまえですが)、
とってもおいしかったです。^^


鼎泰豊では、作り置きは一切やらない主義だそうです。
美しく織られた18のひだ、中のスープが透けて見えるほど薄い、手作りの皮。
皮が薄いので、箸でつまむと、ふるふるとふるえます。


お茶は無料で、ポットで持ってきてくれます。
なので、ドリンクは注文せず、
この日のお会計は、4860円でした。


ランチセット二つであれば、4000円以下ですみます。
小籠包、また食べに行きたいです。
でも次は、夫以外の人と行こうっと。^^


台湾本店と同じように、厨房がガラス張りになっています。
左の人が、小籠包の皮にあんをのせ、右の人がせっせと包んでいました。


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

御徒町 益生堂で、カッピングコース60分

S園の夏祭りでした。母の手をさわって、あまえる長男です。(全盲難聴・のんたん 21歳)


7月22日は、S園の夏祭りでした。
そこで、片道2時間以上かけて、S園まで行ってきました。
せっかくのおでかけなので、ついでに、
整体治療院でカッピングコースを受け、飲茶ランチを食べてきました。^^
今日は、まず、カッピングコースのようすをお伝えします。


私が行ったのは、御徒町駅前にある、益生堂というところです。
「カッピング+整体+オイルリンパマッサージ 60分」
というコース(定価5000円)でしたが、
クーポンとポイントを利用し、2250円になりました。安い!(笑)


カッピングは、私の大好きなメニューです。
吸い玉や吸角とも呼ばれていて、数千年の歴史をもつ、中国の民間療法です。
皮膚にカップを吸着させて真空吸引して、血管に溜まった老廃物を吸い上げ、
血液やリンパの流れを改善します。


注: これは、私ではありません。


カッピングの特徴:
一般に、次のような効果があると言われています。
(効果をお約束するものではありません。)
・血液をきれい(浄化)にする。
・血行を良くする。
・血管をはじめ、組織を強くする。
・蓄積した老廃物や有害ガスを排出する。
・免疫力が強化される。
・皮膚の若さを保つ。(アンチエイジング効果)
・内臓や諸器官の働きを活発にする。
・自律神経を正常に調整する。


まー、ひとことで言えば、「きやすめ」ですね(爆)
でも、私の場合、カッピングをすると、その後しばらく体調がいいので、
10年くらい前には、定期的に施術を受けていたこともありました。
先日、クーポンサイトでカッピングコースを見つけたので、
夏祭りの前に、久しぶりに行ってこようかな、と考え、
クーポンを買ってみました。


益生堂は、御徒町駅から徒歩2分のところにある治療院。
カッピングをしながら、同時に、整体とリンパマッサージを行います。
これまでに私が受けた施術では、カッピングを受けている間は、
ベッドで放置されていました。
ですが、ここでは他の治療を同時進行で行うので、
通常の治療院の90分コース分くらいの施術を受けることができます。
お得でした。^^


実際に受けたカッピングは、背中だけで、22個。
さらに、足の後ろ側に、14個。
10年以上前に、スリムビューティハウスでカッピング施術を受けたときは、
背中に8個程度しかつけてくれませんでした。
それに比べると、カッピングの数だけでも、すごい量です。
ん~ 効果ありそう^^
と、ご満悦。


東洋医学では、血液の流れが悪くなった状態を「瘀血(おけつ)」といいます。
これが、カラダのいろいろなところで障害を引き起こすと考えられています。
カッピングは、この「瘀血」状態を改善するのが目的です。
皮膚に直接プラスチックのカップを吸着させるため、
しばらくのあいだ丸い痕が付きます。
悪いところは紫色のアザのようになりますが、
1週間~10日くらいで消えてしまいます。


また、この丸い痕の色で、その時の健康状態もわかるようになっています。



私の上腕部に残ったカッピングの痕。カッピングの翌日に撮りました。
濃い赤紫色で、かなり体調が悪いと考えられます(苦笑)。


カッピングには、毛細血管を拡げて血液の流れる量も速さも増大させる働きがあり、
滞った血液や血管内に溜まった老廃物を洗い流してくれるそうです。
その結果、新鮮な酸素や豊富な栄養素をもったきれいな血液が行き渡り、
デトックス効果とともに細胞の若返りが期待できるとか…。


今回、36個ものカッピングを行っていただき、
背中は、紫色の痕だらけになりました。
でも、肩こりも改善し、体調はよくなった気がします。
クーポンを2枚買ったので、近いうちにまた行ってこようと思っています。


ちなみに、今回の施術者は男性でした。
女性のスタッフもいたようですが、
中国系の治療院の場合、なぜか、
男性には女性の施術者を。
女性には男性の施術者を。
という配慮をすることが多いですね。
私としては、女性に施術してもらった方がうれしいのですが・・・。


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。