MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅⑥ - 国立博物館のガイドツアー(2日目)

2018年7月12日 バンコク国立博物館で。


7月12日


世界中から観光客が集まる、バンコク国立博物館。広いです。


バンコク国立博物館。
広大な敷地内で見学できる展示館の数々は、
見ごたえ十分です。
最近は、毎週水曜日と木曜日の9:30から二時間程度、
日本人ボランティアによるガイドツアーが開催されています。


夫は、ネットでそれを調べ、
「ぜひ、ここに行きたい!」
と、何度も言っておりました。


ボランティアのガイドチームは、
主に、タイ在住の日本人女性で構成されています。
ボランティアではありますが、
その知識の豊富さ、ガイドの巧みさは、プロ級です。


日頃から、頻繁に勉強会を行っていて、
活動の一環として、博物館についての本も作成されました。
その本は、館内の売店でも販売されていて、
収益金は、すべて、博物館に寄付しておられるそうです。


ガイドツアーは無料で、
予約なども不要です。
希望者は、当日、博物館の入場券売り場の横に集合するだけ、という
非常にゆるいルールで、参加することができます。


私たちも、9時20分ごろに、
入場券売り場に行ってみました。


すると、あ、いました、いました。^^
15人くらいの日本人が、集まっています。
私たちと同じように、
この日の朝、バンコクに到着し、
荷物をホテルに預けて、博物館に直行してきました、
という方が、ほかにもいました。^^


なぜか、全員、女性です。(爆笑)
見学者も、ガイドさんも、全員、女性。笑
男性は、うちの多動夫ひとりだけです。
日本人の男性のみなさん、どこに行っちゃったんでしょうか。


こういうとき、夫がいつも言います。
「日本の女の人は、面白いことや楽しいことを、
 ほんとうに、よく知ってるよな~。
 話題のレストランなんかも、
 食事してるのは、女の人ばかりだし。」
と。
たしかに、そうかもしれません。^^


参加者が多かったので、2グループに分けられました。
そして、それぞれのグループに、
ガイドさんがふたりひと組で担当されました。


見学開始です。ひとつめの展示館に、ガイドさんに案内されて、ぞろぞろと入りました。


さて、この、「バンコク国立博物館日本語ガイドツアー」ですが、
なんと、2時間もかかります。
博物館そのものが、非常に規模が大きく、
膨大な展示物を擁しているのですが、
ボランティアのガイドさんは、それらを、
非常に詳しく、ていねいに説明してくださいます。


その概要は、以下の4つに分かれています。
 ①壁画を見ながら、ブッダの一生について学ぶ。
 ②タイを代表する建築物・美術品を観賞する。
 ③葬儀の間で、プミポン前国王の葬儀に使われた山車や葬送品を見学する。
 ④仏像をたどりながら、タイの歴史を学ぶ。


①壁画を見ながら、ブッダの一生について学ぶ。


室内の全面を埋め尽くす、壁画。圧巻です。

壁画には、仏陀の一生が描かれており、それらを、ガイドさんが丹念に説明して下さいます。

縁側に座って、さらに講義が続きます。

ひとりが説明し、その説明に合わせて、もうひとりが、お手製の写真図画のファイルを見せてくださいます。


②タイを代表する建築物・美術品を観賞する。


美術品は撮影禁止でしたので、
ここでは、古い家の中のようすをご紹介します。


昔の王女の住まいが、そのまま移築されていました。

当時の美しい食器が多数。王族が使う食器は、中国に発注していたそうです。


③葬儀の間で、プミポン前国王の葬儀に使われた山車や葬送品を見学する。


展示場には、いつくもの山車が並んでいました。

暑い中、ガイドのさんの説明が続きます。


④仏像をたどりながら、タイの歴史を学ぶ。



暑い中、これだけの充実した内容を、
2時間もの時間をかけて説明してくださり、
それでいて、無料、なのです。
日本人って、ほんとうにすごいなあ、と
頭がさがる思いでした。


ボランティアのみなさま、
どうもありがとうございました。


夫がなにより楽しみにしていた見学ツアーも終了し、
時間も12時に近くなっていたので、
トゥクトゥクに乗って、ホテルに戻ることにしました。


今度こそ、ホテルのお部屋に入ることができます。
いよいよ、憧れのホテルライフです。^^


追記:
これを書いていて、昨年の7月に、上野の国立博物館で開催された、「日タイ修好130周年記念特別展」に行ったことを思い出しました。あのころは、同じ物を一年後にタイで見るとは、思ってもみませんでしたが。当時の展示物もすごいものでしたが、やはり、バンコクの博物館で直接見たときの高揚感は、バンコクでしか得られないように思います。
とはいえ、この日は、「私は、ホテルの部屋で寝っ転がっていたいだけなのに、こんなとこに連れてきて」と、夫に文句たらたらだったんですけど(苦笑)。


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅⑤ - バンコク国立博物館前を散歩(2日目)

2018年7月12日 国立博物館付近にあるお寺で。


7月12日


ひとつめの行き先は、夫のたっての希望で、
国立博物館と決まっていました。
この博物館では、毎週水曜と木曜の9時半から、
ボランティアによるガイドツアー(無料)が開催されています。



国立博物館には、20年くらい前にも、
行ったことがあるように思いますが、
なにを見たのやら、さっぱり記憶にありません。(苦笑)
・・・ということで、2回目の訪問となりました。


ホテルからタクシーで直行したので、まだ8時半です。
やむをえず、ツアーが始まるまでの1時間もの間、
多動夫に引きずられて、
付近をぐるぐると徘徊することになりました。


私としては、
「高級ホテルに泊まって、のんびりする」ための旅行、
のつもりだったのですが、
なにしろ、多動夫がいっしょです。
かたときも、じっとさせてはくれません。


通りがかった、名前も知らないお寺。こんなところでも、夫は、中にはいって、くまなく歩いてみないと気がすみません。やむなく、いっしょに歩く私。

とりあえず、「カフェでアイスコーヒーを飲ませてください。」と、お願いしてみました。

タイ風の絵馬。お願いを書いて置いていくようです。

お寺のそばで、お参りグッズを売っているお店です。

良家の子女が通うといわれる、タマサート大学もありました。


歩いているうちに、セブンイレブンを発見!
暑いので、吸い込まれるように、
はいってしまいました。^^


日本でもよく見かけるガパオライスなど、タイ料理が、そのまま持ち帰り弁当になっていました。

各種おつまみは、100円前後くらいです。

肉まんは、一個50円くらいです。

セブンイレブンのおにぎり。


セブンイレブンで、おにぎりとお水(一本30円くらい)を買いました。
なんたって、朝ごはんを機内食で食べたのは、
午前3時。
おなかがすいています。


ということで、歩きながら、おにぎりをもぐもぐ。^^
具は、「鮭の照り焼き」です。
1個が70円くらい。


「おにぎり~♪」と期待して食べたら、
ちょっとちがっていました。
ごはんが、酢めしなのです。
ふつうのおにぎりのような、塩ごはんを期待していたので、
やや、がっかり。


酢めしに具を入れて、海苔で包む・・・
つまり、形が三角形なだけで、
目をつぶって食べたら、手巻き寿司と変わりません。笑
これはこれでおいしいのですが、
いつもの、普通のおにぎりがなつかしくなってしまう、
ちょっとさびしい、おにぎりでした。


今頃は、ホテルの清潔な部屋で、
ベッドにねっころがって、
のーーーんびりできたはずなのになあ・・・。
と思いながら、多動夫のあとを歩いているうちに、
ようやく、ガイドツアーが始まる時間になりました。



(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅④ - アーリーチェックイン(2日目)

1986年5月4日 初めてのタイ旅行。チェンマイで、象に乗りました。(全盲難聴・のんたん 22歳)


7月12日


予約していたホテル、
コートヤード バイ マリオット バンコク
(Courtyard by Marriott Bangkok)
に到着しました。
マリオット系ホテルの中では、
価格も抑えめ、それに比例して高級感も抑えめのホテルです。^^


Courtyard by Marriott Bangkok


室料は、メンバー価格が適用されて、
一泊4181バーツ、約13800円です(税・サービス料込み)
「ハピタス」を経由して予約したので、
3%がキャッシュバックされます。
ちなみに、この宿泊料は、2人分の価格です。


海外のホテルでは、通常、「一室あたり」の価格を設定します。
なので、ひとりで泊まっても、ふたりで泊まっても、
この価格、ということになります。


高級ホテルに泊まって、
ひとりあたり6900円。
安いですね。^^


今回の旅行では、バンコクに3泊するので、
同じホテルに3連泊してもよかったのですが、
「せっかくの機会なので、違うホテルも試してみたい」
ということで、夫婦の意見が一致。
そこで、二つのホテルを予約してみました。
ということで、ここに泊まるのは、一泊めのみです。


ちょっとめんどうくさいけど、
翌日にはチェックアウトし、
同じバンコク市内にある、次のホテルに向かいます。
その代わり、次のホテルは、
少しだけ、クラスが上のものにしました。


玄関では、数名のポーターさんやベルボーイさんから、
ていねいなワイをされて、
お出迎えしてもらいました。
はいってすぐに、ロビーとフロントがつづきます。
さすが、ソファや調度品も、きれいです。^^



1階ロビー

フロント


通常、ホテルのチェックインタイムというのは、
午後2時くらいです。
ところが、このときの時間は、まだ朝の8時でした。
なんたって、バンコクに着いたの、朝の4時ですからね・・・。(苦笑)
普通なら、とうてい、ホテルで受け入れてもらえる時間ではありません。


でも。


私たちには、SPGカードがついています。^^
このカードを持っていると、
SPG系列のホテルだけでなく、
マリオットグループの、
「ゴールドエリートメンバー」にも、なってしまうのです。


通常、この「ゴールドエリート」には、
マリオット系列のホテルに、
年間で50泊くらいしないと、なれないのだそうです。


つまり。
私たちは、これまでに一泊もしたことがないのに、
いきなり、「マリオットのVIP扱い」に
なってしまったのでした!(爆)


それに、この、SPGアメックスカードを持っていると、
さらなる特典を利用できます。
それは、


 アーリーチェックイン
 レイトチェックアウト
 お部屋のグレードアップ


です。
ただし、これらは、「空きがあれば」という、条件つきです。


ですが、いくら、「アーリーチェックイン可能」とはいえ、
本来は14時からでないと入れないホテルに、
朝の8時にチェックインができるものでしょうか?


とりあえずだめもとで、フロントにお願いしてみたところ、
チェックインの手続きを、すぐに開始してくれました。
お部屋の方は、まだ掃除中のようで、
「一時間お待ちいただければ、入れます。」
と。


すごいです。^^
さすが、SPGカード。


期待の客室を、早く見てみたかったのですが、
一時間も待っているのはもったいない気もします。
そこで、夫婦で話し合い、
荷物だけをフロントに預けて、
早速、市内にでかけることにしました。


あとになってよく考えたら、
ホテル内の朝食ビュッフェが無料なのですから、
待っている一時間のあいだに、
朝食ビュッフェを楽しむこともできました。
通常、ひとり2000円くらいかかりますから、
ふたりで4000円分です。
惜しいことをしました。


でも、そのときの夫は、
「早く遊びに行きたい!」
という気持ちで、頭がいっぱいだったし、
私は私で、慣れない高級ホテルの雰囲気に気後れしたのか、
頭が働かなかったようです。(苦笑)


というわけで、ホテルに荷物を残し、
早速、市内観光のスタートです。



(つづき)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅③ - 空港から市内へ(2日目)

2018年7月21日 S園のふれあい夏まつり。(全盲難聴・のんたん 22歳)


7月12日


機内食を配る気配で、目がさめました。
朝食の時間です。
時計を見ると、まだ3時です。(日本時間の5時)
眠いです。(泣)


とはいえ、4時過ぎには、
バンコクに到着してしまいます。
それまでに食べてしまいなさい、ということで、
真夜中の朝食が配られました。


私が選んだ、オムレツセット。味がうすいのに、塩こしょうのミニパックがついていませんでした。塩こしょうのついていない機内食というのは、ちょっとお目にかかったことがないように思います。

夫が選んだ、和食セット。まずかったそうです。(泣)


基本的に、タダの機内食というのは、とてもありがたく、
毎回、おいしくいただき、
完食してしまう私たちですが、
さすがに、このときの食事はまずく、
少し残してしまいました。


朝食だからということなのかもしれませんが、
このときも、ワインは飲めず、
ソフトドリンクのみ。
まずいのに、味を調整するための塩こしょうすらなく、
タイ航空、どうしちゃったの?
と言いたいくらい、残念な機内食でした。


この何年かで利用した、
ベトナム航空、エアインディア、カタール航空、中華航空、ANA
の機内食が、どれもおいしかったことに比べると、
タイ航空は、これらの中では、最下位と言わざるをえません。


べトナム上空を横切って飛びます。東京からタイまで、6時間かかります。


・・・などと言っているうちに、
朝4時過ぎに、バンコクに到着しました。
当然ながら、外はまだ真っ暗です。



まずは、空港内のATMで、タイの現金を調達します。
このときは、日本円で15000円くらいのタイ通貨を引き出しました。
(結局、滞在中の支払いに必要な現金は、
 すべて、これだけでまかなうことができました。)


両替所の一部に、ATMが併設されています。ここで両替する人を、ほとんど見かけることがありませんでした。最近は、たいていの人が、ATMで現金を引き出します。(その方が、手数料が安いです。)

このときに引きだした、5000バーツ。


私たちは、国内でも海外でも、
支払いは可能なかぎり、クレジットカードを利用します。
(ポイントが貯まるからです。)


でも、旅行中は、クレジットカードが使えない場合も
あります。
電車代とか、タクシー代とか、屋台のごはん代とか。
そんな諸々の支払いに必要な現金は、
ATMから、クレジットカードのキャッシングを利用して、引き出します。
普通に両替するより、手数料が安いので、
ここ数年、両替所を利用することは、なくなりました。


海外でのATMキャッシングについての、過去記事はこちらです。


空港からは、電車に乗って、市内へ向かいます。
当然ながら、23年前に来たときには、
こんな近代的な駅は、ありませんでした。


当時は、バンコク市内から空港まで、
地元のさびれた鉄道を利用したような記憶があります。
空港前のだだっぴろい土地に、線路だけがのびていて、
それにくっつくように、
屋外でむき出しになったホームが、ぽつんとありました。
それに比べると、別世界のようでした。


鉄道の自動改札機です。

このコインのようなものが乗車券で、自動改札機に投入します。


マッカサン駅で下車しました。
この頃には、すっかり夜が明けていました。


駅の構内にある、お弁当屋さん。一食が、200円弱くらいです。

早朝の、バンコク市内です。


ここからホテルまで、タクシーで行きました。
天井の全面に、世界各国のお金が貼り付けてある、
おもしろいタクシーでした。



めざす「高級ホテル」までは、もうすぐです。(笑)


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅② - 品川駅から羽田空港へ(1日目)

2018年7月21日 S園のふれあい夏まつり。(全盲難聴・のんたん 22歳)


「ホテルのごはんをタダで食べるために、
 バンコクへ行く。」
という企画に、夫も賛成しました。
「そんなのやったことないから、
 おもしろそう。」
なのだそうです。


次は、エアチケットです。
行きも帰りも夜行便を使うことで、
現地でめいっぱい時間を確保する、という日程にしました。
出発は、7月11日の夜。
そして帰国は、16日の朝。
なんと、3泊6日の、弾丸ツアーです。


私は、もっとゆったりとした旅行でいいのですが、
仕事をできるだけ休みたくない(←アホです)夫の希望です。
この方法なら、土日と祝日を利用し、
それに加えて、有給休暇を2日取るだけで、イケるらしいのです。


去年定年退職し、再雇用で働いているくせに、
いったいいつまで、こんな正社員並みの働き方をするのやら、
と思うのですが、しかたなく、私も同意しました。


日程が決まり、
夫が格安航空券を購入。
それに合わせて、私も、
バンコクで宿泊するホテルを、3泊、ネットから予約しました。


7月11日。
旅行の初日です。
夫は、いつもどおりに出勤しました。
ただし、2人分の荷物がはいった、かばんを持って(爆)。


私は、会社から空港に直行なんてやりたくないので、
仕事をお休みしました。
昼間は、冷房の効いた涼しい部屋で、韓ドラ三昧。笑


夕方6時半。
仕事帰りの夫と、
品川駅のエキュートで、待ち合わせです。
ここで、夕食代わりのお弁当を買って、
羽田空港へ向かいます。


「空港内では、なにを買っても高いだろう」と考え、
品川駅で調達したわけです。
これから高級ホテルに泊まりに行くとは思えない、
節約ぶりです。(笑)


あまりにもたくさんのお弁当があって、なかなか決められませんでした。


そして、エキュートの反対側にある、
京浜急行のホームへ。
仕事帰りの人で、ホームも電車も大混雑でした。


18時42分発の急行「羽田空港行き」に乗れたので、
19時過ぎには、羽田空港についてしまいました。


大混雑の中、無理に電車に乗らなくても、
品川駅前で夕食を食べて、ラッシュアワーを避けて、
空港に向かえばよかった、と
あとから気がつきました。



空港の片隅で、買ってきたお弁当を食べ、
さらに一時間以上待って、
ようやく、搭乗手続きが始まりました。


タイ航空のカウンター


搭乗手続きのあとは、ラウンジに直行です。
もともと、アメックスのゴールドカードを持っているので、
無料でラウンジを利用できるのですが、
今回は、ゲットしたばかりのSPGアメックスカードを、
わざと使ってみました。
さすが、年会費を31000円も払っただけあって、
「カード一枚で、2名まで利用できる」とのことでした。


通常の搭乗待ちスペースと違って、
静かで落ち着けるし、
ソフトドリンクは無料だし、
スマホの充電もできるし、
ということで、ここ数年、搭乗の待ち時間は、必ず、
このラウンジを利用しています。
ちなみに、成田空港のラウンジでは、ビールももらえます。^^



そして、11時40分。
翌12日0時20分発TG651便の、搭乗開始です。



12時を過ぎての出発だったので、
機内食はなく、あとは寝るだけ、と思っていたのですが、
サンドイッチが配られました。


私は、機内ではいつも、ワインをいただくのですが、
このときの飲み物は、ソフトドリンクのみでした。
お酒が出ないなんて、いまどきめずらしいな、
と思いましたが、
まあ、どうせ寝るだけだし、いいか、と。


座席のテレビで映画を見始めたのですが、
なにしろ深夜だったので、
最後まで見終えることなく、
いつのまにか、眠ってしまいました。



こうして、とりあえず、あわただしい、
旅行初日が終わりました。


(つづく)