MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み⑩ おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 朝食はホテルのビュッフェ(2日目)

2017年12月25日 朝食は、ホテルのビュッフェです。(全盲難聴・のんたん 22歳)



ベトナム二日目です。


一日目が終わるまでに、9回も連載してしまいました。
前回の台湾では、わずか三泊四日に32回も連載が続いています。
今回は、8日間全部を書くのに、いったい何回かかることか。(苦笑)
最後までかけるのだろうか? と、ちょっと心配です。


話が前後しますが、ここで、私たちとベトナムとのなれそめについて、
ちょっとお話します。


私と夫が初めてベトナムに行ったのは、1989年7月のことです。
探してみたら、その当時の年賀状が出てきました。(笑)


1989年7月28日
 ハノイから車で数時間走ったところにある、少数民族の村を訪ねました。


このときは、ハノイに一週間くらい居たような気がしますが、
30年前のベトナムって、ほんっっっとーに、
なにもありませんでした。


物資がない。
お店もない。
ベトナム語とフランス語とロシア語しか通じない(笑)。


暑くて喉がやたらと渇くのですが、
お店が無いので、飲み物も買えません。


水分補給といえば、
路地のあちこちで、おばちゃんが思い思いに売っている、
自家製のレモネードがあるだけでした。
仕方がないので、それを買って、一日に何度も飲んでいました。


一杯10円くらいだったでしょうか。
お金を払うと、おばちゃんがコップに注いでくれます。
それを、立ったままで飲み、飲み終わったら、コップを返します。
そのコップを洗っていたかどうかは、
考えないようにしていました。(汗)


素朴な飲み物でしたが、
すごく暑かったので、素朴においしかったです。


そして、現在。
30年近くたって、再び同じハノイに来てみたら、
町は、別人のようになっていました。
もう、どこを探しても、あの、レモネード屋さんはありません。


30年ぶりの、ハノイ。二日目の朝です。
朝食は、ホテルの最上階にあるレストランで、
いただくことになっていました。
行ってみると・・・。




ごちそうの山です。
ベトナム料理、西洋料理、飲茶、サラダにデザートにフルーツ。
その場で、熱々のフォーも作ってもらえます。


世界中でどこにでもある、ホテルの朝食ビュッフェと同じように、
レストランはごちそうでいっぱいでした。


ドリンクのコーナーでレモネードを探してみましたが、
もちろん、ありませんでした。
あれ、おいしかったんですけどね・・・。^^


はりきって、取ります。

残したくないので、フォーは、2杯だけいただき、家族4人で、分け合って食べます。

写真慣れしていない長女に撮ってもらったら、こんなすごいレイアウトになりました。長女は、このあとも、あきれるくらいだめ写真を撮り続け、最後に私から、「もう、撮らなくていい」と言われてしまいました。(笑)


残さず、全部いただきました。^^


(つづく)

のんたんの冬休み⑨ おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 何を買っても5%引き(1日目)

2017年12月24日 ベトナム料理レストラン Cau Goで。(全盲難聴・のんたん 22歳)


というわけで、クリスマスイブに、
ハノイで豪華ディナーを楽しんだ私たち。
合計10,000円のお食事代が、5%引きになってしまうと言うことを、
前回、お話しました。


このお店だけではありません。
この旅行中、ベトナムで支払った金額は、
すべて、5%引きになってしまったのです。


その秘密は、コレです。^^



ピンクの、とってもカワイイ、クレジットカード。
「学生専用ライフカード」です。


このカードには、様々な特典がついているのですが、
今回、私たちが注目したのは、
「海外での利用金額の5%が、キャッシュバックされる。」
という特典です。


すごいですよね。
10万円使ったら、5,000円も戻ってくるんです。


ただし、「学生専用」です。
学生さんでないと、申し込むことができません。
発行手続きには、学生証のコピーが必要になります。


そこで、長女(大学4年生)に頼み込みました。
「悪いようにはしないからさ。カード、作ってよ。」


転んでも、タダでは起きない私。
どうせ作るのなら、と、ポイントサイト、「ライフメディア」を経由しました。

ここを経由してカードを作るだけで、1500円がもらえます。^^


出発の6週間前になって、作りましたよ~。速攻で。
カードの名義は長女ですが、
すべての手続きをしたのは、私。
発行されたカードを持っているのも、私。
ベトナムでがんがん使いまくったのも、私。(爆笑)


「それ…。あとで、私の口座から、引き落とされるんだよね…。」
不安そうな娘。
「うん! そうだよ!
 よろしくね!
 あみちゃん、ありがっとーーーー!!^^」


もちろん、冗談です。
でも、娘、言いました。


「いいよ…。
 誕生日のプレゼント、まだあげてなかったし。」


T_T
どうやら、しつけはまちがっていなかったらしい…(爆)。
いやいや。そうじゃないだろう。(笑)


「うそだよ。ちゃんと、あとで払うから。」
と言ってみたものの、
旅行中、カードを使いまくる私の隣りで、
娘の目は、笑っていなかったかも。(苦笑)


この、かわいすぎるバービーカード。
「学生専用」ですから、もちろん、男子学生でも作れます。^^
(もっと地味なデザインのもあります。)
家族で海外旅行する場合は、お子様の名前で申し込んで、
家族全員で、おトクに旅行しましょう。


おトク情報4
海外旅行するなら、学生専用ライフカードが最強。

何を買っても、5%引きになります。


ああ、ついでに。
クレジットカードって、届いてすぐにミッションをクリアすると、
ご褒美がもらえるキャンペーンをやっているところも多いんです。
このカードもそうでした。
たとえば、
 ・カード会社のサイトで、ユーザー登録をする。
 ・一ヶ月以内に、*回利用する。
 ・一ヶ月以内に、*万円利用する。
 ・一回でいいので、リボ払いで買い物する。
…などなど、10近くのミッションがあったのです。
それらのミッションをひとつひとつクリアしていくと、
合計、15,000円がプレゼントされるという、キャンペーン中でした。


ベトナムに出発する前の3週間で、
このピンクのカードをせっせと使い、
すべてのミッションをクリアしたことは、
言うまでもありません。(爆)


(つづく)


ライフメディアについての詳細は、こちらをご覧ください。


ライフメディアでお小遣い稼ぎ!


ライフメディアは運営実績20年のポイントサイトです。
累計会員数は315万人以上!
誰でも簡単にお小遣い稼ぎをするなら
ライフメディアがとってもお得☆


【ライフメディアのお小遣い稼ぎ 簡単3ステップ】
キャンペーンやアンケートなどに参加する



ポイントが貯まる

現金やギフトコードに交換してお小遣いに♪
ライフメディアは1P=1円です


???たくさんポイントを貯めるには???


ライフメディアには、いろいろなポイントの貯め方があります!
自分にあった方法を見つけて、たくさんポイントを貯めよう!


1Pからコツコツ貯めるなら☆
アンケートに答えるだけでとっても簡単!
アンケートで貯める


☆とにかく無料でどーんと稼ぎたいなら☆
10,000Pもあるかも!クレジットカードの発行がおすすめです!
登録・申し込みで貯める


☆ちょくちょくネットでお買い物するなら☆
普段のお買い物でポイントを2重取り!
お買い物で貯める


☆脳トレやクイズで遊びながら☆
ゲームで貯める


\ポイントが貯まって嬉しい/ を体験しよう!


↓簡単1分 無料登録はこちらから↓
ライフメディアへ無料登録

のんたんの冬休み⑧ おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - Cau Goでベトナムディナー(1日目)

2017年12月24日 ハノイ・Cau Goで、ベトナム料理。(全盲難聴・のんたん 22歳)


「水上人形劇」のチケットをどうにか購入したあと、
しばし、ハノイの中心街を歩きました。
ナイトマーケットも開き始めて、歩いている人がますます増えてきました。

今回の訪問で初めて見た、切り抜き細工。お土産物も、少しずつ進化しているようです。

イブのせいなのか、たくさんの風船売りが歩いていました。

ナイトマーケットで、ノン(ベトナムの三角形の笠)を売っていました。


さて、夕食です。
すぐ近くの、「Cau Go」というベトナム料理店に、
日本から予約を入れてあったのですが、
予約した時間には、まだ1時間もあります。
「まだ7時だけど、お店にお願いして、入れてもらおうよ」
ということになりました。


Cau Goのエントランス。


このお店のことは、このツアーを申し込んだ、Five Star Travel社で、
夫がツアー会社の方に尋ねて、おしえていただきました。
ベトナムにしょっちゅう行っている方々が薦めるお店なら、
きっとまちがいないだろう、ということで、
夫が勝手に予約を入れておりました。


中心街の、池の畔にある、Cau Go。
店内はほぼ満席でした。
お客さんの大部分が、欧米人のようです。
どうやら、ちょっと高級なお店であるらしいことがうかがえました。


お店の半分がテラス席になっていて、水辺の夜景が楽しめます。
照明を落とした店内の数カ所で、かがり火がたかれていて、
抜群のロケーションでした。


ハスの花のようなナプキン

子どもたちのためにジュースを注文したら、こんなボトルで出てきました。

ハノイビール。


飲み物をオーダーしたら、次はいよいよお料理です。
メニューを見てもなんだかよくわからないので、(笑)
とりあえず、鶏肉、豚肉、魚の料理をひとつずつ注文しました。
その他、チャーゾー(揚げ春巻)も。


まずは、ベトナム春巻。これははずせません。おいしい。^^

鶏肉料理。見た目は、インドネシアのサテ-みたいですね。下に敷いてあるのは、キャベツの千切りではなく、細い麺を揚げたもの。サクサクです。

魚料理。酢豚のように、甘いソースをからめてあります。

豚肉料理を注文したら、いっしょにブンチャーが出てきました。そうめんそっくりの白い麺と葉野菜を器に取りわけて、ミニコンロで温められた小鍋のスープをかけていただきます。さっぱりしていて、美味です。

左下のお皿は、牛肉の唐揚げと、挽肉料理(さとうきびのまわりに挽肉を固めて焼いたものに、甘いたれがからめてあります)。ブンチャーといっしょに来たのですが、もう、なにがなにやら、わかりません(笑)。でも、全部おいしかった!^^

「全部おいしい! まだまだいける!」というわけで、追加注文。
これは、ベトナム春巻のシーフードバージョン。かじると、中からトロトロのシーフードがでてきます。

イカリングと、さらに違う種類の春巻のセット。ヌクマムがベースのソースでいただきます。


このあと、「おいしい! もっと食べたい!」と言って、
夫はさらに、チャーゾーをリピートしました。(笑)



私たちは、もともと、ベトナム料理が好きで、
これまでにも何度も食べています。
でも、このお店のお料理は、今まで食べたことがないものばかりでした。
従来のベトナム料理を、さらにおしゃれにアレンジしてあるのかな、
と思いました。


どのお料理も、ふんわりと甘い味付けです。
ベトナム料理は、甘いのが多いですね。^^
でも、どれも、味わいが異なるので、
最後まで飽きることなく、完食しました。


4人で注文しまくって、お腹いっぱい食べて、
合計10,000円くらいでした。
この店内、このお料理で、このお値段なら、リーズナブルだと思いました。


さて。
ここでお支払いですが、
実は、今回の旅行では、大きなおトクがありました。
「ベトナム国内で、なにを買っても、5%引き」
という、うれしい特典です。^^


なので、このお店のお支払いも、5%引きになり、
約500円が戻ってきます。
すごいですね~^^


旅行中、私たちはこれを、
「あみちゃんマジック」
と呼んでいました。(笑)
娘が、全部支払ってくれるからです。^^


ベトナム国内で、なにを買っても、5%引き。
ウソみたいですよね。
どうしてそうなってしまうのか。
その理由は、次回、ご説明いたします。


(つづく)

のんたんの冬休み⑦ おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - イブにダンス(1日目)

2017年12月24日 ハノイの夜。街頭に流れる曲に合わせて、長男とダンス。(全盲難聴・のんたん 22歳)


ハノイの空港で、ようやくガイドのティンさんと会うことができました。
用意された車に乗って、ホテルへ向かいます。
案内されたのは、市の中心街にある、VIETVIEW HOTEL。



これ、ホテルの入り口です。
建物の横幅は、これだけ。
ち、ちっちゃい…。(笑)
まあ、私たちが泊まるホテルなんて、いつもこんなものです。
ベッドが清潔で、シャワーからお湯がでれば、それでOK。(笑)


玄関を入ると、クリスマスツリーが出迎えてくれました。
ティンさんとは、ここでお別れです。



私たちがホテルに宿泊するときは、いつも、ツインを二部屋、利用しています。
部屋割りは、男部屋(夫と長男)と女部屋(私と長女)ですね。^^
この日通された部屋は、こぢんまりとしていて、
ウエルカムフルーツが置いてありました。


バスルームは、透明なシャワーユニットが面白かったので、
写真を撮りました。
手前左側に少しだけ写っているのが、
木製のバスタブです。
(でも、お湯をためるのが面倒なので、
 家族の誰も、利用しませんでした。)



部屋に荷物を置いて、早速、街へとくりだしました。
中心街の広場まで、歩いて5分くらいです。


ちょうど、イブの夜だったので、
広場には、車両が入れないようになっていました。
そのかわり、すごい人です。


夫は、水上人形劇の劇場を見つけ、
「オレ、ちょっと行って、チケット買ってくるよ。」
と言って、長女と一緒に行ってしまいました。


私と長男だけが、広場に残りました。
ただ立っているだけじゃあ、長男はつまらないな、なにかないかな、
と見回しました。
すると、広場の真ん中あたりに、小さなゲートのような物が作られていて、
そこで、大音響で、クリスマスソングが流されています。
よし、これだ、と思いました。


長男といっしょに、大音響を流しているスピーカーの前まで行くと、
長男は、音楽に聞き入っています。
ただ音楽を聞くだけでは、ちょっとものたりないな、と思い、
声をかけました。
「のんたん、おどろう!!」



音楽に耳を澄ませていた長男の手をとり、
ぴょんぴょんとはねました。
わけがわからなかった長男も、私といっしょに、ぴょんぴょん。
いっしょに踊っているうちに、楽しくなってきたのでしょう。
長男が、笑顔になりました。
ふたりで、たくさん踊った、イブの夜です。



ようやく、夫と長女が戻ってきました。



「人形劇のチケットは、明日の夜9時15分からのしかあいてなかったよ」と。
通常は、夜8時開始のものが最後なのですが、
この日はクリスマスということで、
特別に、9時15分からの人形劇が追加されていました。
そうでなければ、チケットを買うことができなかったわけです。
ラッキーでした。


8年前、子どもたちを連れて初めてベトナムに来たときは、
ホテルにチェックインし、荷物を置いたら、タクシーに乗って、
劇場に直行しました。
予約をしていなかったけれど、
その場で当日券を買って、すぐに入場することができました。


今回もそんなもの、とあまく見ていたのですが、
年々、観光客が増え、
チケットを入手するのが難しくなっているのかもしれません。
なにはともあれ、購入できてよかったです。^^


水上人形劇の劇場と、購入できたチケット。

水の上で踊る人形たちの写真がついていました。
入場料は、ひとり500円。旅行会社のオプショナルツアーで行くと、ひとり数千円になります。


(つづく)

のんたんの冬休み⑥ おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 「おかね、おかね!」(1日目)

2017年12月24日 ベトナム・ハノイ空港で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


成田空港を午前10時に出発して6時間後。
ベトナムに到着しました。
6時間後といっても、時差が2時間あるので、
まだ、午後2時です。


まずは、現地通貨の調達です。
空港内のATMに直行しました。



ほんの5,6年くらい前までは、外国に来たら、
両替所で、現地通貨に両替をしていました。


でも今は、両替は不要です。
手数料を払って両替をするよりも、
ATMでキャッシングする方がずっとおトクであることは、
以前、お話ししました。


詳細は、以下をご覧ください。


ATMを操作しているとき、私の隣りに立っていた長男。
たまたま、ATMに手が触れたようです。
「おかね! おかね!」
と言ったので、びっくり。
長男と一緒にお金をおろしに行ったことなど、ありません。
え? なんで知ってるの?
と思ったのですが、すぐに納得しました。


長男は現在、障害年金をいただいていて、経済的に自立しています。
長男がいただいたお金は、
現在生活している、S園が管理してくださっています。
そのS園が、長男といっしょにATMに行き、
「ここからおかねがでてくるんだよ」
などと、おしえてくださっているのに、違いありません。


これまで私は、
「長男にお金のことなど、わからない。」
と思っていました。
でも、4年間の年月の中で、S園は、少しずつ、少しずつ、
生活のために必要なことを、長男に教えてくださっていました。


ATMに、指先がちょっと触れただけで、
「おかね、おかね」
と言った長男に、家族一同、びっくり。
そして、とてもうれしくなりました。


健常者にとっては、たかがATMかも知れません。
でも、全盲・難聴の長男には、
ていねいに教えないと、理解することはできません。
だから、ATMのことを長男に教えようなんて、
思ったこともありませんでした。


親が知らない間に、長男は、少しずつ、
いろんなことをわかるようになっているんだな、と、
あらためて、S園に頭が下がる思いでした。



おトク情報3
現地通貨は両替せず、ATMを利用する。

クレジットカードを使って、キャッシングする方が、手数料が安い。


ATMから現地通貨を調達した場合、
これは、「両替」ではなく、「キャッシング」、つまり、「借金」になります。
金利は、大体、どこのクレジットカードでも、年18%です。
つまり、一ヵ月後に返済すれば、利息は1/12で、1.5%。
両替所の手数料よりも安くなります。


このときはさらに、うれしいことがありました。
この年末は、Tカードの、2ヶ月限定のキャンペーン中だったのです。
Tカードを使ってキャッシングした場合、
金利がなんと、7%になる、と。
一ヶ月後に返済すれば、金利は0.58%です。
つまり、10000円をキャッシングすれば、支払う利子は、わずか58円!(笑)
なんだか、申し訳なくなるような安さです。^^


私はふだん、キャッシングを利用することはないので、
金利についても、注意をはらうことはありません。
でも、海外に来たときだけは、キャッシングを繰り返します。
そのときに使うクレジットカードは、
どこの会社のものであっても、たいてい、同じ金利です。
けれど、こんなふうに、「いまだけのキャンペーン」をやっている場合があるので、
一応、事前に、金利屋キャンペーンのチェックはしてみたほうがよいと思います。



とりあえず、キャッシングで、
ベトナム通貨2,000,000ドンを調達しました。
すごい金額ですが、日本円にすると、約10,000円です。(笑)


空港には、現地のガイドさんが迎えに来てくれることになっていたのですが、
すごい人ごみで、誰がガイドさんなのか、わかりません。
夫が、ガイドさんを探しに行くと言うので、
私たちは椅子に座って、待っていることにしました。


長女は持参した本を読み、
長男は、ボイスレコーダーで録音した音を楽しんでいます。
ふたりとも、海外旅行は、これで6回目。
もうすっかり慣れていて、緊張感、まるでナシです。(苦笑)


(つづく)