MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの夏休み 1 帰ってきました。^^ /救急車で運ばれて(1日め)

2018年8月11日 お風呂にはいって、パジャマを着て、すき焼き弁当を持っています。^^


タイ日記を連載中ですが、
愛しの長男が帰宅してきたので、
タイ日記は一時中断いたします。^^


8月11日


夏休みです。^^
私も、夫も、長女も、みんな、仕事がお休みです。
そして、長男も、S園の夏休みで、帰宅しました。^^


今回も、夫がひとりで迎えに行ってくれました。
ってか、私、今回は、行こうとしても、無理でした。


実は、前日の夕方、夫とふたりで、
「夏休み前の決起集会」と称して、
渋谷のビストロを予約してました。


そのお店のすぐ近くまで行ったのですが、
歩道橋の階段で、派手に転倒してしまった私。(汗)


すぐに、通りがかった方々に助けていただいたのですが、
けがをした頭部からけっこう出血してたみたいで、
地面にぼたぼたと血が落ち続け、すごいことに・・・。


それでも、このときはまだ、なんとか体勢を立て直して、
お店に行こうとしてたんです、私。(←アホです。)
だって、ひとり4500円のクーポンを2枚買ってあったし、
当日キャンセルの場合は、返金してもらえないんです。
9000円、ムダにしてなるものか、と。(笑)


あんな血だらけになって、ビストロ行って、
どうするつもりだったんだか。(苦笑)


でも、血がとまらないし、見かねた通行人の方に、
救急車を呼ばれてしまって。
近くまで来ていた夫も、
電話を受けて、かけつけました。



で、救急車の中で、簡単な手当をしてもらって。
それでもまだ、
そこから、お店に行こうとしてたんです、私。(←アホです。)
9000円、あきらめきれなくて。(苦笑)


救急車で運ばれる私。その写真を撮って、救急隊の方から注意された夫・・・。


でも、結局、救急隊の方に説得されて、
某大病院に運ばれ、そこで、CTやレントゲン撮って、
えらい騒ぎになりました。


幸い、特に異常は見つからず、
そのまま帰宅できました。
でも、体のあちこちが打ち身で、頭にはネットかぶってるし。
なので、長男が帰ってくる当日は、
終日、家でおとなしくしておりました。
からだじゅうが痛いです。(とほほ)


思いがけず、けがをしてしまいましたが、
頭から血を流す私を、懸命に介抱してくださった、
通りすがりの方々。
お気楽な私を、「頭を打っているから」と、真剣に心配して、
病院に運んでくださった、救急隊の方々。
迅速な検査と治療をしてくださった、病院の皆様。
みなさんに、心から感謝しています。
本当に、ありがとうございました。


・・・そんなわけで、長男が帰ってきた夜ですが、
夕食は、夫が買ってきた、「すき焼き弁当」です。
家の近所にオープンした、「切りたて牛肉専門店」のお弁当です。
おいしくいただきました。^^


切りたて牛肉専門店。


さあ、これからまた、慌ただしい一週間が始まります。^^


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 20 - ホタル観賞(のはずの)クルージング(3日目)

2018年7月13日 ホタル観賞(のはずの)クルージングに出発するところです。


7月13日


食事を終え、ガイドさんから言われたとおり、
6時に、船着き場に行きました。
ここから、ホタル観賞クルージングにでかけます。


船着き場


ちょうど、中国人(50人以上)のツアーが来たところで、
人数も多いので、すごい騒ぎです。
彼らは、何艘もの舟にぎゅうぎゅうづめに乗っていきました。
彼らの舟が、慌ただしく、全部出て行ってしまったあと、
すっかり静かになった船着き場で、
ようやく、私たちの乗船となりました。


私たちが乗る舟がやってきました。


なんと、ここでも、舟は貸し切り!
いや~、ゼイタクなツアーです。^^



私たちを乗せた舟は、
たくさんのお店や屋台がひしめく運河を、
快調に進みました。


舟の中から、こんな近距離で、お店の中が見えます。夕暮れ時だったので、そろそろ、ライトがつき始めました。

水上レストラン。ちゃぶ台のようなテーブルで、座って食事している人が見えます。手前に写っているのは、中国人観光客を満載した舟です。

これはホテルだそうです。


こうして、30分以上のクルージングが続き、
たくさんのホタルが見られる、と言われている場所に到着しました。
すっかり日が落ちて真っ暗だったので、
ここからは写真がありません。


で、どうだったかというと・・・。


ホタル、ほとんど見えませんでした~。(爆)
だれだ。ホタルが樹上で光りまくって、
クリスマスツリーのようになる、
なんて、ネットで書いた人は。(怒)


いえ、そういうときもあるようなのです。
残念ながら、私たちが行ったときは、
小さな小さな点のような光が、ときどきまたたく程度。
これでは、「ホタル観賞」ではなく、
「たまたま、ホタルが時々見えるところに行きました。」
と言った方がいいくらいです。


まあ、自然のものですから、
いつ行っても見える、なんてことでもないのだろうと思います。
それはそれで、しょうがない。
けれど・・・。


やっぱり思ってしまいます。
ああ、ホテルにいればよかった・・・。(笑)


「なによ。こんなとこに無理につれてきて。
 これなら、『目黒川ホタルまつり』のホタルの方が、
 もっとずっとすごかったわよ。
 こんなことに、お金を使っちゃったわけ?
 大体、タイでホタルなんて、意味ないでしょ。
 ホタルくらい、日本でいくらでも見られるんだから!」


と、文句も言いたくなります。
夫、返すことばもありません。(苦笑)


ああ、こんなツアーに申しこんだりしなかったら、
ホテルのイブニング・カクテルが楽しめたのに。
今頃は、ラウンジで、
冷たいワインでも飲んでいられたのになあ・・・。


痛恨の、イブニング・カクテル、なのでした。


(おまけ)
ツアーは、チットロム駅まで車で送ってくれて、
解散となりました。
目の前にあったのが、セントラルワールド。
バンコク最大級のショッピングセンターで、
隣りには伊勢丹もあります。


道路の左側にある巨大な建物が、セントラルワールドです。

ここで食事して帰ろうとしたのですが、すでに9時半。閉館間際で、食事はできませんでした。館内も閑散としていました。

チットロム駅まで歩き、建物の1階に、セブンイレブンを発見。(写真中央の、仏様のとなりに見える、グリーンの看板のお店です。)

セブンイレブンの、カツカレー。

セブンイレブンの、グリルチキンステーキ弁当。


あれこれ物色したあげく、結局、マクドナルドで
ポテトとハンバーガーを買って帰りました。
私は、タイオリジナルのメニューを試したかったのですが、
夫におもいっきり拒否され、
ありきたりのハンバーガーとポテトに。


この日の夜は、持ち帰ったハンバーガーとポテトをつまみに、
もう一本のワインをあけ、またも酒盛り。笑
明日こそ、「ホテルのタダごはん」を、絶対に食べるのだ、と、
決意を新たにしました。


そうそう。
ホテルの部屋に戻ったら、
ウェルカム・ギフトが置いてありました。
この日の、ホテルからのプレゼントは、フルーツ盛り合わせ。
どれも皮がむいてない状態で、ナイフが添えられていました。
結局、旅のあいだは、食べることがなかったので、
こっそりと日本に持ち帰り(←こらっ)、
その後、長女のお弁当のおかずになりました。笑


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 19 - 水上マーケットで晩ごはん(3日目)

2018年7月13日 アンパワー水上マーケットで、お魚を食べました。


7月13日


マーケットの中を30分以上歩き続けましたが、
お腹もすいてきたので、
なにか食べることにしました。


はいったのは、川沿いにある、レストラン。
結婚写真とかが飾ってあって、
いかにも家族経営の、小さなお店です。


テーブルに置いてある飲み物は、飲んだ分だけ、あとで支払うシステムです。

タイ人向けのマーケットだけに、メニューは全部タイ語(苦笑)。
しょうがないので、写真を頼りに、なんとか注文しました。


ここで夫は、いつものように、
タイ風焼きそばを注文して、
夕食をすませようとして、
またも私に怒られました。


違う、そうじゃないでしょう、と。


川沿いの市場で、
あれだけたくさんのお魚や貝をを売ってるのに、
なんでわざわざ、焼きそばなの?
というわけです。


基本、夫の頭の中に、
「魚介類を食べる」
という行為は、すりこまれていません。


夫の母親が、魚の料理をしない人だったそうで、
小さい頃から、魚料理を食べた記憶が、
あまりないそうです。


それに対して、私は、漁師町の出身。
生まれ育った町は、
全国的に有名な、「トロール漁業の拠点」でした。(笑)
小さい頃から、魚は、「あるのがあたりまえ」だったのです。


結婚してから、週に1、2回は、魚を食べる生活になり、
夫は、とても驚いていました。
「オレ、これほど魚を食べたことって、
 今までの人生になかったよ。」と。


ちなみに、夫の母親は、いつも、
「東京には魚屋がないのよ。」
と言っていたそうです。
ウソです。
いや、単に、魚を料理したくなかったんだと思います。(爆)
まあ、そのことばを、60歳まで信じ続けた夫も、
どうかと思いますが。(苦笑)


まあ、そんなわけで、どこへ行こうと、
魚よりは肉が食べたい、夫です。


それでも、
「こういうところに来たら、
 お魚を食べなくちゃだめよ!」
と、私に押し切られ、しょうがなく、魚料理を注文。
でも、それだけではかわいそうなので、
シーフードチャーハンも注文しました。^^


シーフードチャーハン(カオパッ)

お魚の蒸し料理。水上マーケットなのですから、こう来なくてはいけません。

氷がはいったコップは、無料です。このコップにテーブルの飲み物を入れて、あとで、飲んだ分のお金を払うシステムです。でも、私たちには、マリオット・ホテルでいただいてきた、タダのミネラルウォーターがあります(笑)。それを、こっそりとコップに注いで飲みました。^^

私に魚を食べさせると、最後は必ずこうなります。夫は、「職人芸だ」と(笑)。
ここはひとつ、おどやん先生にほめていただきましょう。


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 18 - アンパワー水上マーケット(3日目)

2018年7月13日 蛍鑑賞クルージングの舟に乗って。


7月13日 
アンパワー水上マーケットとホタル観賞クルージング


この日、ツアーに申し込んでいたのは、私たちふたりだけ。
ということで、貸し切り状態の車に、
専用のドライバーさんとガイドさんという、
わずか4人での、出発となりました。


バンコクを3時に出発して、約1時間半。
4時半に、アンパワーに到着しました。



アンパワーは、バンコクから90キロ近く離れた場所にある運河です。
ここにある、アンパワー水上マーケットは、
長屋や伝統家屋など、古き良き時代のタイの生活が今も残っている、
タイ人にも人気のスポットです。


バンコクで有名な、ダムヌンサドゥアック水上マーケットは、
外国人観光客向けに整備された場所ですが、
ここアンパワーは、タイ人観光客向けの場所です。


屋台のご飯やお土産も、全て現地人価格なので、
安上がりなうえ、
強制的に何度も土産物屋に立ち寄るという、
わずらわしさもありません。
(そういう大規模な土産物店は、ここにはありません。笑)


特に嬉しいのは、
夕方から夜にかけて観光ができるということです。
ダムヌンサドゥアックは、
午前中の早い時間に行かなければなりません。
それに比べると、アンパワーはナイトマーケットなので、
早起きをして、あわただしく観光しなくてすみます。


私たちが申し込んだツアーには、
マーケットを歩くだけでなく、
ホタルを見るクルーズがついていました。
夫は、なによりもこの点に惹かれたようです。


アンパワーに着くと、まずは、90分の自由時間になります。
この時間に、たくさんの屋台やお店がひしめきあった市場を散策します。


川の両側に、お店や屋台が並びます。奥に見える橋の上で、多くの人が写真を撮ります。

水上マーケットにかかる橋の上で。

橋の上から見た、川の風景。

橋の向うには、延々と、お店が続きます。

水上レストラン。船の上で料理したものを、木のテーブルで食べます。

Tシャツ屋さん。

長男と夫のTシャツを、このお店で買いました。胸のタイ文字が、いい味を出しています。^^

タイボクシングのパンツ。

トゥクトゥクのおもちゃ。

干し魚、に見えるのですが、実はこれ、写真プリントした布を縫い合わせて作った、マスコットなんです。なぜか、タイ人はこれが大好き。^^

こーんな大きいのもありました。全部、布でできている、ぬいぐるみです。どこから見ても、干し魚なんですが。


同じ水上マーケットでも、
30年以上前に行ったダムヌンサドゥアックでは、
外国人観光客向けのお店が多かったように
記憶しています。


が、ここアンパワーで売っているのは、
タイの人々が家族で訪れ、
普通に買い物していくようなものばかり。
間口の小さなお店や屋台が
びっしりとひしめきあっているさまは、
なんとも言えない味わいがあり、
ただ歩いているだけでも、十分楽しめました。


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 17 - 痛恨の、アフタヌーンティー(3日目)

2018年7月13日 アンパワー水上マーケットで。


7月13日


夫につきあって、ホテルの周囲を、
ただあてもなく歩き続け、
2時間後、ようやく、ホテルに戻ってきました。



すぐに、エグゼキュティブ・ラウンジに向かいました。
時刻は2時過ぎです。
冷たいアイスコーヒーを飲みながら、
2時半から始まることになっている、
アフタヌーンティーを待ちました。


この日は、夕方から、出かける予定になっていました。
夫が「どうしても行きたい」と言っていたツアーに、
申し込んであったのです。


集合時間は、4時です。
「今2時過ぎだから、
 2時半からのアフタヌーンティーで、
 ちょっと腹ごしらえをして、
 3時にここを出て、集合場所に行けば、
 十分間に合うよ!」
と夫。


カウンターでは、数人のアテンダントが、
何種類ものお皿を並べ始めていました。
どんな食べ物が出てくるのでしょうか。


そう。
これをアテにして、私たちは、
お昼ごはんを食べていなかったのです。(爆)


わくわくしながら、2時半になるのを待っていると、
突然、夫が言いました。
「あ、チケットをよく見たら、
 集合時間が、4時でなくて3時だった・・・。」


えっ?


「それで・・・。間に合うの?」
と聞くと、
「間に合う! 
 今すぐここを出れば、なんとかなる。たぶん。
と言うではありませんか。(怒)


「今すぐ」って・・・。
アフタヌーンティーが、あと5分で始まるんですけど。(泣)
これ、食べられないんですか?
      ↓
じゃーん。アフタヌーンティーの、お料理。


うわ~
ま、巻き寿司が並んでる。(泣)
これを食べずに、今すぐ出発するなんて、
うそでしょ。


とっさに、私、アテンダントに言ってました。
「今、食べていいですか?」(爆笑)


もちろん、
「マダム、あと5分お待ちください。
 アフタヌーンティーは、2時半からなんです。」
って、言われましたけど、
そこで引き下がれません。(苦笑)


「それはわかってるんですけどね・・・。
 私たち、今すぐ出発しなければならないので、
 2時半まで待てないのです。
 ほんの少しだけ、味見させてください。
 おねがいします。」
って、言っちゃいました~。笑


すると、アテンダント、あっさりOKしてくれました。^^
何度もお礼を言って、
お皿に巻き寿司を取る私・・・。
はずかし~。


ありえないですね。(苦笑)
ここ、VIPラウンジです。
マリオットに、年間50泊くらいする方々だけが利用できる、
VIPラウンジなのです。


本当なら、アテンダントが、
「あ、マダム、おでかけですか?
 あと5分待ってくださったら、
 アフタヌーンティーが始まりますよ。」
とか言っても、
「あら、そうなの?
 でも、いいわ。こんなの食べ飽きてるし。
 今日は急いでるから、また今度ね。」
と答えて出て行く・・・。


まあ、こういうのが、フツーなんだろうな、と。(爆笑)
VIPラウンジで、「お願いだから、食べさせて。」もないもんだ。
自分でも、自分がやっていることがおかしくて、
噴き出しそうになりました。


そんなわけで。
無理にお願いして取らせてもらった、巻き寿司2個を、
がつがつと猛スピードで食べて、
私たちは、VIPラウンジを飛び出していきました。


時刻は、ちょうど2時半。
カウンターには、お料理がきれいに並べられています。
アテンダントが、それぞれのテーブルをまわり、
「お客様、アフタヌーンティーのご用意ができました。」
と、お知らせしていました。


私も、あんなふうに言われたかったなあ・・・。


痛恨の、アフタヌーンティー、なのでした。


上の写真のお料理を、拡大してみました。並べられていたのは、2種類のオープンサンド(チキンハムとチーズ/トマトとモッツアレラチーズのカプレーゼ)と、やはり2種類の巻き寿司。巻き寿司は、日本で食べるのと比べてもまったく遜色のないお味で、おいしかったです。写真で、巻き寿司の数が少ないのは、私たち夫婦が無理に取って行ってしまったからです(汗)。オープンサンドは食べることができず、残念でした。

こちらは、パンとケーキです。

スコーン+5種類のジャム+バター、カップケーキ3種、チョコレートケーキ、チョコデニッシュ、そして、フルーツ。

メトロの駅で。切符を買う夫の背中に、「巻き寿司2個しか食べられなかったじゃないか。ばかたれ~」とつぶやいてみました。(泣)


メトロで、トンロー駅からチットロム駅に向かいました。
チットロム駅から程近い、プレジデントタワーが、
ツアーの集合場所です。


3時ちょっと前に到着すると、
すでに、ガイドさんが待っていました。
この日に申し込んでいたツアーは、
アンパワー水上マーケット+感動のホタル観賞ナイトクルージング
というものです。


ひとり1600バーツ(約5000円くらい)です。


日本で、夫から、「ぜひ、これに行きたい。」と言われたとき、
「水上マーケット? そんなの前に行ったじゃん。」
と言ったのですが、
「でも、ホタルがすごいんだって。
 大量のホタルが見えるらしいよ!
 オレ、それが見たいんだよ。」
と。


ホタルなんて、日本でも見られるじゃない、と言っても、
「日本では見られないくらい、すごいらしいよ!」
と、押し切られてしまいました。


まあ、私も、ニューハーフショーにつきあわせたので、
しょうがないか、とOKしたのですが・・・。
このツアーに参加すると、ホテルに戻るのは、夜10時半。
貴重なタダごはんである、「イブニング・カクテル」を
逃すことになってしまったのは、残念なことでした。


結局。
前日よりも3000円も高いホテルに移ったにも関わらず、
この日にゲットできたタダごはんは、
巻き寿司2個だけ。
痛恨の、アフタヌーンティー、だったのでした。


アンパワー水上マーケットで。お舟は、貸切でした。^^


(つづく)