MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

「銀座治作」で、神戸牛と割烹料理をタダで堪能する。(2018年10月25日)

2018年1月3日 パセラリゾーツ上野御徒町店で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


10月25日


このたび、銀座の名店、「治作」で、
たいへん高級なディナーをいただいてきました。
なんと、ひとり分が、17000円。
ふたり分で、34000円です!


そりゃあ、もちろん、おいしかったですよ~^^
でも、です。
私がなにより言いたいのは、このディナー、
なんと、タダでいただいてしまったんです。(笑)


私たちと同じ方法を利用すれば、
この記事をご覧のみなさまも、タダで行けますからね。^^
ぜひ、いらしてみてください。


どうしてタダなのか、気になるところですが、
それは、最後にお話しますね。
まずは、華麗なるメニューの数々を、ご覧ください。


ひっそりとしたビルの、らせん階段を降ります。この辺からすでに、石造りの、りっぱなしつらえです。昭和38年に開店したそうで、今年は55周年になります。

店内はほとんどが個室です。接待用の高級店という雰囲気です。個室は別途料金がかかるとのことだったので、無料のカウンター席を予約しました。席に座ると、カウンター奥のディスプレイが楽しめます。

前菜:
 鱧皮と芋茎の梅おろし合え
 ほうれん草 芽ひじき 小菊
 鯨とひら茸の生姜煮
 子持鮎八丁味噌煮 巻海老芝煮
 クレソンとクリームチーズの生ハム巻
きれいなカゴ盛りです。見ているだけで、楽しい。^^

造里:
 本鮪重ね造里 鯵鹿の子造里
 北海蛸のなめろう 線大根 とさか海草
 赤玉葱 花穂 菊花 山葵 土佐醤油
感動もののおいしさでした。

お刺身もおいしかったけれど、器の美しさでも楽しませていただきました。

強肴:
 神戸牛の笹焼き 
 レモン 山葵 柚子胡椒 醤油だれ
 岩塩 割醤油 葱おろしポン酢
お口の中でとろける神戸牛。最後の方は、食べるのがちょっと苦しくなるくらい、たくさんありました。

食事:松茸の炊き込みごはん 栗 里芋 隠元豆 赤味噌仕立
添え物:壬生菜漬 あき紫 葉とうがらし

水菓子:
 マスカルポーネアイス 柿ソースがけ
 ラム酒ゼリー セルフィーユ

最後に、お店の玄関で、写真を撮っていただきました。お腹いっぱいです。^^


さて、ふたりで34000円の、このお食事。
いったいどうしてタダだったのか、といいますと・・・。


そう。我が家がいつも利用している、アレです。
「ふるさと納税」!(笑)


もう、10年近く前から利用している、ふるさと納税。
はじめは、楽しく利用していたのですが、
だんだん、宅配便で品物を受け取るのに、疲れてきました。
冷凍庫がいっぱいになって、
家族全員で慌てて食べたりとか。
タダでいただけて、ありがたいことなのですが、
ここ数年は、ちょっと負担に感じてきたし、
受け取ってわくわくする気持ちが、
薄れてきたような気がします。


で、コレになりました。
この何年かは、品物では受け取らず、
こんなふうに、「お食事券」として、
返礼品を受け取るようにしています。


なかでも、「ふるなび」というサイトの、
「ふるなびグルメポイント」はすごいです。^^
今年は、夫婦ふたり分の限度額いっぱいまで、全額を、
このサイトから兵庫県洲本市に寄付して、
返礼品を、すべて、洲本市の「グルメポイント」で受け取りました。


受け取ったポイントは、
洲本市の物品を使用する、全国各地のレストランで、
飲食代金として利用できる、というわけです。
利用できるレストランがたくさんあるので、
あれこれとお店を選べるのも、楽しいです。^^


おかげで、自分のお金ではとうてい行けないような、
こんな高級割烹のお料理をいただくことができました。
ポイントは、まだまだ残っているので、
あと2回くらい、お食事をたのしめそうです。


次はどこに行こうかな、と、お店のリストをながめ、
わくわくしながら、楽しんでいるところです。
こういうふるさと納税も、お薦めですよ。^^


食事の後は、秋の夜の銀座を散歩しました。キラキラしていて、銀座は大好きな街です。

銅像のパーフォーマンスを見せている人がいました。本当に、ほとんど動きませんでしたよ。^^

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ②(2018年10月20日)

20018年10月20日 ランチのあとのおくすり。のどを通っていくことに、興味津々。(全盲難聴・のんたん 23歳)


10月20日


おでかけ日記の後半です。
朝、タケダさんとS園を出発したあと、
高田馬場駅で、ホリイさんと待ち合わせました。


【ホリイさんからいただいたメールです】
朝11時半頃、タケダさんとのんたんが高田馬場駅の改札から出てきました。
私がのんたんの手をとって「ホリイです。」と伝えると、早速「カラオケ!」と言ってきました。

夏休みにいっしょに行ったカラオケを思い出したのでしょう。


夏休みにホリイさんといっしょに行った、カラオケお楽しみ会の日記は、こちらです。


「今日は、ウクレレだよ」と言って歩き出しました。タケダさんが「お昼何食べる?」と聞いても、カラオケが頭から離れなくて、カラオケと何度も言ってました。いつも行ってるガストで良いね、ということになりました。
駅前のガストに入って、のんたんが食べたいものを聞くと、「ハンバーグ」とのこと。
タケダさんが、いつも頼んでいるチーズインハンバーグの和食セットを注文してくださいました。
のんたんと私がトイレに行っている間に、タケダさんが、のんたんが食べ易いようにハンバーグをカットしてお茶碗に入れておいてくださったので、のんたんはスプーンを使って上手に食べました。

一度にたくさん口に入れて、リスのような顔になりながら、モグモグと大人しく食べました。ハンバーグセットを完食して、薬もちゃんと飲みました。
ウクレレ教室の前で、シバムラさんと会い、みんなで教室に向かいました。
私はNAO先生とは約2年ぶりにお会い出来ました。のんたんは、部屋に入ってウクレレを手にすると、早速「おうまの親子」を弾き始めました。とても楽しそうに、繰り返し繰り返し歌いながら、先生の教えを聴きながら、上手に弾いていました。私たち3人はそれを静かに見守っていました。他に、マッチの「ハイティーン・ブギ」を、先生と演奏して、キメ台詞のところは、「それで決まりさ‼︎」とはっきりと歌ってカッコ良く決まってましたよ(^.^)

レッスンが終わってもなかなか立とうとしなかったのですが、次の方がいらしてようやく帰る気になったようです。次のレッスンの事が気になって、先生に聞いていました。次は、11月4日との事、のんたんは納得して、繰り返し「11月4日」と言いながら帰りました。
帰り道では、またカラオケを思い出したので、私が「じゃあ、冬休みに行こうね。」と言うと「12月4日?23日?24日?」と聞くので、「お母さんに聞いてみようね」と言っておきました。また、冬休みにのんたんとカラオケに行けるのを楽しみにしています。
高田馬場駅でタケダさんと別れて、シバムラさんと3人で、新宿経由で豊田まで電車に乗って帰りました。電車の中では、今日のウクレレの録音を楽しそうに聴きながら、自分で時々笑っていました。
豊田駅からは、歩きながら3人で「おうま」の歌を歌いました。そして、歌の最後のところでは、必ずお決まりのフレーズがあって、笑いながらそのフレーズを繰り返して楽しみました。
そうやって歩いているうちに、アッと言う間に光の家に着きました。受付で帰宅した事をお伝えして、宿舎に行くと、女性の先生がお迎えしてくださいました。
のんたんとサヨナラして、シバムラさんとは駅まで一緒に帰り、別れました。

今回、久しぶりにのんたんと移動支援が出来て、私にとってはとても自信になりました。
11月17日もまた、よろしくお願いします。


タケダさん、ホリイさんといっしょに、楽しくランチをしていただき、
そこへ、シバムラさんが合流されました。
ここからは、ボランティアさんが3名という、豪華な顔ぶれです。^^


【シバムラさんからいただいたメールです】
のんたんは、待ち合わせた時からとてもご機嫌で、レッスン前から既に歌を歌っておりました。
レッスン中は、何度も「もう一回!」と積極的に練習していました。
色んな曲を練習していましたが、マッチさんの「ハイティーン・ブギ」もその中の一つでした。
(私事ですが、ジャニーズ大好きなので、「先輩の曲だ」とノリノリで聴いていました)
帰りの電車でもご機嫌で、レッスンを録音したものを聴きながら、時折笑みをこぼしていました。
豊田駅から光の家までの間は、これまたウクレレで練習した「おうまのおやこ」を熱唱しました。

音楽の楽しさを感じた一日でした。
のんたんは終始「12月はカラオケ」と楽しみにしておられましたよ。


ホリイさんは、長男が小学1年生のときから、
ボランティアとしていらしてくださっています。
もう、17年目のおつきあいになりました。
私がガンの再発で入院した同じ頃に、
ホリイさんも急病で入院され、
その後しばらくお目にかかっていなかったのですが、
ようやく全快されました。
お元気になり、また長男に会いにいらしてくださったことを、
とてもうれしく、感謝しています。^^
今回は、病気回復後の初めての介助だったので、
大事をとって、シバムラさんにもサポートしていただきました。


ホリイさん、シバムラさん、
どうもありがとうございました。


(おわり)

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ①(2018年10月20日)

2004年11月17日 盲学校で。先生が作った稲わらのベッドで、のびのび~。^^(全盲難聴・のんたん 9歳)


10月20日


10月20日に、ボランティアさんといっしょに
おでかけしたときのようすです。
長いので、2回に分けます。


この日のボランティアさんは、
タケダさん、ホリイさん、シバムラさんの、なんと3人体制です。^^
長男ひとりに、3人もの方がいらしてくださる。
ほんとうに、ありがたいことです。


午前中は、タケダさんが、S園まで迎えに行ってくださり、
長男といっしょに、高田馬場駅へ。
駅の改札口で、ホリイさんと合流し、
3人で、ガストでランチ。
その後、シバムラさんもいらして、みんなでウクレレ教室に行きました。
総勢、4名です。
もう、「チームのんたん」ですね。^^


教室のあとは、タケダさんが帰宅され、
ホリイさんとシバムラさんのおふたりが、
長男をS園までおくってくださいました。


みなさまのチームプレーのおかげで、
長男は今日も、楽しい一日を過ごすことができました。


【タケダさんからいただいたメールです】
S園から豊田駅までは、
ノゾミくん「10月30日は?」
私「あります」
ノゾミくん「11月31日はあ・・・」
私「11月31日はありません」
ノゾミくん「11月30日はあ・・・」
私「11月30日はあります」
ノゾミくん「12月1日~」
と、カレンダーの日にち確認?遊び?を繰り返しながら歩きました。

高田馬場駅で、ホリイさんと合流しました。
ノゾミくんに、お昼ご飯に何を食べたいか聞くと、
「ハンバーグ」と即答。何度か別のも聞いたのですが、
やはり「ハンバーグ」と返答。(高田馬場=ハンバーグ?)
ということで、“ガスト”へ。

“チーズ入ハンバーグ”と和風ライスセットを注文。
この日のノゾミくんは、すぐに食べ始め、
口いっぱいに入れて、ゆっくりと時間をかけて食べていました。

終わった後は、ノゾミくんから“お薬ください”と・・・。
錠剤を口にいれたあとは、必ず、写真のように手を喉にあててから、
お水を飲みます。(苦くないのでしょうか。笑)

ウクレレ教室では、ノゾミくんから、“お馬の親子”を演奏し始め、30分程レッスン。
次は、“ハイティーン・ブギ”のレッスン。
Aマイナー(と聞こえたのですが・・・)に苦戦していました。
最後に先生と2人で演奏。ノゾミくんがメロディを最初から最後まで弾いて、終了でした。
今回は2曲とも、歌を歌いながら、とても楽しそうに弾いていました。

11月3日の音楽レッスンは、初めてですが、私も楽しみながらご一緒させていただきます。


長男が小学3年生の頃からいらしてくださっている、タケダさん。
長男との息もぴったりです。
11月に31日はあるか? などと、
長男といっしょに会話を楽しみながら歩いてくださるようすが、
ほほえましいですね。^^
タケダさん、どうもありがとうございました。


(つづく)

アジアン・タウンを一日散歩②(2018年5月19日)

2018年6月2日 東京都障害者スポーツ大会で。笑顔で走ります。(全盲難聴・のんたん 22歳)


5月19日


カッピングサロンのすぐ近くに、
「アジア スーパーストア」を発見しました。
タイ食材の専門店です。


アジアの食材店はそう珍しくもありませんが、
ここは、入ってみてびっくり。
広いのです。
そして、扱っている商品の数が、すごく多い。^^


これだけの品数を揃えてもペイできるくらい、
ニーズがあるんだなあ、と、感心しました。


小さなビルの、2階へと続く入り口が、「アジア スーパーストア」の玄関です。地味です。^^

2階の全フロアが、スーパーマーケットになっています。入り口を入ると、まず目にはいるのが、たくさんの陳列棚。

右手の方向に目を向けると、レジとお総菜売り場がありました。

タイで普通に売っているお総菜が、そのまんま、販売されています。なつかし~^^

冷蔵コーナーには、たくさんの見慣れぬ野菜が。手前のカゴに入っている、緑のファイルのようなものは、「バナナの葉」です。

1キロが1350円です。

でたっ。メンダーです。見た目、ゴキブリみたいな虫ですが、タイ人はこれが大好き。

3個で445円。日本でこんなふうに売っているのを、初めて見ました。

タイで普通にみかける、アルミの食器。これは、日本でタイ料理店を開く人が買っていくのだと思います。ここはまさしく、「タイの業務用スーパー」でした。

その後も、中国語の看板だらけのお店を、多数発見。

通りの向こうに続く、わけのわからない看板の数々。ここだけ見ると、本当に、どこの国にいるのかわからなくなります。笑

韓国人が大好きな、チキン料理のお店。思わず、私も買ってしまいました。

代金を払って、30分くらいたってから取りに行くと、きちんと梱包して、待っていてくれました。

チーズタッカルビのお店。奥にあるぼろっちいビルは、安宿です。お宿の前のベンチで、宿泊客がくつろいでいました。

このへんから、コリアンタウンが始まります。たくさんの人でにぎわっています。

韓国イケメングループのライブショーをやっています。たくさんの女性が、開場を待っていました。

新大久保アジア屋台村。中に、8カ国のお店が入っていて、一度に全部のメニューが楽しめます。

ここで、先ほど通ったタイ料理店「ルン・ルアン」に戻り、ランチセットをテイクアウトで購入しました。一人前が、どれでも500円! 安いです。^^

この日に買って帰った、我が家の晩ごはん。タイ料理2人前。「パッタイ弁当」と「がパオ弁当」です。これだけはいって、全部で1000円。それと、韓国のフライドチキン・ボックス。充実の、晩ご飯になりました。^^


新大久保から新宿へ続くあたりにある、アジアン・タウン。
歩いていると、どこの国にいるんだかわからなくなるような、
おもしろいお店が次々に現われます。
お腹をすかせて、ぜひ一度、遊びに行ってみてください。


今日も楽しい一日でした。^^


(おわり)

アジアン・タウンを一日散歩①(2018年5月19日)

2018年5月5日 上野・しのばずの池で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


5月19日


そもそも、はじめから、
アジアン・タウンを目指していたわけではありません。
週末のある日、新大久保のネイルサロンに行ったあと、
その次の目的地である、カッピングの施術院まで歩いてみたら、
そこがそのまま、アジアン・タウンだった、というわけです。


あまりにおもしろかったので、写真をいっぱい撮りました。
そのときのことを、ご紹介いたします。


まずは、朝から新大久保のネイルサロンに行きました。
ここは、スタッフが全員中国人。
ときどき、ことばが通じないのですが、
「安さ一番」で、もう何度も通っているサロンです。


これは、2017年2月のものですが、このサロンによるネイルです。


ネイルサロンのすぐそばにあった、「板橋冷麺」。メニューに載っていた「ククス」が食べたくなり、つい、中に入ってしまいました。

店内。韓国人のご夫婦のお店のようです。

サービスで出てくるおつまみ。

注文した、海鮮ククスです。まあ、韓国風のおうどんですね。^^

「韓国冷麺」の隣りは、ベトナム料理のお店でした。


海鮮ククスを食べたあと、
カッピングサロンに行くため、新宿方向に歩くと、
おもしろいお店がどんどん現れてきました。


タイ料理の食堂、「ルン・ルアン」。タイ料理のお弁当が、なんとたったの500円!^^ 帰りに、もう一度この店に寄り、お弁当を買って帰りました。

大通りに出ると、ますます日本らしくない建物が。「カニのくに」という、あやしげな看板。外国人観光客に、カニ料理を供する大型レストランです。

お店の前に行ってみると、大勢の中国人観光客が集まっていました。

「カニのくに」は3階で、1,2階はお土産物屋さんのようです。

さらにその隣りは、ベトナム・サロン「ベトナム相席」。「ベトナム人女性と相席で、素敵なひとときを。」だそうです。なんか、いかがわしくて、笑えます。^^


ネイルサロンから20分くらい歩いて、
カッピングサロン「満足館」に到着しました。
予想していましたが、ここは、スタッフが全員中国人でした。


内装もチープですが、なにしろお安いので、OKです。

カッピングサロンのお向かいにある薬局。「ダイコクドラッグ」も、この街ではこうなります。案内
の文字が、ほとんど全部、中国語!笑

こちらは、もう少し高級な、ドラッグストア。

店内はこんな感じ。電気製品なんかも置いてあるようです。


まだまだたくさんありますが、
長くなるので、次回に続きます。


(つづく)