MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは23歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

17年めのタイ。8人で食べ歩いた、3泊5日のおトク旅 13 - サイアム・ニラミットでディナー(2019年5月10日/2日め)

2019年5月10日 サイアム・ニラミットの劇場前で。(のんたんとあみちゃん 23歳)


5月10日


午後4時半、ホテルのロビーで全員集合し、
夜のアクティビティへと出発しました。
今夜は、「サイアム・ニラミット」でビュッフェの夕食をいただき、
その後、ショーを見ることになっています。


まずは、ホテルの前の駅から地下鉄に乗りました。


ついさっき、チャムチュリスクエアからホテルに戻るときに、地下鉄を「体験」しました。その際、VIP4名様にも、自分で入場コインを買ってもらっています。なので、今回はみなさん、自分でさくさくと購入しています。^^

地下鉄構内にある、国王の写真。最近即位したばかりなので、街のあちこちで、このようなスポットを見かけました。


まずは地下鉄で、「タイカルチュラルセンター」駅まで行きました。
駅の4番出口をでたところに、
「サイアム・ニラミット」行きの、無料のシャトルバスが待っています。


サイアム・ニラミットに到着です。


ここでは、劇場でショーを楽しむだけでなく、
屋外に併設された「タイ・ビレッジ」で、
タイの伝統的な家屋や装飾などの見学したり、
お菓子などを試食したりできるようになっています。


左後ろに見えるのが、チケット売り場です。私たちは、あらかじめ日本で、「チケット+ディナー」券を購入してあったので、そのチケットを見せて、座席の番号をもらいました。

花で飾られたシクロの前で記念撮影。


まずはディナーです。
劇場の隣りのレストランに行ってみると、
華麗なるビュッフェ料理の数々が並んでいました。


洋中インド料理が延々と並んでいます。

こちらは、タイ料理の数々。麺料理は、その場で作ってくれます。

タイ風焼き鳥のコーナーです。

みなさん、楽しそうないいお顔です。^^

・・・ということで、食べまくりました~!笑


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。