MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたんの夏休み 13 プールとビュッフェディナー(8日め)

2018年8月18日 障害者スポーツセンターで。(全盲難聴・のんたん 23歳)


8月18日


暑いので、今日は夫が長男を、
障害者スポーツセンターのプールに連れて行きました。


このプール。
障害者専用の施設なので、利用者が少なく、
いつ行っても空いています。
利用料も無料なので、
毎年、夏休みになると、
夫は必ず、長男を連れて行きます。


長男が小学生の頃から、もう10年以上、
夏には必ずお世話になっている、
我が家には大切な場所です。


着いたら、まずはお昼ごはんです。
センターの中にある食堂で、食べました。


夫が食べた、カレーセット。

長男は、大好きなハンバーグセット。^^


ふたりが出かけたあと、私はと言うと、
急遽、外科医院に行くことに。(苦笑)


8月10日に、歩道橋から転倒し、救急車で搬送された件は、
以前、お話しました。



そのときに運ばれた病院で、頭の傷を、
ホッチキスで留められてしまったのです。


「10日くらいしたら、家の近所の病院に行って、
 ホッチキスをはずしてもらってくださいね。」
と言われたときも、
ああ、そうなんですね、
という感じで聞いていました。


そのホッチキスをはずすために、
あと3日くらいしたら、病院に行こう、
と思っていました。


でも、夫と長男が出かけたあとになって、
ふと、気づいてしまったんです。


あー 私、あさって、CT撮るんだった!(爆)


はい・・・。
ひさしぶりの、ガンの定期検査なんです。
それも、今回は、CTの予約がはいっていました。


頭に金属(ホッチキス)がついてたら、やばいじゃん!!


と、いきなり、気がつきました。(汗)


「今日は土曜日で、もう午後3時なのに、どうしよう。
 病院、どこかあるかなあ。」
と、あわててPCに向かい、開いている病院をさがす、私。(苦笑)
でも、最近は便利ですね。
東京都が開設している、病院さがしのサイトがあるんです。


自分の住んでいる場所のおおまかな住所と、
診療を希望する日時を入力すると、
そのときに診療可能な病院が、わんさかでてきます。
びっくりしました。^^


その中で、自宅に近い病院を選び、
電話で問い合わせてみると、
診ていただける、とのこと。
あわてて出かけました。


病院は、町屋駅から歩いて10分くらいのところにありました。
傷口をチェックされ、
「うーん、きれいに入ってますねえ」
などと言われながら、
あっさりと、ホッチキスを取っていただきました。


ああ、よかった。
これで、CTも大丈夫だわ~。


と、ほっとしたところで、夫が病院に到着。
プールの帰り道に、ちょうど病院の近くを通るので、
そのまま、車で迎えに来てもらいました。^^


車の中で、私の手を触ってあまえる長男です。^^


この日は、「8のつく日」ということで、
イトーヨーカドーの5%引きデーでした。
せっかくなので、そのまま、ショッピングモールへ直行です。^^


ヨーカドーでは、夏物のセールをやっていたので、
長男のTシャツや水泳パンツを、格安で購入しました。


晩ごはんは、モール内のビュッフェレストランへ。
長男は、タイムサービスで出てきたお寿司が気に入り、
たくさん食べていました。


ビュッフェレストランの、和食コーナーの前で。


夏休みの8日め。
今日は、長男と過ごす、最後の夜でした。
明日になったら、長男はS園へ戻ります。
ちょっとさびしい、最後の夜です。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。