MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

経過観察(手術後15ヶ月+銀座 ディムジョイ) ①

2012年11月6日 指点字でおしゃべり。(全盲難聴・のんたん 17歳)



ディムジョイ DIM JOY


もう2ヶ月たってしまったんですね・・・。
2ヶ月に一回の、定期検査の日がやってきました。
朝早く行って、2時間待ちで疲れるよりは、
午後の遅い時間に予約を入れてもらい、
診察のついでにおいしいランチを楽しもう、というスタイル。
すっかり定着してしまいました。


今回も、いつものように、
病院の予約時間は午後の最終(3時半)にしていただきました。
ついでに今回は、朝から出勤し、半日休暇をとってみました。


12時にオフィスを出て、
銀座に着いたのが、1時半。
(田舎の工場勤めなので、都会まででてくるのがタイヘンです。)


今回、行ってみたのは、
ディムジョイ 
銀座三越の上に11階にある、飲茶のお店です。
シンガポールの女優、ミシェール・サラムが手掛けているそうで、
中国広東地方に伝わる伝統的なスタイルに、
「美と健康」という、女性ならではのテーマを組み込んだ、
ヘルシーモダン飲茶レストラン。
何年も前から、行きたいな、と思っていました。


写真の女性が、ミシェール・サラムです。


お店に到着したのは1時40分でした。
ランチとしては遅めの時間であるにも関わらず、
ほぼ満席状態。人気があるんですね。
かろうじて空いていた、カウンター席にとおされました。


いよいよ、楽しみにしていた飲茶ランチのスタートです。


まずは、水仙烏龍茶、杏仁、クコのお茶
そして、サンマとかぼちゃ、くるみの、クリーミーマスタードサラダ


お茶をいただこうとしたら、スタッフがやってきて、
「予約いただいたお客様ですよね。
 テーブル席があきましたので、よろしかったら。」
と言ってくださいました。
ということで、テーブル席に移動させていただきました。
やっぱり、予約してみるものです。^^


彩り点心六種盛り
フカヒレ、もち米、エビ、きくらげなど、ひとつひとつが異なる味わいで、
楽しくいただきました。
中央にあるのは、小籠包。


豚スペアリブと茄子のトウチ蒸し ほんのり梅風味
りんごと豚肉の焼きぎょうざ
さつまいもとレーズン、くるみのカレー春巻き


選べる麺または飯
鶏肉と水菜のあっさりつゆそば を選びました。


デザート: マロンのパンナコッタ 烏龍茶ソース



以上、4634円のコースです。(←一休ではそうなっている)
一休のサイトで、「別にドリンク付きで、2980円(35%オフ)」
となっていたので、予約しました。
・・・おトク、のはずだったんですけど。
今、ブログを書きながらよく見ると、このメニュー、
店舗では、定価で2980円になっていました。
一休では、定価3900円になっていたんです。
定価を実際よりも高くして、
「特別割引」と言って、結局は定価にする。
おかしいです。
それに、別ドリンクのサービスも、忘れられていました。(怒)
その上、会計では、実際よりも500円高く請求されてたし。


お料理がおいしかったし、スタッフの対応もよかったのですが、
実際よりも高い価格を表示して、見せかけ、割引したようにだまして「釣る」、
というのは、よろしくないので、またまた、お店にメールするつもりです。(笑)


とりあえず、お腹いっぱいです。
請求額が500円高かったので、
支払い処理をやりなおしてもらうのに時間がかかってしまい、
お店を出たのは、2時45分。
たいへん。病院の予約時間にぎりぎりです。(笑)
おいしいものを食べて、気合を入れ、
G研病院へと向かいました。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。