MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたんの夏休み① お寿司屋さんでタコの唐揚げ(1日め)

S園の駐車場で。これから帰ります。(全盲難聴・のんたん 21歳)


毎日暑いですね。
のんたんは、今日から夏休みと言うことで、帰宅しました。


まずは、朝8時半に、夫とふたりで、S園の保護者会に。
朝10時半から午後3時まで、
延々と、さまざまな話し合いやビデオ上映会が続きます。
今回は、園生のクラブ活動のようすを、ビデオで見せていただきました。
運動・鉄道・卓球・料理・演劇・音楽・・・と、
すべてのクラブの活動のようすが、ひとつずつ紹介されました。
我が子が映ると、やっぱりうれしい。^^


お昼ごはんは、園の手づくりごはんをふるまっていただきました。
子どもたちや職員のみなさんが食べている、
今日の食事と同じものを試食します。


生姜ごはん
すまし汁(てまり麩・三つ葉)
太刀魚の葱味噌焼き しし唐ソテー
冬瓜煮物(豚肉・人参・しめじ)
おくら梅肉和え
みかん寒天


献立表を見ると、おひるごはんには、
必ず、手作りのデザートがついています。
はっきり言って、我が家のいつものごはんより、ずっと豪華です(苦笑)。
こういう、心がこもった手作りの食事を、
長男はいつも食べてるんだなあ、と、試食会のたびにほっとします。


帰りに、園の近くにあるパン屋さんでお買い物。
長男に、売っているパンをひとつずつ説明して、
「どれが食べたい?」と聞くと、
「あんパン!」
と、元気よくおしえてくれました。



夫の運転する車で、S園から自宅まで戻りました。
渋滞もなく、一時間ほどで到着。
車の中で、長男は、ずっと私の手をさわって、あまえていました。(うれしい^^)


夜は、長女も合流して、
家族全員で、自宅の近所にあるお寿司屋さんへ。



今日の特別メニューになっていた「タコの唐揚げ」を食べさせたところ、
これがすごく気に入ったようで、一皿全部食べてしまい、さらに、
「もっと食べたい。」
とのこと。
おかわりのもう一皿も全部たいらげ、満足そうでした。


今日から9日間、長男はずっと、私たちといっしょです。
すでに、明日からのスケジュールもびっしりはいっています。
楽しい夏休みになりますように。^^


さ~ またいそがしくなります。^^



その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。