MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

ウクレレ発表会③ 長女が初月給で。(2018年6月23日)

2018年6月23日 USHIHACHI 上野店で。(全盲難聴・のんたん 22歳)



我が家の長女、この4月から、社会人になりました。
会社の給与システム(締め日)の関係で、4月は無給だったのですが、
5月になり、初めてのお給料をいただいてきました。


そして、こう言ったのです。
「ごはんをごちそうしたいから、
 どこに行きたいか、考えておいて。」
と。^^


記念すべき、「長女からの初ごちそう」です。
いや~ うれしいなあ。
やっぱり、そうなると、フレンチかな。


・・・などと話しながら、お店を探していると、
長女がまたも言いました。


「ん・・・。
 のんたんもいっしょに、って考えてたんだけど。」


えっ? そうなの?
まさか、家を出た長男にまでごちそうしてくれるつもりとは、
思っていませんでした。
ちょっとうれしい・・・。^^


長男もいっしょとなると、
おしゃれ~なフレンチとかは、ちょっと違うかな、と。
夫もまじえて、3人で話しあった結果、
「焼き肉に行こう。」
ということになりました。


予算は、ひとり5000円くらい、とのこと。
払ってくれるのは、長女ですが、
お店を探すのは、私の役割です。


長男は、ちょうどいいタイミングで、
6月23日に帰宅することになっていました。
翌日の、ウクレレ発表会に参加するためです。


なので、その、帰宅した日の夜に、
4人で焼き肉屋に行こう、
ということになりました。


長女が、ごちそうしてくれる、初めての食事です。
いや~ 
子どもを育てていたら、いつか、こういうこともあるんだねえ。
・・・と、夫とふたり、しみじみ語り合ったのでした。


でも、もっとうれしかったのは、長女が、
「のんたんもいっしょに」
と、言ってくれたことでした。
そんなこと、母親の私ですら、
思いつかなかったのに(苦笑)。


はい・・・。
「親子3人でフレンチ~♪」
と、ただ浮かれていた、母です。(笑)


その母に比べると、
ずっとずっと、できたムスメなのでした。



(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。