MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんのGW日記-9 アジアンオールドバザールでマニ車(5日め)

2018年5月2日 マニ車だよ!(全盲難聴・のんたん 22歳)


5月2日


連休の5日め。
那須高原に2泊3日で遊びに来ています。
2日めの朝です。


朝食は、お宿でいただきました。
パンやヨーグルトなど、自由に食べて、ひとり500円です。



しばしお部屋でごろごろ。
その後、「アジアンオールドバザール」へ向かいました。
ここは、アジアをモチーフにしたテーマパークで、
ネパール、ベトナム、タイ、バリ島ウブドなどの品物を扱ったお店や、
エスニックレストランがあります。


ここには、子どもたちが小さな頃に来たことがあり、
今回が2回目です。


駐車場への誘導をしている、愉快なおじさん。インドネシア人かな? 前回来たときにも会いました。

バザールの入り口になっている、割れ門です。インドネシアのバリ島風ですね。^^


前回来たときに、小学生だった長男が、
手を伸ばして、一生懸命まわした、マニ車。
今も、同じ場所にありました。^^


マニ車(マニぐるま、摩尼車)とは、
主にチベット仏教で用いられる仏具です。
これをくるくると回しながら、
「オンマニペメフム」とお経を唱えます。
マニ車を一回転させると、
長いお経を一回唱えるのと同じ功徳があるとされています。
チベット仏教の場合はマニ車を右回り(時計回り)に、
ボン教の場合はマシモ車を左回りに回転させるのだそうです。


30年前、ネパールに行ったとき、
夫がなにも考えずにぐるぐる回していたら、
「右回りにしなさい。」と現地の方から注意されました。笑


そんな思い出があるので、我が家がマニ車を回すときは
必ず、時計回りに回します。(苦笑)


「マニ車だよ。」と言って触らせたら、長男はすぐに思い出しました。

「オンマニペメフム~」

右端から左へ向かって、ひとつひとつ回転させて、大喜び。

「オンマニペメフム~」


アジアンオールドバザールの日記は、次回につづきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。