MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-55 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - ホイアンのホテル(5日目)

2017年12月28日 フエで朝ごはん。(全盲難聴・のんたん 22歳)



さて、ベトナム旅行5日めです。
ようやく、日記の舞台は、ホイアンにうつりました。
ホイアンは、ベトナム中部の都市・ダナンに位置する、古い港町です。
1999年に、世界文化遺産として登録されました。
日本、中国、ベトナムの建築様式が混じった歴史的建造物が建ち並び、
多くの観光客が訪れるスポットです。


フエのホテルまで迎えに来てもらい、ドライバーといっしょに出発した、私たち。
3時間の道のりでしたが、一度も休憩しないまま、ドライバーは運転を続け、
午後1時に、目的地であるホイアンのホテルに到着しました。
ドライバーさんとは、ここでお別れです。


ホテルにはいり、早速、チェックインしました。
この日宿泊したのは、
ビン フン ライブラリー ホテル(Vinh Hung Library Hotel)
です。


ホテルの入り口です。中央の小さめのバッグ2個に、家族4人分の旅支度が入っています。


1階フロントの横には、たくさんの本が置いてありました。朝は、ここで朝食のビュッフェをいただきます。


旧市街から徒歩5分の場所にあります。
日本のペンション風で、ここもまたちゃっちいな、と思ったのですが、
どうして、どうして。


ウェルカムドリンク
屋上プール
地元の工芸品を取り入れたモダンなお部屋
館内全域での無料Wi-Fi
・・・と、かなりがんばっていました。


私と長女の部屋。天蓋つきの、きれいな部屋でした。


こちらは、夫と長男の部屋です。長男が、ベッドでくつろいで、音楽を聴いています。


もうお昼過ぎなので、おなかがすいています。
部屋に荷物を置いて、すぐに、昼食にでかけました。


ガイドブックによると、超人気のバインミーのお店があるみたいです。
それも、ホテルから歩いて5分くらいのところです。


「お昼ごはんは、ここでバインミーを食べよう。」
と、全員一致です。^^


ホテルのある通り。小さなホテルやお店がいくつも並んでいました。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。