MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-36 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 障害者いじめ(3日目)

2017年12月26日 「蓮の花」でお腹いっぱい食べて、ホテルに戻りました。さすがに疲れたようで、お風呂にもはいらず、寝てしまいました。(全盲難聴・のんたん 22歳)



「蓮の花」で料理の注文を終え、
料理が運ばれてくるのを待つ間、
ティンさんは帰らず、私たちとおしゃべりをしていました。
そのときに、ティンさんから聞いた、忘れられない話がありました。


それは、
「障害のある人が、団体ツアーに参加するということ」
についての話でした。


「ときどき、障害のある人が、
 ツアーの人たちといっしょにベトナムに来ます。
 すると、他のツアーのお客さんが、
 その人のことを、ひどくいじめることがあります。」


障害があると、どうしていじめられるのか、よくわかりません。
「足手まといだ。」と思われてしまうのでしょうか。


「あまりにいじめがひどいので、
 その人は、最後には泣き出して、
 ツアーの途中で、
 『もう、ここで旅行をやめて、国に帰ります。』
 と言いだしました。
 今まで、そんなことが、3回ありました。」
「ぼくはね。とても、悲しかったです。」


これは、日本人のツアーの話ではありません。
近年、世界中を闊歩し、爆買いしている、
*国からのツアーでの出来事なのだそうです。


びっくりするような話でした。
私たちは、障害のある長男を連れて、
世界中、どこにでも行ってしまうのですが、
障害を理由に、心ない対応をされたことは、一度もありません。
日本人からも。日本人以外の方々からも。


「日本では、そんなことは考えられないですよ。
 ハロン湾のツアーでも、みなさん、いい方ばかりでしたよね。」


そう言いながら、私は、
何年も前に、私たちが中国で体験したことを、思い出していました。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。