MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

ガンになって、ヅラ購入 – ういたお金で…

2010年夏のベトナム・カンボジア旅行。ホーチミン・戦争博物館の前で。
(のんたんとあみちゃん 14歳)



以前、ヅラについて書いたときに、
もともと32万円のヅラをひとつ買うつもりが、
結局、ふたつで12万円のものになった、というお話をしました。
予算から見ると、20万円を節約できたわけです。


で、せっかく安くついたので、というわけでもないのですが(笑)、
高価なヅラを買ったつもりで、
その差額で旅行にでも行こうか、ということになりました。


私が通院しているG研では、
「抗がん剤の治療が終わったごほうびに、夫婦でハワイに行った。」
なんて方もいらっしゃいましたが、
我が家はもう少しお安い目で、行き先は「台湾」です。^^


ちょっと前のテレビ番組で、台湾の九份というところを紹介していました。
ここは、「千と千尋の神かくし」の風景画の素材として、
そのまま利用されているのだとか。
番組で紹介されている九份(きゅうふん、 台湾読みでジョウフン)は、
まさしく、「千と千尋の神かくし」の世界とそっくりでした。


「わっ ここ、おもしろそう!」
「じゃ、行ってみるか。」


と、即決です。
三泊四日で、6月30日、朝6時に、羽田を発つ飛行機です。
そのため、自宅を、朝の3時に出発するそうです。(とほほ)


飛行機の時間に合わせて、この文章を、
6月30日朝6時に、予約投稿してみます。


…というわけで、ブログ、しばらくお休みいたします。
帰国は、7月3日です。
戻りましたら、またよろしくお願いいたします。^^


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。