MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅⑩ - カリプソ・ニューハーフショー(2日目)

2018年7月12日 カリプソ・ニューハーフショーで、踊り子さんと。蝋人形館ではありません。^^


7月12日


今回の旅では、私が行きたいところって、
特になかったのです。
なにしろ、高級ホテルライフを楽しむために来たのですから。


「私は、高級ホテルでのーーーんびりしたいの。
 どこにもでかけなくていいの。
 一日中、ホテルのベッドで寝ててもいいよ。」
とまで言っていたのですが、
そんなの、うちの多動夫が許すわけもありませんでした。


出発の前日まで、なにも決めることがない私に、
「どこも行かなくていいの?
 おかまショーに行きたいんだったら、いいよ!」
とけしかけたのは、夫です(笑)。


おかまショーには、23年前、
最後のタイ旅行の時に、行ったことがあります。
当時は、まだ珍しい頃でした。


ひっそりとした一軒家にタクシーで行くと、
その家の中に、ニューハーフが数人座っていて、
ちょっとだけ歌や踊りを見せてくれたような。
(あまり覚えていません。^^)


まあ、たいしたことはありませんでした。(苦笑)
なんか、単に、
「おかまさんのいる家に行きました。」
って感じでした。


今回もそんなものかな、と思いながらも、
ほかに行きたいところもないので、
「じゃあ、申し込んでみようか。」
と、あっさり決定したのでした。


最近は、日本にいるうちに、
ネットで簡単に申し込めるから、
便利ですね。^^


その、たいして期待していなかった
ニューハーフショー。
すみません。あやまります。→ニューハーフのみなさま。
このあとに始まったショーは、私たちの予想を、
はるかに越えていました。笑


大劇場の入り口です。

ガイドさんからもらったチケット。席の番号が書いてあります。希望の飲み物(無料)のところにチェックを入れて、会場のギャルソンに渡します。

階段状の客席には、イスと飲み物を置くための小さなテーブルがありました。右手奥が舞台です。


テーブルまで飲み物を持ってきてもらい、
飲みながら待っていると、
ショーが始まりました。


おいらんショー

インド舞踊。ボリウッド映画のようです。

韓国風ダンス。アリランを歌いながら。

フィナーレ。全員が次々に出てきて、お別れのあいさつ。


・・・とまあ、90分の長きにわたり、
全部でいったい何十人いるんだかわかりませんが、
踊り子さんたちが次々と出てきて、
ダンスあり、笑いあり。


各国からやってきている観客のために、
日本はもちろん、中国、インド、韓国、イスラエルなど、
世界中の音楽とダンスを見せてくれました。
いや~
最後なんて、まるで、宝塚のレビューでしたね。
(なんて言うと、宝塚の方に怒られそうですが。)
しつこいようですが、全部、男性です。笑


・・・で。
ここで終わりではありません。
ショーのあと、
大劇場を出た私たちを待っていたのは・・・。


全出演者のみなさん!笑
全員、白のドレスで決めています。


もういちど言います。
全員、男性です。
いや、ニューハーフです。笑


愛らしいボーイズの役も、やはり、ニューハーフです。


そして最後には・・・。


こんなことになるとは・・・。(汗)


こうして、バンコクの熱い夜が終わったのでした。(笑)
午後4時に、ホテルに迎えに来てもらって、
ショッピングモールを散歩。
タイ料理を堪能しながら、伝統舞踊を鑑賞。
そして、ニューハーフショーを楽しんで、
再びホテルに戻ったのは、夜10時過ぎでした。


これだけ楽しいことてんこもりで、
1350バーツ (4618円)。
モトはとった!
と思いましたね、さすがに。^^


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。