MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-63 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 3人で晩ごはん(5日目)

2017年12月28日 ホイアン・日本橋の入り口で。(のんたんとあみちゃん・22歳)



夕方の遅い時間になって、夫と娘が、ホテルに戻ってきました。
そろそろ夕食の時間なのですが、
私だけは、全然、おなかが空きません。


「私、晩ごはん、食べたくないから、
 3人で行って来て。」
と、言ってみました。


ちょうど、ホテルのお向かいに、小さなレストランがあったので、
夫は、子ども達を連れて、そこに行くことに。


長男も、夫や長女と一緒にでかけてしまったので、
部屋には、私ひとりです。
あ~ のんびり。^^


文庫本は、思っていたよりもおもしろく、
結局、この日の夜に、全部読み終えてしまいました。


若い頃は、あちこち、観光するのが楽しかったけれど、
最近は、こうして、一日中、ホテルでだらだらと過ごしている方がいいなあ、
なんて思うことが多くなってきました。


以前は、
せっかく、高いお金を使って来たのだから、
あちこち行かなくちゃもったいない、
なんて思っていました。


でも今は、一カ所に滞在して、
のんびりとホテルで過ごす欧米人の気持ちが、
少しはわかるようになりました。
私も、年を取ったってことかもしれません。(苦笑)



この夜、夫と子ども達が晩ごはんを食べたお店です。


みんな大好き、チャーゾー(ベトナム春巻)。


(おまけ)
この日、夫と娘がふたりで歩いた、ホイアン旧市街です。




(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。