MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

5年間で80万円分のポイントを稼いだ話②

2006年9月3日
先生に指文字を発しながら、その文字を声に出して伝えています。後ろの3人は、全国各地から見学にいらした、教師のみなさんです。盲ろう児は絶対数が少ないため、長男の学習は、研究の対象となり、折にふれて、発表されることもありました。(全盲難聴・のんたん 11歳)



ただ普通に暮らしているだけで、ポイントがたまる生活。
私の場合、そんな生活の柱にしているのが、「クレジットカード」です。
我が家では、「現金で払うとソンだ」を合言葉に、
夫や長女も巻き込んで、クレジットカード生活を送っています。


たとえば。
家族全員の一ヶ月の生活費が、30万円としましょう。
それを全部クレジットカードで支払った場合、
ポイントが4500円分になります。
私の持っているRexカードは、ポイント還元率が1.5%なので、
こんなにも、ポイントがもらえてしまうのです。
普通に生活していて、その支払いをカード払いにしただけで、
毎月、4500円。
一年で、54000円です。


これだけのポイントを、見逃す手はありません。
ですから、問題は、
「出て行くお金を、どれだけクレジットカード払いにできるか」
ということになります。


毎月の電気、ガス、水道などの光熱費は、
クレジットカードを登録しておけば、
ひとりでに支払いが完了し、ひとりでにポイントがついてきます。
これくらいは、実行している方が多いと思います。


それ以外だと、新聞代ですね。
これも、ネットでカード支払いに登録できます。


日々の、スーパーでの買い物はもちろんですが、
見逃せないのは、「定期券代」です。
我が家では、万が一、定期券を現金で購入すると、
私からどれだけ怒られるかわかりません。
(恐ろしくて、夫も長女も、そんなことは一度もやっていません。^^)
なので、家族全員、
「定期券はクレジットカードで買う」という鉄則を、
しっかり守っています。


どこで買っても同じものを買うのであれば、
カード払いができるお店を選ぶ。
これも大切ですね^^


なにか支払いがあるたびに、必ず、
「それって、クレジットカードで払えないの?」
と、自分に問いかけます。
とにかく、「現金払いはソン」なのです。


ああ、でも、現金払いでトクしてる人がいました。
私の兄が、本当にやってしまった話です。


ある、高価なものを購入したとき、お店の人に言ったそうです。
「これ、クレジットカードでなくて、現金で支払うと、
 もっと割引できますか?」

すでに、値引きしてもらっていた品だったのですが、
支払うときになって、
そう言って、さらに5%値引きしてもらったそうです。
いやー すごい。
さすが、私の兄でした。(笑)


今日のポイント:
家から出て行くお金は、できるかぎり、クレジットカードで支払う。


では、どんなクレジットカードを持てばいいのでしょうか。
どのカードも同じではなく、
「持つべきカード」があるのです。
次回は、そんなお話を。

(つづく)


「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。