MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-64 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 朝食。そしてミーソンへ。(6日目)

2017年12月28日 ホイアン・日本橋で。(のんたんとあみちゃん・22歳)



長い長いベトナム旅行。
それでも、ようやく6日目の朝になりました。
ここまで来るのに、64話。(長すぎますね。あほです。笑)


宿泊していた、ホイアンのホテル


ホテルのベランダ側です。


朝食は、いつものように、
宿泊しているホテルのレストランで、ビュッフェをいただきます。
1階フロントのとなりにある、図書館スペースが、
朝は、朝食用のサロンに早がわり。



オムレツをその場で作ってくれるサービスもありました。


テーブルが6個くらいしかない、小さなサロンですが、
お料理の品数もあり、がんばっていました。
ホテルの一生懸命さが伝わってきます。


私も、前日はゆっくり休んだこともあって、体調が回復。
いつものペースとまではいきませんでしたが、
お料理をすこし少なめにとって、一応、完食。



どこが少なめだ~ って、怒られそうですね。笑


いつものように、母の手を触りながらごはんを食べる(笑)、長男。


我が家の子どもたちは、牛乳大好き。旅先でも、牛乳はかかせません。


壁に掛けられていた絵も、いい味だしていました。


部屋に戻って荷物をまとめ、チェックアウトしました。


フロントの前で待っていると、
指定されていた8時半に、ガイドのリャンさんがやってきました。


今日は、これから、リャンさんといっしょに、ミーソン遺跡へでかけます。
さあ、これからまた、ハードな一日の始まりです。(笑)


(つづく)


(おまけ)
前日、夫と娘がふたりで歩いた、ホイアン旧市街です。


たくさんのランタン。夜には灯がともされ、幻想的な美しさを醸し出します。
前夜、体調をくずしていた私は、結局、その風景を見ることができず、残念でした。


チャンパ様式の機織り機。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。