MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み-46 おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - エアー階段(4日目)





2017年12月27日 フエの王宮で、エアー階段。(のんたんとあみちゃん 22歳)



上の写真は、王宮内で撮ったものですが、
長男が、左足をちょっとだけ持ち上げています。
これ、「エアー階段」を上がろうとしているところなんです。


この少し前、私と長男が歩いているときに、
夫が「写真撮るから、ちょっと止まって。」と言いました。
こういうとき、本当は、
「のんたん、止まるよ。」
と声をかけなければならなかったのですが、
うっかり、何も言わないで立ち止まってしまいました。


ふだん、長男といっしょに歩くとき、
階段や段差の前で、私は、必ず、ちょっと立ち止まって、
そこに段差があることを、長男に教えるようにしています。


このときは、夫に言われて、私が急に止まっただけだったのですが、
私が立ち止まったため、
長男は、「そこから階段になる」と思ったんですね。^^
で、写真は、エアー階段を上がろうとしている、長男です。(苦笑)


あとで、写真を見て、
「ああ、そうだったのか。」と気がつきました。
しっぱい、しっぱい。
ごめんね、のんたん。^^



さて、私たち3人をホテルに残して、
懲りもせず、再び王宮にでかけた夫。


ひとりで歩き回って、写真を撮ってきたので、
ちょっとだけ掲載します。


私たちといっしょに行ったときと、たいして変わらないような…。
行く意味あったんでしょうか。(爆笑)


「王宮は、見たよ。
 もう、わかったよ。」

と思う方は、とばしてください。(苦笑)


(つづく)


王宮に向かう途中、タクシーから撮りました。


王宮の正門




カードのようなものが、入場券です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。