MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん ウクレレ発表会⑧ ボランティアさんと帰園(2018年6月24日)

2018年6月24日 ウクレレ発表会で。(全盲難聴・のんたん 22歳)


第一部が終わり、全員で写真を撮ったあと、
私たちは、会場を後にしました。
S園に帰園するためです。
第二部に参加していると、S園の夕食時間に間に合わなくなるので、
毎年、写真撮影のあとに、失礼しています。
今年も、元気に楽しく演奏してくれて、
ほっとしました。



最後に、発表会会場(シチズンプラザ)の前で、
みんなで写真を撮りました。



写真に写っている、黄色いビニール袋(2個)には、
大量の「うまい棒」が入っています。
いったい、何本はいっているか、わからないのですが、
おそらく、100本? 200本?(笑)


毎年、長男へのお花は、
ご辞退させていただいているのですが、
その代わりに、と、みなさんが、
長男の大好物、「うまい棒」を
プレゼントしてくださいます。


今年も、キドノさん、ヨリさん、イナガキさんからいただいた、
膨大な量のうまい棒を抱えて、
長男はS園へと戻って行きました。


この日、S園までいっしょに付き添ってくださいったのは、
キドノさんとイナガキさんです。
残った私たち一家は、ヨリさんといっしょに、居酒屋へ。(笑)
ヨリさんは、長男のボランティアさんですが、
実は、私たち夫婦の、33年来の友人でもあります。
本当に、たくさんの方々に助けていただいている、
のんたん一家です。


【キドノさんからいただいたメールです】
楽しい発表会、拝見できて嬉しかったです。

お弁当も美味しくいただきました。ありがとうございました。
のぞみくんは、帰りも「お馬の親子」がお気に入りで、中央線車内では、イナガキさんのスマホから「お馬の親子」を再生して聞き、終わると、「もう1回お願いします」と言って繰返し聞いていました。
駅から園までは、いっしょに、「お馬の親子」繰り返し歌いながら帰りました。
発表会で疲れたと思いますが、元気にずっと歌っていました。


【イナガキさんからいただいたメールです】
今日の発表会、「太陽にほえろ」とても良かったです。
最近お気に入りの、「おうまのおやこ」が頭に残ってないか、少し心配でしたけど、ミスなくきちんと演奏しているのを見て、流石に舞台慣れしているのだなと感心しました。
最後もきちんと決めて、素晴らしい演奏でした。あみちゃんが、発表会を初めて見に来れたので、良かったです。
昨日は、カラオケに行かれて「おうまのおやこ」を20回くらい歌ったとの事でしたけど、今日の帰りも、「おうまのおやこ」三昧でした。中央線では、ヘッドフォンでずっと「おうまのおやこ」を聞いて、豊田駅からは、ずっと歌いながら帰りました。
坂道で、私は途中息切れがしたのですけど、のんたんとキドノさんは歌い続けていました。
帰園時間が4時を回ってしまいましたので、今日はお風呂に入れないです。帰りに日射しが強く、汗をかいたのに、申し訳ありません。(母:とんでもありません。今日は、お風呂の時間には間に合わないな、とはじめから思っていたので、大丈夫です。^^)
発表会を凄く楽しみにしていたようで、終わってホッとしたのか、S園に着いたら、少し椅子に座ったままになっていました。先生に促されて、靴を履き替えました。
皆からのうまい棒を片手に持ちながら、部屋に上がって行きました。
以上です。

演奏会、昨年も行かせて頂いたのですけど、今年は15周年と言う事もあるのか、先生が進行を担当されていて、途中に体操が入ったり、趣向が凝らされていました。楽しませて頂きました。ありがとうございました。


【村田先生からいただいたメールです】
先日は、みなさまでお越しいただきまして、
ありがとうございました。
のぞみくんの演奏は、
今年も好評でした。
また、来年に向かって、
レッスンしてまいります。


ヨリさん、キドノさん、イナガキさん。
発表会にいらしてくださり、
また、介助してくださり、
ありがとうございました。


村田先生。
村田先生とのすばらしい出会いがあり、
今年も、楽しい発表会に参加させていただきました。
本当にありがとうございました。



(おわり)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。