MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたんの冬休み② - いってきます😊

全盲難聴・のんたんの冬休み① ボランティアさんと帰宅+クリスマスごはん(1日め)

2017年12月23日 イナガキさんといっしょに。(全盲難聴・のんたん 22歳)


S園の今年の冬休みは、12月24日から1月4日です。
つまり、明日から、なのです。
この日は、かわいい子どもたちを迎えに、
おとうさん、おかあさんたちが、全国から、
S園にやってきます。


我が家も、そのはずだったのですが、
今年は、園にお願いして、一日早く、帰宅させていただきました。
理由は、翌24日から、家族でベトナムにでかけるからです。


今日は、朝から、掃除したり、旅行の準備をしたりと、慌ただしかったので、
長男のお迎えは、ボランティアのイナガキさんに行っていただきました。
S園から家に着くまでの2時間半。
イナガキさんとたくさんおしゃべりし、楽しく過ごしたようです。


【イナガキさんからいただいたメールです】
 こんばんは。本日もありがとうございました。
 24日から、ベトナムにいらっしゃるとの事、気をつけていらして下さい。
 今日は、2時にお迎えにまいりましたら、のんたんが、先生とベトナムに行く話をしながら降りて来ました。「先生は、お正月も交代で仕事があるから、出かけられないけど、のぞみ君、楽しんで来てね」と言った声が聞こえました。先生方は大変だなと思いました。
 のんたんは、豊田駅に着くまでの間も、ベトナムに行くのは飛行機で、成田に行ったらシャトルバスで飛行機に乗ると話してくれました。
 私から、「今日はお家に帰ります。神田で山手線に乗り換えて、京成線に乗って帰ります。」と言うと、豊田からの、中央線と山手線、京成線の停車駅を全て言ってました。凄いですね。全部記憶していて、家までの帰り方も熟知してました。
 電車の中では、12月9日に行ったカラオケの音をヘッドホンで聞いていました。
 珍しく、途中、2回トイレに行きました。
 最寄り駅からご自宅までも、ベトナムに行くのに、飛行機は4回乗ると教えてくれたり、とてもベトナム行きを楽しみにしていました。
 以上です。
 今年もお世話になりました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。


【のぞみ父からイナガキさんへ】
今日もお世話になり、ありがとうございました。
のぞみが言おうとしていることを、イナガキさんは全部理解してくださるのが、さすがだと思いました。


そうなんです。のぞみは随分前に飛行機に乗ったことや、成田空港の様子をよく覚えていて、楽しみにしているようです。
のぞみは、楽しいことがある日は、超早起きをしてしまうので、たぶん明日の朝もめちゃめちゃ早く起きてしまうのではないかと思います😖


今年も、何度もお世話になり、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。


夕食は、一日早い、「クリスマスごはん」。
コージーコーナーの、クリスマスセットで、
ピザ2種に、ケーキが8ピースもついています。
クーポンサイトで2000円引きだったので、
つい買ってしまいました。^^



お風呂にはいって、パジャマで晩ごはんを食べるのが、我が家流です。^^


今日から、13日間の冬休み。
今回も、めいっぱい楽しいお休みにしたいと思います。^^


あしたは、10時のフライトなので、
朝6時に自宅を出発します。
帰国は12月31日のため、それまで、ブログの更新はお休みいたします。
…ということで、今年は、今日が最後の更新です。
(ちょっと早いですが)
みなさま、良いお年をお迎えください。


さがしてみたら、あった。

初めて、双子の妹・あみちゃんの介助で歩いた長男(全盲難聴・のんたん 18歳)


初めて家族のHPを立ち上げたのは、1999年7月のことでした。
その頃の子ども達、なんと、3歳。^^


その後、子ども達の記録を、8年ほど書き続けました。
一年で、30エピソード。


のんたん日記1に始まり、のんたん日記7までで、210エピソードになります。


のんたん日記1

のんたん日記7


そして8年目。
書くことは山ほどあったのですが、
なぜか、書けなくなってしまいました。
そして、「のんたん日記8」に7つのエピソードを書いたところで、
更新が止まり、
HPは開店休業状態になりました。


さらに、2年前。
契約していた通信会社が、ニフティとの提携をやめたので、
サーバーを使えないことに。
とうとう、HP自体がなくなってしまいました。


HPの公開そのものがなくなってしまったあと、
しばらくはそのままにしていました。
それでも、「もう一度HPをたちあげよう」と思いなおしたのは、
ガンが再発したからです。


このまま死んでしまったら、
もう家族の誰も、あのHPを見ることができなくなる。
そう思いました。
子どもたちの成長の記録。
私が、たしかに子どもたちを育てたのだという、証。


生まれて初めて、料金をはらってサーバーを借り、
以前のHPを復活させました。
そのときに、同時に始めたのが、
ムラゴンのブログだったのです。


それから一年。
HPのついでに、ちょっと始めたつもりだったのに、
こんなにたくさん書き続けることになるとは、
思っていませんでした。


さて。
今日、たまたま、ネット検索していて、
偶然、こんな記事を見つけました。


【一条あや乃さんのはてなブックマーク】


(AyanoIchijoのブックマーク (1,213)より)

AyanoIchijo さんのコメント:
長男の妊娠中(はてながまだなかった頃、手打ちのhtmlとかcgiで日記サイトがいっぱいあった)によく拝見してた育児日記。ふっと思い出してまだあるのかと探してみたら、あった。大きくなってて嬉しいやら懐かしいやら。



「ふっと思い出してまだあるのかと探してみたら、あった。」
・・・って、いったい何年ぶりのことだったのでしょうか?^^


私が、小さな子どもたちの育児に追われ、
毎日「奮闘」していた日々に、
どこかでHPを見ていてくれた人がいたんだな・・・。
そして、何年もたって、私たち家族のことを思い出し、
ネットで探してくれたんだな・・・。


ブログの中の、たくさんの記事の中から、
子どもたちが、ふたり並んで歩く写真の記事を選んで、
ブックマークに掲載してくださったことに、
あや乃さんから子どもたちへ向けられた、暖かいまなざしが感じられました。


あや乃さんのコメントを見て、
私たち家族には、20年近く前から、
HPで、私たち家族を見守り、応援した人たちがいてくれたのだ、
ということを、思い出しました。
そして、HPに書き続けた日々のことが思い出されて、
涙が出ました。


あや乃さん。
私たちのことを思い出してくれて、
そして、ネットで探してくれて、
ありがとうございました。


ムラゴンのブログを始めて、
うれしいことやおしえられたことが、いっぱいありました。
ブログを始めてよかったな、と、思っています。
でも、今まででいちばん強く、それを感じたのが、今日でした。


あのころ、HPで私たち家族を見守ってくれていたみなさん。
私たちは、元気です。


そんなメッセージが、いつか、ほかの誰かにも届くことを願いながら、
これからも、ブログを書き続けたいと思います。
だから、ブログのタイトルは、20年前も今も、
「MIYO’S WEBSITE」。
ちょっと古くさいタイトルになってしまったけど、変えられません。^^

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ(2017年12月2日)

2017年3月 S園しめくくりの会で、コンガをたたきました。(全盲難聴・のんたん 21歳)


12月2日


12月2日の記録です。
S園→ウクレレ教室→S園という、いつものコースです。
いらしてくださったのは、タケダさんとヨリさん。


この日は、もともと、ヨリさんが、
介助を引き受けてくださっていました。
でも、ボランティアデビューしてまだ2回目のヨリさんが、
ひとりで担当するのは、心細いのではないかと思い、
タケダさんにお願いしてみたところ、
「13時まででよろしければ」
と、いらしてくださいました。
タケダさんは、長男が小学生の頃からずっと、
ボランティアにいらしてくださる、大ベテランの方です。


ということで、前半は、タケダさんとのおふたり体制。
後半は、ヨリさんおひとりになりましたが、
タケダさんがいろいろおしえてくださったようで、
なんの問題もなく、無事、S園まで送り届けていただきました。


帰りの道では、長男といっしょに、ふたりで歌を歌いながら歩いたとのこと。
2回目のボランティアで、この余裕(笑)。
ヨリさん、さすがです。
どうもありがとうございました。


【ヨリさんからいただいたメールです】
今日は、とても良いお天気に恵まれ、電車の中でもポカポカ陽気で、眠気を誘う一日でした。


前半は、ベテランのタケダさんに、色々と教えて頂きましたので、午後からの一人介助もスムーズに終わって、ひと安心しました。
ベテランの皆さまの優しさに、感謝いたします。


ランチのメニューも、のんたんに、「カレーはどう? 牛丼、マグロ丼、ハンバーガーは?」と聞きましたが… 結局、「ハンバーグ!!」と言って変えないので、今回もガストに行きました。
次回でも行けるようなら、美味しいハンバーグ屋はないかと、タケダさんが食べログで検察してくださいましたが… 店内の様子がわからないので、事前に偵察したいものですねぇ。時間があればですが…?!


のんたんは、ガストに入ってエビフライ付きハンバーグの御飯少な目とお味噌汁セットを注文しました。料理が運ばれるまで、少し眠気が出てうとうとしていましたがハンバーグとエビフライとお味噌汁は、完食しました。


ガストで、寝ているのんたんです。


食事のあと、ウクレレ教室に行く商店会通りの角のビルまで、タケダさんがご一緒してくださいましたので、10分早めに着きました。が、前の生徒さんがギリギリまでレッスンだったので、廊下で待つことに。のんたんも静かに待っていてくれました。
教室に入ってから、トイレで用を済ませたあと、X'masソングメドレー(慌てん坊のサンタクロース、ジングルベル、赤鼻のトナカイ、サンタが町にやって来る)を演奏し、「太陽に吠えろ!」で練習が終りました。
逆光が入って、ちょっと写メが暗くなったかも知れません。


帰りの電車の中では、ヘッドホンで、録音したX'masソングを静かに聞いていました。
S園までは、「サンタが町にやって来る」を二人で歌いながら帰りました。
今日も、楽しく終わりました。
ありがとうございました。

年末年始は、カレンダーと手帳でおこづかい稼ぎ^^

2017年6月25日 ウクレレ発表会で。(全盲難聴・のんたん 21歳)



今年も、あと11日になってしまいました。
毎年、この時期になると、
我が家では、ちょっとだけ忙しくなります。
「年末年始ならでは」の、おこづかい稼ぎがあるからです。^^


12月にはいると、あちこちから、いただきませんか?
そう。
カレンダーや手帳です。
小さなものではありますが、
ダイレクトメールなんかにも同封されてくるので、
合計すると、けっこうな数になったりします。


実際に自分で使う数量は限られてるので、
いただきものの大部分は、ムダになってしまいます。
そこで始まるのが、我が家ならではの、「おこづかい稼ぎ」(笑)。


不要になったカレンダーや手帳は、
全部、ネットオークションに出品してしまいます。


えっ そんなものが売れるの?
と思うかもしれませんね。^^
ヤフオクとか、ちょっとのぞいてみてください。
すごい数のカレンダーや手帳が、出品されていますよ。^^


初めて出品してみたのは、10年以上前のことです。
「捨てるのはもったいない」と出品してみたら、
あっさりと売れてしまいました。
そう、そのままだと、古紙として処分するしかないものが、
お金になるんです!


ここからが、我が家ならではの行動になります。
12月から1月にかけて、職場には、大量のカレンダーや手帳が集まります。
取引先の方が置いていってくれるのですが、
たいていは、使いきれずに余ってしまいます。
誰も引き取ろうとしないので、
それまでは、全部、捨ててしまっていました。
それを、いただいてくるようになったのです。(爆笑)


「売れる」ということがわかると、
職場に積み上げられている、不要なカレンダーの山が、
お金の山のように見えてきました。(笑)


それだけではありません。
「あなたの会社に、手帳やカレンダー、余ってない?」
と、私から言われた夫、
職場で不要になった手帳を、
せっせと持って帰ってくるようになりました。(笑)


仕事納めの日なんて、すごいですよ。
大掃除で、手帳やカレンダーを処分する職場が多いみたいです。
夫、そういうのを、もらってきてしまうのです。


なので、夫は、毎年、年末最後の就業日になると、
もらってきたものをいくつもの手提げ袋に入れて、
持って帰ってきます(爆笑)。
手で持てるかぎり、ぎりぎりの量を。
もう、すごい量です。
まあ、このへんが、気の合う夫婦と言うか、なんというか・・・(苦笑)。


かくして、我が家では、年末年始になると、
大量の手帳とカレンダーが、リビングに積み上げられます。
それを、ひとつずつ写真に撮って、
せっせと出品するのが、私。


どれくらい売れるかというと、
まあ、毎年、ほぼ、完売に近いです。
っていうか、完売させます。^^


出品価格は、5円から500円くらいまで、さまざまです。
2月以降になっても売れ残っているものは、
「1円出品」にすると、まず、売れます。


ひとつひとつは小額ですが、数が多いので、
全部売れると、けっこうな金額になります。
売り上げの総額は、年によって変わりますが、
まあ、5000円~20000円、といったところでしょうか。
家族全員で、回るお寿司屋さんに、一回くらいは食べに行けると思います。


原材料費、タダ。^^
格好のおこづかい稼ぎなのですが、
これがやれるかどうかは、
「写真を撮って、一品ずつ出品し、売れたら梱包して発送する」
という手間をかけることができるかどうか、
にかかっています。


私は、使えるものをゴミに出すことが苦手な性分なので、
基本は、「捨てられる物が有効活用できれば、それがいちばん」と思っています。
なので、あまり高い値付けはしません。
それでも、ちょっとでも収入になると、やっぱりウレシイです。^^


夫は、いつもこう言いますけどね。
「あなたを見てると、『こりゃあ、金がたまるわ』と思うよ。
 でも、こんなめんどうなこと、オレにはできない。」(笑)


自分でもやってみようかな、と思う方に、小さなヒントを。
①季節商品なので、スピードが勝負です。
 早い時期に出品すればするほど、早く、高く売れます。
 どうせ売るなら、一日でも早く出品しましょう。
②手帳や卓上カレンダー、ミニサイズのカレンダーだと、
 撮影や梱包もシンプルで、ラクです。
 発送時の送料も安いので、売れやすいです。
 大きなカレンダーは、手間がかかるので、
 初心者の方は、まずは、
 小さなサイズのもので試してみるといいと思います。



手帳やカレンダーのネット販売は、
年末年始になると必ず始まる、我が家の風物詩。
もちろん、今年も、始まりました。^^