MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 80 - 三松正夫が愛した昭和新山(2021年11月12日/10日め)

2021年11月12日 昭和新山で。(北海道有珠郡壮瞥町)


11月12日(金)


夫にせかされて、
有珠山サービスエリアを出発しました。


山々の紅葉がきれいでした。^^

冬になる前の、最後の紅葉に見送られながら出発。

そこから車で20分くらい走り、本日の目的地「昭和新山」に到着しました。写真中央のお山が、昭和新山です。ここはかつて、麦畑だったそうです。


【昭和新山】
北海道有珠郡壮瞥町にある火山です。1944年(昭和19年)に始まった噴火活動で隆起しました。当時は太平洋戦争下でしたが、壮瞥(そうべつ)郵便局長だった三松正夫が、観測記録(ミマツダイヤグラム)を残しました。昭和新山は私有地で、2022年時点では、三松正夫の孫娘と結婚した三松正夫記念館館長の三松三朗が所有者です。

支笏洞爺国立公園内にあり、国の特別天然記念物に指定されています。また、有珠山とともに日本の地質百選に選定され、その周辺地域は、洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されています。


1944年1月に噴火が始まり、その活動は、1945年9月に停止しました。そのときに隆起してできた溶岩ドームが、この昭和新山です。

新山の麓には、三松正夫氏の銅像が置かれています。台座に刻まれた銘は「麦圃生山」。「圃(ほ)」とは畑のことで、麦畑が山を生み出した、という意味です。自然のエネルギーが、想像も及ばないほど大きな底力を持って、山を作ったことを伝えています。

トランシットという専門の測量計を使って、地表変動を測量している三松正夫氏の銅像です。


【三松正夫(1888-1977)
地元の郵便局長であった三松正夫は、新山が成長していく詳細な観察記録を作成しました。その記録は、後に「ミマツダイヤグラム」と命名され、貴重な資料として評価されました。これは、火山の形成過程を人類が詳細に記録した、唯一の例です。
その後三松は、この世界的に貴重な火山の保護し、家や農場を失った住民の生活を支援するために、山になってしまった土地を買い取りました。そのため、昭和新山は三松家の私有地であり、ニュージーランドのホワイト島等と同じく、世界でも珍しい私有地にある火山となっています。1951年(昭和26年)、国の天然記念物に指定され、1957年(昭和32年)には特別天然記念物に指定されました。
当時、三松が購入した価格は、28000円でした。これは、現在の価値で1200万円くらいになるようです。耕作できるわけでもない、再噴火するかもしれない山を買うために、彼は、先祖伝来の土地を手放します。このときの気持ちについて、後に彼は、こう語っています。
「新山は、私の分身に近かったのかもしれません。誕生を見守ってきた私には、わが子であったのかもしれません。私はふたりの息子を病で失っており、その悲しみを忘れようと打ちこんだ新山です。この山はふたりの子どもの生まれかわりなのだという気持ちがありました。」
そんな夫の心情を、妻のつるさんもよくわかっていました。
「ここまで打ちこんだことだし、あなたの好きなようにすればよいでしょう」
と答えたそうです。
正夫の没後、昭和新山の山麓に、三松正夫記念館が建設されました。この記念館では、三松による観測記録の資料を展示しており、2021年の日本火山学会普及啓発賞を受賞しています。館長の三松三朗は、大学在学中、正夫の研究活動に感銘を受けて面会を求め、後に正夫の孫娘と結婚しました。


自然災害を数々体験し、
昭和新山の観測と保護に生涯をかけた
三松正夫。
その彼が愛した昭和新山を、今、
正夫の二代目として、
三松三朗氏が見守り続けています。


わずか2年で、のどかな麦畑から「昭和新山」が誕生しました。

ピラミッド状に隆起した溶岩ドームは、世界的にも珍しいベロニーテ火山です。

これは、このあとに登った有珠山から見下ろした昭和新山です。こんな山が2年でできてしまうなんて、すごいというよりも恐ろしいような気がしました。この山を、三松正夫氏は、避難することもなく観測し続けたことに驚きます。

駐車場に車を停めました。ここから、有珠山ロープウェイに向かって歩きます。

駐車場に沿って、何軒ものお土産物屋や飲食店が並んでいるのですが、そのほとんどは閉まったままでした。コロナ禍で、ここを訪れる人もほとんどいないようです。

一軒だけ開いていた、木彫りのお店。

40年前、初めて北海道に来た頃、北海道のお土産っていうと、こういうのばかりだったような気がします。^^

昭和新山パークサービスセンター。新山についての資料が展示されており、休憩所にもなっています。が、人影はなく、利用者は私たちふたりだけでした。


コロナが収束し、ここにもまた、
多くの観光客が訪れる日が来ることを
願いながら、人通りのない通路を、
夫とふたりで歩きました。


この先に、有珠山ロープウェイの乗り場があります。


次回は、ロープウェイに乗って、
有珠山を歩きます。


(つづく)

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 79 - 有珠山サービスエリアからのパノラマ(2021年11月12日/10日め)

2021年11月11日 有珠山サービスエリアで。(北海道伊達市)


11月12日(金)


朝7時にホテルを出て、
レンタカー屋さんまで歩いた夫が、
歩きながら撮った写真の続きです。


創成橋を通り過ぎて、次はサッポロファクトリーに着いたようです。^^

上の写真の左側には、さらにレンガ造りの工場が続いています。


【サッポロファクトリー】
札幌市中央区にある複合商業施設です。ここは、1876年(明治9年)操業の「開拓使麦酒醸造所」の跡地で、1989年(平成元年)まで、サッポロビールの「札幌第一工場」(札幌第1製造所)として、ビールを生産していました。そのエリアを再開発して、複合商業施設が建設されました。全天候型のアトリウム(高さ39 m、幅34 m、全長84 m)を中心に、ショッピングモール、アミューズメント施設、レストラン、フィットネスクラブ、ホテルなどの施設があます。アトリウムでは、毎年11月上旬から12月下旬まで、十勝の広尾町から運んできた巨大なクリスマスツリーを飾っています。


夫と待ち合わせて、サッポロファクトリーで食事したのは、11月5日のことでした。4階分の内部空間を大きく使ったアトリウムに見とれました。赤いじゅうたんの先に、レストランエリアがあります。

4階まで届く、巨大なツリーに圧倒されました。モミの木は、十勝の広尾町から運んできたそうです。

このときの日記です。
コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 26 - 旧三菱鉱業寮からサッポロファクトリーへ(2021年11月5日/3日め) - MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 27 - サッポロファクトリー(アウトドアカフェ ミールラウンジと札幌開拓使麦酒醸造所)/ 長女は福岡ひとり旅(2021年11月5日/3日め) - MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。


MIYOが夫と行ったのは夜でしたが、朝のサッポロファクトリーも、趣があってすてきです。^^

新渡戸稲造居住地(札幌農学校官舎跡)にも行ったようです。まったく、ふらふらとどこまで歩いたのでしょうか。🤣🤣

ようやく札幌駅まで来ました。めざすレンタカー屋さんは、この近くにあります。

バジェット・レンタカーに到着。今日はこの車をお借りします。


この日に遠出することを、

前日になって決めました。

(計画性がないですね。笑)

そこで、急遽、車を借りることになり、

あわててじゃらんで申し込みました。

今日一日で、料金は5000円です。


夫が車を運転して、ホテルまで戻ってきました。ここで、MIYOも車に乗って出発です。^^


本日の行き先は、

支笏洞爺国立公園

洞爺湖・昭和新山

のあたりです。


どんなところだか、

MIYOはよくわからないのですが、

夫が、

「昭和新山に行ってみよう。」

としつこく言うので、笑

まあ、おつきあいすることにしました。^^


1時間半ほど走ってから、有珠山サービスエリアで休憩しました。


【有珠山サービスエリア】

北の湘南と言われる伊達市の高台に位置するSAです。自慢の展望所では、活火山の有珠山をはじめ、昭和新山、遠望の羊蹄山までも眺望でき、山と海の壮大なパノラマを楽しめます。


「向こうの方に海が見えるよ!」

そして連なる山々。

パノラマで一枚に撮るとこんな感じです。^^

「山もきれいに見えるね!^^」

連なる山々は、有珠山、ニセコアンヌプリ、昭和新山、洞爺湖(中島)、羊蹄山の順に並んでいます。

(これは、展望所にあった写真です。)

展望所から見た山々。右端の羊蹄山は、雲に隠れて見えませんでした。

左:有珠山噴火の際に、高速道路上に落下した噴石が展示してありました。重さは約80㎏だそうです。

右:有珠山サービスエリアのおすすめランキング第一位は、「黄金豚のしょうが焼き」だそうです。地元・伊達市が誇るブランド豚「黄金豚(こがねとん)」は、柔らかな肉質と甘みのある脂身が特徴。自家製のしょうが焼きのタレはさっぱりしつつもコクがあり、黄金豚に良く合うそうです。


黄金豚を食べてみたかったけど、

この日はお弁当を持参していたので、

ぐっと我慢です。笑


有珠山サービスエリアから見える景色は、

とても清々しくて、

ただ眺めているだけで、楽しめました。

気がつくと、もう11時。

1時間も滞在していました。


「このあとの予定もあるし、

 時間がなくなっちゃうよ。」

と、夫にせかされて車に戻り、

再び出発しました。


(つづく)

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 78 - 豪華なオードブルセットと創成橋(2021年11月11日-12日/9日め-10日め)

2021年11月11日 豪華なオードブルセットです。(北海道札幌市)


11月11日(木)


観覧車で遊んだあとは、
すすきので夜遊びすることなく、
まっすぐにホテルに戻りました。


札幌でホテル暮らしを始めて9日め。
夕食は、毎日のように出かけ、
ワインやお酒と共に、
北海道の美味しい料理を楽しみました。


いえ、お料理だけなら、まあいいんです。
すっかり調子に乗った夫は、
居酒屋でおいしい地酒をがんがん飲み、
一回の支払いが10000円を越えることも
ありました。
そのときの日記です。
コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 67 - 「北海道増毛町 魚鮮水産 すすきの店」で晩ごはん(2021年11月8日/6日め) - MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。


毎晩こんなことをやっていたら、
2週間の滞在費がたいへんなことに
なってしまいます。
せっかく、一泊6600円(ふたりで)の
驚異的に安いホテルを見つけたというのに、
その宿泊費よりも、飲み代の方が高いって、
もうアホとしか言いようがありません。笑


「もう、居酒屋はとうぶんナシだからね。」


とうとう夫は、MIYOからこんなふうに
言い渡されてしまいました。🤣🤣


…ということで、
せっかくすすきのまで行きましたが、
居酒屋には入らず、
テイクアウトの料理を受け取って、
ホテルに帰ったわけです。笑


観覧車が設置されている「ノルベサ」というビルの中にある、OSTERIA 101 SICILIA GRILL&BAR (オステリア 101 シチリアグリル アンド バー)でいただいてきた、オードブルセットです。シチリア料理というのに魅かれて、ここに決めました。

蓋をとると、中はこんな感じ。すごい量です、たぶん4人分はあると思います。笑

イタリアマンマのアランチーニと燻製半熟卵

シチリア・アグリジェントでいただいたアランチーナはこちらです。シチリアの郷土料理として知られる、ライスコロッケです。形がオレンジに似ていることから、アランチーナ(小さなオレンジ)と呼ばれています。
*ちなみに、このライスコロッケ、シチリアの東西で呼び方が異なります。カターニャを中心とした東側では、アランチーノ(男性名詞 単数形)アランチーニ(男性名詞 複数形)。パレルモを中心とした西側では、アランチーナ(女性名詞 単数形)アランチーネ(女性名詞 複数形)となります。

骨折でもイタリア。シチリアを歩く、9泊10日のおトク旅 13 - アグリジェントで昼食(2019年1月20日/3日め) - MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。


101の病みつきフライドチキン

北あかりのフライドポテト

道産豚とハーブの自家製サルシッチャ

日高産濃厚モッツアレラとトマトのカプレーゼ

燻製枝豆と本マグロのレアグリルバルサミコソース

海老のトマトクリームグラタン


全9種。
とても丁寧に作られたオードブルでした。
しめて5500円のセットなのですが、
500円値引きしていただいて、
5000円でした。


テイクアウトのお弁当と比べたら
ちょっとお高いかもしれませんが、
ふたりで居酒屋へ行って、
10000円を支払うことを考えたら、
5000円でも安い!と思っていました。笑


このオードブルセットに、
セイコーマートで買ったワインを開けて、
今夜はホテルの部屋で宴会です。^^


この日夫は、とても喜んでいました。
この2日後に、
余市蒸留所の見学をしたかったのですが、
すでに予約でいっぱいでした。
それでも夫はあきらめず、
毎日、予約状況をチェックしていたそうな。
そしてこの日になって、たまたま、
2名分のキャンセルが出たのだそうです。


「こんなに予約が殺到してるとは
 予想外だったよ。
 東京にいるときから、
 予約しておけばよかった。
 でもまあ、とにかく予約がとれて、
 よかった、よかった。」
と、夫は何度も言っていました。
よほどうれしかったみたいです。😄


これまで夫は、ホテルの部屋で、
リモートワークを続けていたのですが、
定年後は週休3日で働いているため、
金土日はお休みです。
つまり、翌日から3日間は、
仕事がお休みになります。


さてさて、どんな風に過ごそうか、
と、ふたりで相談しながら、
おいしいお料理とワインをいただきました。


気がつくと、札幌に着いて、
早くも9日が過ぎてしまいました。
毎日が楽しくて、あっという間の
9日間でした。
帰りの飛行機のチケットもとってしまったし、
「だんだん、
 東京に戻る日が近づいてきたなあ…。」
と思うと、
ちょっとサビシイ気持ちにもなっていました。


11月12日(金)


毎日ホテルで仕事をしている夫にとって、
待望の週末がやってきました。
朝7時、ひとりでホテルを出発し、
レンタカー屋さんへ向かいます。
(この旅行では、費用を節約するため、
 レンタカーは借りっぱなしにせず、
 必要な時だけ借りるようにしていました。)


さっぽろテレビ塔までやってきました。中央を流れる川に橋がかかっています。

創成橋(復元)です。そのたもとには、北海道里程元標があります。


【創成橋】
札幌市の創成川にかかる橋です。札幌都心部の区画は、創成橋が東西南北の基点となっています。石造りのアーチ橋は、日本橋(東京都)にちなんで、「札幌の日本橋」と呼ばれることもあります。2010年(平成22年)に、「土木学会選奨土木遺産」に選定されました。


北海道里程元標です。北海道の道路の基点がここであったことを示すものです。

「札幌建設の地」と書いてありました。


それにしても。
ただ、駅前のレンタカー屋さんに行って、
車を借りてくるだけだったんですけどね…。
そんな移動中ですら、こんなふうに、
なにかしらを訪ねないと、
気がすまないみたいです。笑
いかにも多動夫らしいなあ、と、
写真を見ながら、苦笑してしまいました。^^


(つづく)

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 77 - 観覧車「ノルベサ」(2021年11月11日/9日め)

2021年11月11日 観覧車に乗って、札幌の街を眺めました。(北海道札幌市)


11月11日(木)


札幌市資料館の見学を終え、
ホテルまで、歩いて帰りました。


行きは、地下道を歩き続けたのですが、
帰りは、地上を歩いてみました。


道路には、地下道に入るエントランスがあちこちに設けられています。雪の季節には、この地下道が頼もしい通路になるのだろうと思います。

向こうの方に、三越が見えてきました。歩いて行けるところに三越があるなんて、すごいなあ、と思います。^^ 

この滞在中、三越にはずいぶんお世話になりました。

ここから地下道に入り、ホテルまで歩いていきます。

さっぽろ地下街ポールタウンにある、「大地の青果店」。八百屋さんなんですが、手作りのお弁当も販売していて、いつもお客さんでにぎわっていました。ここにも、滞在中はお世話になりました。^^

お弁当は750円。お野菜がいっぱいでした。^^

その先にある、楽天モバイル。ここで、毎日必ずチェックインしていました。

楽天シニアのアプリを使用して、楽天モバイルでチェックインすると、ポイントがもらえます。笑

最後に、ホテルの隣りにあるローソンでチェックイン。ここでも必ず楽天ポイントをゲットしていました。^^

…なんてことをやっているうちに、ホテルに到着。フェアフィールド札幌・バイ・マリオットです。ホテルまで夫を迎えに行って、これからいっしょにすすきのを歩きます。

まずは、ノルベサというビルの中にある、OSTERIA 101 SICILIA GRILL&BAR (オステリア 101 シチリアグリル アンド バー)へ。

ホットペッパーから、テイクアウトの予約を入れてあったので、お料理を用意して、待っていてくださいました。

そして、同じビルの最上階へ。「次はこちらですよ~。^^」

観覧車に乗って、出発!

さっぽろテレビ塔が見えます。

いちばん高いところまで来ました。


60歳を過ぎた夫婦が、
今さら、観覧車に乗ってます。😅
ほんとうは、こういうところをさがして、
女性を喜ばせるのは、
男性の役割だと思うのですが、
夫にそれを期待してもムリなので、
MIYOがやってます。😂😂


ふたりで眺めた札幌の街は、きれいでした。

すすきのの街も、こんなふうに見えます。

やがて、地上が近づいてきました。


短い時間でしたが、札幌のど真ん中、
すすきので観覧車に乗ってみるというのは、
それはそれで、楽しい体験でした。^^


(つづく)

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 76 - 札幌市資料館④ おおば比呂司記念室(2021年11月11日/9日め)

2021年11月11日 旧札幌控訴院(現在の札幌市資料館)のエントランスで。(北海道札幌市)


長男の冬休みが終わり、再び、北海道日記に戻ります。
MIYOが訪れたのは11月11日でしたが、この3日後、11月14日にも、夫が訪れました。
以下の写真には、夫が後日撮ったものも含めています。


11月11日(木)


札幌市資料館での日記のつづきです。


旧札幌控訴院(現在の札幌市資料館)です。


「軟石の街に残る古城」
と言いたくなるくらい、趣のある建物の、
1階と2階を見てきました。


これまでの日記はこちらです。
コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 73 - 札幌市資料館① 軟石の街に残る古城(2021年11月11日/9日め) - MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

コロナでもウポポイ3。札幌2週間ホテル暮らし 75 - 札幌市資料館③ ギャラリーと研修室(2021年11月11日/9日め) - MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。


最後に見学したのが、1階にある、

おおば比呂司記念室です。



【おおば比呂司(1921年-1988年)

札幌市出身の漫画家・画家です。漫画集団に所属し、イラストレーションの手法を取り入れたユニークな一コマ漫画で知られました。また、商業デザインの分野でも数多くの作品を残し、テレビタレントとしても活動しました。


ここ札幌は、

幅広い分野で活躍したおおば比呂司が

生涯愛した故郷の街でした。


平成7年、札幌市資料館の中に、

「おおば比呂司記念室」が開館しました。

記念室では、イラストレーション、

絵画や絵本の挿絵にいたるまで、

彼の幅広い作品の数々を展示しており、

没後30年を迎えた今も、

多くの人が訪れています。


札幌市資料館の美しい壁や扉などが残るスペースが、そのまま、「おおば比呂司記念室」として利用されています。

シャンデリアや天井のメダリオンも美しいですね。^^

イラストレーターとしての作品の数々です。

生前、愛用していた品々。

アトリエも、当時のままに再現されていました。

全日本空輸(現在のANA)の時刻表や機内誌「翼の王国」のイラストも手がけました。飛行機好きの彼にとっては、楽しい仕事だったのではないでしょうか。

童話「サケの旅」の絵です。

「北の空を飛ぶ」(1983年)

「跳ね橋」(1983年)

「大航海」(1985年)


記念室には、

氏の作品が多数展示されていました。

中でも、私の心に残ったのは、

「セクッペと下駄」

という絵本です。

アイヌの少年を主人公とした、

未発表の作品でした。


「セクッペと下駄」。彼の遺作となりました。


氏ならではの、温かみのある画風で、

アイヌの少年「セクッペ」や、

彼を囲む人々が描かれていました。

北海道に生まれ育ったからこそ、

この世界に行きついたのだと思います。

遺作となったこの作品には、

氏のさまざまな思いや願いが

込められているように思いました。


MIYOのゆっくりとした歩みに合わせて、

長い時間をかけて案内してくださった、

ボランティアガイドのOさんには、

とても感謝しています。


ありがとうございました。

最後にOさんが、資料館の外に出て、写真を撮ってくださいました。

Oさんとお別れしたあと、もう一度、札幌市資料館を見上げました。

美しい、建物でした。


再び、大通り公園を歩いて、

ホテルへと戻ります。


(つづく)