MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

全盲難聴・のんたん 連休で帰宅しました。①

帰宅初日。お風呂にはいって、ごはんを食べて、ソファでくつろいでいます。
(全盲難聴・のんたん 21歳。)



【4月29日:S園から帰宅】
愛しの息子が、昨日、S園から帰ってきました。^^
朝早く、夫が車で、S園まで迎えに行きました。
お迎えのようすを、すこしご紹介します。


S園は、およそ100年前に設立された、視覚障害者の専門施設です。
園生は、全国から入所してこられます。
ですので、ゴールデンウィークのような休暇の時は、
お迎えの保護者も、全国からやってきます。


いい機会なので、お迎えに集まったついでに、
「保護者会」もやってしまいます。
保護者会だけでなく、そのほかにも、
お楽しみをいろいろと、園の方で考えてくださっています。
たとえば、新しく開設したグループホームや作業所の見学会とか。
S園を運営している社会福祉法人では、
毎年のように、新しく、施設を開設しています。
そういう施設の見学をさせていただくのも、楽しい体験です。


今回は、S園内部の見学を行いました。
園生の居室や、陶芸教室のようすを見学したそうです。
昼食をはさんで、次は、
「年末お楽しみ会」での、園生のようすをビデオで見せていただきました。
(これが見たいので、実は、私も行きたかったのですが、
 病みあがりなので、と思ったのか、今回は、
 夫が勝手に一人分の参加申し込みをしてしまいました。)


ビデオ鑑賞の後、保護者会を行い、
その後ようやく、我が子との対面となります。
生活棟の玄関前で、大勢の親が見守る中、
子どもたちが先生に伴われて、次々と、靴を履いて出てきます。
何十人もの保護者が、我が子はまだかな~、と、
わくわくしながら待っていて、みんな笑顔。^^
楽しいひとときです。


そして、こんなひとときの前に、S園では、もうひとつ、配慮をしています。
家庭の事情で、家に帰れない園生たちを引率して、
みんなでお出かけしてしまうのです。
目が見えなくても、仲間が家族と一緒に帰宅してしまうのはわかります。
園に残る子どもたちが寂しい思いをしないように、と、
お迎え時間の前に、残る子どもたちだけを、先に外出させてしまう。
こんなふうに、小さなところにまで気配りしてくださる、S園。
ありがたいなあ、と思います。


…というわけで、朝早く家を出た夫は、
夕方になって、ようやく、長男と戻ってきました。
園から持たされたのは、7日分のお薬と、
そしてそして、お小遣い10000円!(笑)


そうなんです。
長男は、経済的には、我が家からもうすっかり自立してしまったので、
生活費の管理も、園まかせ。
お休みで帰宅するときは、私たち親の方が、
園からお小遣いをいただいているんです。(ちょっと笑えます。)


帰宅後は、お風呂にはいって、ごはん。


ごはん
豚肉と野菜のちゃんこ風
厚揚げ入りの回鍋肉(レタスで包んで食べました。)
サマーオレンジ・牛乳


長男、ごはんを完食したら、
自分の部屋へと、さっさと遊びに行ってしまいました。
母のことは、別にどうでもいいみたいです。(苦笑)


帰宅一日目は、こんなふうにして、あっけなく終わりました。
翌日からは、怒濤のお楽しみ週間が始まります。
(…というわけで、今日は早速、一家で大カラオケ大会でした。)


この続きは、また次回にご紹介させていただきます。




その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

全盲難聴・のんたん 連休で、長男がS園から戻ります。

イトーヨーカドー健康器具売り場様には、10年近くもの長きにわたり、たいへん、たいへん、お世話になりました。
全盲難聴の息子にとって、健康器具というのは、体で感じることができる、貴重な「遊具」でした。
高価な器具を我が家では買うことができず(汗)、もっぱら、「体験コーナー」に置いてある器具を利用させていただいておりました。これは、長男のお気に入りだった器具のひとつです。本当は、足のむくみとりなんですけどね(笑)。イトーヨーカドー様、本当にありがとうございました。
(全盲難聴・のんたん 11歳。)



いよいよ、ゴールデンウィークが始まりましたね。
我が家では、連休となると、緊張感がみなぎります。(笑)
S園で暮らす長男が、帰宅するからです。
明日は、家族でカラオケ4時間を予約しています。
その翌日から、熱海旅行。
さらにその次は、お友達と、カラオケお楽しみ会。
…などと、家でゆっくりと過ごす日は一日もなく、
すでに予定はびっしりと埋まっています。^^


長男が帰ってくるから、と、
生協とローソンフレッシュで、食料品をいっぱい買ったし。
らでぃっしゅぼーやの野菜も、一週間分届いてるし。
冷蔵庫、ぎっしりです。
いそがしいぞ~
会社に行ってるときよりも、いそがしいぞ~(爆笑)


夫は、今朝早く家を出て、長男を迎えに行きました。
のんたん、早く帰っておいで~
帰ってきたら、長男をむぎゅーーーーーっと抱きしめたいところですが、
夫はきっと、
「きもちわるいから、ヤメロ」
と言うでしょうねぇ… 


長男、21歳ですから。
でも、やっぱり、やっぱり、やっぱり、カワイイ。
はい。
親ばかです。^^


早く帰っておいで。



その他の記録は、
のんたん日記18
http://limings.sweet.coocan.jp/nontan18/nontan1800.html
をご覧ください。
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1703.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

(これは問題かも?)ガンになって、食卓便④ - 「鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮」

盲学校の授業中です。耳で聞いたことを、点字で打つ練習をしています。
(全盲難聴・のんたん 17歳。)



鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮


久しぶりに、食宅便の低糖質弁当を試してみました。
これは、ひと月前に購入してあったものです。
ほかの食宅便があまりおいしくなかったので、
続けて食べる気がなくなってしまい、
冷凍庫に保管したままになっていました。
一ヶ月くらいなら、冷凍して保管しておいても、全然平気です。
冷凍のお弁当は、これがいいところですね。


食宅便「鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮


主菜: 鱈(タラ)のカニあんかけ
副菜: 豚肉と野菜のピリ辛炒め
    彩り野菜のカレー和え
    いんげんのベーコン炒め
    葉大根のお浸し



実際に配達されるときは、こんな感じです。



ビニールを開封すると、こんな感じです。



次は、栄養成分を見てみましょう。
 エネルギー 203kcal
 蛋白質 13.8g
 脂質 12.6g
 食塩相当量 1.9g
 炭水化物 6.5g
 糖質 5.1g


いよいよ試食です。


 ・鱈(タラ)のカニあんかけ
  生臭いんじゃないか、と心配でしたが、予想に反して、おいしかったです。
  鱈がやわらかく、薄味でおいしくいただけました。
  ただし!
  写真では、鱈の下に、緑色の野菜がたくさん敷きつめられていますが、
  実際のお弁当では、それがまったくありません。
  少しも、です。
  これは、おかずが一品足りないのと同じくらい、
  まずいことなのではないかと思いました。
 ・豚肉と野菜のピリ辛炒め
  量が多めで、野菜もたくさんはいっていて、おいしかったです。
  でも、普通の炒め物で、「ピリ辛」ではありませんでした。
  気になったのは、お弁当の名称では、
  「豚肉の野菜旨煮」と記載されていることです。
  実際は、旨煮ではなく、炒め物です。
  実際と異なる名称をタイトルにつけるのは、よろしくないと思います。
 ・彩り野菜のカレー和え
  野菜が多く、見た目にもきれいな一品でした。
 ・いんげんのベーコン炒め
  これも問題あり、です。
  たしかに、いんげんはたくさんありましたが、
  ベーコンは行方不明になっています。
  写真とは全く異なります。
  メニュー名は、「いんげんの油炒め」とするべきだと思います。
 ・葉大根のお浸し
  まずいです。冷凍による品質劣化メニューの見本のような一品です。
  葉の食感はまったくなく、
  ゆですぎたほうれん草のようなやわらかさになっていました。
  食卓便の冷凍弁当でこれまでにも見かけたのと同じ、
  「べしょっとした仕上がり」です。


結論


いままでの食卓便メニューに比べると、ずっとおいしくなっています。
鱈のあんかけを自分で作るときは、あんかけ作りがひと手間なので、
こういうメニューがお弁当になっているのはうれしいですね。
ただ、このお弁当で問題なのは、
HPで掲載しているものと、実際のメニューが違いすぎていることです。
鱈の下に敷いてある野菜が、実際には全くないこと。
インゲンのベーコン炒めにベーコンがないこと。
これらを考慮すると、
謳ってある栄養成分も、実際は変わってくるのではないでしょうか。
私達は、掲載されたメニューの写真を見て、
それをたよりに注文するしかありません。
材料の確保ができなかったとか、事情はあるのかもしれませんが、
HP上で本来紹介してあるはずのものがつけられないのであれば、
代わりのものを入れておく、くらいの配慮はするべきでしょう。


このお弁当、価格は600円くらいです。
(セットで販売されていたものなので、推定した価格です。)
鱈のあんかけはおいしかったけれど、
省略してあったおかず分のお金は返してほしいなあ、と思ってしまいました。
一応、楽天マートに連絡してみたのですが、
その内容については、また次回に書きたいと思います。



「ガンになってやったこと」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyodos/miyodos00.html
でご紹介しています。


ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

ガンになって、職場復帰⑨ – 上司との面談

中国に家族旅行(全盲難聴・のんたんと双子のあみちゃん 16歳。)



私の勤務している会社では、
半年に一度、上司と面談しなければならないことになっています。
先日、その面談が実施されました。


本来は、これからの半年間における自分の目標や課題について話し合う場なのですが、
今の職場に移動してから10年です。
上司も、もうよくわかってくださっているので、
仕事について話し合うような問題はほとんどなく、
話題のほとんどは、私の体調についてでした。
抗がん剤の後遺症が残っていて、以前とまったく同じというわけにはいかないけれど、
日常生活はおくれていることを説明しました。


会社の今後について、雑談交じりの話が少し続いた後、
最後に、上司からこう聞かれました。


「失礼ですが、あとどれくらい、仕事を続けていきたいと思っていますか。」
これは、面談で誰もが訊かれることであって、
別に、私だけが肩たたきをされているわけではありません(笑)。


以前の私であれば、
「できるかぎり、働き続けていきたいと思います。」
と答えていました。上司も、
「そうですか。それならよかった。」
と応じて、面談は終わっていました。


けれど、今回は違いました。
深く考えることもなく、ついつい、こう答えてしまいました。
「今の私は、あとどれくらい働けるか、と考える以前に、
 あとどれくらい生きられるのかって思っています。
 ですから、あまり先々のことは考えられないです。
 考えるにしても、たぶん、今から一年先とか二年先とか、それくらいです。
 そうやって、そう先ではないところに目標をおきながら、
 当面、働いていこうかな、と思っています。」


これまでの面談では、
目標の数値化とか、成果の客観的な検証とかを述べることが
常に求められてきました。
そういう意味では、今回の私の回答は、
「正しい会社員」のそれとは、かけ離れたものだったと思います。


でも、もう無理はしませんし、したくありません。
無理をせざるをえない状況になったら、仕事をやめよう。
今はそう思っています。


無理はしない。
とりあえず、今日一日、働いてみる。
今日一日ができたら、明日もやってみる。
…毎朝、そう思いながら、家を出ます。
そうやって、一日、一日を積み重ねているうちに、
復職して一ヶ月が過ぎていました。


こんな私ですが、とりあえず、戦力外通告は、来ていません(苦笑)。
ありがたいなあ…。



「ガンになって」シリーズを、
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
でご紹介しています。


MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。

ローソンフレッシュの牛乳があやしかった話

音楽に合わせて。(全盲難聴・のんたん 8歳)



ローソンフレッシュという、ネットスーパーをご存知でしょうか。
ネットで注文すると、自宅まで配達してくれるサービスです。
注文金額が2500円以上になると、配達料が無料になります。
お米や水など、重いものを自宅まで届けてもらえるのはとても助かるので、
我が家では月に数回、利用しています。


私が必ずといっていいほど注文するのは、「牛乳」です。
我が家の子どもたちは牛乳が大好きで、
一日に1リットルパック1個はなくなります。
まとめて買っておきたいのですが、
スーパーから持ち帰るのは、重くてたいへんです。
なので、ローソンフレッシュで注文するときは、
たいてい、牛乳を5,6本、まとめて買ってしまいます。


先日のことです。
仕事中に、娘からメールが届きました。
「牛乳が変だよ。臭いも味もおかしい。
 賞味期間内なのに。」


帰宅して冷蔵庫を開けると、娘が、
「味がヘン。飲まないこと。」
とメモを貼り付けた牛乳パックが置いてありました。
鼻を近づけてみると、たしかに、臭いがおかしい。
腐っているわけではないようですが、なにか違うのです。


少しだけ、口にふくんでみましたが、味もヘンです。
たとえて言うと、
「長期にわたって保管しすぎて、油が酸化してしまったマーガリン」
のような味と臭いなのです。
(そんなマーガリンを食べたことがあるのか? と言われたら、ないのですが。笑)
まとめて6本買った牛乳の中の1本だけがおかしいというのも、
なんだか釈然としません。


しょうがないので、ローソンフレッシュにメールで問い合わせてみました。
くりかえしますが、腐っているわけではないようです。
「味も臭いもヘン」
というだけで、返金してもらえるのかな、とも思いました。


2日後に、カスタマーサービスの方からお電話をいただきました。
この牛乳の代金は、支払ったクレジットカードを通じて返金していただけるそうです。
問題の牛乳は、念のため、捨てないで冷蔵庫に保管してあったのですが、
それも回収させていただきたい、とのこと。
…というわけで、一昨日、牛乳をお渡ししました。


私の思い込みだったんですけど、
てっきり、ローソンフレッシュの方が回収にいらっしゃるのかと思っていました。
ところが、約束の時間にやってきたのは、ヤマト運輸のおにいさんでした。(笑)
開封済みの牛乳パックにガムテープで封をし、
それを、着払いのクール便で、ローソンフレッシュに届けてくださるそうです。
なるほど~。


本当は、「お詫びのお品として、ポケットティッシュの一個くらいはくれるかな」
などと、ちょっと期待していたのですが、
ヤマトのおにいさんでは無理ですね~^^
ま、とりあえず、ちゃんと返金してもらえたので、よかったです。



その他の記録は、
ガンになって
http://limings.sweet.coocan.jp/miyo01/miyo1704.html
をご覧下さい。
ガンになって、やったこと
http://limings.sweet.coocan.jp/miyodos/miyodos00.html
MIYO'S WEBSITE(全盲難聴の、のんたんの育児記録)
http://limings.sweet.coocan.jp/
も、少しずつ更新しています。