MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 16 - ホテルの周りを徘徊する。(3日目)

2018年7月13日 薬草博物館で。


7月13日


ホテルのエグゼキュティブ・ラウンジで、
飲み物とおやつをいただき、
しばし、のんびりとくつろいだ私たち。


もう、市内観光なんて、どうでもいいんです。
「このままずっと、このホテルにこもってゆっくりしたいわ~。」
と、思いました。
でもそんなことを、
うちの多動夫が許すわけはないのでした。(泣)


前々回の記事で、客室の窓から見える風景をご紹介しました。



この写真を撮ったときに、
夫は、その風景を見下ろしながら、
「日本のお城のような屋根の建物が見える・・・。
 あれ、なんだろう。」
と。
気になるものを、発見してしまったわけです。
そうすると、もう、だめです。(爆)


「オレ、あの家まで行ってみたい。
 なにがあるのか、見てみたい。」


ああ、はじまった・・・。
と思いました。
「多動夫」なのです。
「じっとしていられない」のです。(苦笑)


せっかく、高いお金を払って、
こんな高級ホテルに泊まったのだから、
うろうろしないで、ホテルの部屋でゆっくりしたい。
ベッドにねっころがって、
高級ホテルライフを楽しみたい。


・・・と、私は思うのですが、
「ホテルの部屋で、じっとしている」
なんてことは、夫にしてみれば、
「死ね」と言われているようなものなのでしょう。(泣)


まあ、しょうがないなぁ・・・。
とりあえず、VIPラウンジで、
タダのドリンクを飲んだことだし、
タダのおやつも食べたし。
ここはまあ、夫につきあうか、ってことで、
ほとんど正午の炎天下、
わざわざ、快適なホテルを出て、
近所を徘徊するはめになりました。


それでも、一応、
「アフタヌーンティーが始まる2時半までには、
 帰らなくちゃね。」
と言ってみました。
すると・・・。


「まだ12時だし・・・。
 じゃあ、2時半までに、
 ホテルに戻ればいいんだよね!」
と夫。


・・・ってことで、
炎天下の散歩は、
2時間になることが、確定です(泣)。


あとから考えると、
「私はホテルの部屋でゆっくりしてるから、
 あなただけ勝手に散歩してきてね。」
とでも言えばよかったのです。


けれど、私にとっても、「慣れない高級ホテル」でした。
そこまで頭がまわらず、
ついついいつもの調子で、
いっしょに出かけてしまいました。


いままで、「観光は二の次で、ホテルにこもる旅」なんて、
したことがありません
なので、つい、いつもの調子で、
夫婦そろって、あちこちとうろついてしまうんですね・・・。


でも。
もともと、この旅の目的は、
「高級ホテルライフを堪能する」
だったはずです。


こんなにあせって、あてもなくうろうろと歩き回ったりせず、
ホテルのベッドでねっころがって、だらだらと過ごす。
それだって、貴重な体験でした。


けれど、「じっとしている」ことができない夫。
無理です。(苦笑)
そもそも、「ホテルの中でのんびりするための旅行」に、
夫といっしょに来たことが、
間違っていたのかもしれません。(苦笑)


この旅で、私がもともと思い描いていたのは、
「高級ホテルを堪能する。
 観光は、ちょっぴりでいい。」
ということでした。
にもかかわらず、
現実は、少しずつずれ始めていました。


けれど、
このときには、まだそれに気がつくことがなく・・・。
そして、気づいたときには、
もう手おくれになっていたのですが。(涙)
そのことは、このあとの日記を書いていくなかで、
おいおい、お話していきたいと思います。


とうことで、炎天下、2時間にわたって、
ホテルの周りを徘徊したときの写真を、
ご紹介します。(苦笑)


まずは、夫が「どうしても見てみたい。」と言った、この日本風の建物。前まで行ったのですが、門がしっかりと閉ざされていて、人がいる気配もありません。すごすごと引き返すことになりました。いったい何しに来たのやら。ああ、ホテルにいればよかった・・・。(泣)

続いて、「薬草博物館」。ホテルを出発する直前に、たまたま、夫が地図で見つけて行きたがったところです。(夫は、「博物館」と書いてあるだけで、そこへ行こうとする習性があります。)地図をたよりに行ってみると、その博物館は、休眠状態でした。1階のオフィスでは、事務をやっていた方が、「ああ、そういえば、ここの3階に博物館があったわね。」って感じで、わざわざ鍵を探してきました。真っ暗な3階に行き、鍵をあけて、電気までつけていただいたときに撮ったのが、下の写真です。職員の方の仕事を中断させ、こうまでして、このさびれた博物館に来る必要があったのでしょうか。ああ、ホテルにいればよかった・・・。(泣)

何十年も前からこの状態であっただろうと思われる、展示物。

パネルの写真は、「一面のケシ畑」です。相当古いようで、色あせています。

小学校のときの理科室って、こんな感じでしたよね・・・。50年くらい前ですが(爆)。

薬草と、煮出すための道具。よく見ると、薬草には虫がついていたようで、たくさん粉がふいていて、その粉がテーブルに積もっていました。

もう何年も、訪れる人もなかったのだろうな、と思われる博物館でした。

もちろんエアコンなどないので、暑くて、汗がふきでてきます。ああ、ホテルにいればよかった・・・。(泣)

バルコニーから、宿泊しているマリオット・ホテルが見えました。

夫が行きたがっていた2カ所のあとは、ひたすら、付近を徘徊する羽目になりました(泣)。写真は、マッサージ屋さん。日本人客が多いようで、日本語があちこちに書いてあります。

ここだけでなく、どの街にも普通にある、仏様。ああ、ホテルにいればよかった・・・。(泣)

そして、街のいたるところにある、お供えセットを売る屋台。ああ、ホテルにいればよかった・・・。(泣)


街中を散策するのは、楽しいことです。
世界中どこに行っても、私たちは、
やたらと歩きます。


お店も、屋台も、歩いている人も、
ただ見ているだけで、楽しいのです。
でも、このときばかりは、違っていました。


清潔で快適な部屋。
プレミア感がいっぱいの、VIPラウンジ。
それらをホテルに残して、
あてもなく、街をさまよっていることが、
悔やまれました。


いつも、貧乏旅行の私たち。
こんな町歩きなら、いつだってできるのです。
でも、あんな高級ホテルには、
もう二度と、泊まることがないかもしれません。
私にとって、どちらが貴重であるかは、明白なことでした。


けれど夫は、自分の決めたスタイルを、
臨機応変に変えることが苦手です。
だから今回も、いつもと同じように、
あちこちへと出かけることしか、考えていなかったのです。
夫の頭の中には、
「ホテルが高級とか快適とかはどうでもいい。
 部屋にじっとしているのは、もったいない。」
という気持ちしかありませんでした。


ああ、ホテルにいればよかった・・・。


そう思いながら、
とぼとぼと歩き続けました。
私のそんな気持ちを、
夫は全く気づいていませんでした。



(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 15 - エグゼキュティブラウンジでお茶を。(3日目)

2018年7月13日 バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットのエグゼクティブラウンジで。


7月13日


時刻は11時半。
通常の宿泊客が、チェックアウトを終えて、
ホテルを出て行ったあとの時間です。
そして、通常のチェックインタイムは、14時です。
つまり、本来なら、一日の中で、
ホテルに滞在する客がいちばん少ない時間帯です。


でも私たちは、アーリーチェックインのおかげで、
早々に客室にはいり、
夫はお風呂にまではいってしまいました。^^


エグゼキュティブラウンジ
(マリオットでは、VIPラウンジのことを、こう呼びます。)
でのドリンクのサービスも、
前日のホテルでは、
決められた時間でしか利用できませんでしたが、
今日のホテルでは、
ほぼ終日、行っているようです。
なので、早速、行ってみることにしました。


シックな内装の、エレベーターホール。

40階でエレベーターを降りると、目の前が入り口です。ドアは閉まっていますが、左手にあるキープレートにカードキーをかざすと、開錠できます。つまり、カードキーに「VIP情報」が入力されている人しか、入れないようになっているのです。

中は、こんな感じ。広いです。ラウンジはL字型になっていて、さらにその奥に、VIP用の会議室もあります。ワンフロアのかなりの部分を、このラウンジだけのために使用しています。


このときにラウンジを利用していたのは、私たちと、
小さな子ども連れの、フランス人(らしき)一家のみでした。
でも、子ども達がぐずり始めたので、
一家はすぐに出て行ってしまいました。


つまり、ほとんど貸切状態、です。笑
一日のうちで、宿泊客がもっとも少ない時間帯とはいえ、
私たちだけのために、このフロアがあるようなものでした。
なんとゼイタクなことでしょう。


ちなみに・・・。
私たちは、チェックインを、1階のフロントで行いましたが、
実は、この Gold Elite というクラスになると、
フロントでチェックインをしなくていいことになっています。


ホテル到着時に、フロントでその旨を伝えると、
係員が、この40階のラウンジに案内してくれます。
そして、このラウンジで! チェックインができてしまうんです。
ソファに座って、好きなものを飲みながら・・・。^^


すごい、プレミア感ですよね。
でも、私たちは、それをしませんでした。
なぜかというと、
いや、単に、そんなことができるって、
知らなかったんです。(爆)


慣れない高級ホテルで、
特典を使い切れていない、
私たちなのでした。(苦笑)


貸し切り状態の、VIPラウンジ。

天井のライトが映るくらいまでに、きれいに磨かれたテーブル。

VIP顧客だけのために用意されている、会議室。

その会議室の窓から見える景色です。

時間によっては、お料理やおつまみが、このテーブルやカウンターに並びます。

クッキーやスナック、ドライフルーツは、いつでも自由に取ることができます。

冷蔵庫の中の飲み物やヨーグルトも、自由に持っていくことができます。ここでいくらでも調達できてしまうので、これ以降、私は、街でミネラルウォーターを買うのをやめました(爆笑)。

ラウンジは、ホテルのほぼ最上階に位置しています。窓からは、バンコク市街が一望できました。

ミネラルウォーターは、マリオットのロゴがはいった、オリジナルボトルに入っていました。優雅なティータイムを楽しみながら、「もうずっと、ここに座っていてもいいよ。」・・・と思ってしまったのでした。


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 14 - 豪華な客室に浮かれる(3日目)

2018年7月13日 バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットの客室で。デスクで、悦に入る夫。^^


7月13日


客室のドアを開けた私たちを待っていたのは、
ベッドの上にある、大きな絵画でした。


ベッドの上で存在感を放つ、大きな絵画。

(いらないんだけど)ダブルベッド。

ベッドの奥には、ソファ、ミニテーブル、デスクが置いてありました。


じゃーん! 夫、喜ぶ。^^ 右端に写っているのがテレビで、その裏側がバスルームです。

夫をさらに喜ばせたのが、これ。窓際のバスタブです。
入浴しながら、すばらしい眺望を楽しむことができるのです。

・・・というわけで、早速はいってしまった、お調子者の夫。「おおお~ 身上つぶすな、こりゃ。」と、気分はすっかり、小原庄助でした。ドアを閉めているのですが、ガラスなので、お風呂の中は丸見えです(笑)。

客室の窓からも、すばらしい眺めです。

ここまで乗ってきたメトロを、真下に見下ろして。

ホテルのすぐ近くにある建物。なんだか日本のお城風の屋根です。


ちなみに、前日のホテルも、この日のホテルも、
事前にネットから、「いちばん安いタイプの部屋」を予約しています。
が、SPGカードのさらなる特典に、
「お部屋のアップグレード」
というものがあります。


これは、ホテル内に空きがあれば、
さらに高いタイプの部屋に、
無料で交換してもらえる、というものです。


ホテル事情にうとい私には、
このお部屋がアップグレードされたものなのかどうか、
よくわかりません。(笑)
でも、とてもきれいなお部屋だったので、
これはこれでよし、と。^^


そして、忘れてはならないのが、
ホテルからのお手紙です。


ホテル到着時に受け取った、「特典レター」と、「ウェルカム・カード」。その下にあるのが、私のSPGカード。すべては、このカードから始まりました。


一通は、封筒に入ったウェルカム・カード。
「なにかありましたら、
 いつでもお申し付けくださいませ。」
とありました。


そして、もう一通は、大事な大事な、特典レターです。^^
このお手紙には、
ホテルに宿泊したことへのお礼と、
滞在中、私たちがどんな特典を受けられるか、
が書いてあります。


今回は、次のようなものでした。


 ・朝食ビュッフェ            6:00-10:00
 ・日中のソフトドリンクとおやつ 10:30-17:30
 ・アフタヌーンティー  14:30-17:00
 ・イブニング・カクテル 17:30-19:30
 ・バー         17:30-21:30
 ・専用デスクでのチェックイン
 ・個人用PCと館内無料WiFi
 ・会議室の無料利用(1時間)
 ・無料ランドリーサービス(1日2着まで)またはプレスサービス(1日3着まで)
 ・無料コピーサービス(1日20枚まで)
 ・ホテル内の飲食店での割引(15%)
 ・ランドリーサービスの割引(20%)
 ・マッサージの割引(20%)


またまた、豪華ホテルライフが始まります。^^


(つづく)


街中のいたるところで見られる、仏様。

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 13 - またもやアーリーチェックイン(3日目)

2018年7月13日 薬草博物館の屋上で。
後ろに見える高いビルが、バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットです。


7月13日


おいしいお料理がところ狭しと並べられた、
怒濤の朝ごはんを堪能した私たち。


このホテルは、一泊しか予約していなかったので、
通常なら、この日の11時で、
チェックアウトすることになります。


私たちはSPGカードを所有しているVIP扱い(笑)だったので、
レイトチェックアウトの特典がありました。
それにより、この日は、午後4時まで滞在することができます。


でも、その特典は利用せず、
朝食を終えたあと、早々に、
ホテルをチェックアウトすることにしました。
なぜなら、その日は、
もっといいホテルを予約してあったからです。^^


ホテルをチェックアウトし、
最寄りの駅まで歩きました。
2人分の荷物を入れたカバンは、夫が持ちます(持たせます)。ww
駅までは、歩いて10分くらいです。
タクシーを使わず、メトロで行くところが、
いかにも私たちらしいのですが。笑


道路は、かなり渋滞していました。

チットロム駅に到着。

上の写真の高架通路です。この先に、改札口があります。

メトロの切符。テレカとよく似ています。自動改札機に挿入します。

トンロー駅に到着。

駅を出て、再び5分くらい歩くと・・・。

目指すホテル、バンコク・マリオット・ホテル・スクンビットが見えました。

ホテル玄関です。こんな高級ホテルに、タクシーでなく、荷物を抱えて、徒歩でやってきた私たち。笑

広いロビー

フロントでチェックインする夫。私たちふたり分の荷物は、足元にあるカバン1個だけです。笑

夫がチェックインする間、私は、すぐ隣りのロビーラウンジでくつろいでおりました。冷たいお茶のサービスがありました。^^


本来のチェックインタイムは14時ですが、
ここでも、SPGカードの特典、
「アーリーチェックイン」を利用しました。^^
事前に連絡しておいたこともあり、
まだ10時過ぎでしたが、
快く、チェックインしてもらえました。


このホテルには、2泊する予定です。
室料は、2泊で10176バーツ(34200円くらい)。
1泊あたり、17000円くらい(税・サービス料込)ですね。
ひとり分にすると、1泊8500円。
日本の普通クラスのホテルと、あまり変わりません。


この日のホテルも、もちろん、
「ハピタス」を経由して予約したので、
3%がキャッシュバックされます。


前日の Courtyard by Marriot は、
一泊4181バーツ、約13800円でした(税・サービス料込み)。
なので、この日に泊まるホテルの方が、
少しだけ高級になります。
この、一泊あたり約3000円の差が、どう効いてくるのかも、
関心のあるところです。


フロントでカードキーをもらって、
エレベーターへと向かいました。
が、それだけでは終わりませんでした。


ここではなんと、フロントのチーフクラスの方が出てきて、
エレベーターまで同行してくれました。
そして、その方が丁寧に見送ってくださる中、
私たちの乗ったエレベーターのドアが閉まりました。


私たちは、マリオットホテルグループの、
Gold Elite クラスの顧客、ということになっています。
本当は、このクラスには、
年間、50泊以上しないとなれないのです。
ということで、エレベーターまで同行し、
お見送りまでされてしまいました。


うーーーん。VIP扱いなんだわ~・・・。
(これまで一泊もしたことないんですけどね。^^)


静かに、エレベーターが動き始めました。
ほとんど振動がなく、
動いているかどうかもわからないくらいです。
そのエレベーターの高性能ぶりに、
ふたりで感動しているうちに、
私たちが宿泊する予定の、26階に着きました。


さあ、どんなお部屋でしょうか。
わくわくします。^^


ホテルは高級ホテルなんですが、道路をへだてた向かい側には、こんな市がたっていました。野菜やくだものがたくさん。こちらは、バンコクの庶民向けです。^^
右端には、「秋田美人」という看板が見えます。このビルには、日本料理を出すレストランやバーが、何軒も並んでいました。


(つづく)

高級ホテルに泊まる、タイ3泊6日のおトク旅 12 - あこがれの朝食ビュッフェ(3日目)

2018年7月13日 Courtyard by Marriot の朝食ビュッフェ!


7月13日


3日めの朝になりました。
ようやく、ホテルの朝食をいただくことができました。
SPGカードがあるおかげで、
ひとり2000円くらいの朝食ビュッフェが、タダ!になります。^^


さ~ 食べるぞ~
と、夫とふたり、はりきってエレベーターに乗りました。


朝食ビュッフェの場所になっている、
1階のレストランに行ってみると・・・。


写真の奥の部分、端から端まで、食べ物です。わくわくします。^^


すごいです。^^
レストラン奥の左端から右端までだけでは、
お料理がおさまりきれず、
手前にカウンターがもう1列。
食べ物が2列になっておりました。笑


狂喜乱舞しながら、
夫とふたり、食べ物をとりまくります。


西洋料理、タイ料理だけでなく、
中華料理やインド料理も充実していました。


いちばん左端は、サラダ、チーズ、ハムが並びます。

つづいて、インド料理コーナー。お鍋の中には、それぞれ、種類の異なるカレーが入っていました。

スタッフが、インド風のパンケーキを焼いてくれます。

焼き上がったパンケーキに、カレーをかけていただきました。

ベーコン、ソーセージ、ポテト、トマトのグリルです。

洋風煮込み料理の数々。

トッピングの数も、ハンパないです。

そしてもちろんありました! タイ風汁そばコーナー。
私の大好きな、センヤーイ・ナム(幅広麺)でした。^^

そして、パンと焼き菓子が、20種類近く並びます。


ここまでが、奥側のカウンター(一列)です。
つづいて、手前にあるもう一列のカウンターです。。
こちらは、麗しの飲茶コーナー!^^


向かって右端の蒸籠には、肉まんがありました。

その隣りは、3種類の餃子と焼売。

さらに、蒸しパンと続きます。

蒸籠の裏側には、チャーハンに、豚肉と野菜の煮込みがありました。

とりあえず、一回めの盛り付けは、こんな感じです。

飲茶の隣りには、中国の朝ごはんの定番、油条(揚げパン)もありました。

ソーセージとグリル野菜、インド風カレー、豚肉と野菜の煮込み。

このために、タイまで来たのです。(爆)

この旅でいちばんの、うれしそうな顔!^^


これを数回繰り返し、次はデザートです。
お料理コーナーと反対側の場所にあるバーコーナーには、
ソフトドリンク、デザート、フルーツが並んでいました。


右手前が、ジュースの入ったジャーの数々。7種類くらいありました。その隣りが、デザートとヨーグルト。さらに奥に並んでいるのが、フルーツです。

ジュースの入ったジャーとスムージー。

フルーツコーナー。

さらに、ヨーグルトとフルーツを取ってきた夫。私は、ごはんを食べ過ぎて、ここでギブアップでした。^^ 


タイに来たらこれ。ランブータン。^^


これまで、パックツアーで利用してきたホテルでも、
たいてい、朝食ビュッフェはついていました。
けれど、置かれている料理の、
レベル、種類、見た目、サービスの質・・・。
どれをとっても、全然違います。
高級ホテルの朝食ビュッフェって、こういうものなんだ・・・。


高級ホテルの朝ごはんなど、
今まで体験したことがない私たち。
マリオットに一度も泊まったことがないのに、
いきなり、VIP(笑)となって、
豪華ビュッフェを堪能しているわけです。
しかも、タダで(爆笑)。


うーーーん。
SPGカード、作ってよかった~♪


と、しみじみ思ったのですが・・・。
喜ぶのはまだ早い、とわかったのは、
さらにこのあとになってから、だったのでした。


(つづく)