MIYO'S WEBSITE - 全盲難聴のんたんの記録と卵巣ガン、そして旅日記。

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは24歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。
ベトナム日記は、
http://limings.muragon.com/tag/?q=2019%E5%B9%B49%E6%9C%88-10%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0&p=4 
をご覧ください。
ベトナム家族旅行:
https://limings.muragon.com/tag/?q=2017%E5%B9%B412%E6%9C%88%E3%80%80%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0
小学生だったころの子どもたちの育児日記は、こちらです。
http://limings.sweet.coocan.jp/

骨折でも台湾。家族で食べ歩いた、4泊7日のおトク旅 35 - 永康街の芒果雪花冰(マンゴーかき氷)(2019年1月4日/5日め)

2019年1月1日 台北・アロフトホテルのフロントで。(全盲難聴・のんたん 23歳)


1月4日


「鼎泰豊(ディンタイフォン)」で、
点心をたらふく食べた、のんたん一家です。


朝一番でお店にかけつけたため、
食事が終わっても、時刻はまだ12時前でした。
次はデザートです。^^


「鼎泰豊」から歩いて数分の所にある、
「スムージーハウス」(思慕昔)に行ってみました。
「思慕昔」と書いて、「スムージー」と読みます。
マンゴースイーツのお店で、
これまた、永康街の人気店です。


スムージーハウス。12時前に到着しましたが、店内は満席でした。

マクドナルドのようなカウンターですが、販売しているのは、とにかくかき氷。冬なのに、飛ぶように売れていきます。

いちばん人気はこれ。芒果雪花冰(マンゴーかき氷)。かき氷の上に、マンゴーアイスクリームと、大ぶりのマンゴーがどっさり。ものすごい量です。

店内は満席だったので、お店の外側に設置してあるミニテーブルで食べました。かき氷と長男の顔が、同じくらいの大きさなのが、笑えます。^^


前回、このお店に来たときは、
ひとりに一個ずつ出てきたため、
とうてい食べきれず、残してしまいました。


そのときの教訓があったので、
今回注文したのは、一個だけです。


4人でじゅんばんこに食べて、
ちょうど食べきれる量でした。
前回、ひとりに一個だったのは、
あまりにも無謀でした。笑


前回、同じお店に行ったときの日記です。(2017年7月)


さて。
おいしい点心とデザートを満喫しましたが、
ここから、のんたん一家は、
それぞれに別行動となります。


まず、MIYOと長女は、地下鉄に乗り、南京三民站へ。
駅から歩いて5分のところにある、
カルフール・東興店に行きました。


以前、ベトナム・ホーチミンで、
長女といっしょにスーパーに行き、
爆買いしたのですが、それ以来、長女も、
スーパーに行くのが大好きになったようです。^^


そのときの日記はこちらです。(2017年12月)


このカルフール、コストコかと思うくらい広かったです。笑
ここでは、買い足りなかったお土産を買うのが目的でした。


カルフールで買った、花東名物、牛乳ビスケット。クリームサンドのクラッカーです。個包装なので、ばらまき土産にぴったり。^^

こちらも、カルフールで買ったパイナップルケーキ。とにかくお安いです。お土産を買うなら、スーパーにかぎります。


首尾良く、お土産を買うことはできたのですが・・・。
たまたま立ち寄った「お総菜売り場」が充実していたので、
眺めているうちに、
つい、買いたくなってしまいました。笑


「今日の晩ごはんは、外食ではなく、
 ホテルの部屋で、宴会にしよう!」


と、長女と相談がまとまり、
調子に乗って、あれこれ買ってみました。^^


このときに買ったお総菜他の数々。


お買い物のあとは、再び地下鉄に乗り、
ホテルまで戻りました。
MIYOは松葉杖だったので、
スーパーの袋は、長女が全部持ってくれて、
助かりました。^^


ホテルに戻って、いったん荷物を部屋に置いたあと、
今度は長女だけでお出かけです。
行き先は、台北でいちばん高いビル、台北101


本当は、長女、なかなか出かけようとしなかったんです。
「もういいや。別に行かなくても。」って・・・(苦笑)。
でも、
「いつも親といっしょに歩くんじゃなくて、
 たまには、ひとりで歩いてみなさい。」
と、MIYOに説得されて、しぶしぶ出かけていきました。笑


ひとりで行きたくない、長女の気持ちもわかります。
でも、「台北の街をひとりで歩く」という経験も、
してほしいんですよね・・・。


内心は、(私の方が)ちょっと心配。
でも、「がんばれ、がんばれ」と、
最後は、ちょっとスパルタ気味に、
しぶる長女を、ホテルから追い出しました。(笑)


そのころ、夫と長男はどこへ行っていたかと言うと・・・。


地下鉄に乗って・・・。

こんなところに行きました。

淡水に到着!

そして、こんなことも!^^


次回は、夫と長男がでかけた、
「淡水」をご紹介します。


(つづく)


(おまけ)
烏来の花


×

非ログインユーザーとして返信する