MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ-アクシデントも大丈夫。^^(2018年5月26日)

2017年12月26日 古都ホアルー。ディン・ティエン・ホアン廟で。(のんたんとあみちゃん 22歳)


5月26日に、長男がおでかけしたときの日記です。
この日は、朝10時から帰園する16時までの6時間を、
イナガキさんにご担当いただきました。


朝10時に、S園まで迎えに行っていただき、
高田馬場でいっしょにランチを。
その後、ウクレレ教室に行き、
16時にS園に送っていただく、というコースです。


イナガキさんは、長男が高校生の頃から、
もう7年もいらしてくださっている、大ベテランの方です。
なので、おひとりでもなんの問題もないはずでした。


ところが、この日は、中央線の信号機故障で、電車は大混乱。
たまたま、イナガキさんが、所定の時間の40分も前に
家をでてくださっていたので、
S園でのお迎えには間に合いました。
そうでなければ、この日のウクレレ教室には、
とうてい間に合わなかったと思います。


さらに、高田馬場駅までも、電車はノロノロ運転。
本当なら、高田馬場駅に着いてからランチ、の予定だったのですが、
これも、イナガキさんの判断で、
ハンバーガーを買ってウクレレ教室に直行、となりました。


おかげで、この日のレッスンも、無事受けることができました。
介助中、イナガキさんから私や夫に、
何度か電話やメールをいただいていたのですが、
あいにく2人とも、携帯にでられない状況で、
お受けすることができませんでした。(すみませんでした・・・。)


にもかかわらず、お一人で介助をやりとおしてくださったこと、
頭が下がる思いです。
イナガキさんの臨機応変な判断や行動がなかったら、
この日のレッスンは、とうてい無理だったと思います。
本当に、感謝でいっぱいです。


ひとつだけ気になっているのは、
おそらくこの日、
イナガキさんは、昼食抜きで行動されたのではないか、
ということです。


帰りの電車の中で、
長男に少し遅めのランチを食べさせてくださったとのこと。
電車の中でハンバーガーというのも、大正解だったと思います。
私がその状況でしたら、やはり同じようにしたと思います。^^


でも、イナガキさんはこの日、
ご自分が食事する時間はなく、
きっとお昼ごはん抜きでいらしたのだろうなあ、と
申し訳ない気持ちです。


本当に申し訳ございませんでした。
そして、どうもありがとうございました。



【イナガキさんからいただいたメールです】
朝からお伝えしましたように、中央線の信号機故障でとにかく時間がかかりました。
40分くらいゆとりをもって、早めに出たので、S園には、5分遅れで済みました。
園に到着しましたら、先生も中央線が止まっているのを、ご存知でした。豊田駅までは、「おうまのおやこ」を歌いながら歩きました。
とにかく、豊田駅を出る一番早い電車に乗りましたけど、一駅行っては、10分待つような状態でした。
立川から先は、折り返し運転になっていて、南武線に振り替え輸送されていました。分倍河原まで行きましたが、京王線は乗りきれない程混んでいて、快速のような電車に乗れませんでした。取り合えず各停に乗り、少しでも新宿に近寄ろうとし、やっと明大前で早い電車に乗れました。
京王線から、JR への乗り換え口も、そのままの切符で通れるのですけど、駅員が居ないとダメなので、通路が1つしかなく、行列に並んで、時間がかかりました。
結局、高田馬場に到着出来たのは、12時55分でした。立川でもトイレに行ったのですけど、念のため高田馬場でもトイレに寄りました。
食べる時間が無くなってしまいましたので、マックでハンバーガーとジュースを買い、そのままウクレレ教室に行きました。


何とか、1分遅れで着きまして、ジュースを少し飲んで貰い、レッスンが始まりました。食事の時間は無くなりましたけど、レッスンには間に合う事が出来たので、ホッとしました。
先生は、発表会の曲を2曲の内のどちらにするか、迷っているようで、2曲を練習しました。


帰りは、中央線が復旧していました。
昼食の時間が遅くなってしまいましたが、どこかに座って食事をすると、S園のお風呂の時間に間に合わなくなってしまいそうでした。行く時に人混みにずっと揺られるようになってしまい、汗もかいたので、お風呂の時間に間に合うことを最優先に考えて、のんたんには大変申し訳無かったのですけど、中央線の電車の中でマックを食べて貰い、薬を飲みました。そんな事情で、今日は写真も撮れませんでした。
帰りに、大きなあくびをしていたので、のんたんも疲れたのかな?と思いました。


中央線が止まると、何回も乗り換えして、大変になるのですね。
いつもと違う電車なので、のんたんにも状況を説明しました。「今、京王線で新宿に向かってます」というと、あまり乗ったことがない線だったようで、駅名に興味を持って、電車のアナウンスを復唱したりして、楽しんでいました。思いがけず、混乱の中での移動になりましたが、のんたんが一緒だったので、ほんのりして、落ち着いていられました。
ありがとうございました。



こういうアクシデントがあると、
おふたり体制の方がいいのかなあ、と思ったりもします。
でも、当日は、イナガキさんが落ち着いて行動してくださったおかげで、
長男は不安になることもなく、
いつもと違う電車を、楽しみながら移動できたようです。
ほんとうによかった。^^


イナガキさん、ほんとうにありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。