MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

全盲難聴・のんたん ボランティアさんとおでかけ(4月7日)

2018年4月7日 ウクレレ教室の帰りに、電車の中で。レッスンのようすをボイスレコーダーに録音して、復習しています。真剣な表情です。^^(全盲難聴・のんたん 22歳)



4月7日に、長男がおでかけしたときの日記です。
朝10時に、ボランティアのヨリさんとコバヤシさんが、
S園まで長男を迎えに行ってくださり、
長男といっしょに高田馬場へ。
高田馬場では、3人でランチ。
その後、ウクレレ教室でレッスンを受けて、
S園まで送っていただく、というコースでした。
この日は、朝10時から帰園する16時まで、ずっと、
「(ボランティアさんが)おふたり体制」でした。


【ヨリさんからいただいたメールです】
コバヤシさんと、今日も無事に送り届けました。
のんたんは、夜に花粉症等で良く寝てないみたいでしたが、お決まりのガストで二回目の完食をとげました。
カレーや天丼、牛丼などと、他のメニューも誘いましたが…ムダでした!



ウクレレ教室では、お月謝も渡し、6月24日の発表会を目指して、今日も頑張っていました。のんたんは、2曲マスターするそうで…。
帰りの電車の中では、少しウトウトしていました。ちょっと、寝不足で疲れたかもねぇ~


コバヤシさんには、今回はじめてお会いしましたが、まだ、3回目くらいと…私と接点が同じくらいなので、教えあって、楽しく一日が終わりましたm(__)m
又、御一緒できる日を楽しみにしています。
今日も、ありがとうございました(^^)v


【コバヤシさんからいただいたメールです】


のぞみくんは、道中、カラオケの話をよくしていました。
今日はウクレレだよ、と、ヨリさんと何度もやりとりをしていました。
補聴器は、最近すぐはずしてしまうようです。お昼に入ったガストでは、片耳の補聴器の電池を、自分で交換していました。


お昼ですが、やはり、「ハンバーグ」、ということでガストに行きました。
以前、サイゼリアに行ったときは、あまり食が進まなかったのですが、今回は完食でした。ガストの味の方が好みなのかもしれないね、とヨリさんとお話しをしました。


ウクレレ教室では、発表会の曲の候補が2曲あるとのことで、どちらもできるよう、先生が指導されていました。あるパートで、のぞみくんは難しい方のフレーズを一生懸命弾いていました。先生が、「やさしい方でいいよ」とおっしゃってそのフレーズを伝えていたのですが、のぞみくんは、難しい方をやりたいようで、がんばっていました。


帰りの電車では、ずっと眠そうにしていたのですが、起きている間は、レッスンの様子を録ったレコーダーを、熱心に聴いていました。
でも、立川あたりで本当に寝てしまって、豊田ではむりやり起こして、電車を降りました。


写真はm、行きの電車の中です。左手はヨリさんの手を握っています。


むすかしいパートを、
自分で選んで練習しているようすをおしえていただき、
私もうれしくなりました。
6月の発表会が楽しみです。^^
ヨリさん、コバヤシさん、今日も一日、ありがとうございました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。