MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

塩パン発祥の店 パン・メゾン 東京店がオープンしました。

2017年12月 日野市たきび祭に出演。(全盲難聴・のんたん 22歳)



ベトナム日記が延々と続いていて、
1月から3月の、ふつうの日記が、
ずっとご紹介できないままになっています。


でも、今日は、先にご紹介したいことがあって、
いきなり、「おいしい日記」を。^^


最近、パン屋さんでよく見かける「塩パン」。
見かけるとついつい買ってしまうのですが、
どこのお店で買っても、おいしいですね。


でも、その「塩パン」。
初めて作ったのは、
愛媛県八幡浜市にある、小さなパン屋さんだった、って、
ご存じでしょうか。
その名も、「パン・メゾン」。


店主の平田巳登志氏が、試行錯誤を重ねて、
「塩パン」を完成させたのが、2004年。
地元の魚市場の漁師さんたちから、火がつきました。
八幡浜市は、人口34000人の小さな町だったのに、
塩パンが大ヒットして、
近隣の市町村から、車で買いにくる人でにぎわうまでになりました。
数年後には、一日5000個を売り上げるように。
パン業界では、「1日に100個売れればヒット」と言われているそうです。
それが、一日5000個、なのです。


その後、松山市に2号店をオープン。
こちらでも、連日、お客さんが列をなしていて、
一日6000個を販売しているそうです。


私も、実家(松山市)に帰省するたびに、
実家で買っておいた、この「塩パン」を食べ、
いつも、おいしいなあ、と思っていました。
私の家族も、みんな大好き。^^
表面はパリッとしていて、中はふわっと。
塩かげんが、絶妙なのです。


東京でも、塩パンは売っています。
けれど、どの店よりも、パン・メゾンの塩パンがおいしい。


それもそのはず。
パン・メゾンでは、全国から集まってくるパン屋さんに、
塩パンの作り方を教えているのです。
なぜなら、「全国のみなさんに、塩パンをたべてもらいたい。」という、
店主の思いがあるから。
つまり、パン・メゾンは、「元祖・塩パン」のお店なのです。


だから、
いちばんおいしい塩パンは、
愛媛に帰らないと食べられない。


そう思っていました。
それは、帰省したときの、私の、小さな楽しみだったのです。


その塩パンを作っている「パン・メゾン」東京店が、
なんと、墨田区にオープンしたのです。


2号店は、平田巳登志氏の長男が経営していて、そして、
3号店である東京店の店長を務めるのは、次男の平田克武氏。
あの塩パンが、ついに、東京でも買えるようになりました。^^


先週、松山に住む私の兄から、電話がかかってきて、
「東京店オープン」の話を聴きました。


「わかった。じゃあ、今度の週末に行ってくるよ。」
「お、じゃあ、ワシからもお祝いを送るから、持って行ってくれ。」


え? お祝い? なんで?


と思いますよね。
えへへ。
実は、この、平田巳登志氏。
私のいとこなんです~(爆笑)。


双方の、父親同士が、兄弟なんですね。(私の父が、長男。)
なんだ、身内の宣伝か、と思わないでくださいね。
ほんとうにおいしいんですから。


というわけで、今日、オープンしたばかりの、
「塩パン屋 パン・メゾン」に行ってきました。
住所は、
 東京都墨田区吾妻橋2-4-1 サンクエトワール 1F
です。
東京スカイツリーから、歩いてすぐのところです。


お店の前から撮った写真です。


私たちの自宅からは、バスで行けます。バス停を降りると、通りの向こう側に、ありました!
緑色の看板のお店です。


2月のオープン当初は、毎日行列ができたそうです。この日は、待っている人は10人くらい。
ただ、その10人が、減らないんです(笑)。あとからあとから、お客さんが入ってくるので。


売っているのは、「塩パン」と「塩メロンパン」の2品だけでした。
塩パン、1個100円です。
安いですね~^^


そして、なるべく多くの人に買ってもらえるように、ということで、
購入制限があります。
「塩パン」は、ひとり5個まで。
「塩メロンパン」は、3個まで。


隣の工房で、フル回転で作っていますが、
作ったそばから、売れていきます。
これも、愛媛と同じ。^^



写真は、塩メロンパン。うしろの、袋に入っているのが、塩パンです。


私たちも、並んで買いましたよ~^^
身内だからって、割り込みはしません。
松山の実家も、いつも並んで買ってました。
ただし、5人くらいで行って、25個まとめて買ったりしましたけどね~(笑)


この日は、夫とふたりで行ったので、
 塩パン10個
 塩メロンパン3個
を買いました。
これだけ買ってもすぐなくなっちゃうんですよ~^^



そして最後に、店長の平田克武氏に面会。
「開店祝い」をお渡ししてきました。



買った塩パンは、できたてなので、まだ温かい。^^
歩きながら、夫が、つい、一個をつまみぐい。
私もひとくち。
んーーー やっぱりおいしい。^^
(注:PR料は、もらっておりません。笑)


お近くにお住まいの方。
スカイツリーにいらした方。
ぜひ、ついでに、足を伸ばしてみてください。


そして、塩パンを買ってお店を出たら、
すぐにその場で、1個、食べてみることをおすすめします。
できたての塩パン、ほんとうにおいしいですから。^^


買って帰った塩パン。長さは、16センチくらいでした。


次回は、
「銀座で、タダでお茶が飲めて休憩できる、おトクなスポット」
をご案内します。
私がこっそり利用している、秘密の場所で、
本当は、おしえたくないんですけどね。^^
おたのしみに。


(つづく)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。