MIYO'S WEBSITE-全盲難聴のんたんの育児記録と卵巣ガンで思ったこと

超未熟児で生まれた後遺症で、全盲難聴(盲ろう)となったのんたん、双子の妹あみちゃんと共に楽しく生きる家族のお話です。
子どもたちは21歳になり、毎日元気に楽しく暮らしています。
卵巣ガンになって思ったことも、少しずつ書き始めました。

のんたんの冬休み⑤ おいしいものを食べる、ベトナム8日間おトク旅 - 無料のラウンジでまったり。(1日目)

2017年12月24日 成田空港で。(のんたんとあみちゃん 22歳)
4人分の荷物は、写真の、中型バッグ2個だけです。


世の中がクリスマスイブで盛り上がっている日でしたが、
私たちは5時起床です。
朝6時に、夫が運転する車に乗り、自宅を出発しました。


一家で海外に行くときは、必ず、マイカーを利用します。
理由は、家族4人分の電車代が、
成田空港の駐車料金とあまりかわらないからです。


それに、片手で長男の手引きをしながら、
もう一方の手で旅行用の大きなバッグを引きずって歩くのは、
かなり危険。


なので、旅行中は、たいていの場合、私が長男の手引きをし、
夫と長女が、ひとつずつ、荷物を運びます。


というわけで、
海外旅行をするときの旅行かばんは、4人分で、いつも2個です。
今回は8日間と、ちょっと長い旅行だったので、
持って行く物が多めになり、
合計の重量は、20キロくらいでした。


旅行中の荷物は、なるべく少なく。
これは、鉄則ですね。^^


ついでに、着ていた厚手のコートも、
家族全員、車の中に置いてきました。
旅行中、コートを持ち歩きたくないですから。
旅行中の荷物は、少なく、少なく、です。


さらに、我が家の場合、このあと旅行が進むにつれて、
この荷物がどんどん減っていきます。


あとになればなるほど、かばんが軽くなり、
移動がラクになっていくのですが、
その理由は、また後ほど、お話しします。^^


カウンターでチェックインを待つあいだ、母に甘えています。


早朝だったので、ほとんど待つことなく、
チェックインは終了しました。


荷物を預けて次に向かったのは、
成田空港内にある、ラウンジです。
ここを利用できるのは、
クレジットカードのゴールドカードを持っている人だけです。


おトク情報1
搭乗前は、空港のラウンジで、
無料のドリンクを楽しむ。


私は、アメックスのゴールドカードを持っているので、OK。
いつか家族旅行をするときのために、と、
あらかじめ、家族全員の家族カードを作成してあったので、
全員で入室することができました。



中は、広くて静かです。
フリードリンクなのがうれしいですね。^^


夫は、ビールに柿ピーをもらって、ご満悦。
私はカフェラテ。
子どもたちはジュースです。


搭乗前のひととき。
飲み物を買うのはもったいないけれど、
ここでなら、気兼ねなく、ドリンクを楽しみ、
ゆったりと過ごせます。



ゴールドカードのラウンジ利用については、
以前のブログでも書きましたので、
もっと知りたい方は、以下をご覧下さい。



私は、基本、年会費が有料のカードは持ちません。
が、たまたま、勤務先の社員向けサービスで、
無料でゴールドカードを作ることができました。
本当なら、4人で13000円かかる年会費が、無料になりました。^^


これ以外にも、有料のゴールドカードを、
とりあえず無料で作れるサイトはいくつもあるので、
作ってみるのもいいかと思います。


ちなみに、私の場合は、
「空港のラウンジを無料で利用するだけのために」
アメックスのゴールドカードを持っています。(苦笑)


ラウンジでまったりしているうちに、
搭乗時間になりました。


搭乗ゲートでは、大勢の人が並んでいました。
まだ、手続きが始まっていませんでしたが、
私たちは、列で待つことなく、
ビジネスクラス専用の入り口から、先に入れていただけました。


ほとんどの航空会社では、障害者は、列に並ぶことなく、
優先的に、機内に案内してもらえます。


我が家の場合、長男が全盲なので、
いつも、この「優先案内」をしていただけます。


これは、かなり助かります。
長男を手引きしながら、機内の狭い通路を歩くわけですから。
大勢の搭乗客でごった返している中、
長男がぶつからないようにと、
まわりに気をつかいながら歩くのは、
それほどたいへんなことではないかも知れません。
が、他の人が乗る前の、誰もいない通路を、
長男のペースに合わせて歩くことができれば、
やはり助かります。


航空会社の方々の配慮に、感謝です。^^


ベトナム航空VN311便で出発です。


割り振られた座席は、横一列に3席。
そして、その前の列に、もう1席。


ということで、私は、前列の1席を確保。
ベトナムに着くまでの6時間、
子どもたちの世話は、夫にまかせま~す。(爆笑)


機内食。
鶏肉のシチュー煮、パスタ、シーフードサラダなど。


そうそう。
食べ物を残すのが嫌いな我が家。
機内食も、ムダにはしません。


添付されているソースや塩、こしょう、砂糖などは、
未開封であれば、全部、お持ち帰りです。
小さい物なので、じゃまにならないですからね。^^


食事のあと、家族全員が、使わなかった塩こしょうを、
私に押しつけてきます。
特に強制したわけではありませんが、
「おかあさん、これ、使うんだよね。」
と。(爆笑)


帰国した日の夜、年越し蕎麦を作りながら、
さっそく、おつゆに使いましたよ~
ベトナム航空機内食の、お塩!


おトク情報2
機内食の調味料は、持ち帰って、料理に使う。


旅行から持ち帰った物は、ためこまず、すぐに使う。
使わないなら、持ち帰らない。
これも、我が家の鉄則です。^^

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。